日蓮宗岡山県宗務所

【お願い】ブログに掲載されている画像の無断転載・利用はおやめください。

resize2月29日(木曜日) 岡山芸術創造劇場ハレノワ大劇場にて「報恩のつどい」が開催されました。

ここ数年のコロナ禍を越え、宗祖御入滅750遠忌に向けて出発点となる報恩の行事に岡山県内檀信徒約900名の参加を賜りました。

12時に開場となりましたが、このハレノワは昨年9月にオープンした新しい会場で、お越しになったことが無い方も大勢おられましたので、目新しく興味深く会場の隅々をご覧になっておりました。
DSC_0379DSC_0034DSC_0147





13時に日蓮宗岡山県連合護持会会長・箕島呑海寺護持会長 小銭敏男様の開会宣言により開会いたしました。

第1部の音楽法要は
大導師に岡山県宗務所長・妙本寺住職 平野信行僧正
副導師に岡山県選出宗会議員・宗蓮寺住職 垣本良明僧正
修法導師に岡山県修法師会長・正善院住職 壁村憲尚僧正
岡山県声明師会・岡山県修法師会・岡山県和讃会・寺庭婦人コーラス部出仕により行われました。

岡山県寺庭婦人コーラス部斉唱の「日蓮」から始まり、日蓮宗岡山県声明師会式衆による「対揚」、この「対揚」もいわゆる輪唱のような形で行われ、「回向伽陀」など日頃のお寺の法要では見られない声明も披露されました。
DSC_0052DSC_0060DSC_0074





また岡山県和讃会による「日蓮聖人奉讃歌題目1~3」の奉唱がなされましたが、今回は新たな試みで男性教師による和讃「日蓮聖人奉讃歌題目9~10」の奉唱もなされました。男性の声・女性の声それぞれの違いと良さが際立った和讃でした。
DSC_0086DSC_0085DSC_0228





そして岡山県修法師会による修法も行われ、舞台上から客席に向けて、力強い木剣の打ち鳴らす音が会場に響き渡り、お一人お一人の心に染み入ったと思います。
DSC_0292DSC_0262DSC_0266





大導師により導師敬白文が奉読され、宗祖750遠忌に向けて寺檀ともに更なる精進を誓いました。
DSC_0141DSC_0145DSC_0359





DSC_0461法要が終わりましてからは日蓮宗檀信徒協議会会長 池上幸保様の祝辞を頂戴し、休憩をはさみ、
第2部は「日蓮大聖人御一代記」と題して、
秋田県本住寺住職・大本山池上本門寺学監 山口顯辰僧正を講師に、日蓮宗に古来から伝わる「高座説教」が行われました。

DSC_0428DSC_0504DSC_0513





立て板に水が流れるようにすらすらと、日蓮大聖人のお姿やその周りにいる方々のイキイキとした様子が目に見えるように、そして老齢でありながらも身延山への参詣された阿仏房の逸話を舌を振るいお話されました。
お寺にお参りをされる檀信徒の皆さまも「心奮う思い」であったと推察いたします。御一代記を講演される際はその一部のみをお話しされるケースが多いのですが、今回は御降誕から入滅までお話しされるのはとても貴重な機会でありました。

DSC_0538講演終了後、岡山県宗務所長 平野信行僧正よりお礼の挨拶がなされ、
今大会が皆様にとって「信仰の糧」となることを願うとともに、本年10月10日~12日に開催される「宗務所団参」の参加を強くお願いをされました。

あと、休憩時や閉会後のロビーにて「能登大地震災害支援金」のお願いもさせて頂き、県内教師や檀信徒の皆様から温かいお気持ちを頂戴いたしました。復興支援に役立ててまいります。

DSC_0386DSC_0381当日スタッフでのお手伝い、ご出仕頂きました岡山県内教師の皆様、和讃会・コーラスの皆様、お手伝いいただきました業者の皆様、ご参加頂きました檀信徒の皆様に於かれましては、無事に今大会を円成いたしましたこと、深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

なお、今大会の様子を宗務所Youtubeにて公開予定をしておりますので、公開の際には是非ご覧ください。

岡山県宗務所では、今年10月に総本山:身延山久遠寺と大本山:池上本門寺を参拝する団参を計画しております。

宗祖日蓮大聖人が晩年をお過ごしになった身延山に参詣し、檀信徒の皆さまとともに輪番奉仕を行うとともに、日蓮大聖人御入滅の霊場である池上本門寺への参拝を予定しています。

日程については現在検討中ですが、おおむね以下の通りです。
また、組寺や各寺院ごとに団参を実施し、輪番奉仕のみ合同で参加するという形式も可能です。

【旅程案】

◇10月10日・・・岡山→新幹線又は飛行機→13時身延輪番奉仕→身延泊
◇10月11日・・・朝勤参拝→御廟所参拝→池上本門寺参拝→東京泊
◇10月12日・・・東京観光→新幹線又は飛行機→岡山


岡山と静岡、東京を往復する交通手段は
①新幹線(岡山駅→静岡駅、東京駅→岡山駅)
②飛行機(岡山空港⇔羽田空港)
の2パターンをご用意します。
それ以外の移動はバスに乗車していただきます。


旅程や費用等の詳細につきましては、5月以降に各ご寺院に宛ててご案内いたします。
参加をご希望される檀信徒の皆さまは、それぞれの菩提寺にて申し込みをお願いいたします。

期日 令和6年2月29日(木)

場所 岡山芸術創造劇場ハレノワ大劇場

予定 12:00 開場
   13:00 開会
         開会宣言
         【第1部】音楽法要・修法
   13:50 来賓挨拶 
   14:00 休憩(20分)
   14:20 【第2部】講演「日蓮大聖人御一代記」
              山口顯辰僧正
   15:20 主催者挨拶
   15:30 閉会   




第一部の音楽法要は、日蓮宗岡山県声明師会が中心となり、修法は日蓮宗岡山県修法師会の皆さま20数名により行われます。
岡山県寺庭婦人会コーラスや岡山県和讃会も出演します。


第二部の「日蓮大聖人御一代記」は、秋田県本住寺御住職で、常任布教師でもある山口顯辰僧正に語っていただきます。日蓮大聖人の波瀾万丈のご生涯を、繰り弁と呼ばれる古くから日蓮宗に伝わる話術で語っていただく貴重な機会です。


なお当日は岡山県内から檀信徒・僧侶を含めて1000名を超える出席が見込まれます。
岡山芸術創造劇場はお客様専用の駐車場はございません。
近隣のコインパーキングを利用するか、可能な方は公共交通機関での来訪をお勧めします。

◆岡山駅からのアクセス◆
路面電車東山線 「西大寺町・ハレノワまえ駅」下車 徒歩約5分
路面電車清輝橋線「新西大寺町筋駅」もしくは「大雲寺前駅」下車 徒歩約5分
路線バス    「天満屋バスターミナル」下車 徒歩約15分

2月15日(木)に蓮昌寺様にて宗政懇談会が開催されました。

県内教師約40人が出席しました。

 初めに平野宗務所長から新年度行事予定並びに宗務所の移転に関する報告がありました。

 その後各会からの連絡がありました。


IMG_5186



休憩をはさんで、宗会議員 垣本上人より宗政に関する報告がありました。

 能登半島地震の復興支援をはじめ、宗会議員としての活動内容や、現在進行中の取り組みについて説明されました。

 また、今後宗会で取り上げてもらいたい議案について垣本上人が尋ねると、出席者からいくつか意見が挙がりました。


ご参加頂いた皆様、お疲れ様でした。

「日蓮宗岡山県社会教化事業協会」では令和6年1月3日より最上稲荷妙教寺様、奥之院一乗寺様、御滝龍泉寺様にて表記の目的で募金活動をおこないました。
1月3日~6日までの期間は、義援金の募金活動、1月7日~10日までの期間は、より多方面での支援も必要なことから支援金として、募金の趣旨を分けての活動となりました。
ご協力して頂きました数多くの方々に厚く御礼申し上げます。
お預かりいたしました募金はすべて義援金、支援物資、被災地支援活動に使わせて頂きます。

日蓮宗 岡山県社会教化事業協会


義援金募金活動報告

募金活動期間:1月3日より1月6日

義援金募金総額
  1,870,859円
義援金の送金先
【石川県令和6年能登半島地震災害義援金】
  1,270,859円
【富山県共同募金令和6年能登半島義援金】
    300,000円
【新潟県共同募金能登半島地震災害義援金】
    300,000円
お預かりしました義援金は、上記の受付窓口に送金し被災地にお送りさせて頂きました。ご協力ありがとうございます。


支援金募金活動報告1

募金活動期間:1月7日より1月10日

支援金募金総額
  3,078,426円
支援金募金活動へのご支援ご協力、誠にありがとうございます。
 お預かりしました支援金は救援物資、支援活動に使わさせて頂きます。
 お預かりしました硬貨は全額が被災地に届くよう「石川県令和6年能登半島地震災害義援金」窓口へ1,168,426円を送金をいたしました。
 また第1次支援として1月11日に金沢市役所へ毛布や紙おむつ等、117,211円分を、また同日に断水の続く七尾市へ、水、簡易トイレ、ブルーシート等、322,962円分を救援物資としてお届けさせていただきました。

 
支援金募金活動報告2

「日蓮宗 石川県第二部宗務所」様に支援活動費として300,000円をお渡しをして、現地にて近隣の方への支援活動費に使っていただいております。
能登半島地震_01 能登半島地震_02 能登半島地震_03







現地支援活動の様子です。
能登半島地震_04 能登半島地震_05 能登半島地震_06
 






今後も皆様のあたたかいお気持ちのつまった支援金を被災地へお届けさせて頂き、こちらのブログにてご報告をさせていただきます。

1月7日・8日 最上稲荷妙教寺さまにて「能登地震支援金募金活動」を行いました。
今回も社教会・立正青年会と協力し執り行いました。
S__30826529_0
S__30826531_0

先般能登地震の義援金募金の活動を行っておりますが、1月3連休に合わせて再び募金活動を行いました。

今回の支援金は公的機関への支援物資や、現地で活動されている方々へお渡しできるようにする予定です。
詳細が決まりましたら、改めてご報告いたします。

S__30826538_0また1月10日まで
最上稲荷妙教寺さま・奥之院一乗寺さま・御滝龍泉寺さまの募金箱を設置いたします。
その期間にお参りされましたならば、ぜひご協力を賜りたいと思います。
よろしくお願いいたします。

急なこととはいえ、活動にご理解いただきました各寺院の皆様に厚くお礼申し上げます。
また当日募金にご協力いただきました方々に重ねてお礼申し上げます。

1月3日 最上稲荷妙教寺さま・奥之院一乗寺さま・御滝龍泉寺さまの3か所で「能登地震義援金募金活動」を行いました。
S__108470289_0
S__108470290_0

令和6年元旦に発生した能登地震にて、石川県を始め近県に甚大な被害が出ており、一般家屋をはじめ、日蓮宗寺院も多数被害に遭われています。

刻一刻と必要な物や事が変わっていくと思いますが、まず我々が「今できることを」と思い。
急遽、日蓮宗岡山県社協会・立正青年会と協力し義援金の募金活動を3日午後1時から4時までおこないました。
S__108470284_0
54300_0


急なこととはいえ、活動にご理解いただきました各寺院の皆様に厚くお礼申し上げます。
また当日募金にご協力いただきました方々に重ねてお礼申し上げます。

IMG_5029
11月28日(火) ホテルグランヴィア岡山を会場に布教研修会が行われ、県内教師約70名が出席しました。

研修会に先立ち、社教会が主導となり献血の呼びかけがありました。
問診を受けた教師十数名が献血に参加されていました。
 
続いて、13時半から宗務所長平野信行上人の玄題三唱で開会し、宗務所長から挨拶と宗務連絡、五会会長から活動報告がありました。
IMG_5034
10分程休憩の後、14時から布教研修会が行われました。
今回は植木雅俊先生を講師に招き、『法華経とは何か一その思想と背景』について講義していただきました。
今千葉県本土寺で開催中である布教研修所の研修生たちも出席され、会場はほぼ満席となりました。法華経成立時期の時代背景や当時の仏教界の実情を踏まえることで経典理解が一層深まることや、「法」の下の平等を釈尊は説かれていることなど白熱した講義は3時間以上にわたりました。参加者からも多くの質問があり、それぞれ一つずつ丁寧に補足説明していただきました。


引き継ぎ18時からは教師大会が行われ、この1年間の労をねぎらい、教師同士の親睦を深めるとともに年末年始の多忙な時期を前に英気を養いました。


参加者の皆さまお疲れ様でした。

岡山万灯講は令和5年11月22日 岡山市妹尾・盛隆寺(大寺)御会式に参加いたしました。
FullSizeRender
FullSizeRender

大寺での万灯奉納は令和元年以来4年ぶりとなり、
お祭りを楽しみにしていたのでしょうから、境内外に大勢の参拝がおられました。
IMG_0046
IMG_0043

公民館を出発した行列は、消防車・地域の子供たち・地域の会社・万灯講という順番に、
大寺の本堂を目指し進みます。

御会式が檀信徒の限らず地域の人々・会社と共に営まれる雰囲気というのは、
なかなか見られないと思います。
IMG_0032
IMG_0031

機会があれば、ぜひご参拝いただきたいと思います。

IMG_4862

1117日 岡山県宗務所太然寺様において、令和6年度信行道場の入場考査が開催されました。

 これは来年度の信行道場に入行にするにあたり、一文一句正しくお経が読めるかを確認する試験です

 試験中は受験生が1人ずつ木柾を叩きながら全員でお経を唱え、6名の大きな声が本堂内に響きわたっていました。



来年の信行道場でより良いご修行が送れますよう、これからの時間を大切に過ごしていただきたいと思います。

このページのトップヘ