コトノハ

やまとうたは人の心を種として、 よろづの言の葉とぞなれりける 〜私の大切な想いの種が、いつか大切な人たちに届きますように〜 okamoto kayou

引っ越しました

私も、ブログも。

http://kayau.exblog.jp/

このコトノハとは少し趣も変えて、またぼちぼち書いていこうと思います。

隣人を愛せよ。

ある頃から、ブログという媒体がつまらない自意識たちのふきだまりのように思えてきて、や、もちろん面白いブログを書いている人だってそりゃあいるのだけど、私の楽しい! 哀しい! を無闇にここでぶつけたところでね、と思って、もうずいぶん長い間ここには近づかないままだったのでしたが、なんだか今日はこうして日記を留めたいキブン。
別にたいしたことじゃないんだけど。


今朝、週5日分の疲労と、けれども金曜日であることのちょっとした開放感を持ちながら、いつものように電車に乗ったのだ。
8時台の電車。当然席も埋まっている。
私はなるべく横浜で席を立ちそうな人を瞬時に当たりをつけて、その人の前に立ってメールを打つ。これもまた、いつもの風景。

すると次の瞬間、とんとんと肩を叩かれた。
そちらを伺うと、若いサラリーマンが何かを譲るような仕草。
あら親切なお方。席を譲ってくださるの。しかし何故? こりゃまた妊婦と間違えられたかしらん(前にそういう事があった)。
と、瞬時にそんな思いを巡らせつつ、辺りを見渡せど空席はなし。
「?」
私はその肩を叩いた彼を見返し、何が言いたいのかを探ろうとした。
「どうぞ」
ドウゾ。あなた非常にソフトな語り口ですが、どうぞって何。
どうもよく分からんが、なんとなく彼の動作から、とりあえず私は、あなたは背が小さくて吊り革につかまるのもなかなか大変そうですから、この目の前にあるこの手すりをお使いなさい、と彼は言っているのだろうと勝手に解釈して、
「はあ、どうも」
と返事をした。

ちょっとめんどくせえなあ、と思ったものの、その彼は見た目はこざっぱりとして別におかしな感じでもなかったし、まあいいや、と気にせずまたメールの続きををこきこき。
するとまた、
とんとん。
「はい?」
「あの、荷物、良かったら」
彼は空いている棚を指差して言う。
「あ、いいんです。それとも、邪魔ですか?」
「いや、大丈夫です。何か乗せたら不都合な物なのですか?」
「別に違いますけど」
周りの乗客も気にしながらの短い言葉で、どうも要領がつかめない。
その内次の駅に着いて、彼はまた新たに乗ってきた人にもやたらにソフトな物言いで、「荷物、大丈夫ですか?」などとよく分からん気を回しているので、まあちょっとそういうのが気になってしまう、ちょっとおかしなお方なのだろうとここで私は判断した。

そして横浜。私の前に座っていた女性が身じろぎをする。
お、今日は座れる!
そう思った瞬間、私の隣にいた彼は、それまでのソフトな(要らぬ)優しさから一転、かなりの強引さで身をねじ込ませてきて、私の前の、その席を奪ったのだ。「すいません、ちょっとお腹が痛くて……」とあの語り口に弱々しさを漂わせて!!
ああ、もう分かったよ。あんた正真正銘のお方なんだね。
ともう張り合う気力も虚しく、少しその人から横に逸れて立ち、ちらりとその姿を盗み見ると、シャツにもパンツにもぴっちりアイロンはかかっているし、髪の毛もワックスか何かできちんと整えられているし、表情にもそんなにおかしなところは見当たらないので、人間分からないものですなあと、メールも打ち終え、本を読み始める私。

と、またまた前からのとんとん。
「その(コートの)黄色、素敵ですね」
!!!
なんだ、それ。席ぶんどった贖罪のつもりのおべっかか!
「どうも」
ぶっきらぼうに答えて、もうとにかく本に集中することにした。お前とは、関わらん。

しかし、私を本を読みながらちょっと鼻をすすってハンカチで拭った時、とどめのとんとんが!!
「これ、どうぞ」
私の目の前に、すっと差し出されたティッシュ!!

もーーー!!! ほっといて! あんた何なの! 何が目的っ?!

「いいです!」
かなり強い口調で答えてからはもう何もなかったけれど、それからしばらくして、彼の隣に座っていた女の人にも何かを言おうと、彼はとんとんとしていた(その女の人は、完全無視してたけど。多分私が乗る前に、一度何らかのやり取りがあったんだと思う)。

全然実害のないことなのだけど、こういうつまらない小さなストレスを積み重ねて、日々電車は都会に向かっているのだと、処し様のない、何と表したら良いのやら分からぬ感情を獏と抱えて、今朝の電車を降りたのでありました。


それでどうしてこのことを、久しぶりのこのブログに書こうと思ったかと言えば……、
この人、こいつか!!

あの肩の叩き方。
要らぬ(そして全く見当はずれの)親切。
紳士的な物言い。
そしてそのやり取りの後に漂う、置き所のない余韻。

この人の顔も声も全然覚えていないけど(そして今日の彼ももう既にあまり思い出せないけど)、十中八九同一人物だと思います。

奇しくもほぼ3年前の出来事。
何か意図めいたものを感じてしまったりもして。

あなたに、ありがとう。

お久しぶりです。
もうずいぶんの間このブログを書いていません。
何人の方からは心配と応援の言葉をいただき、とても励まされました。本当にありがとうございます。

このブログを書かなくなって、なかなかに大変に過ごしていました。

と書くと、人はきっと様々なことを受け止めるのかもしれないけど、そこで思い浮かべられた「大変さ」と私の言う「大変さ」は多分全然違うもので、結局それはこのブログを始める前に思ったこと(June 22,2005「はじめに」)。
私がブログをやめようと思ったのも、やっぱりそんな理由です。

元々“誰か”に想いを伝えるために始めたこのブログ。
今はこの場がなくても、伝えたい気持ちはそう願った相手に伝えることができる。
“誰か”も“誰か”も“誰か”も、“あの人”となって、今は私の近くにいる。
とても幸せです。

そして、何よりも一番伝えたかった“あなた”。
多分私の夢は叶ったのだと知りました。
本当にありがとう。

それはやっぱりこのブログがあったからで、その感謝と幸せをしみじみと思い、だからこそここで満足はしない。
私は私の一番伝えたい方法で、大切な想いを届けるのです。

今、とても書きたい物語があります。
“あなた”のために。
またそこでお目にかかりましょうね。


  あたしは君のメロディーやその
  哲学や言葉 全てを守り通します
  君が其処に生きているという真実だけで幸福なのです
           ―椎名林檎「幸福論」

原点

livedoor ニュース

見ず知らずの人のことでこんなにショックなのは初めてかもしれない。

今私が小説を書いているのも、
古文を教えることが出来るのも、

現在の私が在る本当に本当にはじめのひとかけらは全てこの人が作ってくれたのだと、
今改めて強く思う。

長靴がほしい

今日は雨。今日も雨。
いよいよまた梅雨の季節も近づいて参りました。
結構長いこと、あー長靴が欲しいなー、と雨が降るたびに思っているのだけど、なかなか小粋なやつに出会えない(し、晴れてると忘れちゃう)。
他人が穿いているのを見て「あっ!」と思うことはあるんだけどね。
だけどそれも広尾での出来事だったりするので、さぞかし良いお値段なんでしょうね。そういう素敵なレインブーツ。

星形(ケータイより)

65cc6834.jpg願いのピノ、というのだそうだ。
今日H先生が職員室でアイスを食べてたのが羨ましくて、つい帰りがけに珍しくこの手のアイスを買ったのだけど、こんな簡単に見つかっていいもの?
お腹がモーレツに空いていたので、何を願うことなくすぐにお口に運ばれて、お星様は溶けていってしまいましたとさ。
ちなみに期間限定とかいうレアチーズ味。レアチーズというよりは、ちょっとヨーグルトっぽかった。

黄金色の日々 Part4

【5月5日(月)回想録】
昨日から引き続く一抹の淋しさを抱えて、我が校の文化祭へ。今日が最終日。この日のためにがんばっていた生徒たちの勇姿を見ないとね。

と、向かう地下鉄を降りる間際にみかりにばったり! 今晩中学の同級生たちと飲むからおいでよと言われるも、家族サービスのため断る。残念だ。
それにしても、人によく会うゴールデンウィークだ。こんなふうに偶然会うことは東京では珍しくて、なんだかちょっと気持ちが上がる。

学校に行って生徒たちのがんばりを見て、色々話して、さらに気持ちが上がる。
宇治でなおが言った言葉を思い出した。でも好きだけじゃなくて、きちんと努力をしなくちゃね。

葉山の和楽で両親と食事。ここはまだ3回目だけど、非常にコストパフォーマンスの高い良いお店。美味しい。雰囲気も○。

雑務に追われて早寝するつもりが結局0時を回ってしまう。

【5月6日(火)回想録】
連休最終日。
関東では、連休中ようやく晴れた1日。
朝、八百屋さんに行きがてら散歩。

ご飯を食べて妙本寺へ。トバちゃんが紹介してくれたギャラリーを見に行く。
会社を辞めて、1年間南米を旅していた同世代の夫婦の写真や雑貨など。美しい世界。

ee7f4b13.JPGそれから、hanaさんが誘ってくれた海飲みへ。
風が強かったけど、空が青くて爽やかな野外での宴。SEEDLESS、オーシャンズキッチンと場所を移して、結局夜まで笑って過ごす連休最終日。なんと10数年前に教育実習で教えた生徒と一緒に飲むというおまけまでついて、本当に人との縁をしみじみ感じる、素晴らしいゴールデンウィークでした。

大げさに言うと、生きてる、生かされているというような実感。
本当にキラキラと輝いた日々だったよ。
そんなお休みにしてくれた全ての人に感謝!
私もそんな気持ちにお返しできるように、また一生懸命日常を過ごそう。

それにしても一週間前はこんな爽やかなお天気だったってのに、なんでこんなに寒いのよー!! この日に忘れて友人に預けっぱなしのストールも、もうしばらく使うことはないからいいわーと思っていたのに! 今もヒーターつけてます。おおさむ。

黄金色の日々 Part3

【5月4日(日)回想録】
朝起きて、ヒラオ家の菜園に朝食の食材を調達しに行く。いちごやさやえんどうやセロリ。セロリは売られているものよりも香りが強くて美味しい! 我が家にも導入しよう。

ジブリな風景今日も快晴。やっぱりジブリのような風景を縫って、近所の山崎の蒸溜所に工場見学。うーん、大人の修学旅行だ。楽しい。私は体調不良で、一杯しか試飲が出来なかったのが悔やまれてならない。
今回のヒラオ君の話がなければ多分一生来ることはなかっただろうけど、昨日の散歩といい、今日の工場見学といい、とても良い街でした。山崎。

今日は親戚の人たちと筍掘りと言うヒラオ君たちに別れを告げ、宇治へと向かう。
一度京都で下車して帰りの新幹線の切符を買い、コインロッカー探しで1時間くらいロス。今回この荷物では結構振り回された。いつもオフシーズンに旅行に行く私。そうか、観光シーズンはロッカー使えないのね、と学ぶ31歳(ちなみにこの日、京都のロッカーに爆弾を仕掛けるという脅迫があったということを帰って知る。どうりで警官があちこちのロッカーを調べてると思った)。
駅ビルの階段で、ヒラオ家良かったねと、手土産のヒラオ父お好み焼きをもふもふ食べる。

お抹茶川旅行3日目ともなるとなおも私も身体中から倦怠感が発せられて、なんとなくだらだらとする。
平等院に着くと、入り口にものすごい列を成しているので、宇治川の方に回ってたらたらと歩いたり、川で足を冷やしたりする。宇治川は思っていたよりも流れが速かった。新緑の山が水面に映ってお抹茶のよう。

もともとこのゴールデンウィークは静岡に新茶を見に行こうという計画があったところに急遽関西旅行が持ち上がったという経緯があり、そうなると私のビンボー根性が顔を出して、宇治でも新茶が見られるんじゃない? という計画性のない発案。観光協会で聞いた「この辺なら茶畑が見られるかも……」という非常に曖昧な地を求めて、コンクリートで整地されているとは言えど何もない山道をこの暑い中歩くはめになる。
息を洩らすように「る」と「り」を攻めるしりとりを延々と続けながら歩き続けて、やっと茶畑らしいものが現れてきた! と喜んだのも束の間、何やらどの畑にも黒いカバーがかかっていて私たちの求めていたあの緑の段々畑はどこまで行っても見られない。
お茶屋さんのような所もなく、ようやく腰を落ち着けたのは民家の一角のような不思議なお店。人の良さそうな太めのおばちゃんが、新茶や雁がね茶や茶だんご、それから「汗かいたでしょう」と言ってアクエリアスまで出してくれる。
おばちゃん曰く、この辺の一体は煎茶の名産地で、その為茶葉は日光を遮って栽培するから、あの段々畑はここいらじゃ見られないのだそうだ。
普段は全然人が来ないんだけど(それでこの日も隣にある自宅にまで行って声をかけた。「ラーメン作ってたわ〜」と笑うおばちゃん)、突然フランス人やスペイン人が来たりして驚く、という話を聞く。
お茶畑が見られなかったのは残念だったけど、滅多にできない面白い体験でした。

バスで下山。途中下車した時に中にまだ乗っていた中学生(おそらく1年生)たちと目が合ったのでにこりと返すと、そのバスが道を曲がるとき大きく手を振ってくれた。
「今さっきの子たちが手を振ってくれたよ」となおに言うと、へえ、と驚いて、「ホントに子どもたちが好きなんだねえ」と言われたのがうれしい。今文化祭でがんばっているはずの生徒たちに想いを馳せる。

平等院時間ぎりぎりで平等院。今ってお堂の中に入るのは別料金なんですか。新しく出来ていた宝物殿にも行けず、藤の花のつきもいまいちだったけど、宇治には自分だけではなかなか来ようと思わないので来て良かったなーと思う。

そして、今日延々と歩き続けた足をようやっと休ませる。もちろん抹茶スイーツ!
ほうーとひと息、さて行こうかね、というところで何やらキナ臭い。なんと小火発生。
結局大事には至らなかったようですが、ハンカチをあてて階段を降りるとか、消防士さんの駆け入る姿を目の前で見るとか、これまた滅多にできない体験をしました。
お客への対応が一番後回しで、まあこんな非常時にそこまで気が回らないだろうし、自分もこんな場面でうまく立ち回れる自信はこれっぽっちもないので文句はないのですが、でも一応老舗のお店で、こういう時にこそ手腕が問われるよなあと冷静にその状況を見つめてしまった。

京都駅京都に戻って駅ビルの京都拉麺小路へ。初めは宝屋に行く予定だったのが、今日のあまりの食の摂取量の少なさに「絶対こってり!」となおが主張したので一幸舎。
今回お土産を買う時間も取れなかったので、漬物とお菓子を慌てて買い、終電に乗ってまた小田原経由。
あまりの疲れに大船に着く頃には険悪な空気が漂い始める。
ぶっすりしながら横須賀線のホームに降りると、知ってる顔……ムウ君! わあーと盛り上がり鎌倉に到着すると……みやちゃん!
大興奮で写真撮影。まるで4人で旅行に行ったみたいな別れ際。険悪ムードもふたりに癒され、「この旅行の最後があのふたりで良かったね」と、仲良く帰る。

楽しい思い出でしめくくった、楽しい旅行の終わり。
連休半ばにして、早くも日常に戻るのが淋しい夜となりました。

黄金色の日々 Part2

GWが終わってからもう一週間が経とうとしている!
わたわたと日常に追われている内にいつの間にか時間が過ぎてしまって、この感覚を残しておきたい! と思った興奮も薄れつつある。あーつまらないなあ。

【5月3日(土)回想録】
朝イチで天然温泉再び。お風呂って素晴らしいよ。ここのホテルに決めてつくづく良かったとほっこりしながらチェックアウト。近鉄に乗って奈良へ向かう。ヒラオ君たちはもう既に着いて待っていた。

今回の関西行きは、このヒラオ君のひと言で突然決まったのだった。この2週間前、一緒に飲んだ去り際に言われた、
「みんなでウチ(実家)遊び来る?」
GWどうしようかと迷っていたのと、そのうれしたのしそうな顔で、そうだ、京都行こう、です。

でも、まずは奈良。ヒラオ君が大仏の鼻をくぐりたいと言ったので(結局くぐれなかったけど)。

春日大社関東地方はずっとお天気が悪かったそうだけど、関西はすごく良い天気! すでに朝から陽射しが強くて、日傘を忘れてきたことを後悔する。奈良公園を歩いていると汗がしっとりと額に浮かんで、でも時々吹く風がからりと爽やかなのが気持ちいい。
3年前にも思ったように奈良は広い、と言うか、ひとつひとつの建物の距離が離れていて、興福寺、春日大社と廻っただけでもかなりの時間を要してしまう。妙なテンションでやたらと写真をバシャバシャと撮りながら歩き回り、水谷茶屋に入ったのはもう14時近く。梅うどん。
さらにそこから大仏殿に行き、南大門の金剛力士像にはやはり圧倒され、ようやくようやくありつけた生ビールの美味かったこと!! 大人になった自分を痛感。
飛鳥への道のりは遠いなあ。

それにしても半日くらい奈良にいたというのに、せんと君の「せ」の字も見ない。国語科のお土産にグッズを買おうと思ったのだけど。やはり認知されていないのでしょうか?

散歩夕方京都のヒラオ家に移動。
天王山のふもとのこの辺りはとても雰囲気の良い街。急な坂に線路、濃い緑等、なんだかジブリの匂いがそこら中にあるような場所。疲れた足をひきずりつつも、小一時間ほど散歩する。
そうして「ただいまー」と帰ると、目の前に広がる御馳走! ビールから焼酎で宴。次から次へと美味しいお料理が出て来て(お父さんがプリンまで作ってくれてるんだもんなー!)、初めてお邪魔したお宅だと言うのに、居心地が良くてすっかり気持ちよく酔っ払ってしまう。
このヒラオ家で過ごした1日というのはなんと言うかとても不思議なもので、まだそれをうまく整理できていないけれど、とにかくすごく大きな意味を持っていたと思う。
大きく、明るく、でもただ自然に開かれている空気。
ああいう空気を持つ家や家族をつくることはなかなか難しそうだけど、ヒラオ家は、「私たちがいるから」ではなくて、ちゃんと日常としてそうしてそこに存在しているのだった。

修学旅行みたいに就寝。太陽の陽と足の疲れとアルコールで、すぐに眠りにつきました。

黄金色の日々

今年のGWは短かったけど、「ザ! ゴールデンウィーク!」といった風情で、珍しくお休みを堪能。
色んな人に会って、たくさん笑った5日間。
忘れない内に回想録をば。

【5月2日(金)回想録】
小田原城文化祭の準備のおかげで、私のお休みは2日から。
ひょんなノリでお休み2週間前に決まった今回の関西旅行。初日は大阪食いだおれ。ということで、手始めに出発地の小田原城をがぶり。
車内まで待ちきれず、朝食に作って来たサンドイッチをホームで食し、梅田に着いたらさっそくきじへ。昼時なので並ぶ(こういう時間はばかばかしい)。美味しかったけど、昔チカと初めて食べた時の感動はなかったなー。

堺筋本町に着くと、「ここ知ってる! あの店よく行った!」と騒ぎ出すなお。どうやら昔バイトしていた勤務先のすぐ近くらしい。ホテルを決めたときは「この周り何もないよ」とか言っていたのにね……。
ホテルにチェックインして、ジーパンからウエストがゴムのスカートに穿き替えて気合充分! 食うぞ!

きじのお好み焼きを消化するために大阪城へ。
戦国時代の知識がまるっきりないことを痛感する。
予想外に広くて、場内を見学し終えた頃にはもう腹ペコ。
心はもう新世界。

新世界で、まずは串カツ。それからビールとどて焼き。
よし、次はやまちゃんだー! と会計をすると、「あら、もうええの?」と言われる。
この辺り、3年前にチカと来た時よりもなんか小ぎれいになってて、ディープな感じが薄くなったなー。でもやっぱりアジアな雰囲気。
天王寺は昔なおが住んでいた場所で、「うわーうわー」と感動しているのを見るのはちょっとフクザツな感じ。
路上に座ってレギュラー10個入りを頬張る。1個目でやけど。教訓「やまちゃんのたこ焼きは、ちょっと冷ましてから食べるべし」。
地ベタに胡坐をかいて駐車場の蛍光灯に照らされるなおの影を見て、この影がかつてもここにこうしてあったことを感じるのは、とても不思議。

そしてお楽しみの鶴橋の焼肉! どこにしようか迷って、を選択。ちょっと並んだだけで入れたのは、ラッキーなことだったらしい。
生レバー、ハラミ、テッチャン、ミノ、ハチノス、心臓、ヨントン(心臓近くの大動脈)、ホソ(小腸)、キムチ等を食べる。
感動……!!
大阪来たら、絶対また行くぞと心に決めながら、にこにこと箸を進める。

満足したお腹を抱えてチカに会いに心斎橋へ移動。こちらのわがままでホントにちょっとの間だったけど、会えて良かったー。人に会う旅の始まり。忙しい中、わざわざ出てきてくれてありがとうね。

最後はホテル最上階にある天然温泉とサウナでしめくくり。極楽。
雨と言っていた予報も曇りにとどまって、おまけに少し陽も射した、楽しい大阪ツアーとなりました。
ずっと笑った一日。今度は江古田ツアーに行こうね。
UNIQLOCK
Profile
岡本夏陽
現在小説執筆中。
随時報告して参ります。
みなさまのコトノハ
  • ライブドアブログ