東京オカザキッチン

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代独身男子です。

【movie】バッド・ジーニアス/【recipe】鶏胸肉の粕漬け

IMG_3638

今日は映画の話。

いや、面白かったですね~。
タイの映画でノーマークだったからってのもありますが、完全に「伏兵現る」的な映画でした。

まぁそもそもアジア映画で日本上映する時点で、地元本国では超話題になっているはずの映画なので、当たりの確率は割と高いんですけどね。

20181015115129
【バッド・ジーニアス 危険な天才たち】 2017 タイ

実際に中国だか韓国だかであった、国際英語試験のカンニング事件を題材としたクライムフィクションです。頭脳明晰なヒロインと仲間たちが、自学の定期テストのカンニングで友人の落第を救ったことに端を発し、徐々に計画性と規模を増しながら、最終的には大学留学の要件となる国際英語テストのカンニングに挑むストーリーです。

いやお前、そんな賢くて度胸もあるんだから真っ当にいけよ、と思わないでもないのですが、まぁそれを言ってしまっては物語が進みませんから。一番困るのはズルして行った後の自分ですからね。まぁそれは言ってしまっては物語が進みませんから。

ストーリーのメリハリ、キャラクターのメリハリ、演出のメリハリ、緩急のメリハリ、カメラワークのメリハリ、とにかく徹頭徹尾テンポ作りの上手な見やすい映画だと思います。なんだかんだ理由があってもやっていることは犯罪なので、ちゃんと落とすべきところに落としているのもいい。タイ映画で過去最高の売上をたたき出したそうで。

抜群の美人ってわけじゃないのに、物語の中でグイグイ魅力を増していくヒロインの印象がとても強いです。チュティモン・ジョンジャルーンスックジンちゃんですか。うん、覚えられません笑。でもこういうスタイル抜群黒髪一重のアジアンクールビューティー系は世界的にウケがいいから売れそう。

しかし、タイ映画でも、風土に根ざしたような風光明媚なヒューマンドラマじゃなくて、こういう真っ向勝負のエンタメ系ワールドワイドな作品が出てくるんですね~。いいですね!!



■ ■ ■ ★ ■ ■ ■
【本日のレシピ】
IMG_3638
【鶏胸肉の粕漬け】 2人分
鶏胸肉 1枚
塩 適量
粕床 適量

1.鶏胸肉に塩をふり、20分ほど経ったら水気をふきとる。
2.粕床に漬け、2晩ほど冷蔵庫で置く。
3.拭い取って、オーブントースター900Wで18分焼く。
4.そのまま庫内で10分休ませ、取り出して10分経ったら切り分ける。

胸肉もしっとり、旨味ー!

本日も駄文お付き合いくださりありがとうございました。
最後にお手数ですが、 



にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ




↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

それぞれポチポチと押すだけで投票完了です!ランキングが上がるとやる気もあわせて上がります。よろしくお願いします!!


「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。
どうぞ応援よろしくお願い致します!

ところで、「東京オカザキッチン 公式LINE@」作ってみました。
1:1メッセもお気軽にどうぞ!
Add Friend

twitterアカウントはこちら!
twitter-logo
「@okazakitchen」

Instagramアカウントはこちら!
Instagram      
「ID: okazakitchen」

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

そして、これまでのレシピ
あ行~さ行

た行~わ行 

からご覧下さい!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

feature_01

ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。

コチラから!

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました! 

My Precious Kitchen ~世界一楽しいわたしの台所~」 

私の台所が激しくひん剥かれています。是非! 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【blog event】 
★2014年4月開催 「春のスタミナ祭」

stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催 「夏の納涼祭」
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★2014年11月開催 「秋のきのこ祭」
kinoko
皆さんのキノコ料理アイデア集になっています!

★2015年2月開催 「冬の漢汁祭」
winter
皆さんの汁物料理アイデア集になっています!

★2015年8月開催 「我が家の常備菜祭」
43673a7c
皆さんの常備菜アイデア集になっています!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

★レシピブログmagazine vol.8★
扶桑社さんから発売中です!

キッチン紹介の特集ページの取材をお受けしました!

早稲田探検部/【recipe】帆立のなめろう

IMG_2731

昨日の話とも繋がるんですけどね、先日「クレイジージャーニー」に、早稲田大学探検部が出てきたんですね。テーマを持ちつつ国内外の色々な場所を冒険する、という結構無茶なサークルなんですが、早稲田に限らず私大では割と多くの大学がこの手のサークルを抱えています。でも一番有名なのは早稲田の探検部なんじゃないかな。

昨日話題に出した角幡唯介さんや高野秀行さんも、早稲田大学探検部のOBです。


そんな彼らが今年成し遂げたとある偉業を追いかける回だったのですが、いやーもうめっちゃ胸が熱くなりましたよ、僕は。


といってもね、全然上から目線になってしまえるような学生の活動内容、って感じではなくて、実際はプロ顔負けの本格派冒険譚なんですよ。今回彼らが取り上げられたのは、「カムチャッカ半島の人類未踏の山の登頂」というものなんですね。カムチャッカ半島なんて、谷川俊太郎の「朝のリレー」以来久しぶりに聞きましたよ。

角幡唯介さんも講演だったり書籍の中で語っています。「このご時世、人が踏み入れていない未踏の場所なんてもはや殆ど無いのだ」と。全世界どこからでもGoogleMAPで全世界どこの写真でも見ることの出来るこの時代、通信機器や移動手段が発達したこの時代、人の足で踏み入れたことのない場所なんて、もはや全然無いのは事実です。

だからこそ角幡唯介さんが「空白の五マイル」で、チベットの伝承をつてに山奥の未踏地を探しにいったことが慧眼なわけであって、今回の早稲田探検部が、ついこの間まで外国人制限を受けていたカムチャッカの奥地に目をつけたのは慧眼なわけです。

つまり「未踏」の地を踏破するという行為は、この現代において、「未踏を探す」ことがそもそもハードワークなんですね。その難しさと、実際そこを攻める難しさを両輪でゆく彼らの活動は評価されてしかるべきだと思いますし、番組内での青春感溢れる撮影の日々も、正直熱くなりました。

833002d2-l

金だってかかりますよ。
期間は1ヶ月ですが、普通のバックパック旅行と違って現地折衝やガイド料など、7人で数百万円規模の活動だと思います。クラウドファウンディングとアルバイトで貯めたお金を全部ぶっこんでいったんだと思います。僕のキャバクラに消えていったお金を全て寄付してあげたいくらいです。


しかも何が熱いって、後日ロシア政府から未踏を認められて命名権を獲得、「ガラワセダ(ワセダ山)」という名前をつけたところですよ。これは本当に熱くなります。


今回取り上げられた活動の他にも色んな無茶な活動をしていて笑、彼らのTwitterとかHPで活動報告がされていますので、興味があれば是非見てみてください。今は、ヒマラヤを1000km歩いて未踏峰を攻める、という企画を実行中です。


僕も明日にでも巨乳のお姉さんのおっぱいを登頂するべく邁進したいと思います(何もわかっていない)


■ ■ ■ ★ ■ ■ ■
【本日のレシピ】
IMG_2731
【帆立のなめろう】 2人分
帆立刺身 5~6個
味噌 大さじ1/2
しょうゆ 小さじ1/4
みょうが 1/2本
ねぎ 3-4cm

1.帆立を細かく刻み、よく包丁で叩く。同様に細かく刻んだみょうが、ねぎを和える。
2.味噌、しょうゆを加え、叩いては混ぜ、を繰り返す。


ハイセンスなめろう。美味し。

本日も駄文お付き合いくださりありがとうございました。
最後にお手数ですが、 



にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ




↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

それぞれポチポチと押すだけで投票完了です!ランキングが上がるとやる気もあわせて上がります。よろしくお願いします!!


「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。
どうぞ応援よろしくお願い致します!

ところで、「東京オカザキッチン 公式LINE@」作ってみました。
1:1メッセもお気軽にどうぞ!
Add Friend

twitterアカウントはこちら!
twitter-logo
「@okazakitchen」

Instagramアカウントはこちら!
Instagram      
「ID: okazakitchen」

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

そして、これまでのレシピ
あ行~さ行

た行~わ行 

からご覧下さい!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

feature_01

ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。

コチラから!

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました! 

My Precious Kitchen ~世界一楽しいわたしの台所~」 

私の台所が激しくひん剥かれています。是非! 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【blog event】 
★2014年4月開催 「春のスタミナ祭」

stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催 「夏の納涼祭」
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★2014年11月開催 「秋のきのこ祭」
kinoko
皆さんのキノコ料理アイデア集になっています!

★2015年2月開催 「冬の漢汁祭」
winter
皆さんの汁物料理アイデア集になっています!

★2015年8月開催 「我が家の常備菜祭」
43673a7c
皆さんの常備菜アイデア集になっています!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

★レシピブログmagazine vol.8★
扶桑社さんから発売中です!

キッチン紹介の特集ページの取材をお受けしました!

角幡唯介/【recipe】ブリのみぞれ煮

IMG_3593

出版という生業に関わる者として、本屋大賞はちょっと毎年気になったりしているわけですが、この度ノンフィクション部門の第一回受賞者が角幡唯介さんの「極夜行」に決まったということでおめでとうございます。

極夜行
角幡 唯介
文藝春秋
2018-02-09


この00年代を生きる僕にとって、世界の変なところを旅して紀行モノを書き切る冒険小説家ってのは、圧倒的に高野秀行さんじゃないかと思うわけですが、そこに新星のように現れたのが角幡唯介さんなんじゃないかと思います。

僕は彼の講演を見に行ったことあるくらい好きで、この技術と情報が旅をコントロールする現代社会にあって、「単身、不自由の中で『冒険』をする」というテーマとルールを自分にストイックに課しながら壮大な冒険譚を綴ってしまう彼の作品は本当にヒリヒリして面白いです。

チベット奥地に伝説の滝を探しに行く「空白の五マイル」、雪男探索の「雪男は向こうからやってきた」、全滅したフランクリン隊の北極での軌跡を追う「アグルーカの行方」、他にもエッセイやルポ小説などありますが、どれも最高です。是非読んでほしいです。









実は極夜行、購入してはいるんですが、うちの未読書庫リストの中にまだ眠っているんですよね。

はよ読まな。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■
【本日のレシピ】
IMG_3593
【ブリのみぞれ煮】
ブリ 2切れ
大根 1/4本
*だし 100cc
*しょうゆ 大さじ2
*みりん、酒 各大さじ1
*砂糖 大さじ1
片栗粉 適量
七味 適量

1.ブリに軽く塩をふって15分ほど置いて水気を取る。
2.片栗粉を薄くつけて、油を熱したフライパンで両面焼く。
3.(*)、すりおろした大根を入れてさっと煮る。
4.七味をふって完成。

七味がこれ合うんですよね。

本日も駄文お付き合いくださりありがとうございました。
最後にお手数ですが、 



にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ




↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

それぞれポチポチと押すだけで投票完了です!ランキングが上がるとやる気もあわせて上がります。よろしくお願いします!!


「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。
どうぞ応援よろしくお願い致します!

ところで、「東京オカザキッチン 公式LINE@」作ってみました。
1:1メッセもお気軽にどうぞ!
Add Friend

twitterアカウントはこちら!
twitter-logo
「@okazakitchen」

Instagramアカウントはこちら!
Instagram      
「ID: okazakitchen」

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

そして、これまでのレシピ
あ行~さ行

た行~わ行 

からご覧下さい!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

feature_01

ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。

コチラから!

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました! 

My Precious Kitchen ~世界一楽しいわたしの台所~」 

私の台所が激しくひん剥かれています。是非! 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【blog event】 
★2014年4月開催 「春のスタミナ祭」

stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催 「夏の納涼祭」
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★2014年11月開催 「秋のきのこ祭」
kinoko
皆さんのキノコ料理アイデア集になっています!

★2015年2月開催 「冬の漢汁祭」
winter
皆さんの汁物料理アイデア集になっています!

★2015年8月開催 「我が家の常備菜祭」
43673a7c
皆さんの常備菜アイデア集になっています!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

★レシピブログmagazine vol.8★
扶桑社さんから発売中です!

キッチン紹介の特集ページの取材をお受けしました!
ニッスイコミュニティサイト

水産食品でおなじみ「ニッスイ」さんが運営する、

ニッスイ みんなのしあわせごはん

にて、『しあわせ料理人』やらせていただいています!
Profile


『東京オカザキッチン』

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代社会人男子。

基本的に、どうでもいい話とレシピで紡いでいます。音楽、映画レビューや旅行記なども。

レシピ【あ~さ行】
レシピ【た~わ行】


mail:
okazakitchen@hotmail.co.jp
okazakitchen@gmail.com

お仕事でも感想でもファンレターでも常時受け付けています。
記事検索
twitter
Facebook
公式Facebookページ ほぼ記事更新のみですが…。
Instagram
Instagram
↑ オカザキッチンのインスタ専用アカウントです。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード