1月例会『炎の人』(上演日2月3日金曜日)に出演の役者さんを迎えて学習会を開きます。        

文化座 炎の人2
   日時 : 12月8日(木) 14:00~16:00         

 会場 : 岡崎市図書館交流プラザ(りぶら)会議室103 

 会費 : 500円(資料代など)      文化座 炎の人1
  

 講師 : 白幡大介さん(ポール・ゴーガン役)

      担当サークルはもちろん、

    担当以外の会員の方、

  会員ではなくても興味のある方大歓迎!!



11月16日(木)P M6:30開演
作/ニール・サイモン 訳/小田島恒志、小田島則子 演出/堤泰之
出演/加藤健一、佐藤B作、加藤義宗、田中利花、照屋実、韓佑華、他
  

  古いホテルで、悲惨な生活をおくるウィリー・クラーク(加藤健一)。元ヴォードヴィルの大スターコンビで、ひとりとなった今も役者を望んでいるが、上手くいかず仕事がない。ある日、ウィリーの甥のベンが大仕事を持ってくる。当然引き受けると思いきや、出演条件が元相棒アル・ルイス(佐藤B作)との“サンシャイン・ボーイズ” による往年の名作コントと聞き、出演拒否!ルイス&クラーク、11年ぶりの名コンビ復活となるか!?

                                     ラインナップ23サンシャイン 小
     

9月28日(木)P M6:30開演

原作/エディット・ピアフ 訳/中井多津夫 脚色・演出/加来英治 
出演/栗原小巻、城所潔(ピアニスト)、長谷川清司(パーカッション)

 ラインナップ23 ピアフ
  フランスの国民的シャンソン歌手エディット・ピアフ。1929年頃、パリの郊外でストリートシンガーとして自身の道を歩み始めた彼女は、16歳で恋に落ちまもなく子供を産みますが、その子は小さくしてこの世を去ります。その悲しみを背負いながら生きた彼女自身の手記をもとに、栗原小巻の演劇への情熱を重ね合わせて舞台化。そんな彼女の人生を、ピアノとパーカッションの生演奏で名曲を歌いつつ演じます。

↑このページのトップヘ