何かよくわからん気まぐれBlog

 このブログは秋葉系オタク「月下」の個人ブログです。                             基本的に、萌え系漫画の感想を中心に構成されているので、                                                   ”萌えが苦手な方”、または”中二病アレルギーの方”はご遠慮ください。

2007年11月

もっと!!”ミックミクにしてやんよ♪ ” 秋葉ドンキーにて「初音ミクのオイルライター」を取り損ねる!!4

ef8298fe.jpg たまたま、秋葉の”ドンキー”寄ったら見かけた!!

 あまりに珍しかったので、このプライズゲームやってみたのだけれど・・・駄目だった・・。
 私のへたれな腕では到底取れそうも無い・・。

 ゲーセンのゲームは、1日100円と決めてますので一回しかやってませんが、また機会とお金があったら500円ぐらい投資してとりたいと決意しました。w



 それにしても、凄い人気ですね「初音ミク」!!
 PCアプリケーションソフトで始まり、ニコニコの投稿作品で人気が出て、テレビや雑誌で紹介され、更に漫画化にグッツとメディア展開。

 どれだけの人が、彼女に魅了されているのだろうか?w




 ちょっと気になるのは、今年の冬コミで一番人気の同人誌カテゴリーは何か?
 私的には、この「初音ミク」だと思っていますが・・・どうでしょうか?



VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク HATSUNE MIKU

ムチムチ感を味わいたくて、つい・・・。 漫画「二代目はこすぷれーやー 3巻」を読む!!4

787ed29b.bmp 恥部を出さずにどこまで読者にエロく感じさせるか?
 ぎりぎりの露出感で挑戦する漫画!!・・・かな。

<作者>

 甘詰留太

<内容>

 ヤクザの一人娘でコスプレーヤーの「裕梨華」と、そのヤクザの組員で目付け役も行っている「慎之助」、更に慎之助の恋人「理緒」が加わって3人の関係が空回りしていく・・。

<感想>

 今回も変らず、ギリギリの露出感とムチムチの肌でおなか一杯になりました。
 ご馳走様です。w


 さて、空気を読まずにちょっと真面目にかきます。

 この作品は、華やかに見える”レイヤー”の裏側、カメラに映らない苦悩の部分がよく表現されている。ファンを多く作るにはどうしたらよいか?を考え流行を掴もうと努力している部分や、盗撮は犯罪との警告的部分など。
 そういう意味でも、レイヤーは大変だと改めて認識させられる。



 さぁて、本編。

 三十路で人妻、子持ちなのにロリ系のレイヤー「のの」が、かなり私の心をヒットしています。
 理由は”ロリ”だから・・・もあるけれどその容姿で三十路というギャップがいい!!
 実際にいたらお近づきになりたいわ。w

 それと、慎之助の恋人「理緒」の”いたずらな性格”も心擽るね。
 なんか裕梨華と理緒に挟まれている慎之介が羨ましいぜ。




 さて最後に、最近乾燥気味の”ムチムチメーター”が補充されたので、私は満足しています。


二代目はこすぷれーやー 3 (3) (ジェッツコミックス)

もう、明後日上映なんだ・・・。 映画「劇場版、空の境界 第一章」の広告を見る!!5

872c1191.jpg 「12月1日テアトル新宿にてレイトショー」って広告をみて、今週末には上映する事を再確認した。

 夏コミの時に、前売り券をブースで販売しているのを目撃して「まだまだ先の上映だなぁ〜」なんて、のんびり構えていたらもう12月。

 あっという間に、時が過ぎるねぇ〜。

 時の流れ早すぎ!
 誰だよ、時の流れを早くしている奴は。w





 さて、どうするか。
 この映画を観に行く事は私にとって決定事項なので、観に行くにあたり前もってやっておく事を再確認しておこう。


 前売り券を買う。
(当日券は高いから)

 上映場所と上映時間を確認。
(ちょっと前に”キディーグレイド”上映していた場所と時間かな)

 上映作品の関連品を再度見ておく。
(空の境界&月姫のアニメ、小説、ゲームなど)

 それと、
 この作品を期待する気持ちを湧き上がらせる事。w
(プライスレス)


 ・・・大体そんなところかな?かな?




 結構”月姫”が面白かった分、それ以上の期待を”空の境界”にも賭けています。
 そういう意味でも、今から上映が待ち遠しいです。
 特に、”魔法使い”の活躍に期待大!!



 ・・・ただ、上映日は用事が入っているので観れません。w
 観れるのは来週の今頃かなぁ〜。
 それまでこの気持ちは温めておく事にします。w

 (画像は、ソフマップ音楽CD館)

空の境界 上 (1) (講談社文庫 な 71-1)
空の境界 下 (講談社ノベルス)
空の境界 上 (講談社ノベルス)
空の境界 限定愛蔵版

DMC!DMC!さっさとDMC!犯すぞ!! 漫画「デトロイト・メタル・シティ 4巻」を読む!!5

393e2532.jpg ただ、テンポが良かっただけで書いた。
 後悔は・・少ししてる。w

 それにしても、実写映画化かぁ〜・・・この作品の勢いとお下劣さ、教育上問題が多そうな内容を”修正なし”で表現できるのか?
 表現できたら観に行くよ・・・できなくても多分観に行くけど・・・。w

 ああ、そうそう、映画といえば明後日・・・この話題は「DMC」から脱線するので別枠で書きます。

<作者>

 若杉公徳

<内容>

 色々なメタル系バンドが集まり、トーナメント制で一番のメタルバンドを決める”サタニック・エンペラー”も終盤。様々なアクシデントもありながら、なんとか勝ち抜いてきた「DMC」がメタルバンド達のトップに君臨する為に突っ走る!!
(内容はそんな感じだけど、”ノリ”は違うかも・・。)


<感想>

 やっぱり面白いわ!!

 こんな下品で面白い内容を閃き、秩序も世間体も教育的問題にすらも、まったく抵抗なく平気で描ける作者の思い切りの良さがすばらしい!

 更に面白くしているのは、バンドと観客が一体化して一緒に盛り上げているライブ独特の雰囲気を、この薄い一冊の作品に十分閉じ込めている所だ。
 その技術は、まさにライブをよく知っている人にしか出来ない職人技だと思う。

 
 ・・・ただ、たまに「少し精神が壊れてるんじゃないか?」って思える部分があるけどね。w

 

 よし、本編。

 スカトロメタル「デズム」が放った最終奥義”死神の便意”を、「クラウザー」が思いっきり尻をギターでぶっ叩いて技を破る姿に、笑いが止まらない!!
 面白すぎて、そのシーンのページを3回往復してしまった。w



 最後に、笑い過ぎて疲れるけどなぜかすっきりする、私にとってはそんな作品です。
 多分、読む人によって印象は結構違う作品かもしれないけどね。

デトロイト・メタル・シティ 4 (4) (ジェッツコミックス)

吸血鬼の家庭教師?  漫画「ぼくの生徒はヴァンパイア 1巻」を読む!!2

7492d774.jpg 4コマ漫画だと解らずに購入してしまった・・・。
 コミックの大きさで気付くべきだった。
 失敗した・・・けど、まぁいいか〜〜読む!!w

<作者>

 玉岡かがり

<内容>

 吸血鬼でありながら人間嫌いで引きこもり少女「カミラ」に、人間嫌いを克服してもらおうと使い魔「メイベル」が人間の家庭教師をつれてくる。教え子が吸血鬼だと知らずに、給金につられ連れて来られた「ブラム」に明日はあるのか!?


<感想>

 何気ない会話を毒のあるツッコミで落す。
 萌系の4コマ漫画ではよく見られる展開の型。
 だけど、基本に忠実で安定した笑いを提供してくれる、って意味で安心して読める作品だと思う。



 とりあえず、ヒロインで吸血鬼の「カミラ」が結構可愛い。
 それと、性格のまったく逆の妹「ガブリエラ」との”絡み”が微笑ましい。
 ・・・そんな感じかな。




 最後に、可愛いキャラが走り回っている微笑ましい作品だと思います。

ぼくの生徒はヴァンパイア 1 (1) (まんがタイムコミックス)

脅威のローションプレイ!? 「ろーてく 〜輝くぬめりの宇宙へ〜」を読む!!3

c617b502.jpg あの、誰もが無差別に興奮度高まり虜にしてきた魅惑の”ローション”が帰ってきた!!

<作者>

 大見武士

<内容>

 就職先がなく困っていた「田所松太郎(22才)」は、叔父の紹介でマンションの管理人になり管理費徴収など管理業務を任されるが、そこにすむ癖のある住人達に”お金”の代わりに”体”で弄ばれる事になる・・。


<感想>

 この漫画の面白いところは”擬音”!!

 この作品の物語展開、プレイ内容やキャラクターの個性よりも、プレイ中の”擬音”が面白くてついつい読み勧めてしまう。
 特に、”ローション”を使ったぬるぬる感を擬音で滑らかに表現している所がかなり上手く、まるで本当に聞こえてくる様だ。w
 そして、ローションを使ったプレイが”人生最上級の快楽方法”ではないかと信じたくなる。(実際はわからないけど・・・)



 さて、ちこっと本編。

 管理人の半同居人「深見由希」のツンデレ加減が、基本に乗っ取ってる感じです。
 最初は”ツンツン”、物語が進む毎に”デレデレ”。
 まさに、ツンデレの基本って感じです。

 それと、前作に比べてプレイ内容の幅が広がっている。
 前作を持っている方は、その辺も確認して欲しいです。





 最後に、
 表記はございませんが、この漫画は”エロ漫画”です。
 18歳未満の方はご遠慮下さい。
 18歳未満の方が読むと”新しい自分”に出会ってしまう可能性があり、更に中毒性がございます。
 ・・・用法・容量をご確認の上ご了承下さい!!w

ろーてく―輝くぬめりの宇宙へ (ヤングコミックコミックス)

武器を擬人化!? 漫画「百年鋼女 1巻」を読む!!3

7d358359.jpg 立っていた者が勝者、床に倒れているものが敗者。
 そんな単純なバトルものが、時々読みたくなる。

<作者>

 喜尚藤吉

<内容>

 古い武器が突然変異で人の形に成る、それを”百年鋼女”と呼ぶ。その鋼女でも一番危険な存在”Sクラス”の捕獲を依頼された「スオミ」は、その命令に戸惑いながらも依頼を受け、同じSクラスを持って回収に向かうのだが、そこでSクラス同士の凄まじい戦いを目にする事になる・・。


<感想>

 昔から、「長年大切にしてきた物には魂が宿る」と言われているけど、もしそれが”武器”だったら?って疑問を描いた作品だと思います。

 内容は、バトルアクションがメインなので、頭を使わずその流れだけで楽しめるという意味で読む事がかなり楽。
 更に、コマ割りが読みやすく仕切られているので、ストレスを感じずに読み勧められる要因の一つだと思う。

 あっ、あと”パンチラ”!!
 これを書き逃すわけにはいかないわ。w
 所々、バトル中にでてくる”パンチラ”をチェックするのも一つの楽しみになのかも・・。



 さぁ〜て本編。

 気の強い女性キャラがたくさんでてきます!
 ヒロインの鋼女もそうですが、その周りの女性ほとんどが”ツン”です。
 ”デレ”のキャラ&シーンが思い当たらない・・・もしかして、無いんじゃないかな。



 最後に、男性が弱くて女性が強い。
 そんな印象が強く残った作品だった。

百年鋼女 1 (1) (電撃コミックス)

親族が集まったら皆で”魔法少女”を描く!? 漫画「○本の住人 2巻」を読む!!4

305c3d74.jpg 1巻読んでるはずなんだけど・・思い出せない。
 探しても見付からないので、初めて読んだ感じで書いてあります。

<作者>

 kashmir

<内容>

 「4コマ 小学生 兄弟 なめこ 泌尿器」でググると、この作品関係のサイトが実際に出てくる漫画!!w
(そうなるように、後付された感が・・・なんかなぁ〜・・)


<感想>

 この漫画の味は、すべての言い合いが噛み合ってなく”会話”として成立していないのに、お互いコミュニケーションが取れている所!!


 更に、小学生3人が主人公という”萌える”のに十分な設定なのに、まったくそれを活かそうとさず、それどころかマニアックなアニメネタをこれでもかと詰め込んでいる内容に、作者のこの作品に賭ける意気込みを感じた。


 でも、アニメにまったく興味が無い一般人が、この作品を読んだら正直引くんだろうなぁ。w
 フィギュア、ガンプラ、アニメと、作者自身の好む趣味を包み隠さず漫画のネタとして提供している作品だと一般人視線で見方を変えたら、この作品は作者の”羞恥漫画”だろう。


 ただ、読んでいるオタクの”私”は、十分この作品は面白く感じるけどね!!



 さぁ本編。

 「ちーちゃん」が登場しただけで、この作品に凄い勢いが付く。
 それだけ、「ちーちゃん」存在感が強烈すぎ。
 まるで、苺○しまろの美羽と張る位だ。
 ただ、そのせいで他のキャラが薄くなっちゃうんだよね。

 それは、仕方ないのかな。

 それと、最初のカラーページで”あるとべんりなもの”に”げんなま”と書いてある1コマに大爆笑した!!w
 「海って楽しいところだなぁ〜〜」って雰囲気ぶち壊し。




 最後に、
 オタクの人には細かいネタが多く仕込まれているのでかなり面白いかも。
 実際に、私は面白かったと思うしね。w

○本の住人 2 (2) (まんがタイムKRコミックス)

負けたら恥ずかしい姿に・・・。 漫画「魔法使いしかっ!!」を読む!!2

598c4e6e.jpg 最近の”魔女っ子作品”って、子供でも大人向でも楽しめるように作られている感じがする。
 なんとなくだけど。

<作者>

 うおなてれぴん

<内容>

 ひょんな事から、運命の星(フォーチュンスター)を手にし魔法使いになった「みう」。その「みう」から運命の星を奪い取ろうと現れる他の魔法使い達。
 みうは、他の魔法使いから運命の星を守りつづける事が出来るのか・・?


<感想>

 一言で言っちゃうと・・・地味。

 魔法使い同士の魔法バトルはあるものの、”どか〜ん”とか”ずど〜ん”といった大魔法のぶつけ合いが無く、”相手の服を脱がせば勝ち”みたいな相手を辱める勝負なので、戦闘シーンが物凄く地味に感じてしまう。

 そして、主人公も庶民的なので余計地味って印象が強くなる。

 ただ、色々なコスプレ服が出てくるので、その部分は楽しめるかも。



 本編。

 何人かの登場キャラクターのうち気になったのはロリ服の魔女っ子「マジカルミッチ」がいい感じ。
 日頃は目立たない内気な少女が、性格も一変し派手で外交的な甘ロリ少女に変身する。
 このキャラが主人公だったら、この作品の評価が変ったかもしれない。




 最後に、この漫画は庶民的な魔女っ子漫画だと思います。

魔法使いしかっ!! (バーズコミックス)

売り切れ続出!? DSソフト「ドラゴンクエストIV」をやる!!4

b8b6515a.JPG 結構人気があるみたいで、ソフト売り切れ店が出ているみたいだという事を、”アキバBlogさん”のサイトで知りました。


 でも、リメイクが売れるって現実に、なんかゲーム業界が情けなく感じる。
 それって、近年新しく発売しているゲームに魅力が感じられないって事でしょ?
 なんだろうね?
 昔と違って、想像力豊かなクリエーターが少なくなったのだろうか?
 確かに、自分で作る”生産型”の人間よりも、小さい頃から与えられて育ったゆえに”消費型”の人間が多くなったかもしれない。
 私も、どっちかいうと”消費型”なので、そう考えるとなんか納得する。


<ゲーム>

 今、第1章主人公”ライアン”の話を終えたばかりです。
 小さい頃「検廚魏薪戮皀リアした事あるけど、もう何年も時が経つと忘れちゃうね。
 実際全然内容覚えていない。
 でも、やり直して改めて思ったけど、ストーリーが結構強引。



 そして、突っ込み所満載だ!!


 特に、鉄格子越しの”パフパフ”と、第1章最後に倒れている”兵士の遺言”!!


 まずは”パフパフ”!
 これで記憶が戻るって、2人はどういう”お付き合い方”してたんだろう。w
 それも「ライアン」が”ガン見”してる前でって・・・。


 そして、”兵士の遺言”!
 死ぬ前に、「魔王が〜、勇者が〜」言われても、そういうのは生前に王様に報告すべきでは?
 むしろ、他に言う事があるんじゃないのかなぁ、自分の死を誰に伝えてほしい?とか。
 死ぬ前に言われたら、「ライアン」は人が良く正義感が強いから気にしちゃうじゃん。w

 ついでに、その時隣にいた「ホイミン」が何もしないのもいかがなものでしょう。
 無駄だと解っていても、「ホイミ」ぐらい唱えてやってもいいんじゃない?
 その当たり、”人の心”をまだまだ理解していない部分だろうね。
 「ホイミン」が人を理解する道はまだまだ長い。

 ・・・なんてね。

 あえてもう一つ言うなら、
 何の根拠もなく手当たり次第に子供をさらい、”勇者探し”と言い放つ「ピサロの手先」もどうかと・・。
 そんな頭の弱い手下を持つ「ピサロ」も・・・。
 無能な上司か、無能な部下か、どっちにしても苦労がうかがえるよ。w




 まだ第1章なのに突っ込み所が満載で、なんだか”違う部分”で楽しくなってきた。

 次は第2章か・・・楽しみです!!

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
プロフィール

月下

歩んだ軌跡
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
  • ライブドアブログ