何かよくわからん気まぐれBlog

 このブログは秋葉系オタク「月下」の個人ブログです。                             基本的に、萌え系漫画の感想を中心に構成されているので、                                                   ”萌えが苦手な方”、または”中二病アレルギーの方”はご遠慮ください。

2008年05月

二人の女性に振り回される若頭!? 漫画「二代目はこすぷれーやー 4巻」を読む!!4

ae39f596.bmp この作者の描く”唇”と”太もも”に釣られて購入しています!!w


<作者>

 甘詰留太


<内容>

 テストも終わり、羽を伸ばすためにリゾートホテルへ遊びに行く「裕梨華」とその他数名は、そこで我を忘れ夢中になって遊びまくるのだが、そのホテルの隣のホテルで「慎之介」と「理緒」が一緒に泊まっており、それを知らない「裕梨華」は、夜二人が”キス”している所を目撃するのである。
 そして、その光景にショックを受けた「裕梨華」は・・・。



<感想(全体的)>

 やっぱりエロい!!

 いや、それがデフォだと思っているからこそ、望んで購入しているのでいいんだけど。w
 特に、唇と太もも、上乳と下着姿、濃厚なディープキスなどに興奮しっぱなしです。w


 更に、
 三画関係に振り回される”若頭”が面白い!!

 不条理ながらも、二人の女性に好き勝手に振り回される若頭が、少し可哀想に見えるけど、二人の美女に振り回されているので少し羨ましくも感じます。w



<感想(部分的)>

 今巻は、”コスキャバ”が見所ではないでしょうか?

 酒と、コスプレと、キャバクラと、萌えが詰まった特殊な空間が楽しめます。
 更に、なつかしいコスプレが沢山出てくるのも見物かな?w



<まとめ>

 コスプレで楽しめ、更に表現がエロく面白い作品だった!!w

二代目はこすぷれーやー 4 (4) (ジェッツコミックス)
二代目はこすぷれーやー 3 (3) (ジェッツコミックス)
二代目はこすぷれーやー 2 (2) (ジェッツコミックス)
二代目はこすぷれーやー 1 (1) (ジェッツコミックス)

ア〜〜〜もぉい〜〜〜〜や!? 漫画「鳥籠学級 1巻」を読む!!3

5d7042c2.JPG 妖艶な雰囲気の表紙に惹かれたので、購入してみました。w


<作者>

 真柴 真


<内容>

 お金も身寄りも記憶すらない少年「ミカゲ」は、意味も解らないまま全寮制の学校「鐘楼学園」に入学することに。
 ただ、そこで起こる問題を無理やりでも解決しなければならない、という条件付きで学校生活を楽しむのだが、「ミカゲ」のクラスメイトは問題児ばかり。
 そんな問題児たちが起こす問題を、投げやり気味に解決していくのである・・・。



<感想(全体的)>

 綺麗な画風に目を奪われます!!

 人物がもそうですが、着ている服や背景の描写が細かく綺麗なので、ついついその描写に夢中になって本編内容を忘れてしまう。w



 それと、
 主人公がブチ切れると解決する内容が面白い!!

 何とか事件を解決しようと真面目に行動するとだんだん絡まっていくが、逆にぶち切れて何もかもめんどくさくなり、投げ出しぎみに本音を暴言のように吐くと事件が解決する。
 こんな流れは、今までに読んだ事の無い展開なので新鮮で面白かった。w



<感想(部分的)>

 主人公の性別が解らない・・。

 一人称が「僕」だし、皆からは「君付け」で呼ばれているし、制服の下半身はズボンなので男性だと思うんだけど、だとしたら表紙のキャラは誰だ?
 ガーターベルトを付けているからか、どう見ても女性にしか見えないんだけど・・・。
 主人公に似た誰かか?
 女装した主人公か?
 ちょっと謎です。w


 後、
 どうでもいい事だけど、”ポッキー”が食べたくなってきた。w



<まとめ>

 綺麗な描写とポッキーに心奪われる作品だった。w

鳥籠学級 1 (Gファンタジーコミックス)

ダテ乳が大きすぎやしませんか? 漫画「あぶない!図書委員長!」を読む!!4

b7618c9c.jpg 表紙に描かれている「ダテ乳在中」って名札を見て、「ダテ乳って何だろう?」と興味が沸き購入した。w


<作者>

 西川魯介


<内容>

 急遽、図書委員の委員長に選ばれた「水野文見(♀)」は、図書委員長らしい恰好をしてもらうために、メガネとダテ乳(巨乳)とメイド服をプレゼントされ、図書室ではその恰好をデフォルトとし身に付けることに・・。
 そしてある日、その萌える恰好をした図書委員長がいると聞き付け、突然「シャケの会(?)」が現れ、ある”汁”をかけられそうになる・・・ので逃げる。


<感想(全体的)>

 かなり強引に、色々な萌えが1冊に詰まっています!!

 メガネ、メイド、巨乳、委員長、百合、女装、BL、やおい、ナースなどなど、いくつもの萌え要素を一冊に強引に纏めた、まさに萌えの塊かも知れない。w



 あまりにおかしな内容ゆえに、1寸先が読めません!!

 メガネを予言の道具として利用したり、謎の集団が”汁”をかけようと追い回したり、仮面を被った怪しい人たちからマッサージを受けたり、エロい事が描かれた学習帳を回覧板のように人へ人へと無造作に回したりと、はっきり言って意味が解らない内容ゆえに先の展開がまったく読めない。w



<感想(部分的)>

 図書委員長の「水野文見」もいいんだけど、それより、ナース服にノーパンで保健室に滞在している「片岡君」の人生が不安です。w

 女装趣味を強制されていると思ったら、後半は自らの意思で女装になるし、仕舞いには同性が好きになりちょっとBL入っちゃうしで、そんな彼の今後の人生が不安です。w



 それと、巨乳で百合の「経堂さん」はかなり好きです!!

 何故なら、控えめな性格で巨乳で百合と、三つも萌える属性を身に付けているので、萌えないわけが無い。w



<まとめ>

 たくさんの萌え要素と、先の読めない内容に惹き付けられる作品だった。w

あぶない!図書委員長! (ジェッツコミックス)

変態というほど変態では・・・。 漫画「桃色シンドローム 2巻」を読む!!2

e224885a.JPG 1巻を購入したかどうか解らないけど、2巻を購入してみた。
 ちょっとギャンブルです。w


<作者>

 高崎ゆうき


<内容(全体的)>

 少女2人と変態の少年1人の、可愛くて変態チックなコメディー漫画!!
 (まとめ過ぎましたw)


<感想>

 可愛い少女達の行動が、そのまま萌えとなっています。

 怒ったり、喜んだり、恥ずかしがったりと、そんな喜怒哀楽を含めた行動が可愛らしくちょっと萌えます。w


 更に、
 ”変態”と言うほど変態ではない・・・っと思います。

 ただ、主人公の行動が性欲や欲求に素直なだけで、変態チックでは無いと思うのだけれど、ただ、発想が変態なのかも知れないなぁ〜〜、なんて今書きながら思った。w



<感想(部分的)>

 ”先生”こと「星野歌奈」が可愛いです!!

 素直で純粋で、あまりに幼い容姿に大人には到底見えないのに大人ぶっている所や、騙されやすく主人公の「スミヤ」に弄られている所など、もう可愛くてしかたない。
 特に、今巻だと”すいか割り”のシーンがより可愛く感じた。
 こんな先生がいたら、人生狂わされるわ。w



<まとめ>

 可愛いキャラクター達が、どたばたと行動し可愛さを振りまく作品だった。

桃色シンドローム (2)
桃色シンドローム 1 (1) (まんがタイムKRコミックス)

巨乳は人間遊園地です!? 漫画「ハニカム 1巻」を読む!!5

f792c59f.JPG 名言「巨乳は人間遊園地です!!」
 この発想は無かった・・・この台詞を見た時、頭に電気が走った。
 何故か、やられた気分です。w


<作者>

 桂 明日香(この前読んだ「花やしきの住人たち」と同じ作者)


<内容>

 あるファミレスで働く、個性的なスタッフ(女4人に男2人)が綴る日常を描いたコメディー漫画。


<感想(全体的)>

 ファミレスで働くスタッフ同士の恋の赤い糸を追っていくと、微妙に交差している関係が面白い!!

 特に、主人公を取り巻く関係が面白く、自分の好きな人と自分に好意を抱いている人、それぞれ恋がばれない様に気を付けながら行動する姿が、可愛くて可愛くてまさに萌える。w



 更に、
 ファミレスの裏側の辛さを、珍回答で楽しませながら表現している展開が上手い。

 「皿を引っ込めた、手の付けていない食べ残し料理をどうするか?」とか、「お客さまとのクレームにどう対応するか?」とか、「クリスマスなどのイベントで、辛いシフトの中をどう乗り切るか?」とか、そんなファミレスの裏側の問題を面白おかしく珍回答で答えてくれます。
 ただ、実践で仕様するにはあまり参考にならない気がするけどね。w



 後、
 ファミレスの制服が可愛いです!!

 人によってはどうでもよい事かも知れないけど、私個人的にはこれは点数が高い部分です。w



<感想(部分的)>

 ガンオタで赤いのが好きな「萌」、家が貧乏で手を付けてない食べ残しを狙うちょっとツンデレの「律子」、計算高くロリキャラを演じる巨乳の「舞」、国籍不明で感情のままに行動する「妙子」など、あまりに魅力的なキャラが多い為に1人に絞りきれずみんな好きです。w



 それと、
 「舞」とキッチンスタッフ「王里」が組むと、恋愛の糸が複雑に絡まります。w

 人の恋愛に油を注ぐのが好きな2人が組むと、対象人物の恋愛や嫉妬を燃え上がらせてトンデモな行動をさせようと促します。
 それを、ニヤニヤしながら傍観する2人が鬼畜です。w



<まとめ>

 個性的で可愛いキャラクターたちや、スタッフ同士の恋愛の糸の絡まり方が面白い作品です。w


ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
花やしきの住人たち (1) (角川コミックス・エース 121-7)



PS.
 この作者の作品2冊購入して、帯についてる応募件をはがきに貼って送ると抽選で”図書カード”が当たるらしいのですが、いつもはがきの最後のほうに書く”作品の感想”が面倒でこの手の物は送っていません。
 面倒でも、景品が欲しい時は送るべきなのだろうけど・・・どうしようかな?
 ”図書カード”ちょっと欲しいかも・・・。w

目覚めて感じる違和感!? 映画「空の境界 第四章「伽藍の洞」」を観る!!4

1

2










 第四章にして初めての難解発生!!
 ・・・タイトルの漢字が読めない・・・。w


 さてさて、
 とうとう観に行ってきました第四章「伽藍の洞」!
 「第一章 俯瞰風景」、「第二章 殺人考察(前)」、「第三章 痛覚残留」と観に行ったら「第四章」も観に行かないといけないという自分でもよく解らない使命感に背を押されて観に行ってきましたが、とりあえず人込みに紛れるのが嫌だったので、先週の土曜日(24日)から上映しているのは知っていたけど、”土、日”は込みそうなのでパスして”平日”に、さらに、”新宿”は込みそうなので”渋谷”に観に行ってきました。

 12時40分上映の回に行ったのですが、込み合っている日、場所を外した甲斐があって、かなり入場人数が少なかった。
 本当に入場人数が少なく、受付での座席指定の時「どの場所もほとんど空いてますのでお好きな席を選んでください」と言われた。
 実際、上演後に周りを見渡したら、20〜30人程しか観客がいなかった・・・。
 ・・・「これなら、朝から毎日数回上映しなくてもよいのでは?」とちょっと疑問が浮かんだ。w


<内容(サザ○さん次回予告風)>


 さ〜て、今回の「空の境界」は?

 「黒桐鮮花」です!
 本作品中一番の美少女キャラとして名高い私なのに、出番がひどく少ないです。
 一体、第何章から「両儀式」と同じぐらい華麗に活躍するのでしょうか?
 そして、”幹也”はいつ私の魅力に気付くのでしょうか?
 深刻な問題です!!


 さて今回は、

 「蒼崎橙子」、猫を被ったり、脱いだりする。
 「両儀式」、リハビリに励み結果猫になる。
 「黒桐幹也」、子犬君になる。

 ・・・の3本です。

 (サザ○さん風にしてみました。そして、今回もまったく内容を真面目に書く気はありません。でも、この内容が強ち間違っていないのがおかしい。w)


<感想(※ネタバレあり)>


 アニメーションのクオリティーの高さは第一章から変わりません!
 だからこそ、入場料を払って安心して観れます。w



 今回の見所は「橙子さん」だと私は思います!!

 眼鏡を掛けるのと取るので、喋り方と雰囲気ががらりと変わる性格と、”魔術師”として初めて術を使うシーンがかっこよすぎ!w

 ただ、術を使うシーンは確かにかっこいいんだけど、結果が・・・・。
 大見得を切っただけに余計に・・・・。

 でも、眼鏡を掛けた彼女の性格は可愛いから、まぁいいか。w



 それと、
 ”魔眼”に戸惑う「式」と迫力ある戦闘シーンでの「式」も面白かったけど、注目したのは最後に「式」と「黒桐幹也」が顔を会わせるシーン!

 目覚めた「式」が自分を覚えていた・・・いや、自分の存在を脳から消されていなかった事に、一瞬泣きそうになるが、それを悟られず誤魔化す為に得意のニヤケ顔を彼女に向ける細かい表情が上手いと感じた。w
 (ある事故で脳を激しく痛めつけている為、”覚える”というより”消されていない”という表現のほうが正しい感じがしたので書き直した)



 それと、
 謎が少し解けます!!

 第一章に出てきたある彼女に、あの能力を与えたのは誰か?
 そんな謎がちょこっと解かれます。



 部分的な感想がメインになってしまいましたが、印象に残っているのはそんな感じです。w



<まとめ>

 「式」の生き様より、「橙子」の行動に目が行く内容だった!!

劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【完全生産限定版】
劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【通常版】
劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【完全生産限定版】
劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【通常版】
劇場版「空の境界」 痛覚残留 【完全生産限定版】
劇場版「空の境界」 痛覚残留 【通常版】

人妻で巨乳とツンデレで貧乳どちらが好み? 漫画「ぶっ☆かけ 1巻」を読む!!5

9da396c1.jpg ”ぶっかけ”という言葉は、日本特有の言葉なので英語の単語で”ぶっかけ”に当て嵌まる単語は存在しない。
 だから、英語圏内では”ぶっかけ”を”bukkake”と日本語そのままに単語として使うそうです。
 ただ、この言葉を海外で使う機会なんて早々無いけどね。w

 かなり無駄な雑学知識でした。
 (うろ覚えなので間違っていたらごめんなさい。w)

<作者>


 松山せいじ


<内容>


 高層ビルの巨大企業「ぶっかけ」の地下で働く平社員「筑前勝太」は、貧乳で年下の上司「西戸崎柚須」の下で働いていた。
 そんなある日、大好きなゲームの発売日に並んでいたら巨乳で人妻の女性に声を掛けられ仲良くなる事に。
 その後、会社内で巨乳の彼女を見つけ驚愕する!
 「西戸崎柚須」の母親で、巨大企業の女社長「宇美菜」であった。
 そうして、3人の奇妙な3角関係が築かれていく・・・。


<感想(全体的)>


 ”おっぱい”が、この作品を支配しています!!

 表紙の帯を取った時点からおっぱいが楽しめ、中身の本編はというと、おっぱいはもちろん話を重ねる毎におっぱい+αのエロい行動が満載で、読んでて頗るほど興奮が高ぶっていきます。w


 更に、
 巨乳と貧乳両方楽しめます!!

 ヒロインの二人が両極端のスタイルを持っているので、巨乳好きも貧乳好きも両方好きも楽しめる内容となっております。w



 それと、
 ”お約束”と言わんばかりのエッチなトラブル満載!!

 閉じ込められたエレベーターや、男女の看板が逆になった露店風呂など、あまりにありがちで”お約束”と思える展開に、次のページを捲るたび期待を膨らましてしまう。
 そして、そんな自分が恥ずかしくなる。w



<感想(部分的)>


 「宇美菜」の巨乳が、揺れたり、押しつぶされて形が変わったりするのもいいけど、個人的には「柚須」のツンデレと、貧乳と、酒を飲むとからむ性質が好きです。w

 母に比べておっぱいが小さいのをコンプレックスとして持っていながらも、何かで母を見返そうと健気に頑張る姿と、酒を飲むと素直で正直な性格になる所、更にツンデレの性格に惹かれました。



<まとめ>


 ”おっぱい”が命運を左右するエロい作品です!!w

ぶっ☆かけ (GAコミックス)



 ついでに、
 ニコニコ動画で試し読みできますw↓

【ニコニコ動画】ぶっかけって…何を?何をかけちゃうのさ!?

人を騙し続ける兄妹!? 漫画「デッドマン・ワンダーランド 3巻」を読む!!4

6e5b1097.JPG 「エウレカ」が無性に観たくなる作品を読む!!


<作者>


 著者:片岡人生 近藤一馬


<内容>


 主人公「ガンタ」の今度の対戦相手は、可憐な少女「水名月」。
 バトル前に、「水名月」の辛い境遇を聞いて同情している主人公に、思わぬ真実が舞い込むことになる・・・。



<感想(全体的)>


 深かった謎が少しずつ解かれていき、明らかになればなるほど恐ろしい世界だと思い知らされる。

 主人公らを襲った奴らの詳細が解かれつつも、このワールドを管理している奴らのモルモットとしての扱いは変わらず、むしろだんだん過激化されていくこのワールドが恐ろしく感じる。



<感想(部分的)>


 「ガンタ」の対戦相手の「水名月」がかなりムカつく!!

 初めは悲劇のヒロインを装って近づき、対戦相手に対戦前に傷を負わせ、いざ対戦時に手のひらを返したかのように残酷な振る舞いをする彼女がかなりムカつきます。w

 逆に、
 騙されていると解っていても受け入れる「ガンタ」のお人よしな性格が可哀想になってくる。



 それと、
 「シロ」の謎が少しづつ解かれていってます!!

 ただ知る事で、逆に「なぜ」って思うようになってしまいました。
 「ガンタ」を救い、「ガンタ」を絶望に陥れた存在。
 だから「なぜ」かな?w


<まとめ>

 対戦相手の残酷な性格に、ちょっとムカつく巻だった。

デッドマン・ワンダーランド (3) (角川コミックス・エース 138-10)
デッドマン・ワンダーランド 2 (2) (角川コミックス・エース 138-9)
デッドマン・ワンダーランド 1 (1) (角川コミックス・エース 138-8)

過剰なご奉仕は仕様ですか? 漫画「マヨイ屋の店番トキワ 2巻」を読む!!5

5fc342c9.JPG 私の家にも来てくれないかな〜〜?「トキワ」が。
 そしたら、きっと毎日が楽しいだろうに・・・。w


<作者>


 菅原キク


<内容>


 平凡な高校生「柴田葉介」を、世界の王にする為に様々な便利道具(?)を用いてちゃくちゃくと計画を遂行する「トキワ」の失敗談を纏めた作品。w


<感想(全体的)>


 だんだんトラブルが大きくなっていく展開が面白い!!

 平凡な日常から始まり、ちょっとした何気ない切っ掛けがだんだん大きくなっていき、最後には周囲を巻き込むトラブルへと大きく発展していく様が読んでて面白い。w



 更に、
 便利な道具が、便利に使われていない事に勿体無さを感じる!!

 せっかく世界をどうにか出来ちゃうぐらい物凄い道具を持ったヒロインがいるのに、まったく使おうとしない主人公と、自己満足で使ってひどい目にあうヒロインの行動が面白いけど道具が勿体無い!
 私だったらうまく使うのに・・・ホント勿体無い。w



<感想(部分的)>


 「トキワ」のマイペースな性格が、この作品の面白さの60%を占めています!!

 ほとんど表情を変えず、クールな顔をしてとんでもない行動をする「トキワ」が面白いです。


 残り30%は便利道具の使い方で、残り10%は他のサブキャラの可笑しな行動だと分析していますが・・・どうでしょうか?

 便利な道具は、まったく意味を成していないところが笑えるし、サブキャラは、色々な新キャラが出てきて物語を荒らす行動が面白い。


 特に、
 今巻の新キャラ「あやめ」のドSっぶりは恐ろしすぎ!!w

 マイペースの「トキワ」を壊すくらいのドSっぷりはかなりヤバイ。
 でも、笑顔が似合う美人についつい心惹かれる。w



<まとめ>

 マイペースな「トキワ」の可笑しな行動が面白い作品です。w

マヨイ屋の店番トキワ 2 (2) (月刊マガジンコミックス)
マヨイ屋の店番トキワ 1 (1) (月刊マガジンコミックス)

長かった対局と事件の結末は!? 漫画「しおんの王 8巻」を読む!!5

0a8339b2.JPG 将棋と事件を組み合わせた異色のミステリー漫画完結!!


<作者>


 原作:かとりまさる
 漫画:安藤慈朗


<内容>


 「紫音」対「羽仁名人」の対局が終局を向かえ、同時に殺人事件の全貌が明らかになる。


<感想(全体的)>

 
 対局中のプレッシャーが、読んでて痛いほど感じられる!!

 対局している二人が、それぞれこの対局にどんな強い想いで臨んだのか?が解っている分、対局中の二人の痛いほどの気迫が伝わってきます。



 それと、
 事件と対局の経過をかわるがわる同時に見せる演出が面白い!!

 対局が大詰めになると、突然事件の途中経過に移り変わったりと、何度も流れを切り替える演出が面白く、ちょっと焦らされている感じもするけど、それがこの作品を印象付ける要素だと最終巻にしてようやく気付いた。



<感想(部分的)>


 最後の最後に、女装した「斉藤さん」が見れて心残りはありません!!w

 特に、鋭い目をする斉藤さんが好きだったんだよね〜〜。
 最後に見れて良かったわ。w

 そして、
 「紫音」の運命の結末にかなり安堵した。w


 ただ、
 殺害目的には私も納得がいかない!!

 あの事情聴取での発言が真実だとしたら、ちょっと納得いかない。
 未来、どうなるか解らない子に自らの手を汚せるのか?

 私も”棋士”ではないので納得がいかないです。



<まとめ>

 最後の最後まで冷や冷やしながら楽しめた作品です。w

しおんの王 8 (8) (アフタヌーンKC)
しおんの王 7 (7) (アフタヌーンKC)
しおんの王 6 (6) (アフタヌーンKC)
プロフィール

月下

歩んだ軌跡
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
  • ライブドアブログ