24f037e0.jpg 「TRPG」をもう数年やっていない・・。
 たまにやりたくなるんだよね。
 「ソードワールド(SW)」「トーキョーNOVA」あたりを。
 ただ、”マスター”が色々な意味できついんだよねぇ〜〜・・。w


<作者>


 安達洋介


<内容>


 「TRPG」をやりたいが為にクラス内で仲間を集める「モモ」「サチ」は、偶然に声を掛けた「フミ」を誘う事に成功。そしてTRPGを始めるのだが、だんだん人数が集まってきて部活動として認められないか考え始めるのだが・・・。


<感想(全部)>


 「TRPG」をかじった事があるか?ないか?で印象が変わる作品です!!

 連載している雑誌がTRPG専門誌なだけに漫画の内容が濃いので、TRPGをやった事がある人はそれなりに楽しめるけど、まったくやった事がない人が表紙に釣られて購入すると内容の濃さに微妙な気持ちになる作品です。w

 実際、
 昔経験者だった私が読んでも、ネタの半分ぐらいしか分からなかった・・。

 細かく言うと、
 「トーキョーNOVA」や「ダブルクロス」、「天羅」はやった事があるので何とかネタが分かったけど、「アルシャードff」や「アリアンロッド」、「ブレイド・オブ・アルカナ」はまったくのノータッチなので、ネタが分からずちょこっと困った。w


 でも、
 TRPGの面白さは伝わってくる作品です!

 TRPGは、大人数でガヤガヤと騒がしくプレイする状況が面白く、それが上手に表現されているので、読んでて私も久しぶりにやりたくなった。w

 ただ、
 もし”マスター”をやるんだったら「ソードワールド」か「ダブルクロス」かな。結構設定が簡単だし、昔やった事があるから。(正直マスターはやりたくありませんが・・。w)
 逆に、プレイヤなら「トーキョーNOVA」がやりたい。スキルの組み合わせで演出や効果を楽しめるから。
 それと、”見せ場宣言”がある「天羅」も良いかも・・・。w
 (もしかして、話が脱線してるかな?w)




<まとめ>


 TRPGをやった事がある人なら懐かしくなったり、微笑できる作品です。w


<関連記事>

(コミック)くいっくすたーと・QuickStart!!(01)/安達洋介
(コミック)くいっくすたーと・QuickStart!!(01)/安達洋介