77f79f05.JPG

 ”アクションモノ”が読みたくなったので、なんとなぁ〜くでこの作品を手にとって見た。 基本的に、表紙に”銃”を持ったキャラが描かれていたら、それは9割がたアクションモノと勝手に思い込んでいます。
 

<作者>

 烏丸 渡

<内容>

 かつての大戦が生み出した人型戦闘兵器「クロックワーカー」。だが、大戦が終わった今、その兵器を使って殺し合いや金儲けをたくらむ輩が現れた。それを取り締まるための機関「CWA(帝国機兵管理局)」に属する「マキナ」は、それらを破壊するための旅を続けるのである。

<感想(全部)>

 爽快なガンアクションが見所です!!

 機械で作られた戦闘兵器に対して、生身の人間である少女がガン一丁で立ち向かう勇敢な姿と、その少女を支援する彼女の従者であり機械であり宣教師でもある仲間のフォローが上手く、この2人のコンビネーションが魅せるアクションが爽快で思いっきりテンションを上げてくれます。w

 それと、
 人の目を気にせずに、いつどこでも脱ぐ主人公の堂々とした行動に萌え!!

 服が汚れた時や、シャワーを浴びた後など、すぐに着替えようとはせずに全裸のままで立ち歩き、家の中だろうが、外だろうが、誰に見られようがまったく気にしないで堂々とした態度をとり続ける彼女に萌えてしまいます。
 ただ、少し恥じらいがあった方が個人的には・・・。w
 でも、少女の全裸姿ってだけでも貴重かも・・・。w
 今、いろんな葛藤が廻っています。ww

<まとめ>

 ガンアクションと主人公の脱ぎっぷりが爽快な作品です!!w

<関連リンク>

デウス×マキナ 1 (1) (電撃コミックス)
著者:烏丸 渡
販売元:アスキー・メディアワークス
発売日:2009-02-27
クチコミを見る