66d49061.JPG

 またまた女子高生の羞恥プレイが見たくて買っちゃいました!!
 ・・・そりゃ買うでしょ?
 だって見たいじゃない、女子高生が「おま○こ」って叫ぶところを。w
 ついでに、女子高生が性行為を想像し過ぎてイっちゃうところも・・・。ww

<作者>

 紺野あずれ

<内容>

 エロゲー声優として華々しくデビューした女子高生の「柑奈」は、また次のエロゲーの仕事の為に発声の練習に明け暮れていたが、ある日、同じクラスの少年に自分がエロゲー声優だとばれてしまう。その事実に混乱する「柑奈」だったが、次のエロゲーの仕事の為に会社に行ったら、その少年の姿が・・・。

<感想(全体的)>

 普通にどこにでもいる地味な女子高生が、恥ずかしがりながらもハッキリと「おま○こ」や「チ○コ」と人前で発声するシチュエーションに興奮せざるを得ません !!

 姉にそそのかされて、何故かエロゲー声優としてデビューしてしまった女子高生の主人公が、そのアフレコ中に発するエロい台詞や、想像してトランス状態に入っている表情があまりにエロくて、興奮を抑えながら読み進める事が出来ません。w
 そもそも、
 ”ウブな女子高生の恥辱プレイ”ってシチュエーションだけでも勃つのに十分だと思います。w

<感想(部分的)>

 性に対して知識の薄い主人公に、嘘を教えるスタッフたちのネタが面白かった!!

 「精液ってのはね・・・練乳の味がするんだよー♡」(80ページ)
 こういった嘘を教え込むことによって、ノーマルではない、ベテランのエロゲー声優としての道へと誘導するスタッフたちの指導(調教)が恐ろしくも面白い。w
 そして、それを無知ゆえに完全に信じきってしまう主人公の未来が不安になってきます。w

 それと、
 今巻もイきます!!

 主人公の特技(?)で、想像だけでイってしまうシーンが今巻もあってそれだけでも見所です。(160〜161ページ)
 私的には、”トランス状態”からもう下半身がヤバイです。w(155ぺージ〜)
 ついでに、
 フェラ音を出すために、同じクラスのクラスメイトの指をしゃぶらされる行為もまた”羞恥プレイ”って感じがしてグッときました。w(140〜141ページ)

<まとめ>

 純粋な女子高生が、エロゲー声優へと徐々に染まってゆく様子に興奮してしまう作品です。
 それと、
 「おま○こ」と叫んだり、アフレコ中にイったりと、女子高生の恥辱プレイが見れる貴重な作品です。w

PS.
 とらのあなのHPに書かれている「恥ずかしいけど、仕事だもん!!」ってコメントに笑った。
 まるで、「ストライクウィッチーズ」の名言みたいだと・・・。w

<過去記事>

 女子高生がエロゲー声優!? 漫画「こえでおしごと! 1巻」を読む!!

<関連リンク>

こえでおしごと!(2)初回限定版 (ガムコミックスプラス)こえでおしごと!(2)初回限定版 (ガムコミックスプラス)
著者:紺野 あずれ
販売元:ワニブックス
発売日:2009-06-24
クチコミを見る

こえでおしごと!(2) (ガムコミックスプラス)こえでおしごと!(2) (ガムコミックスプラス)
著者:紺野 あずれ
販売元:ワニブックス
発売日:2009-06-24
クチコミを見る

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス)こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス)
著者:紺野 あずれ
販売元:ワニブックス
発売日:2008-12-23
おすすめ度:4.0
クチコミを見る