008fa20e.jpg

 穿いてないような表紙に釣られてみたのですが・・・。w

<作者>

 塩野 干支郎次

<内容>

 母が亡くなり、昔住んでいた町へ1人で引っ越してきた少年「神渡 優」は、ここで平和な毎日を送る予定だった。
 だが、山で神様が現れ、それを退治しようと弓道部の友人達と一緒に山に入るのだが、そこで異様な神様と穿いてない美少女が現れて・・。

<感想>

 主人公の隠された能力や運命、さらに破壊や悪さをする神様・・・そんな謎よりも、コート一枚で中何も着ていない(穿いてない)美少女の謎が一番気になります!!

12

 常にコート一枚で歩き回り、そのコートの中には何も服や下着を着ていない美少女が何者なのかが一番気になりました。w

3

 ・・・ってか、服着ろよ!
 最悪、下着ぐらい穿けよ!!w
 でも、後半にようやくパンツを穿き始めたので・・まぁよし。w

 あと、
 何故か謎の美少女の鎧や寝間着にさせられている、主人公の立場が不憫です!!

45

 母親が亡くなったり、兄が行方不明になったりと、そんな悲しみを乗り越えて、目に宿る封じられた能力を使って悪しき神に立ち向かうなど、何だか壮大な運命を感じていたのに、謎の美少女が現れ彼を鎧にしたり、彼女の身勝手で寝間着にしたりと、もう便利な道具扱いされている所が不憫でかわいそうになってきます。w

6

 こんな扱いされる為に、過酷な運命を生きてきたのかぁ・・・って思うと、何だか同情心が沸いてきた。w

<まとめ>

 コート1枚で動き回る羞恥心0の美少女と、その美少女に衣類扱いされる不憫な主人公とのコンビが面白い作品です。w

<関連リンク>

セレスティアルクローズ(1) (シリウスコミックス)セレスティアルクローズ(1) (シリウスコミックス)
著者:塩野 干支郎次
講談社(2010-11-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る