8f7364d7.jpg

 ”十九歳”というと、ヤってる人はヤっていて、ヤってない人はそこそこにヤっていないのがハッキリと分かる歳だと思うのだけれど、その歳をどう表現しているのかが気になったので読んでみました。w

<作者>

 峰浪 りょう

<内容>


 男っぽく見られる女子大生や、年下に見られる事を売りにして売春する女子大生、さらに雑誌に載るぐらいかっこいい容姿なのに、女装趣味の男子大生などなど、そんな十九歳の大学生たちが同じ大学に通い、さらに運命が交差する性癖ストーリー。

<感想>

 秘め事をもっている大学生たちの交差する出会いと関係が面白くて夢中になっちゃいました!!

12

 女性っ気がなくて少年っぽい女子大生の性的な悩みや、童顔により実年齢よりも見た目若く見える事を他人に確認する事で安心し、それを売りにして年齢を下げて売春する女子大生、さらにその童顔の女子大生のマネをして、同じ服を買い着て街を歩く女装趣味の男子大学生などなど、まさに秘め事を抱えた大学生たちが同じ大学に通い、運命に導かれた様に知り合い、お互い秘密を共有する事で生まれるおかしな絆が面白くて、夢中になって読んでしまいました。w
 このおかしな関係が、これからどんな化学反応を起こすのか?・・・楽しみです。w

 それと、
 少年っぽい性格だけど実は女性に憧れていて、だれもいない自分の家ではスカートを穿いて犯される妄想でオナニーに耽る秘め事(性癖?)を持つ女子大生が、友達の影響でだんだんと女性っぽくなって行く様子に、最終的にどんな風に変わって行くのだろうと興味が沸いてきました!!

34

 特に、犯される性癖って・・・まさに秘め事。

5

 この女子大生がどうなって行くのか興味津々です。w

 おまけに、
 童顔であり売春をしている、清純気取りの女子大生の今後も気になります!!

67

 清純そうに見える娘ほど、ヤってるのかもしれないなぁ・・・なんて思いながら、彼女の話を読んでました。
 ホント、女って怖いなぁ・・・。w

<まとめ>

 人には言えない秘密を持つ十九歳の大学生たちが織り成す出会いと、紡がれるおかしな関係に興味そそられる作品です。w

<関連リンク>


ヒメゴト〜十九歳の制服〜 1 1 (ビッグコミックス)
著者:峰浪 りょう
小学館(2011-04-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る