d2d621d7.jpg

 「三味線」って、まず弾くのが大変そうに思えるけど、そうでもないのかな?w

<作者>

 羅川 真里茂

<内容>


 津軽三味線の大会に向け、必死に練習する津軽三味線愛好会の面々。
 だが、いまいち音のタイミングが掴めずに悩む「朱利」。
 そんな中で、いきなり合宿が始まってしまう・・・。

<感想>

 大会に向けて、心境の変化や新たな困難との衝突。
 さらには、ちょっとした恋模様もあってで楽しかった巻でした!!


11

23

 今まで大会に出る事に何の興味もなく、大会という大会にまったく姿を表さなかった「雪」が、今回に限り大会に出場する事を決めたり、上手く仲間たちと音取りができずに悩み苦しむ「朱利」の成長や、雪のジゴロ説など、今巻も様々な困難に立ち向かう姿や、大会に向けてくすぶっている空気が読んでて面白かった。w
 でも、
 全体的には、大会に向けての充電期間って感じかな?w
 この後の大会本番が楽しみです。w

 それにしても、
 雪はジゴロだなぁ〜。

45

66
 
 何ていうか、もう、ほんと雪は上手い。
 泣いてる女の弱い所をつくのが上手いわ。w
 それも、天然でジゴロな事をやってのけるから、たちが悪い。w

<まとめ>

 津軽三味線の大会に向け、三味線の腕や精神面で成長して行くメンバーたちや、同じく大会に向けてくすぶっているライバルたちなど、この先の大会本番に向けての期待が高まってくる巻でした。w

<過去記事>


 人に教える事の難しさと、自分は誰から学べばいいかの疑問。それらに悩み苦悩する雪(せつ)!? 漫画「ましろのおと 3巻」を読む!!
 祖父の得意とした即興曲を弾く事となってしまった雪!はたして弾き切る事ができるのか!? 漫画「ましろのおと 2巻」を読む!!
 津軽三味線が奏でるROCKな青春ストーリー!? 漫画「ましろのおと 1巻」を読む!!

<関連リンク>

ましろのおと(4) (月刊マガジンコミックス)ましろのおと(4) (月刊マガジンコミックス)
著者:羅川 真里茂
講談社(2011-09-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ましろのおと(3) (月刊マガジンコミックス)ましろのおと(3) (月刊マガジンコミックス)
著者:羅川 真里茂
講談社(2011-04-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る