1e74645c.jpg











 サッカーは、見るのは面白いけどプレイするのはかなり苦手。
 ってか、そもそも「手を使ってはいけない」ってルールが難しいw

<作者>

 手原 和憲

<内容>


 ある高校の弱小サッカー部が、監督の力量によってわずか数年でベスト4を狙えるまでに成長したが、その監督のやり方に面白味を感じない部員たちは毎日何らかのストレスを感じていた。
 そんなある日、いきなりその監督がいなくなり変わりに中学のサッカー部の監督が高校のサッカー部を見る事に。
 しかし、その新監督の言う事はまるで”中二病”のように的を得ていないような事ばかり言い始めるのだが・・・。

<感想>

 サッカーの戦略と監督の言動が面白く、そしてマネージャーが可愛かった!!


jpg-11

jpg-3jpg-3






















 名選手であり名監督でもあった「ヨハン・クライフ」を尊敬している今の監督が、全員攻撃など奇抜な策を用いたり、「勇気」や「自信」などを用いて精神論を語ったりと、もう言ってる事が”中二病”っぽくて「本当にこのチーム大丈夫か?」っと不安になりますw
 ディフェンスはせずに全員オフェンスって戦略はどうかと・・・w
 ただ、
 監督の娘であるJCのマネージャーは可愛かった!
 見た目の可愛さもあるけれど、サッカーに詳しく自分も女子サッカーをしていたからか理解力がある。
 その辺りが可愛く感じたw
 それにしても、
 そんな中二病な指示に付き合わされる部員たちに成長はあるのか?
 かなり疑わしい・・・w

<まとめ>

 昔の有名な監督を尊敬して中二病的な指示を出す監督に付く部員たちは、はたして上位ランクへと勝利を積み上げる事はできるのか?それが気になって仕方ない作品ですw

<関連リンク>


夕空のクライフイズム 1 (ビッグコミックス)夕空のクライフイズム 1 (ビッグコミックス)
著者:手原 和憲
小学館(2014-04-30)
販売元:Amazon.co.jp