53508645.jpg











 そもそも「家政婦」ってどうやって雇うのだろう?
 家政婦募集ってあるのかな?
 もしあっても今はネットでどうにかなりそうだけど、昔はどうやって家政婦を雇っていたんだろう?
 疑問ばかり浮かんでくるw

<作者>

 池上 竜矢

<内容>


 子持ちでバツイチの絵本作家「航平」の家に来たのは20歳と若い家政婦「さくら」だった。
 そして、何をやらせても上手く行かないさくらに対して改めて採用しようか迷うのだが、彼女には女としての魅惑な顔があった。
 その顔に嵌っていく航平は・・・そんな絵本作家と若い家政婦との関係を描いた禁断の家政婦エロティックストーリー!!

<感想>

 不幸を背負う口数少ない不器用な家政婦に幸せを願ってしまった作品です!!


jpg-1jpg-2

jpg-33






















 浮気性な母親に捨てられ義父と傷を舐め合って生活してきた不幸を背負う若い家政婦「さくら」が、バツイチで子持ちの絵本作家「航平」と出会い生活する事で少しずつ幸せになって行く様子が描かれているのですが、そんな男女のドラマを見ていて幸せって何だろうと考えさせられました。
 本当にドラマって感じの恋愛模様だった・・・。
 さらに、今の生活と絵本の内容がリンクしている演出も面白かったw

 おまけに、
 20歳家政婦のエロシーンも満載でした!!

jpg-4jpg-5

jpg-66






















 あまり喋らない寡黙な20歳の家政婦が、エッチに入ると快楽に我慢できなくなって激しく喘ぐ所がエロかった・・・w
 それに、長い黒髪と巨乳って組み合わせは最強じゃないか?
 こんな家政婦がいたら、良かれ悪かれ確かに生活が変わってもおかしくないわw

<まとめ>

 バツイチの絵本作家と20歳の家政婦とのエロティックドラマが面白かった作品でしたw

<関連リンク>


朝の来ない家 (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)
著者:池上 竜矢
竹書房(2014-07-31)
販売元:Amazon.co.jp