社長☆ブログ「社長のつぶやき」 桶市ハウジング

千葉県香取市。木材商として四代、創業百余年の老舗材木屋がつくる木の家、和風モダンの極み注文住宅「杉の家」今日も営業中です!「外断熱ソーラーサーキットの家」千葉県北総地区、茨城県南区でシェアNO.1の特約工務店。四季の家づくり東関東SC会。香取、旭、銚子、匝瑳のグッドデザイン賞の家 「ZERO-CUBE」特約工務店。コメントはfacebookで受付中です。

テレビCMつくります

IMG_6574
今年もこの時期が来ました。一年が経つのが早いです。
佐原の大祭、秋祭りが開催される10月が近づくと、千葉テレビで祭礼終了後に放映される佐原の大祭特別番組のスポンサーの話を頂いています。もう何年やってるだろう・・・この特別番組でテレビCMを毎年流しているんですね。しかも、毎年ロケやってオリジナル。
ついに今年もこの時期が来たか・・・って感じです。

最初の頃は私もいろんなアイデア出して直接製作に携わっていたCM製作ですが、最近は頭が固くなってきて面白いアイデアが出てこないんです。なので、ここ数年はCMのディレクターはNanakoが中心で当社のOBお施主様のお子様たちや、当社に関係してきてくれた人たちや知り合いの協力をお願いし、毎年新しいCMを作ってきました。

最初の頃はCMのBGMに当社のOB施主様でもある篠笛奏者の「片野聡」くんの曲を使わせて頂いたり、数年前にはNanakoの紹介でAKBの曲を製作した実績もある作曲家「平隆介」くんにCMソングを作ってもらったり、オリジナルティ満載で作ってます。

現在、篠笛奏者の片野聡くんは、インターネット篠笛コンテストに出場中です。24日(日)までインターネット上で投票できますので是非一票を!

maxresdefault
インターネット篠笛コンテスト2017

http://contest.rippei.com/artist/%E7%89%87%E9%87%8E%E8%81%A1/

実はホント、地で行く低予算で時間もない、ロケは一発勝負という状況ですが、ここまでやってきたら昨年と同じCMを流すことは自分たちの発想にピリオドを打つようで納得がいきません・・・
というわけで、今年も新しいCMをつくります。

放送は10月22日(日)19時〜千葉テレビで。
ご期待下さい。
昨年のCMは下記をご覧ください・・・


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

FREAK'S HOUSE動画公開!

フリークスハウスロゴ付
先月から当社で取り扱いを始めたアメリカンライフスタイルの提案を軸に展開するセレクトショップ「FREAK'S STORE」とコラボして作った家「FREAK'S HOUSE」の動画が公開されました!


仲間と、家族と楽しく暮らす。そんな家。
FREAK'S HOUSE
https://lifelabel.jp/lineup/freaks-house/special/#top
大好評受付中です!

住宅を通して暮らしの楽しみ方を提案する住宅ブランド「LIFE LABEL」からリリースされた話題の家。FREAK'S HOUSEは、当社の注文住宅「杉の家」とフランチャイズ「LIFE LABEL」の両方の窓口で2チャンネルで取り扱います。



お問い合わせ、設計・見積りの依頼、資料請求は・・・
フリーダイヤル 0120-54-7233
メール http://okeichi.com/catalog/


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

銀座〜IKEA〜COSTCO


当社は水曜日が定休日です。が、実際には休めていない今日この頃・・・今とっても忙しいんですが、私の仕事はモノをつくる、創造をする仕事なので、外に出ていろいろな刺激を求めて行かないと自由な発想が出なくなって頭が固くなってしまう(ー ー;)
今日は銀座で約2時間だ程の用事があったので、帰り際に急遽予定外でしたがIKEA→COSTCOへ寄り道してきました。

約5年位前になりますか、IKEAの家具がお客様に人気になった時期がありまして、家を新築したお客様が新しい家具をIKEAで購入するという例が結構ありました。家の家具も揃えると結構な金額になりますが、IKEAだとデザイン性の高い家具が安く買えるということで見に行くお客様が多かったんです。流行っていたと言ったほうがいいかな。

そんな背景があったので、うちはIKEAのBUSINESSメンバーになっていまして、IKEAの家具を仕入れ出来るようになっています。仕入れが出来るので、当社でIKEAの家具も家の建築と一緒にまとめて請け負うことが出来て、住宅ローンに組み込み出来るようになっています。

IKEA BUSINESSでは、仕入れだけでなく、お客様の家のインテリアプランニングも専門のスタッフがプレゼンしてくれて、メール注文、、配送、家具組み立てまで請け負うことが出来るようになりました。IKEAの家具は組み立てが面倒ですもんね・・・

IMG_6540
しかし、ここ最近はIKEAの家具を求める人もうちでは少なくなって来ていまして、ここ2年くらいは行っていなかったです。今日久々にIKEAを隅々まで見て、ちょっと良さ気なチェアを見つけました。
私は家具の中でもチェアが好きで、海外メーカーの、ブランドのものも含め、いろんなチェアを見ています。

IMG_6541
これから建築を頼まれているお客様に、杉の一枚板の大きな無垢板でダイニングテーブルの製作を頼まれている。そんなテーブルが出来ると困るのは実はチェアなんですよね。無垢板の杉板テーブルの質感や雰囲気に負けないように、調和するようなチェアを選ぶのは至難のワザかも。

私は、自分のところの杉の無垢板の存在感や質感を良く知っているので、チェアには同じ素材の杉材を使用するのではなく、敢えて質感、素材の違うファブリックのチェアが合うんじゃないかなーと。
高さも硬さもデザインも良し。質感もそこそこで、ファブリックだからこそ、杉の無垢板のテーブルの存在感は邪魔にならなく調和できると思います。

IKEAで家具を購入したい方、当社の家に住んでいる方、これから住む方にだけ、当社の枠でIKEA BUSUNESSのサービスをお使い頂けます。家具までトータルコディネートしてみませんか?

original-4a29b2e4afcd668d5686974339369d68c5339096
日が暮れる頃にCOSTCOにも寄り道。こっちもBUSINESSメンバーです。もう買うもの、消耗品は決まっているので買い物の早いこと。
でも、ここでもちょっと気になるチェアを見つけました・・・


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

今度は旭市で。成長=期待x信用

IMG_6557
今日は旭市で土地の売買決済が完了、来週から早速現場が動き始めます。久日に見た現場は草が大分伸びてジャングルのよう。造成が大変だな、これ・・・
今回の現場も前回の旭市の現場に引き続き、土地探しから始まり設計、見積り、決済と当社の紅一点、営業ママさんのNanakoがほぼ一人でまとめ上げた現場だ。一人前になったなぁーと感慨深い。

今までは基本設計から見積りまでは、当社の家はほぼ私がやっていたんですが、最近はCADを操るスキルも上がり、基本プランのエスキースまで出来るようになってきた。まだ現場の垢がついていない分、その発想には自由度が高く、結構良いプランを書いてくる。いつの間にか設計までこなすようになってきて、私のところに相談が来ることには実際にその家が成立するのか、実現できるのかという専門的なチェックを求める段階になっている。

自分が教えた人が成長してゆく過程を見ているのはとっても楽しい。調子に乗って勘違いするような自信満々の態度に怯むことも多々あるが、これからはこの業界も女性の時代だ。自信を持つことは悪くない。今が伸びる時と思えば勘違いするくらい生意気になれれば伸びしろが増える。

この仕事はお客様が自らの命を担保に借りてくる、人生最大の借金をしたお金を使わせて頂く仕事。現金のお客様は何十年もコツコツと貯めてきた大事なお金を託して頂く仕事。責任も思いが、期待も大きい。故に、仕事を任せて頂ける機会・経験が人を作り、育て、大きくしていくんだよね・・・自分もそうやってたくさんのお客様に育てて頂き信用を積み重ねて来たんだと思っています。

信用は、相手の期待に応えることで得られるもの。そのチャンスを与えられなければ積み重ねることは出来ません。仕事(チャンス)を頂けるお客様に感謝ですー

なかなか山本五十六のようにはなれないけれど・・・
「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
 ほめてやらねば、人は動かじ
 話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず
 やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」

自分も少し楽が出来るかなーと思えば、今日もフリーの来客が・・・
ほぼ毎週のように新しい一見のお客様が当社のドアを叩いてくる今日この頃です。

IMG_6534
そんな慌ただしい日中の仕事を終えて、今夜は佐原JCの例会へ出席。今日のテーマは「50周年を真剣に考える」というもの。例会に出席しながら、10年前に自分が10年後に創立50周年を受ける理事長のため、理事長の動きと行動、決断のタイミングを参考に出来るようにと記録代わりに残したブログを振り返ってみました。

まさか自分がこの例会に監事という立場で出席しているとは、当時は想像もしていないことです。監事講評では創立40周年の理事長を務めた私が当時感じていたプレッシャーと決意、決断の背景などを話させて頂きました。未だかつてない少人数での周年の式典、事業となります。頑張って欲しいものです。

IMG_6560
例会が終わり、10年前に私を支えてくれた周年事業の担当副理事長と千葉の街へ。久々に深夜のラーメンは一蘭へ。美味かった・・・


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

佐原の大祭 秋祭り

21430100_1455249614569779_5089981250358827340_n
台風18号の被害もなく、ホッとした祝日です。
台風が来ていたけど、待ったなしの佐原の秋祭りです。来月に開催される祭りの準備、会議が着々と進んでいまして、台風直撃かと思われていたこの週末も16日(土)は下座依頼のお疲れ様会、17日(日)は評議員会議、そして今日18日(月)もコース決定、資料作成と3連休は毎日祭り関係で過ぎ去った感じです・・・

佐原の秋祭りは、
10月13日(金)〜15日(日)の三日間

※桶市ハウジングは三日間”臨時休業”になります。

ユネスコ無形文化遺産登録されて初めての秋祭りです。私も当役長を終え、古役として初めて参加する秋祭りで、今までと違って祭礼中は何をやっていればいいのかわからない、微妙な感じの初めての祭礼です。。。

21191893_1444522182291043_7775171515245353295_n
今度の週末も山車の飾り付け、準備作業があります。24日(日)は佐原商工会議所の企画で山車準備体験ツアーが組まれているということで、集合場所の佐原駅に近い東関戸区の山車蔵にはツアー客が来ることは間違いないでしょう・・・
また、徳光さんが来たりして(笑)


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

台風18号

310261-AUT-018
台風18号が日本列島を縦断するルートをとっています。毎年9月後半から10月頭にくる台風は大きいですね・・・今回の台風は瞬間風速50mを超えているというので、現場に被害が出ないか心配です。社員みんなで手分けして現場の養生を済ませましたが、まともに来たら瞬間風速50mというのはひとたまりもありません。通り過ぎるまで眠れない夜になりそうです・・・

pic_typhoon_kkikan
この仕事をやっていて一番嫌なことが台風など災害の被害に合うこと。自然の力には逆らえませんから、こればっかりは来てみないとわからないです(T_T)
安全のために台風が近づいたら出来るだけ外に出ることは控えましょう。

o-WIND-POWER-570
今度の台風18号はあまりにも心配で瞬間風速50mってどのくらいか、よせばいいのに調べてしまった。
多くの樹木が倒れ、電柱や外灯、ブロック塀が倒れ、走行中のトラックが横転する。また、瓦や外壁が広範囲に剥がれ飛散し、木造住宅の屋根やカーポートの屋根が飛び、老朽化した木造住宅が倒壊する。

pic_typhoon_ryosou
台風18号の最大風速は35m、瞬間最大風速は50mです・・・
17日の午後から18日の明け方にかけてが関東地方の山場になるでしょう。


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

温故知新。昔ながらの家づくり

DSCF5835
成田市で建築中の注文住宅「杉の家」外断熱Ecoライフ工法、現場に近寄って行くと木の香りが漂ってきます。最近は木の家と言いながらも木の匂いのしない家が多いので珍しいみたいで結構言われます。

うちの家づくりは昔ながらの木造軸組み在来工法。地元産の樹齢80年超えの無垢の杉の柱を使い、大工さんも現場で木を切ったり削ったり、昔ながらの手づくりです。切りたて、削りたての木はとてもいい香りを発しますね。
近年は鋸もカンナも使わないような様々な家づくりのやり方がありますが、基本的に昔からずっとやっていることで良いと思うことは敢えてそのままやっているのがうちの家です。

DSCN0280
屋根の野地板に杉の無垢板を使うのも昔のまま。瓦屋根の下地には合板は使ってはダメ、必ず無垢板でって建築の学校でも教わっていたし、昔の大工さんもそうしていた。でも、今の時代は無垢板では手間がかかるし、太陽光パネルも載せられないメーカーもあるので、野地板に合板下地を使う作り手が多くなっているんですよね・・・
先日書いた割栗石もそうですが、屋根の野地板の杉無垢板も私としてはキチンとした意思を持って敢えて採用していることの一つです。

DSCN1446
ついでにもう一つ、今の住宅になかなか見られなくなった床の下地の作り方。梁の間に根太という木を張ります。間隔は約30センチくらい。この上に合板12个鮗里禿修蠅靴凸宜ぞ15个鯆イ蠅泙后これが昔ながらの床下地の組み方ですが、これも珍しくなっています。根太レス工法と言って木を使わずに根太を省略し、代わりに分厚い合板を梁の上にバンっと張って床材を張るのが今の時代の主流。

DSCN0385
これについてはどちらも一長一短あるのですが、当社の場合は外張り断熱工法を採用してるので、壁内通気をとるためにはこの根太がとても良い仕事をしてくれる。大工の手間も、時間もお金もかかりますが、今やっていることは百年以上もの歴史のあること。いろんな先進の技術も知ったうえで敢えて採用する意味を感じながら現場を見ています。

温故知新、守破離
いつもこの言葉を頭の片隅に感じながら、
また新しい家に取り組んでいます。

今週末はかなり大きな台風18号が日本列島を通過してゆくようです。雨は特に問題ないですが、風は時に想像を超えた悪さをしますので何事もないことを祈りつつ、現場の養生に回ってます・・・
取り越し苦労で終わりますように。


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

PTAは何のため、誰のためにある?

IMG_6490
今日は佐原高校PTAの理事会が開催されました。先日役割を分担して参加したPTAの関東大会、全国大会などの報告がされ、とても熱心に、また楽しく、他校の先生方や保護者の皆さんと良いコミュニケーションを取れることが出来たようです。

私も先だっての全国大会で他校の方々とコミュニケーションをとらせて頂く中で、改めて佐原高校が伝統校と言われている所以と、位置づけをヒシヒシと感じることが出来た出張公務でした。積極的に外に出ることで、広い視野を持たせてくれる機会は貴重です。予算の問題もあるとは思いますが、出来れば大勢で行ければ良いなーと思いました。

本年度が始まってまだ5ヶ月ちょっとですが、気持ち的にはもう三分の二くらい過ぎたような感じです。それだけ最初の方にPTA行事が集っているのかな・・・

今日の理事会では上手く言葉に表すことが出来ませんが、ちょっとした違和感を感じました。我々父兄、保護者側からみる立場の考え方と、学校側の考え方のすれ違いを感じたんだな。見えているものがそれぞれ違うのですから正解、結果を導き出すことは不可能で、結論は次の理事会に持ち越しになりましたが。

PTAはそもそも何のために、誰のためにあるんだろうか?そんなことを改めて考えてみた理事会でした。私の認識、考え方としては、そもそもPTAは子供たちの学校生活を豊かにするために生まれたものではなかったか?ということ。

PTA(Parent Teacher Association)は、戦後の日本にアメリカからやってきた考え方による組織で、主な目的は、保護者のかたと先生が協力し合って学校運営に携わり、子どもの学習環境を整えていくということ。運動会や文化祭の運営をお手伝いしたり、廃品回収やベルマークやバザーの収益で学校に必要なものを購入したりするなどの活動も行います。学校運営は先生が中心になって行うものではあるのですが、先生たちだけではやりきれない部分を、保護者の方たちが中心になって補っていくのです。

PTAは「子どものために」という思いを持つ人々の集団
私はそう思っています。

PTAは、同じように子どものことを思う保護者の集団。
年代と共に人も入れ替わるため、その時代に合ったやり方に変わっていくのも必然です。役員になり意見を持つことで、変えることも出来るものなのです。

理事会の最後、その他事項で提案のあった内容で私の感じたことは、私たち保護者役員の思いと学校側の思いに少しすれ違いが見えたような違和感を感じたことです。
議案は、先日の文化祭で各クラス、生徒たちに分配される準備金の減額について・・・

昔は必要なかった文化祭当日の警備員の雇用について予算が膨らんでしまい、そのしわ寄せが子供たちに配布される文化祭の準備金の減額という事態になったこと。

昔は子供たちが自分で警備までしていたみたい。しかし、子供たちも自分たちの文化祭を楽しみたいだろうし、他のクラス、友人の演物もみたいだろう、また駐車場で誘導中に事故でも起こったら責任の所在は?という配慮で警備員を雇うようになったらしい。

文化祭当日は校庭に父兄の車を入れる。その為に駐車場誘導に警備員の予算が増え、その人数も増えてしまって財政を圧迫、文化祭は生徒会の事業なので生徒会の予算の中でそれをやりくりするという大前提の中で起こった今回の事案。

駐車場に警備員を置かなければならない状況を作ってしまったのは保護者です。
そのしわ寄せを被ったのは生徒という結果。

子供たちの予算が減額されたのを私たち現PTA役員は知らされていなかったんですね。警備員の為の予算の捻出がキツイという相談は事前に受けていたので、難しい場合は我々PTA父兄のお父さんチームでなんとかしましょうっていう下話まで私たちの中では出来ていたんですが協力依頼はなく、結果、生徒たちの予算が減額されるという結末に保護者から不満が出たわけだ・・・

一言で言えば、ボタンの掛け違い。
保護者からの提案は、子供たちの学校生活のためにと毎年文化祭の時に開催しているバザーの収益金の一部を生徒が減額されてしまった分の予算に割り振って欲しいというもの。警備員を雇う費用の一部に補填するカタチだ。これはPTAの在り方、バザーの収益金の使い方としては、背景をみれば間違ってはいないと思うので提案されたのだが学校側からは快い返事が頂けなかった。これが違和感だ。

私たちは3年生なので今年はもう終わったことになってしまっているが、来年以降のことを考えるとコレははっきりしておかないとならないことだろう。今の2年生、1年生の学校活動を絞ってしまう要素は出来るだけ避けたい。それが今年、事後承諾で行われたことは私的には許しがたいことだ。

変える時は変える。モノを言う時は言う。
それが私の役割だろうな・・・
自分はそれを言える人だからな。少し時間をかけて全容を解明し解決策を見つけないとね。そうでなければ今年の決算案に決を得るのは難しくなるだろう・・・


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

佐原高校の教育を語る会

IMG_6489
今夜は久々のパレス大藤、佐原高校の教育を語る会の準備会に出席してきました。前回は佐原高校で開催した会ですが、会場がパレス大藤ということで、どんな設えになるのかな?って思っていたら、最初に会議をもって、決まり次第懇親会という流れでした。だから大藤だったのね・・・

前回の教育を語る会の会議がとてもしっかりとした会議内容だったので、同じような会議なのかな?と思っていたら大間違い。初めての立場では想像できないことがありますね。いろんなシチュエーションには慣れているつもりでしたが、今夜のは予想外でした。
私的には、勝手に佐原中学校の学校評議委員会のようなものかと勘違いしていたので余計に戸惑いを隠せずでした・・・

委員長の説明を聞いて、なるほどーと理解。今日の会議は私たちに意見を求める会議だったのね。毎年佐原高校の関係者をピックアップして会議をもっているみたい。今年のテーマは防災でした。毎年この会のメインコンテンツは変わるらしく、今年は委員長の提案で防災になったということでした。

「クロスロード」という災害対応カードゲームの教材があるそうで、その手法を使うそうだ。いろんな研修・セミナーを受けている私ですが、始めて聞いたワードでした。まだまだ知らないことがあるね。
災害が起こった時に佐原高校の生徒としてどういう行動が出来るか?そんなことなのかな?と思って聞いていました。

会議の内容は、バックボーンでほぼ委員長と学校にお世話になりっぱなしという状況でしたが、そういう会なんだろう。私は佐原高校の先生方だけではなく、佐原小中、同窓会の先輩方と一緒に飲める機会を頂けたことが有り難い。地域に中で生きていくということは、地域の中でコミュニケーションをとっていくということだ。

6年前の震災の時に思い知ったことは、情報と人脈を持つことはイザという時に役に立つということでした。出来ること、助けられること、選択肢がたくさんあるんです。地域のハブになれるような方々とコミュニケーションをとってつながっていること、それも地域では重要な防災対策の一つとも言えましょう。そんな町が佐原なんだよね(´∀`)

会の最後、締めを同窓会の先輩から引き継ぎましてやらせて頂きました。数年ぶりに佐原の街中から出たPTA会長というご紹介を受けまして、そういえばそうだよね・・・と。

幾つかの学校でPTA会長をやらせて頂いていますが、私も最後の役員の年なので、忙しい時間をやりくりしながらやるからには、出る会議、出る時間に意義をもたせたい、持たせて欲しいと思います。佐原の街中で生きている自分が、最後に母校でPTA会長をやるという意味をもう一度考えて見たいと思います。


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

うちの基礎は割栗石。デカくて強い奴

IMG_6054
佐原、上宿台で基礎工事の真っ最中です。この家はうちの奥様の同級生の家。いろんな縁でつながってます・・・

DSCN0318
このブログで何度書いただろうか。
うちの基礎工事には私なりのこだわりがありまして、見えないところなんですが結構いい仕事させて頂いています。昔は当たり前のことだったんですがね。

DSCN0313
桶市ハウジングの基礎にはコンクリートの下に隠れてしまう、土を固める一番大事な仕事に割栗石を使っています。大きな石を割ったデカい奴。
昔はどこでも当たり前のように使っていた割栗石、実は今の時代の住宅の基礎現場で見かけることは少なくなってしまいました。コストと効率をはかるために・・・

ハウスメーカーはじめ、今の殆ど工務店さんの基礎工事には割栗石の代わりに駐車場とかで敷かれているのと同じ細かい砕石が使われています。割栗石だと大きいので一つ一つ手作業で平らに広げて小端立てて並べないといけないんです。その上に砕石を敷き詰めて転圧する。だから、職人の手間がかかります、お金もかかります。

ところが、割栗石を使わずに砕石だけだと、ダンプからザザーと下ろして均して転圧するだけ、簡単に作業も終わる。だから早いし、安い。
効果のほどは?
実はこの作業、ウソかホントか力は大体同じって言われている。

DSCN0367
でもね・・・私は思うんです。
砕石は細かいから転圧されたり、長く荷重をかけられたりしていると土の中に潜っていく性質が見受けられる。だから、昔の人は土に潜らず、ガチっと土をつかめるように大きな割栗石を使っていたんじゃないかな・・・って。
大きな割栗石を地面に突き刺すように並べることで、大きな石ならでは摩擦力を期待するのですよ。

基礎は大事。あとで直すことは出来ない。
だからこそ、丁寧にしっかりと作りたい。
千万単位の仕事の中で実は僅か数万〜十数万円の違いの仕事です。やっておきたいと思うんです。これを聞いてもこの金額を省きたいでしょうか?

検査にも関係ない部分、見えないこだわり。
そんなところに家づくりに対する「良心」を試されていると思うのは私だけだろうか?

DSCN0534
割栗石を使わない理由を聞いてみるといい。
本音は、割栗石を使うとコストがかかるから・・です。
でも、それはお客様が望んでいることなんだろうか?
私が譲れないのは、昔は当たり前にやっていた作業を、コストと効率を理由に省いていく現在のモノづくりの姿勢なんですよね・・・それだけ。
いよいよ来月早々に上棟です(´∀`)


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  
facebook
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
過去の記事
Profile
Twitter 小長谷直弘
okeichiをフォローしましょう
Twitter 桶市ハウジング
okeichiをフォローしましょう
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログのQRコード
QRコード
livedoor 天気
livedoor 天気