社長☆ブログ「社長のつぶやき」 桶市ハウジング

千葉県香取市。木材商として四代、創業百余年の老舗材木屋がつくる木の家、和風モダンの極み注文住宅「杉の家」今日も営業中です!「外断熱ソーラーサーキットの家」千葉県北総地区、茨城県南区でシェアNO.1の特約工務店。四季の家づくり東関東SC会。香取、旭、銚子、匝瑳のグッドデザイン賞の家 「ZERO-CUBE」特約工務店。コメントはfacebookで受付中です。

2006年09月

最近、感動したことありますか?その2

今度は実際に自分が経験したこと、実話です。
3,4年前になりますか・・・ディズニーランドへ家族で出かけたときのこと。冬の寒い日でした。子供が手が寒いというのでパーク内のショップで子供が手袋を買いました。
とても気に入ったらしく喜んでいたのもつかの間、帰る頃になってチョッと前まで手にしていた買った手袋が無いことに気がつきました。何処かに落としてしまったのでしょう。ポップコーンを食べたり、アトラクションに乗ったりする度に手袋を脱いだりしていましたから・・。

クリスマス前のディズニーランドです。人もいっぱいで、まず見つからないだろうと半ば諦めがちでいたのですが、家内がダメ元で一応届出だけはして行こうということになり、帰り際に落し物センターだったかな?窓口に手袋を落としたので・・ということを届けました。結構たくさんの人が来ていまして、落し物、紛失物もたくさんあるんだなあ・・と。

続きを読む

こんな時代だからこそ・・。5

バブルがはじけた頃、新聞の全面広告を飾った「こんな時代だからこそ、メルセデスはどうですか?」というコピーが忘れられない。
デフレ一色の時代に高価な車をアピールする広告だった。時を同じくして1900円のユニクロのフリースが大流行。安ければ売れた?安くしなければ売れなかった?そんな時代を背景に実はバブルの頃よりも年収2000万円を超える人の数は20倍もいるらしい・・。

住宅もいろいろで安い住宅が今売れている。私も10年前にローコスト住宅の技術を手にしているが、それをやろうとは思わなかった。からくりは知っているが・・・。
資材の仕入れなんかたかが知れている。人の手間をかけないように作ること、こだわりを捨てること、この2点に尽きる。

続きを読む

MYギター5

MYギター。
実は中学生の頃からアコースティックギターを弾いている。正確には弾いていた。所謂フォークギターだ。中学2年生のとき当時1万4000円で買ってもらったギターは自分の宝物だった。近くの本屋に行ってギターのコードブックや譜面を買ってきては独学でジャカジャカやっていたものだ。最初はコードで弾くということも知らず、ドレミ、ドレミと弾いていたことが懐かしい。

高校生になり、近くの本屋で生まれて初めてのアルバイトを経験した。生まれて初めてもらった給料は約5万円ちょっとだったことを覚えている。その日は私の通っていた佐原高校に当時はまだ売れていなかった「とんねるず」が何かの公演で来ていたのを記憶している。

5万円という給料、当時の自分にはすごく大金に思えて、どうやって使ったらよいのか、持っていても良いのか大いに迷ったのを覚えている。お金が欲しくてバイトしていたわけではなく、バイトするということが楽しくてバイトしていたのでお金をもらっても使い道がなかった。

しかし、せっかくだからと初めてもらった給料をポケットにしまい、電車に乗って一人千葉までギターを買いに行った。5万円のYAMAHAのギターだった。それからは毎日のようにいろいろなアーティストをコピーして高校の学園祭にも出演していました。
妻と出会ったのも丁度この頃、17歳の頃でした。

続きを読む

最近、感動したことありますか?その15

経営という仕事をしていると、いろいろなビジネス書にヒントをもらおうと片っ端から読み漁る時期があるものですが、数年前よりディズニーランド系のビジネス書が目に留まり数冊読んでいます。

その中の一説。「お子様ランチ」
30歳代の夫婦がディズニーランドに行ってパーク内のレストランで食事したときのこと。夫婦2人はレストランでお子様ランチを二つ注文しました。店員はお子様ランチは8歳以下のお客様には提供できないことを夫婦に伝えると、奥様が定員に向かって言いました。
私達には子供がいたのですが、幼くして亡くしてしまいました。子供がディズニーランドが大好きで、毎年子供の命日になると夫婦で子供の好きだったお子様ランチを食べに来ようと思って来たのですと・・。
続きを読む

ペーパレス会議5

昨日JCの千葉ブロック協議会という会議に出席したときのこと。
数年前から佐原JCの理事会でも始まってはいたのですが、会議をペーパレスでやるという手法、何となく最先端っぽい雰囲気を改めて感じてしまった。

いろいろな団体に属していて様々な会議に出席していますが、JCの会議はチョッとすすんでいます。約20人あまりの会議ですがそこに提出される書類の数は膨大で、昔は事務局や委員長は人数分の書類を何百枚もコピーして会議に臨んでいました。
最近はパソコンが普及していまして、佐原JCの理事会でも半分くらいは紙資料ではなくメールで配信された資料をパソコンに入れてパソコンごと会議に持ってくるというスタイルです。環境に配慮し無駄な紙を使わない、お互いの効率と効果を追求し無駄な時間を使わないというような見本みたいです。

続きを読む

ハーレーダビットソン5

dc520f1d.jpg10代〜20代の頃、東京に一人暮らししているときバイクが好きでカワサキのGPZ400R Ninjaというバイクに乗っていた。当時はレーサーレプリカが全盛期でヤマハのFZRTZR、ホンダのNSRなどがカットンでいた時代だ。

GPZはそんな速いバイクではなく、とにかくデカイ、ぶっといタイヤで、そんな大きさにあこがれて買ったバイクだった。ヤマハやホンダといったビックネームがなんとなくミーハーに思えて、カワサキのバイクに乗っているこだわりの自分も少し好きだったような気がする。

当時若かったのでそれでも随分スピードは出していて免許もなくなるかというほど、お巡りさんのお世話になっていました 

最近、家族の反対を押し切ってまたバイクに乗りたいと思うときが多々あるのですが、その時に昔ハーレーに乗っていた渋い親父から言われたことが妙に耳に残っています。

ハーレーといえばKINGオブBIKEの代名詞だと思うのですが、当時国産バイクで走っていた自分達に言ったこと・・

「ハーレーはお前達が乗っているよなバイクより遅い。それでもハーレーってやつに乗りたいって思う男は数限りなくいる。何故か分かるか?」

「ハーレーは速く走るためにつくられたバイクではない。速く走ることは他のバイクに任せればいい。ハーレーはハーレーらしく走るバイクだと。ハーレーらしくって分かるか?」

この年になって何となく分かるようになってきた。ハーレーらしく・・。 自分の家づくりもこのハーレーらしくという部分が一番のコンセプトになっている。ハーレー、いつかは乗ってみたいバイクです。取り急ぎ家族の反対をかわすのが難題か・・・

台風よ来てくれるな・・・。3

今日も深夜0時をとっくに過ぎてしまった。
仕事の量がハンパでなく多い・・・。毎度の事だが秋は忙しい。住宅というものは季節ものなので毎年秋は仕事が集中してくる。
この季節の話題といえばやっぱり台風かな。昨年は大丈夫だったが一昨年、その前と2年続けて10月の第一週目に大きな台風が襲ってきた。記憶にある方も多いでしょう・・あの潮来市で高圧線の鉄塔が倒れた台風です。あの時はすごかったです。一夜明けると瓦を飛ばされるのは未だましで、家の屋根ごとなくなっている家も数多く見受けられました。数日間、すべての営業をとめて復旧に当たっていましたね・・・。
今年もそろそろ要注意の時期が近づいてきます。この心配がなければ・・と毎年思います。今年は大きな被害が出ませんように・・・。

今日は上棟式5

今日は上棟式。台風が来ているのが少し気になるが、風も無く雲ひとつ無い青空の下で上棟式が行われた。
我々からすれば日々の仕事として何度と無く行われている仕事だが、お客様にとっては一生に一度か二度の大事な行事だ。
毎回の事ながら思うこと、うちのつくる家は「いい家」だなあ〜と・・・。今日は日も良いのであちこちで同じように上棟式の現場があったが、自慢でもなんでもなく本当に質が違う。自画自賛だが材木の質が違うので受ける印象、迫力、満足感が味わえる。
80年生まれの杉の一本もの無垢柱。上棟式に時にほめられてナンボ。これ私の信条です。香取市役所の裏です。是非ご覧下さい。

今夜もJC・・・。次年度臨時執行部会議だ。来年は専務理事という役職を受けている。卒業まであと2年。入会の頃はこんな役職になるなんて思ってもいなかったんですが・・「めぐり合わせ」最近そういう言葉を自分でも好んでよく使います。

定休日というもの・・・3

今日は水曜日。当社の定休日だ。
当初は定休日は日曜日だったのだが、8年前から水曜日に定休日を変えました。これは、仕事の内容、性質が変わってきたということです。
私の仕事は住宅建築という建築業が主たる業務です。職人は日曜日が休みというのが昔も今も当たり前の常識で、日曜日が休みだったときというのは職人の休みに併せて休みにしていたのですね。

しかし、自ら住宅営業をするようになると、今度は職人ではなく家を建てるエンドユーザーが休日のときに併せて営業や打ち合わせをするように変わりました。もちろん、連休も祭日も休めません。その日でなければお客様とお会いできないことが多々あるからです。つらいのは子供達と休みがかみ合わず、コミュニケーションがなかなか取れないことです。住宅屋というのは今は建築業ではなくサービス業ですから・・・。

続きを読む

偵察隊あらわる!?2

03b96779.jpgやっぱり来たか・・私のつくった渾身の一棟、コンセプトハウスに他ビルダーの営業マンが偵察?に来ていたらしいことが分かってしまった。
以前、当社のHPで社長のつぶやきというコーナーでも書いたことあるのですが、私のつくったコンセプトハウスを見に来て黙って真似をしてというか、参考にして自分のところのモデルハウスをつくろうとするビルダーが時々いるのです。
今回は数ヶ月前に見に来た方でしたが、今モデルハウスを建築しているビルダーで今までの路線と違い「和モダン」をコンセプトにして新しいモデルハウスを建築しているところがあります。
そこのビルダーの営業マンが数ヶ月前に私のコンセプトハウスを見に来ていました。お留守番日記を書いて頂いている佐藤さんから建築関係の仕事をしている人みたいだということは聞いていましたが、勘は当たったようです。
見たければちゃんと身分を偽らずに名乗ってから見せてくださいというのが常識というか、モラルだと思うのですが、いかがなものか?
私がお客様だったら身分を偽るような隠すような営業マンには自分の家づくりは頼みたくないですね。

続きを読む
facebook
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
過去の記事
Profile

小長谷 直弘

Twitter 小長谷直弘
okeichiをフォローしましょう
LINE公式アカウント
友だち追加
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログのQRコード
QRコード
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。