社長☆ブログ「社長のつぶやき」 桶市ハウジング

千葉県香取市。木材商として四代、創業百余年の老舗材木屋がつくる木の家、和風モダンの極み注文住宅「杉の家」今日も営業中です!「外断熱ソーラーサーキットの家」千葉県北総地区、茨城県南区でシェアNO.1の特約工務店。四季の家づくり東関東SC会。香取、旭、銚子、匝瑳のグッドデザイン賞の家 「ZERO-CUBE」特約工務店。コメントはfacebookで受付中です。

2008年04月

新築祝い わだまし

先日完成住宅内覧会を開催した家のお施主様に「わだまし」に招待された。「わだまし」とは、こちらの地方の方言で「新築祝」のこと。昔は結構やる習慣があり我々請負師、棟梁はこの「わだまし」に呼ばれることが多かったが、最近は少なくなり、久々のお呼ばれとなった。新築の大きな梁があらわしになったリビングに席は設けられ施主挨拶、そして私の挨拶、当家代表の乾杯という賑々しい「わだまし」だった。私の家が出来上がったときも「わだまし」をやったが、やっぱり良いものだ。仕事を頼まれた縁、いい家が出来あがった喜び、充実感、この仕事をやってて良かったと父、番頭(監督)、棟梁と共にお施主様に感謝。

ソーラーサーキット全国大会

1834b42e.jpg4月1日に発足した株式会社ソーラーサーキットの家。今日はソーラーサーキット全国大会が東京都港区のホテルオークラで開催された。日本全国からソーラーサーキットの家を施工する工務店、販売店が集結した。結構な数である・・・。会議ではこれからの新会社のソーラーサーキットの家の取り組みや、サポートについて、また、新しいカタログや新ロゴ、NEWコンセプトモデルなどが紹介された。今までの体制よりもかなり心強い。これからどんどんメジャーになってゆくであろう。19日からはソーラーサーキットの家のテレビコマーシャルが始まるという。二つのバージョンを見せていただいたが分かりやすくて良いかも。
懇親会では懐かしい顔にも何人かお会いできて、改めて親交を深めることが出来ました。新会社のこれからの動きに期待したい。

ソーラーサーキットの家のCMはココをクリック!!

歓送迎会

今日は子供の小学校の授業参観日。3年生と5年生に子供がいるのだが、校舎が離れていて遠い・・。どちらも今年クラス替えがあり担任の先生が変わった。どんな先生なんだろうと子供を見に行くというか、先生を見に行くのが今日の目的。夜には歓送迎会があるので私は5年部の学年部長として出席する。そのときに担任の先生の顔が分からないではいけないので・・。5年生の担任の先生とは話がすることが出来た。学級懇談会にも結構父兄が出席していてなんとなく安心。3年生の担任の先生は歓送迎会で会うことが出来なかった。また機会があるだろう・・。今日の歓送迎会は総勢119名だという。今までで一番人数が多い。それだけ今年移動する先生方にお世話になた人が多かったということだろうか。1年部のときに頼まれた学年部長。今年で5年目。佐原小学校は人数が多いので5年部だけでも約160名、他の学校では全校生徒の数に匹敵するであろう。
ところで・・・宿泊学習の日程が発表されていて、その日が6月6日〜7日となっていた。6月7日は佐原で祭りがある。日程の変更を先生にお願いしたが難しいらしい。子供たちに祭りをやらしてあげたい。学校も配慮して欲しいものだ。地域の伝統行事に参加することは歴史ある佐原の地に育つ子供たちには必要なことだと思う。宿泊学習でカレーライスを作るのも大事だが、出来れば両方やらせてあげたい。何とか融通が利かないものかな・・。ある程度イレギュラーでどこかに迷惑がかかるのかもしれないが、このような状況で変更が出来ないようなら、少々がっかりすることである。

ソーラーサーキット契約更新

今年も契約更新の時期が来た。外断熱・二重通気工法のソーラーサーキットの家のライセンス契約のことだが。ソーラーサーキットの家の特許ライセンスは毎年1年毎の更新となっている。毎年新規に契約するビルダー、やめてゆくビルダーがいるわけだが、今年は一つの大きな流れがあった。3月末をもって契約更新するかどうか決めるにあたり、当社はもちろん更新をしたのだが今までにソーラーサーキットの家の多くを施工してきた「いい家」をつくる会が契約更新をしなかったらしい・・。これは私にとってはニュースだ。私の所属するSC会にも大変お世話になっている「いい家」をつくる会の会員さんがいた。やはり、3月末をもってソーラーサーキットの家の施工をやめたということだ。いろいろ背景はあるのでしょうが、本当のところは分からない。今までに建てたお客様もいるし、私はソーラーサーキットの家よりも「いい家」を知らない。だからずっと続けてゆくつもりだ。
4月1日より時を同じくして、株式会社ソーラーサーキットの家が発足した。今まで開発メーカーのカネカの一部門だった事業部が子会社化されたのだ。今後は販促もPRももっとすすんでゆくことだろう。良い波が来ていると思っていただけに、今回のニュースには驚いた・・・。自分は自分の信じた仕事をするだけだ。

住むならやっぱり木の家

ココ最近随分遠くの地からもお客様に来て頂いている。数年前までは比較的近い近隣エリアからのお客様が殆んどだったのですが、インターネットや雑誌、テレビなどの影響もあるのでしょう、およそ実際には建築できないエリア、静岡や愛知、東京、埼玉などからはるばる当社の家を見に来るお客様、また、県内でも木更津や千葉市、習志野市、船橋市、茂原など・・1時間以上かけて当社のモデルハウスや現場見学に来ていただいている。とてもありがたいことです。そんなお客様が何故佐原まで来ていただけるのか・・?聞いてみたところ、皆さん共通して言われることは、近くに本物の木をふんだんに使って家を造ってくれる作り手がいないとのこと。
木を使っている、木の家を造っているという宣伝している家を見に行っても、集成材を多用し、建材を使い、無垢の木を使っていてもホンの少し、しかも輸入材?というものしかなく、私のつくっている家のようにこれでもか!ってくらい木が主張している家を見たことが無いとのこと。アレルギー、気管支、ぜんそくなどの心配事をもち、健康な家に住みたい、木の香りのするしっとりと落ち着く家に住みたい・・「千葉で家を建てる」という1月に発売された雑誌を見てきたお客様は切実にこんなことを訴えていた。
この家なら住める。築5年が過ぎてもまだ削りたての木の香りがする、私のつくったモデルハウス、完成住宅を見て、感じてそう思ったそうだ。
以前はお断りしていたエリアのお客様でも、お客様のほうから遠くにも関わらず着ていただき、造りたい家が私が遠くから行っても作る意味のあるものであれば、少々遠くても造りに行くことにしています。その家が誰が作っても作れるような家なら、私が遠くから行く意味はありません。千葉でも船橋でもそんな家が作らせてもらえる、喜んでいただけるなら私は行くことにしています。少々時間はかかりますが、そんなお客様からの見積依頼が多いココ数週間です。やりがいのある仕事をさせていただいています。感謝。

完成住宅内覧会開催。

2月中旬に開催以来、約2ヶ月ぶりの完成住宅内覧会がお施主様のご好意で一日だけ引越し前の家をお借りし開催された。今度の家は平家の40坪。茶室、水屋のある趣のある家です。今日は天気もよく、絶好の花見日和。お客様の入りはどうかな・・?と心配していたのもつかの間、オープン前からお客様が来る来る・・・。オープン1時間後には玄関に靴が入りきらないほどの人の入りで前回の見学会も人で一杯でしたが今日の見学会はさらに満員御礼です。
2回目、3回目のお客様はもちろん、以前建てさせて頂いたOB施主様の来場も数名あり、毎度来て頂いているお客様同志も既に顔見知りでお互いに話し込む様子も当社の見学会ならではではないだろうか・・。今日のスタッフは私と、フジコーの営業でいつも手伝って頂いている村岡さんと2名。手が足りるはずがない・・・。
来て頂いたお客様の地域もいろいろで、市内はもちろん、成田市、千葉市、佐倉市、銚子市、旭市、船橋市、鹿嶋市、神栖市など広範囲にわたり、たくさんの来場を頂きました。ありがとうございました。
次回は久々、建築途中の構造現場見学会を開催の予定です。乞うご期待!

新人「純」ちゃんのモデルハウス日記

今日からモデルハウスのスタッフに新人の「純」ちゃんが加わりました。先月まで務めてくれた「さとう」さんの後任です。勤務初日とあって早速今日から研修です。当社のモデルハウスは営業の場ではないので、あまり詳しいことまで教えないのですが、この業界は初めてということで建築に関しては全くの素人、覚えることはたくさんあります。とても若くて制服姿も初々しい新人です。このブログを見たお客様、現在一生懸命覚えている最中ですので、しばらくお手柔らかにお願いします・・。
パソコンで電子メールを使うのも初めてなら、ブログを書くのも初めての経験ということですが、覚えが早く、初日からブログ更新も営業日報メールもちゃんと出来ていました。今後が楽しみです。
モデルハウス日記〜純ちゃん編〜 スタートです。よろしくどうぞ。
facebook
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
過去の記事
Profile

小長谷 直弘

Twitter 小長谷直弘
okeichiをフォローしましょう
LINE公式アカウント
友だち追加
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログのQRコード
QRコード
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。