社長☆ブログ「社長のつぶやき」 桶市ハウジング

千葉県香取市。木材商として四代、創業百余年の老舗材木屋がつくる木の家、和風モダンの極み注文住宅「杉の家」今日も営業中です!「外断熱ソーラーサーキットの家」千葉県北総地区、茨城県南区でシェアNO.1の特約工務店。四季の家づくり東関東SC会。香取、旭、銚子、匝瑳のグッドデザイン賞の家 「ZERO-CUBE」特約工務店。コメントはfacebookで受付中です。

2008年06月

地鎮祭 香取市佐原(西関戸)

今日も地鎮祭です。場所は香取市佐原イ(西関戸)です。同居型ニ世帯住宅。お客様が初めて当社にこられたのは平成16年10月のこと。実に3年9ヶ月の期間を今日までに費やしてきました。最初はハウスメーカーのS林業から見積もりが出ていたのですが、縁あって選んでいただきました。先日の小学校の行事の時にお施主様に偶然お会いし、「一生に一度の最後の仕上げの家なんでよろしくお願いします。」といわれ、更に気が引き締まりました。実はお子さんが私の子供と同じ学年にいて、今度のクラス替えで同じクラスになりました。何を隠そう、今度の同じクラスには他にも私が家を建てさせて頂いたお客様が数名いらっしゃいます。世間って狭いですね。

地鎮祭 成田市三里塚

今日は成田市三里塚で地鎮祭。お客様は現在佐原で家を建てさせて頂いているお客様のお姉さんです。そうです・・兄弟で同じ時期に家づくりを頼まれたんですね・・。ありがたいことです。造りたい家のイメージはそれぞれ個性があり違いますが、この仕事をしていて親子で一緒に家を頼まれる、兄弟で一緒に家を頼まれるなんてなかなか無い事だと思うのです。とても高額な仕事ですからね・・。
しかし、どういうわけか、私は一つの家から2件、3件と仕事を頼まれることが意外に多いです。ありがたい限りです。感謝の心も、やる気も全部x2以上になるように頑張ります。

現場見学会これより続々開催します!

61b51ba6.jpg突然ですが・・・現場見学会、内覧会の告知です!
今年は前々からこのブログでも書いていましたが春先から仕事がドッときていまして、現場の対応優先で動いていたものですから、4月以降現場見学会、内覧会を私の都合でなかなか開催できずにいましたが、現場も一段落着きまして、いよいよ来月から続々と現場公開、営業活動を再開します。しばし、顔を見せられなかったお客様、来月から私のでかい顔、見せにチョコチョコ伺います。
まずは、現場のご紹介。現在工事中、着工待ち現場が全14棟、佐原・小見川・神栖・鹿嶋・成田・四街道・富里などなど。お近くの現場を見つけたら!是非お声掛け下さい。一般公開日でなくても個別に私がご案内させていただきます。
一般公開日については、後日ホームページ、チラシ、エリート情報等で順次告知してゆきます。
詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。
→フリーダイヤル:0120-54-7233

見つけて欲しかったお客様

先日モデルハウスに来たお客様の話。木の家が欲しくて注文住宅で家を頼んだのに、仕事に忙しく気がついたら出来上がってゆく家は、構造材はすべて集成材で木を使って木の家を作ると言っても、なんとなく自分の欲しい木の家が出来ないのでは不安になって内装工事は何もしないまま、柱むき出しのままで工事を中止し引渡しを受けたというお客様がいらっしゃいました。
当社をもっと早く知っていれば・・見つからなかった、遅かった・・・言われた私も複雑です。木の家といってもいろいろ。木を使えば誰でもどの業者でも同じような木の家が作れるわけではないのです。ほんの少しの木の選び方、使い方、木の品質などでぜんぜん違う木の家が出来上がってしまう。
現在工事中の現場一覧をみて、結構近くでも工事していることに驚き、何故早く私を見つけることが出来なかったかと公開しているように思えた・・。そう思って頂けることは大変うれしいことですが、私に何が出来るか?
残りの内装工事の見積もりを頼まれることになりました。一度折れた心を直す。今回の仕事は普通の新築よりも気合が入ります。家をお客様の思うように作り直す、それだけではなく心も直す、そんな仕事をいただける自分に期待大!?頑張ろう!

P連バレー

8c5a404b.jpg朝より先週の祭りの片付け作業で一日が始まりました。最近いろいろな行事や付き合いが多く、しみじみと仕事が出来ていない。夜帰宅してから残した仕事を深夜までかかって片付けるなんてことが珍しくなくなってきた。効率悪くてチョッと自分的には抱える仕事が半端なくたいへんになってきている。今日は朝9時より町内の集まりで山車の片づけをし、昼前に佐原小学校P連バレーの応援で市民体育館へ。私は5年部の学年部長、自分の学年からも数名のお母さんたちが出場している。1回戦を無事勝ったことを見届けて先日モデルハウスの方へ来て頂いたお客様の訪問で稲敷〜神栖へ。5件ほど回って夕方4時に再度市民体育館へバレーボールの応援へ。
決勝戦でした。佐原中VS佐原小。なんか身内対戦みたい・・。結局3セットまで接線で佐原小学校が優勝しました。そのまま、夜の打ち上げに合流・・。顔見知りのお母さんも多く、お客様も選手で出場している。お酒でだらしなくならないように抑えるのに必死でした(笑)。バレーの打ち上げは結構楽しい。今日も帰宅深夜2時。明日は月曜日、忙しくなりますように・・。

上棟式 冨里市十倉

82ff5b10.jpg今日は冨里市十倉で上棟式がありました。家作りを決まるまでに何十という業者を見てまわったとお婆さんが教えてくれました。娘さんがホームページで私の会社を知り、モデルハウスを見に来てくれたことが今回の縁です。昨年末に小見川で作った若いお客様の家を見て頂き、その後も何棟か建築現場、完成現場を見て頂きました。家作りに失敗は許されない。結局、木の家に住みたい。ということで、特命でこの家の仕事を依頼されることとなりました。
好かれて仕事をさせて頂くというのは、やっぱりうれしいです!今日の上棟式も快晴。気持ちよい仕事始めとなりました。

彫刻お披露目

1df8613a.jpg昨日に続いて今日も東関戸は夜10時まで曳きまわされた。昨日はイベントでしたが今日の大義は新しく作った山車彫刻のお披露目です。昭和10年に当町の山車は新造されました。その前までは古くは潮来からも見えたという天狗の人形を乗せた山車でしたが関戸が東と西に分かれて新しく山車を作ることになったとき今の山車のケヤキの材料を手配したのが私の祖父になります。当時の山車の彫刻を彫師が彫っているときに一緒に小長谷家の神棚の彫刻を同じ彫師に彫ってもらいました。柴又帝釈天にも納められている金子光清の作です。当時、東と西が二つに分かれるとき近所の諏訪公園で山車を斜めに真っ二つに切ったそうです。そのときに関戸郷の彫刻は西が取るか東が取るかくじ引きになり、東関戸の代表で私の祖父がくじを引きました。結果はハズレ。関戸郷の彫刻は西関戸に渡り、今の西関戸の山車に納まっています。その次に年番をどちらが先に受けるかでくじになり、私の祖父がくじを引いて年番は東が先になることになりました。半纏の柄の拍子木崩しも東関戸に、背中の「せ」の文字の色は西関戸に、「せ」の文字の周りを囲む二重丸は東関戸にと分けられて今の時代に至ります。
当時は私も生まれていなかった時代のことです。祖父は2代目。今、4代目の私の代になっても祭りは変わらず曳きまわされています。今、目の前には5代目になるであろう息子たちが祖父の作った山車を曳いている。私はそんな家に生まれて今に至ります。

山車祭り全国大会in佐原

1fea9e9a.jpg今日は祭りでなくて祭りの日。イベントになるのですが、山車祭りの全国大会が佐原で開催されることになり、いつも夏と秋に分かれて曳きまわしされている各町内の山車が、この日だけ特別に夏&秋の総勢21台の山車が曳きまわされることになった。
私は一昨年に既に若衆頭を終え、新人当役として半纏を脱ぎ、着物で行事に参加しています。もちろん、父も子供もも従業員も全員参加です。ということで、会社は臨時休業です・・。すみません。
これだけの山車が一斉に曳きまわされるのは市制50周年以来のことだと記憶しています。普段の祭りよりも賑やかに楽しく、子供も大人も、爺婆も特別な一日になったようでした。佐原には祭りがあるから。東関戸は明日も曳きまわします。彫刻のお披露目ということで。

宿泊学習に引率

54775301.jpg今日はPTAのボランティアで、佐原小学校5年部の宿泊学習の引率に行ってきました。午前中はつくば市で問屋のメーカー展示会があり、資材の仕入れに行ってきまして、帰りに北浦にある白浜少年自然の家に寄ってきました。私の担当は課外活動のサイクリングの時間です。約10キロのサイクリングに一緒に引率することになっていました。行ってみて私の役割は軽トラに乗っての最後尾担当。怪我や具合が悪くなった子供を自転車ごと回収して助ける係りです。約10名のお母様父兄と一緒に出発。10キロは結構きつかったかもしれません・・。子供たちは元気なんですが、引率のお母さんたちが苦しそう・・・。10キロを完走して戻ってきたら時間が大分早く終わったみたいで、子供たちがもう1回行きたいとのこと・・・。約5名ほどの引率のお母様たちを軽トラの荷台にのせて2週目にGO!
子供は元気です。

一日参観日

47b39098.jpg小学校の一日参観日の日です。昨日からやっていたのですが、昨日は妻が見に行ったので今日は自分が見に行ってきました。長男は教室で理科の授業、次男は体育館で体育の授業です。以前の参観日は日時が決められていて、同じ日、同じ時間に一斉に参観日としてやっていましたが、ここ数年、この手法ではなく、父兄も仕事がいろいろなので一定の期間をきめて、この期間なら、いつ・どの授業を見に来ても大丈夫という開放的な参観日が主流になりました。自分の都合に合わせて子供たちの時間割をみて見たい授業を見に行ける、この参観日、いいかも!でも、あまり見ている父兄が少ないと教室に入ってゆく勇気が・・・。まだ面の皮薄いようです。
facebook
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
過去の記事
Profile

小長谷 直弘

Twitter 小長谷直弘
okeichiをフォローしましょう
LINE公式アカウント
友だち追加
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログのQRコード
QRコード
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。