社長☆ブログ「社長のつぶやき」 桶市ハウジング

千葉県香取市。木材商として四代、創業百余年の老舗材木屋がつくる木の家、和風モダンの極み注文住宅「杉の家」今日も営業中です!「外断熱ソーラーサーキットの家」千葉県北総地区、茨城県南区でシェアNO.1の特約工務店。四季の家づくり東関東SC会。香取、旭、銚子、匝瑳のグッドデザイン賞の家 「ZERO-CUBE」特約工務店。コメントはfacebookで受付中です。

2008年07月

上棟式 成田市土屋

aa9886a7.jpg今日も上棟式です。やっと今月を乗り切ります・・。なんと、今月この現場で5棟目の上棟式でした。1ヶ月の間に5棟も上棟式やるなんて物凄い忙しさです。上棟してしまえば一段落なんですが、実は現場で見られないココまでに至るまでの仕事と段取りは想像もしたくないほど忙しかったです。しかも結構大きな家が多かったので二日掛かりで上棟作業をやっている現場も多かったので余計かもしれませんが。
さて、今日の家ですが、外断熱・二重通気工法のソーラーサーキットの家です。やはり建替えのお客様で、最初はリフォームも考えたそうですがやっぱり新築に勝るものはありませんね。そこで・・ただ新しいだけでは満足しないし、一生に一度の仕上げの仕事になる家だし、ならば・・一番いい家に住みたいと思うのは人情ですよね。
夏本番、一昨日メールを頂いた1年前に引き渡ししたOB施主様より、今年の夏はまだエアコンを使ってないという内容のメールが届きました。ソーラーサーキットの家は正直凄く良いです。今の普通の一般的な高気密高断熱住宅と比べて約3度前後室温が違うみたいです。30度を超えるか超えないかが一つの感覚的なボーダーラインだそうです。今日の現場はセンサー可動のSCナビも搭載、イオン成田ショッピングセンター近くです。家を建てるなら、先ずはソーラーサーキットから考えてみませんか?
これ以上はないというソーラーサーキットならではの住み心地を感じて欲しいものです。私は良いことも悪いことも全部知っている限り教えます。しかし、選択するのはお客様ですから。私を上手く使ってください。きっと「いい家」が出来ますよ。
明日から3日間、沖縄に出張です。晴れるといいな。

完成住宅撮影

22883a8c.JPG神栖市堀割で建築中だった家が完成しました。今日は完成住宅の撮影会です。撮影会といっても大勢で写真を撮るというわけではないのですが・・。
私の同級生のカメラマンにお願いして完成した家の写真を撮ってもらっているのです。もちろん、工事中の写真も既に数百枚になっているのですが、キレイに仕上がった家を引っ越し前に撮影しておくととても良い記念になりますよ。今日撮影した写真は後日当社のホームページに掲載される予定です。近日中に・・・。

上棟式 四街道市和良比

ffadb872.jpg昨日から今日にかけて四街道市和良比で上棟式が行われました。ケーヨーD2の近くで主要道路に面している土地だけに現場が目立ちます。事務所兼用型のビルトインガレージ付の住宅です。今日のお客様は2年前に千葉ニュータウンでソーラーサーキットの家を建てさせて頂いたお客様からのご紹介でした。上棟式では久々にOBお施主様にお会い出来てうれしかったです。ご紹介いただいたOBお施主様と同じ大工が今日の家を造ります。大工も人情深く、以前自分が叩かせていただいたお客様のご紹介なら自分が叩くしかないだろう・・と前後の仕事の予定を無理無理調整して今日の仕事に望んでいます。人とのお付き合いを大事に、会社の請負仕事でもありながら、昔の職人気質の人情深いところが残っているのが我々田舎モノの自慢かもしれませんね。この人の為なら・・そう思える人の仕事はやっていて気分も良いし、出来も良くなるというものです。私はよく言うのですが「人間は気持ちの生き物」ですから。
上棟式が終えて久々に上棟した家の中で直会(小宴会)が催されました。こういうのも機械的に言うとオイルというか、ハイオクというか、今後のエネルギーというかモチベーションに変わるものなんですね。人間ですから・・。それが感じられない職人はうちにはいません。
明日から頑張ろう、あなたの為に・・。そう面と向かって思ってくれる大工に作られていますか?あなたの家は・・?

千葉県警察本部長賞ポスターに!

kaiga01kaiga02

私には子供が3人いるのですが、一番上は既に中学2年生。今日は千葉県文化会館で吹奏楽部のコンクールがあるという。丁度その日は私は四街道で仕事があったので、直接千葉県文化会館に向かうことにしました。妻は一足先に友人家族と一緒に会場入り。出番はホンの10分程度でしたが中学生の割には・・とても上手く感じたのは自分だけでしょうか?
帰りに少し買物をして帰ると妻が言うので世間話をしながら歩いていたら・・。あれ!?そういえば・・・。一昨年の交通安全ポスターで実は今日吹奏楽部のコンクールに出ている長女の絵画が千葉県警察本部長賞に選ばれて表彰されていたのを思い出し、さらにその作品は県警本部の新庁舎建設現場の仮設バリケードに書かれているということ思い出しました!通り道の現場を探してみると・・ありました!モノレールの駅の階段を下りて真正面のバリケードに娘の書いたポスターが!しかも、名前まで書かれているではありませんか。親ばかですが、うれしいっす!

横浜へ!!

年に一度、この時期に佐原青年会議所の行事で横浜に行ってます。今年も行って来ました。昨年と違うのは、今年は私が理事長であるということ。毎年兵庫県川西市の川西JCさんと食事会を開催してます。今年も川西JCさんから6名、佐原は4名で食事会で懇親を深めてきました。今年は仕事もJCも忙しく、全てをこなしてゆくのにはいろいろな人の力をお借りし、時間管理のスキルも上がったかも・・。幸か不幸か私がいなければダメだった現場も、私がいなくてもちゃんと動ける体制が知らず知らずのうちに出来ていました。任せられなかった自分が社員の成長を妨げていたのかな・・と。
今日の様子は、佐原JC理事長ブログ「理事長のつぶやき」で。

杭工事着工

今日から家の近くの現場で杭工事が着工した。佐原という土地は地盤調査すると場所によるが約2件に1件は地盤が悪く杭工事になることがおおい。今日の現場も周辺環境や過去のデータを見る限り微妙な想像をしていたが、調査の結果やはりだめだった。約7mの長さの鋼管杭を25本施工する。以前は鉄骨3階建ての建物が建っていたが解体したときを見ていたら杭を打っていた様子はない。昔はこんなもんだったんだろう・・。基礎が凄く良く出来ていて解体業者が四苦八苦していたが、その分建物は重かったはずである。基礎を掘り起こして約1mの穴が全体に開いてしまったので杭工事決定だなとは思っていましたが、深さが7mというのは正直驚きでした。地盤の中は調べてみないとわかりませんね。今度は木造2階建てですが地盤をしっかり調査して基礎を作るので心配はいりません。その分費用がかかりましたが・・。佐原で家を建てる人、大丈夫とは思いつつも、地盤改良工事の予算として100万円くらいは余裕見ておきましょう。後で直せないものですからね。

参観日!

佐原小学校で夏休み直前の授業参観日がありました。水曜日は基本的に定休日としていますので大手を振って私服で授業参観へGO!小学校には3年部と5年部にそれぞれ子供がいます。佐原小学校は大きいので校舎が学年によってバラバラ・・。時間ギリギリに行ったので駐車場に車を入れるのに一苦労し、まずは3年部の第三校舎へ。3年部の方は妻も見に行くと言っていたので捜してみると教室の中にいます。私は廊下で15分ほど授業を見て、途中お母さん方に軽く挨拶を数十回しながら・・第2校舎の5年部へ。知っている父兄結構多いかも。自分が知らなくても相手が知っているとことも多々あるみたい。5年部は学級の副代表でもあるので最後まで廊下でみてました。学級懇談会も出席し特に問題はない様子。後二日で夏休み。今年は44日間もあるそうだ。子供がうらやましい・・。今自分が44日間休んだらどうなるだろう・・・?想像したくないな・・。

宅建本部研修会

今日は午後から不動産業の必須、宅建の本部研修会が成田国際文化会館で開催されました。午後1時〜4時半まで文化会館に缶詰です・・。年に数回、今日のような研修会があります。不動産業の免許をとって十数年、当時私はまだ27歳でした。支部で一番若い代表者でした。今でもかなり若い方ですが・・・。終わり次第佐原へ戻り、1件お通夜に顔を出した後、直ぐ夜はJCの集まりがあり、また成田へ。B地区理事長会です。この会議の様子は「理事長のつぶやき」をご覧下さい。

上棟式 香取市佐原ロ

85b5b83b.jpg昨日で夏祭りが終わり、今日は今月3棟目の上棟式。最初に話を頂いたのは約4年前。4年越しの家づくりです。予定ではもっと早く上棟する予定だったのですが、土地の造成や擁壁工事に利根川沿いのため河川法に引っかかってしまい、国土交通省と協議、申請に時間がかかり、約1ヵ月半くらい予定より遅れて上棟になってしまいました。この間、今年は仕事がたくさん詰まってきており、現在新築中の工事現場数は実に14箇所、職人たちも大忙しです。今日のお客様もお孫さんが昨年まで長男と同じクラスに子供がいて・・・。旦那様もご親戚の方も私の父をよく知っています。今日も地元でしっかり仕事してます。土手沿いの目立つ場所です。気になった方はお気軽にご連絡ください。現場の見学、各所で受け付けております。

夏祭り

f34c96f8.jpg今日は夏祭りの最終日。昨日までJCの仕事で松戸にいっていたので、自分にとって今年の夏祭りは今日だけ・・。会社のほうは夏祭りと秋祭りは臨時休業です。現場のほうは動いていますが、佐原市内に会社を構えていたら営業していても仕事になりません。祭り中に家を建てたい、土地が欲しいと来る人なんていませんから・・このまちには。写真の山車の背景に見える家、実は私が数年前に建てた家です。関東で最初に指定された重要的建造物郡保存地区内に、はじめて文化庁の補助金を受けて新築された第一号の家です。明治〜大正時代の洋風・洋館医院建築を思わせる概観は柳が頭を垂れる川沿いで一際目立っています。広報かとりにも掲載され、これよりこのエリアで建築される洋館建築物の手本となりました。この仕事請ける時にいろんなことを考えました。今の時代、家を建てるにしてもたくさんのハウスメーカーがあり、工務店があり、いろいろ比較検討すると思いますが、このエリアに他の町のハウスメーカーや工務店に町並みに合わない建物を作って欲しく無かったんですよ。そんな気持ちが強かったです。この場所に家を建てるのはこのまちの大工、工務店でなければならない、しかも、町並みに合うものをこのまちに住んでいる人の手で・・と強く願っていました。皆さん、佐原へ来たら是非見てみてください。きっと記憶に残る家ですよ。但し、観光施設ではなく、普通に個人が住んでいることを忘れずに・・。
facebook
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
過去の記事
Profile
Twitter 小長谷直弘
okeichiをフォローしましょう
Twitter 桶市ハウジング
okeichiをフォローしましょう
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログのQRコード
QRコード
livedoor 天気
livedoor 天気