社長☆ブログ「社長のつぶやき」 桶市ハウジング

千葉県香取市。木材商として四代、創業百余年の老舗材木屋がつくる木の家、和風モダンの極み注文住宅「杉の家」今日も営業中です!「外断熱ソーラーサーキットの家」千葉県北総地区、茨城県南区でシェアNO.1の特約工務店。四季の家づくり東関東SC会。香取、旭、銚子、匝瑳のグッドデザイン賞の家 「ZERO-CUBE」特約工務店。コメントはfacebookで受付中です。

2009年03月

アーバンエステート倒産!

大きなニュースが入ってきました。昨日の私のブログで書いていたばかりのハウスメーカー「アーバンエステート」が今日、倒産しました。・・・。24日に民事再生法の申請をしていたのですが、本日東京地方裁判所に破産申請を提出したとのこと。負債総額は50億円。この規模は過去の例を見ても住宅業界では5本の指に入る規模かもしれません。
桧4.5寸を売りに坪単価24.8万円という価格を謳い、ローコスト住宅を手がけていたビルダーです。佐原エリアでは1年チョッと前に成田に支店ができて営業を展開していました。うちの隣の家もアーバンエステートで建ています。まだ住み始めて半年もたたないかも・・・。60年保証を謳っていたのに・・・。
実は、ローコスト住宅ビルダーは無数にありますが、高級住宅を手がけているビルダーから比べると、財務的によろしくないところが結構あるようです。今回も倒産の原因は、日経によると急速に営業拠点を拡大し、テレビコマーシャルへの広告宣伝費がかさみ負債が膨らんだのが原因らしい・・・。ローコストビルダーは集客とスピードが命の綱ということが少なくない。
数は少なくても結局はいい家をコツコツ建ててる方が正解という時代なのかも知れない。おかげさまで私の会社は創業当時は初期投資を借り入れしていましたが、ココ10年以上は事実上無借金経営なんで、こんな時代でも少し気が楽です

「気の家」完成!写真集追加しました。

tama02tama03





最近チョッとマメにホームページを更新しています。今日は完成住宅内覧会を開催した家の写真を2件分、写真集を更新しました。先月の終わりと、今月の初めに完成した香取市と四街道市の家の写真です。

tama01まずは、香取市佐原の家から・・・。
商店街をちょっと入った間口が狭く奥行きが長いという、市街地特有の敷地形状にあわせて作った注文住宅3LDK 31坪。樹脂サッシ+無垢床+珪藻土+杉板天井+オール電化標準の注文住宅「杉の家」特別仕様の家です。市街地ならではの立地条件を明るく、広く感じられるよう設計されました。玄関に入ると注文製作された玄関収納と、和モダンな雰囲気を作り出す格子建具が凛とした存在感を感じさせます。ホールからLDKに入ると一枚板の杉の浮造りの無垢床と、縁無しの手編みの琉球畳が敷かれたリビングがお迎えします。天井には大きな梁が剥き出しになり、珪藻土で塗られた白壁が和モダンの雰囲気を作り出します。2階へはLDKを通って階段室へ向かうように設計され、目線を気にしつつ、温熱空間を保つ動線を確保しています。大きな小屋裏をもち、背が高くウッディなブラックの外壁とストライプのホワイトグレーの外観は市街地に建つ家らしい存在感を持っています。
oku03oku01





四街道の家は、お施主様の趣味である愛車のビルトインガレージを備えた5LDK 51坪。横浜元町のイタリア山庭園内に建つ国の重要文化財の洋館「外交官の家(旧内田家住宅)」をモチーフにアメリカン・ヴィクトリアン様式の威風堂々とした雰囲気を感じさせる家です。

oku02古民家や旧洋館で実際に使われていた古いドアやステンドガラスをそのまま使い、床にはサントリーの山崎蒸留所で使用されていた樹齢100年を超えるウィスキー樽に使われていたオーク材を使用しました。

レトロな照明器具、ガルバニウム鋼板で葺かれた平屋根、柿渋調のカラーと真新しい杉の木がアンバランスに調和する、新築でありながら古民家を再生したような古きよき時代を感じされる家が出来ました。






tama04お施主様と何度も打ち合わせを頂く中で、お友達も他で家を建てているという。施工会社は最近テレビなどでもお馴染みの有名ローコストメーカー。実は私の家の道を隔てて向かいの家もこのローコストメーカーで建てた家です。桧4.5寸を売りに営業を展開していて、なかなか好調のようですが、お施主様曰く、私のつくった家の写真、それも・・ある1枚の写真がきっかけで当社に家づくりを依頼することを決めてくれたという。坪数は違いますが、お友達の家と比べると何百万円も当社の方が高かったそうです。でも、選んでくれました。同じものではないことを分かってくれたからだと思います。全く同じ内容、仕様、プランで比べれば高い、安いの比較は当然なのですが、内容も比較せずに、ただ金額だけを見て高い安いを比べようとする人には私の作る家は無理です。

oku04割り切れれば家というものは出来合いのものではないのでトコトン安く作ることも出来ます。
しかし、家というものはそういうものではないと思うのです。1枚の写真を忘れられずに千万単位の仕事を任せていただける、頑張らずにいられましょうか・・・。
私は「木の家」を作っています。そして、8年ほど前、OB施主様に私の作る家は「木の家」ではなく、「気の家」と名づけたらいかがでしょう?と言われたことがあります。今でも時々思い出す、私はこんなお施主様に育てられて今があります。
こんな家はいかがでしょう?
設計・見積は全て社長である私が何回でも無料で承ります。あなたの価値観、私に話して頂けませんか?

香取市佐原「商店街に建つ家」
http://www.okeichi.com/photo/tamazawa.htm

四街道市「横浜元町 外交官の家」をモチーフに・・・
http://www.okeichi.com/photo/okumura.htm




グランデコは今日は快晴

guran昨日は日中晴れていて道路に雪がほとんど無かったのに、夕方帰る頃には吹雪になって・・・。四駆&スタッドレスタイヤを履いていても、ズルズルと嫌な感じで車が滑ります。昨日は帰り道で一緒に行ったもう一台の車が雪道でタイヤを滑らせてクラッシュ、ケガはなかったのが幸いですが、雪道の怖さを改めて知りました。私もその少し前に下りの峠道でハンドルをとられてオーバーラン!何度か蛇行を繰り返し切り返すことが出来、運よく対向車も無く事故には至りませんでしたが、久々神経をとがらせての運転となりました。
一日あけて二日目の天気は快晴。昨日あわや事故になるかという思いをした道も今朝はすっかり雪景色で気持ちよい。思わず、途中で車を降りて記念撮影。そういえば・・・3年くらい前にも同じ場所で写真を撮っていました。皆、大きくなりました。

スノボーデビュー!

sunobo01sunobo02sunobo03











今日から子供達は春休み。早速、雪山に向かってGO!となりました。今回のスキーは総勢12名。下は幼稚園〜上は中学生まで、まるでプチ合宿です。我が家の子供達は、中2のお姉ちゃんと、小5の長男がお正月までスキーだったくせに、スノボーをやりたいと言いはじめまして・・・早速スクールに兄弟仲良く入って頂きました。約2時間ほどスクールをやってきたら・・・迎えに行って直ぐに「パパ、リフトに乗ろう!」 えええ!!?大丈夫なの?
子供達は凄いです・・・。2時間スクールに入っただけなのに、今日はじめてボードをはいたはずなのに・・・ちゃんと滑っている。長男は1本目から初級コースを横目に中級コースに真っ直ぐ向かってるし・・・。スノボーの方が格好いいな・・と思い、自分もやってみるかと思いつつ・・まわりをみてもオッサンボーダーはいない。一人もいない。オッサンは皆スキーだ・・・。そうだよね・・・バブルの時代の若者ですから・・・その頃はスノボーなんかないし・・・
小3の末っ子は今日はまだスキー。次は俺もスノボーだって。

お客様は音楽家!

bd96f93f.jpg

今朝一番ビックリしたこと。それは・・・昨日上棟式になったお客様が音楽家だったということ・・・。
朝日新聞に折り込まれる「伝言エリアネット」という情報誌があるのですが、今朝の朝刊を見ていたら・・・あれ!?聞いたことのある名前・・見たことのある人の顔・・・昨日会った人だ!そう、昨日上棟式になったお施主様の息子さんが誌面で笑っているではありませんか!

香取市佐原(西関戸)在住の音楽家、片野聡さんがその人。昨年末に一度お会いしたときに音楽をやっているとは聞きましたが、まさか音楽家とは!思ってもいませんでした。伝言エリアネットには活躍の様子が書かれていまして、ギター奏者としてライブをしたり、横笛奏者としてCDを作ったりと、目覚しい活躍をしている様子。人の縁というのは不思議です。この伝言エリアネットという誌面は、実は私も約10年前に取材を受けて掲載されたことがあります。そんな縁もあって、毎回ここに登場する人は気になっていまして・・。今回はビックリしました。地元出身の人が世界に向けて活躍している様は、とても感銘を受けます。そのような人の家を作らせていただけることの縁に感謝です。

音楽家 片野聡さん
ホームページ http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=satoshi82

祝上棟!佐原

38cc73f0.JPG今日は佐原駅北口で上棟式がありました。お彼岸中ということもあり、事故には十分注意して!というお施主様の気持ちを一心に受けながら天候もよく順調に進みました。予定より少し早く現場が組みあがり、無事に上棟式を終えることが出来ました。世間では景気が悪いね・・という話ばかりですが、何故か、2月後半から手元には見積依頼が山積みです・・・。写真は息子さん二人が上棟式に上がっているのを心配そうに見ているお母様の様子。昨年3月にご主人を亡くし、今年が初彼岸だという・・・。忙しい日の上棟式だと思いましたが、いろんな思いを込めての家づくりになると思います。いい家を作ること、約束します。

祝!卒業式

今日は子供達が通う佐原小学校の第135回の卒業式が行われました。自分の子供は5年生と3年生なので卒業というわけではないのですが、私は5年部の部長という役を頂いているので、毎年卒業式には来賓として呼ばれ、壇上の来賓席に座って卒業式を見ることが出来ます。初めて1年部の時に見た今の時代の卒業式はとても衝撃的、且つ感動的で思わず感動し涙してしまいました。私たちの時代の卒業式とは違い、まるでエンターテイメントといいますか・・・呼びかけというものをやるのを知りませんでした。聞いてみれば随分前から呼びかけはやっていたらしいのですが、来賓席なので子供達を前から見ることが出来て、一生懸命呼びかけしている子供達、泣いている卒業生の子供達が目の前にいるんですね・・・。

今日も5回目の卒業式、今日も感動の卒業式になるであろうと期待して行ってきました。5回目ともなると慣れたものでいつもは気がつかないだろうな・・・ということが気がついて、やっぱり最近の卒業式はいろいろオリジナルな趣向を凝らしているなと感心しました。今年の卒業生は164名。一人一人名前を呼ばれ壇上に上がり校長先生から卒業証書をもらいます。BGMは平井堅の「瞳をとじて」森山直太郎の「さくら」平原綾香の「ジュピター」・・・

今年は在校生の呼びかけで長男が4番目に呼びかけをするというので、耳を凝らして失敗しないかと心配しながら聞いていました。在校生の呼びかけが終わると、今度は卒業生が・・・。最後に卒業生の一人が「卒業ー!」と大きな声で叫び、皆が続いて声を合わせて「卒業ー!」と唱和する様は毎度のことですが感動です。卒業生が在校生、父兄に贈った歌は、kiroroの「未来へ」のアレンジバージョンだったかな・・? 「長い間」だったかな・・・「ベストフレンド」・・?すみません、忘れました。kiroroだったのは確かです。

約1時間半の卒業式でした。卒業生退場の時は担任の先生の目にも涙が・・。ミスターチルドレンの「GIFT」が流れる会場を一人一人ゆっくりと最高学年である6年生、卒業生達が在校生の見守る中、歩き出しました。とても頼もしいお兄ちゃん、お姉ちゃんになりました。来年は自分の長男が卒業です。

現場見学会 コレクション公開!

f7fc73df.jpg会社から徒歩50歩くらい!?現場見学会を開催しました。今までで一番近い現場です。歩いて100歩以内ですよ!ありがたいことです。近かったんで、いろんな物を現場に持ち込みました。今日の現場見学会に来たお客様はチョッとビックリしたでしょう。今日は現場初公開、私のコレクションです。
何かというと・・・他社のカタログ、会社案内、見積書など、全12社分です。I条工務店、S友林業、Dハウチュのジーポ、S水ハウスのSウッド、ハウジングJ、Yハウス、N建設のWB工法、Mシタホーム、Hベルハウス、Wハウス、N建設、SxLの12社分の商品パンフレットなど並べてみました。これらの資料は全部当社の複数のOB施主様から頂いたものです。このご時勢ですから、皆さんいろいろ他社を見て検討された方も少なくありません。最後に当社にたどり着き、縁あって家を作らせていただきました時に、必要のないものなので・・・ということで譲ってもらったコレクションの一部です。もっとたくさんあるんですが、場所と機会がなくて普段は私が自分の作る家の仕様や予算の目安を決める際に参考にさせてもらっています。

孫子曰く、敵を知り、己を知れば百戦危うからずや・・・。このように私は常に同業他社の研究をしています。それを見て自分のところの仕様を決めているので劣るはずが無いんですね・・・。実はこんなこと、同じ業界にいて同業他社の研究を真面目にしている地元ビルダーってあまりいないと思います。でも、いい家を造り続けるためには、地域で一番の品質と信用を保ってゆくためには必要なことだと感じています。もちろん、当社の資料もいろいろなところに歩いて行っているでしょうけど。ご希望の方には私のコレクション、チラッとお見せします。住宅雑誌を何冊も買うより参考になるかもしれません。そのくらい、皆さんよく作っています。

全部見ての感想。結局ハウスメーカー、ある程度のビルダーは構造や工法、、性能、などの家の基本なるべきところには卓越した特長はあまりない。イメージやデザインで家を決める。決めさせる。そんな思惑が見て取れます一同に並べてみると分かることですが・・・。家の本質に気がついてから家づくりをはじめ欲しいものです。

構造現場見学会開催!香取市佐原イ

iijima01今年、第1回目の建築途中の構造現場見学会を開催します。

日時: 3月15日(日)13時〜17時

場所: 千葉県香取市佐原イ570(カーナビ用)
>>詳しい地図は・・・Googleマップへ

注文住宅「杉の家」オリジナル・スタンダード仕様の外張り断熱構造、樹齢80年の杉の木を柱に使った重厚なる存在感、木がいっぱいの骨太構造などなど・・・当社の家づくりの一番特徴ある構造体、工法、材木の質感などが見て、感じることが出来ます。

iijima02頑張ってる自分の“ご褒美”に相応しい家づくりのご参考にして頂ければ幸いです。当日は私(小長谷)が現場にいます!その場で設計、ご相談を承ります。図面や間取り図があれば概算見積できます。

杉の家と花粉症

この時期になると毎年お客様から聞かれることがある。うちで作っている家のブランドは・・・注文住宅「杉の家」。何を書こうとしているのか、もうお分かりだろう。うちで作っている「杉の家」と花粉症との因果だ。

「桶市さんで作っている杉の家って言うのは、花粉症の人でも大丈夫ですか?」

はあぁ!?この人、何を言ってますかぁ?と最初の頃は思っていましたが、毎年一人はいらっしゃいます、聞いてくる人。そもそも、花粉が飛ぶような葉っぱが付いたままの杉の木使っていませんから・・・。杉の木を柱や内装材にいっぱい使っているのは事実ですが、すべてが枝を切り詰められ、皮をむいて、製材して角材、板材に姿を変えたものを使用しています。花粉が飛ぶわけ無いじゃあないですか・・・。全然、大丈夫です。
聞くのも勇気がいったことでしょうから、聞かれても平然と慌てずに何も無かったように「大丈夫です」と自信たっぷりお答えしていますが・・・。内心では、こんなこと聞かれるんだ・・と内心ビックリモノで・・・。いい緊張感もって作っています。注文住宅「杉の家」。
facebook
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
過去の記事
Profile

小長谷 直弘

Twitter 小長谷直弘
okeichiをフォローしましょう
LINE公式アカウント
友だち追加
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログのQRコード
QRコード
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。