社長☆ブログ「社長のつぶやき」 桶市ハウジング

千葉県香取市。木材商として四代、創業百余年の老舗材木屋がつくる木の家、和風モダンの極み注文住宅「杉の家」今日も営業中です!「外断熱ソーラーサーキットの家」千葉県北総地区、茨城県南区でシェアNO.1の特約工務店。四季の家づくり東関東SC会。香取、旭、銚子、匝瑳のグッドデザイン賞の家 「ZERO-CUBE」特約工務店。コメントはfacebookで受付中です。

2009年04月

ゴールデンウィークは佐原にござれ。

41444222.jpg今日は29日(水)。いつもは水曜日定休で無理無理お休みを頂いている自分ですが、今日は祝日、臨時営業です。今年のゴールデンウィークはとっても長いようで・・・。私も休もうか、仕事しようかギリギリまで決めかねていましたが、3日〜6日までの4日間は休むことに決めました。GWはハウスメーカーさんが住宅公園やモデルハウスで大きなイベントあちこちで組んでいる様子。一般のお客様が多数来場して潜在顧客の掘り起こしをしてくれるでしょう・・・。連休は皆お出かけでしょうし・・・それなら、佐原に観光に来てもらおうかと、駅前の観光協会に佐原の観光パンフレットをもらいに行きました。連休に入る前に、先日のショールームのイベントや、モデルハウスに来場いただいた市外のお客様にご挨拶がてら観光パンフレットを配ろうかと。昨年アド街っく天国というテレビで佐原が紹介されてから、観光客が更に増えました。本来、自分の仕事の営業としてチラシや見積・プランを持ってお客様廻りをするところですが、今日のところは仕事のことは脇において商売っ気なく佐原の観光パンフレットを届けて廻る営業も粋なものかな・・・と。
初夏のような天気なんで、スーツ着て仕事しているのが何となく理不尽に思えるのも置いといて・・・、午前中は利根川を超えて牛堀、麻生、潮来方面に、午後は成田、酒々井、佐倉方面へ・・。バイクでお客様廻りをしたいくらいの陽気でしたね・・・。
観光協会に行ってみたら・・・連休中は結構いろいろなイベントがある様子。地元にいて知らないんですから、ダメですよね・・小野川に佐原囃子の下座船がでたり、見所満載のようす。一日楽しめるまちになってきたかも知れません。当社のお客様でしたら、駐車場など、お困りのことがあったら電話いただければうちにおいてもらって結構ですよ(笑)。食事の紹介や予約も手配しますし、割引券もありますよ。地元で根を張るっ人ってこんなときに重宝します。私を上手く使って下さい!
連休中は会社を休みにしますが、私は佐原にいますからお近くに来たときはお気軽にお声をおかけしてください。ちなみに・・・5日は久々に会う佐原高校時代の同級生達とモデルハウスでバーベキューやってる予定です。

佐原の観光ガイド おすすめHP
http://www.katorishi.com/

小野川 下座船の運航予定表
http://www.city.katori.lg.jp/section/kankou/news/2009-0416-0933-15.html

水郷佐原観光協会
http://www15.ocn.ne.jp/~skk/

メインHPは http://okeichi.com

久々に銀座を歩いてみた。

ginza今日は朝から外に出っぱなし・・・。午前中神栖・鹿嶋方面に久々営業に出、午後は香取市役所で毎年香取市とJCとで主催している「地図のまち佐原」の第1回実行委員会が開催され、私は監事という役を頂きました。去年は会長としてトップにいましたが、一線を退くとかくも違うものかと・・・。2時に会議を終え、まっすぐ東京へ。久々の東京で少しテンション上がり気味。大きな渋滞も無く予定よりチョッと早く銀座に到着したので合間の時間でチョッと買い物でもしようかと松屋銀座へ入ってみる。銀座のデパートの中では松屋は一番のお気に入り。三越、松坂屋もチョッと入りましたがチョッと違う。何でだろう・・?昔から雰囲気がなんとなく自分に合っているんですよね・・。最近はじめて、まだそろえていなかったゴルフウェアをいくつか買ってしまい、思ったよりも荷物になってしまったので、車へ戻ることに。7丁目のコインパーキングに入れていたのですが、ホンの数時間だったと思いますが、駐車料金は4200円!よく見ると30分700円と書いてある・・・。東京はやっぱ高いですね・・。佐原は一日とめても300円だし・・・。ビックリしたな〜。
銀座を後に食事でもしながら続きをということで、東京丸の内の丸ビルへ。昨年東京千代田区のイベントで丸ビルのロビーに佐原の山車を飾りに来て以来の丸ビルです。ロビーを懐かしく見ながらエレベータは最上階の36階へ。行った先は商談が出来るよう個室も用意されている「モナリザ」というレストラン。チョッと遠くて億劫になりがちですが、たまには東京も刺激になってとても良い。町を歩きながら、数々あるお店の雰囲気、デザインを楽しみながら明日への糧となるネタが無尽蔵に転がっている。実は行ってみたいお店、たくさんあるんですよね・・・。今日の移動距離、約270キロ、長い一日だった。

メインHPは http://okeichi.com

タカラ鹿島ショールームOPEN

f4147384.jpg

昨日、ホーローシステムキッチンのタカラスタンダード、鹿島ショルームがオープンしました。私は先日24日に一般オープンに先駆けて開催されたオープニングの祝賀会に呼ばれてザッとは見ていたのですが、人が多くて全部をゆっくり見ることは出来ないでいました。昨日は一般オープン初日、雨にも関わらず約500名近い来場者で賑わったとのこと。今日は天気も良く、私は午後1時からタカラ鹿島ショールームに伺いました。3時からショールームで打ち合わせのアポを入れていたので、当社のお客様には1時〜3時まではフリーで私がショールームにいますという案内を事前にお知らせさせて頂いていました。
今日も多くの人でごった返すショールームでしたが、次々と来場する私のお客様にショールームのアドバイザー、スタッフの皆さんは手際よく丁寧に説明して頂き、私の出る幕はあまりなし・・・。合間合間に自分もジックリと見学することが出来ました。新しくて大きなショールームというハード面もさることながら、ココのスタッフ力、チーム力の能力の高さにはチョッと驚きました。商品も相変わらずの質実剛健ぶりで文句なし。先日の祝賀会での社長の挨拶でタカラは「清掃性」を追求するとの言葉があった。組み込まれる設備機器の性能などは既に各社ある程度のところまできている。そこから先が企業(メーカー)の差別化してゆくキーポイントなんであろう。このショールーム、年中無休で営業するとのこと。新築、リフォームをお考えの際は一度足を運んで見られては・・・?

タカラスタンダード鹿島ショールーム
茨城県神栖市砂山29番地
0479-46-2252


メインHPは http://okeichi.com

家を建てるという覚悟 「縁」と「運」と「タイミング」

家を建てるということ、相当な覚悟と勢いが必要です。いつの時代もそうでしたが、ローコストといわれるハウスメーカーで家を建てても坪単価は安く見えても実際にはやはり2000万円からのお金がかかる。注文住宅で建てれば、もう200〜500万かかるだろう。殆んどの人が長期の住宅ローンを借りる。

100年に一度といわれる経済危機なんてテレビや新聞で煽られている今日この頃、借金をして払ってゆけるのだろうか、大丈夫だろうか・・・不安は尽きないだろう。もう少し貯金してから、もう1,2年待ってから建てようか・・・そう思うのも当然であると思う。

誰でもアパートの家賃並みで家が建つと思えばみんな建てるだろう。家賃は払っていても何も残らないから。同じ払うお金でもローンだったらいずれ自分のものになる。しかし、借金を背負うのは不安だ。

自分もそうだった。こんな仕事をしていながら、自分で家を建ててローンを背負うまで分からなかったお施主様の気持ちというものが今なら理解できる。

結局のところ、縁と運とタイミングなんだと思う。
私の場合は、私が13歳の頃から父が家を建て直すと言っていた。しかし、結局家が建ったのは私が30歳のときだった。その間、実に17年。仕事柄いつでもできる。建て替えなんで引越しが面倒・・・理由はいろいろあっただろうが、築100年を越す昔の材木屋さんに父は婿に来た。初代が建てた家を建て直すのは婿の自分の代ではなく嫡男の私が自分で設計して自分で建てるのが筋だと思った部分があったのだろう。

きっかけは当時5歳だった私の娘の一言だった。
「なんでうちの家はこんなに古くて汚いの?お友達の家はみんなキレイだし、恥ずかしくて友達を誘えない」

これには、私も父もズシンときた。将来を見据えれば自営業の自分なんか安定しているかどうか分からない、子供も教育費がかかり始めてくる、二人目が生まれる、遂には3人目が生まれる・・・最初はもう少しお金がたまってから、現金で建てようかとも思っていましたが、子供の成長は思ったよりも早い。

子供を育てる環境で住む家というものは大事な要素の一つです。個性、価値観、家族観、自立心、健康性、どれをとっても学校では教えてくれない日々の生活から子供達が自然と学んでゆくことが家にはある。勢いでしたね・・・。

伸ばせば伸ばすほど、お金がかかることがたくさんある。今のこの気持ち、モチベーションを逃せば家は建たないだろう。よし、やってしまえ!

同じような、思いを胸に今やるべきか、もう少し待ってから家を建てようか・・・そんな同じ思いのお客様がたくさんいます。人によって価値観はいろいろですから、タイミングもいろいろ。

しかし、家を建てようと思い始めたからには、多分、何らかのきっかけがあったと思うのですね・・。それがその人の「縁」であり、「タイミング」なのかもしれません。そして、その時に誰と会うか?それが「運」なんだと思います。その時に、私がいたら・・・私にとっても「縁」であり、「運」なんだと思います。

心配したらきりがない・・・。子供が増えるとお金がかかる、幼稚園、小学校、中学校と入学すればお金がかかる、塾に行けばお金がかかる、子供が増えればさらにかかる、スイミング、ピアノ、習いものもあるだろう。子供が大きくなればご飯もいっぱい食べる、実際米の消費量が変わってくる、食費もかかるだろう・・・家族旅行に行けば子供の分も余計にかかる、中学になれば大人料金だ・・・。会社は大丈夫か、仕事はこの先35年ずっと上手くいくか・・・誰も分からない。

しかし、一生アパート暮らしですか?
この古い家にあと30年住み続けるのですかと聞かれれば、それは嫌だという。

年配の建て替えのお客様の場合は殆んど現金で家を建てる。しかし、定年退職したら給料はない。年金暮らしでどんな家を建てようか?お金はあるが、どのくらい手元に残せば良いんだろう?全部は使えないし・・・もちろんである。最後の家の建て替え「終の棲家」を建てようとしている方には、お勧めしたいことがある。

今まで住んできた古い家で最初は夫婦二人から始まったのかもしれない。そして家族が増え、子供達が成長し、一人、又一人と独立して所帯を持っていたことでしょう。大変な時代もあったかもしれない、何十年も仕事してきてやっとホッとできるときに家を建替えようかと思ったのかもしれない。

これは「自分へのご褒美」ですね。大きな家は要らない、でも時々子供達が帰ってきた時の部屋は作っておきたい・・。現役を退けば家で過ごすことが多くなるでしょう。残された余生、「いい家」で過ごしたい。ただ新しいだけではダメなんだ・・・どのくらいのお金をかけて自分にご褒美をあげられるかは人それぞれだと思います。

若い人は時々聞きます、桶市さんの家は何年くらいもちますか?しかし、終の棲家を建てようと思うお施主様は、「私らは後何年この家に住めるか分からない、5年かもしれないし、10年かもしれない」しかし、残された5年、10年が私らにとってこれから一番大事な時間なんですよ」と。

前にもこのブログで書いた記事で、建てて丁度1年でお亡くなりになったお施主様がいました。なくなるチョッと前、病院の呼ばれて「ありがとう」と言われたことがあります。この仕事をしていて良かった・・・コチラこそ、ありがとうです。

家を建てられる人、建てられない人の違いはどこか?
決断できる人か否か?人生で一番か二番の究極の選択だろう。男の器量の見せ所である。


「縁」と「運」と「タイミング」、自然の摂理の中で生かされていると感じている今日この頃です。

メインHPは http://okeichi.com

地盤調査の計算方法の違い

家を建てるときには必ず地盤調査を行いますが、土地を購入する前に土地の地盤が良いか悪いか、予めわかって買えるのであれば理想的な取引だと思います。しかし、まだ一般的には土地売買の時に地盤調査結果をつけて情報を開示し販売する物件は少ないです。土地を商品に例えるならば、住宅地として購入するにあたり、そこに家を建てる際に軟弱な地盤かどうかということはとても重要な情報のはずなのに、これについて説明義務はない。ではどうするか?土地を購入した人が家を建てる際に初めて地盤調査をして良ければそのまま直接基礎、軟弱だったら地盤改良工事となり100万〜の追加費用が発生する。これが今の時代の慣例となっていることだ。

しかし、ココ近年、土地を地盤調査データ付で販売するものが少ないですがポツポツと出てきました。現在お客様に購入のご相談を受けている土地がある。千葉ニュータウンにて売り出し中の土地を購入するにあたり予め調査された地盤データがあった。これを参考に地盤が軟弱か否かの予測をつけるのだが、今日初めて知ったことがある。それは、地盤調査にも調査する側によって公式が違うということだ。千葉ニュータウンの土地はURというところで簡単に1〜2ポイントの調査をして調査結果を売買時に情報公開していました。このデータの読み取りに間違いがあってはいけないと思い、いつも地盤調査を依頼している会社にURから送られてきたという資料を見てみた。

そしてURの地盤調査の換算数値を出す計算式は、一般的に建築基準法で用いられる計算方法と違うということが分かったのだ。建築基準法に照らし合わせて計算して求めた数値よりもURの計算方法の方が良い結果が出るらしい。もちろん、URのデータはあくまで参考程度にしかならないのだが、土地を購入する側にとっては安心できる情報だろう。しかし、結果が少しよく出るという計算に則って判断をするのにはリスクが少々高いような気がします。なぜ、計算式が統一できないのか・・・?

土地を買うときには地盤は大丈夫ということが分かるのは親切なことだ。しかし、判定結果が甘く出る傾向では、土地を買うときは大丈夫といわれ。実際に家を建てる時にやっぱり改良工事が必要ですといわれたら・・・。予定外の出費が100万円〜かかることになる。納得いくだろうか・・・?

メインHPは http://okeichi.com

ショールームOPEN!

72acb4e2.jpg当社の標準仕様で採用しているホーローシステムキッチンのタカラスタンダード、茨城県神栖市にあった鹿島ショールームが大きくなって4月25日(土)よりリニューアルOPENとなる。今までにあったショールームは他に比べると少々小さかったのですが、今度は約120坪という大きな規模でのオープンとのこと。数年前に成田ショールームが100坪でオープンしたときも随分大きなショールームだな・・・何でもあるな・・と思ったのですが、今回は更に2割増。新しい最新のキッチンやシステムバス、洗面化粧台などの設備機器がずらりと並んでいることだろう。私はオープン前の前日24日にオープニングセレモニーに招待されているので一足早く見ることが出来る。どんな様子かこのブログで生中継してしまおうか・・・。
一般のオープンニングは25日(土)、26日(日)の10時〜5時まで。この2日間は一般のお客様で賑わうことだろう。最新機器を使った「どっちの料理でしょう」や記念品、プレゼントなど用意があるとのこと。当社でも直近でプランニングさせていただいている数十名のお客様にオープンのチラシを送らせて頂きました。私、小長谷は26日(日)の午後1時〜3時の間、鹿島ショールームにフリーで伺う予定です。

タカラスタンダード鹿島ショールーム
茨城県神栖市砂山29番地
0479-46-2252

メインHPは http://okeichi.com

中学生の海外留学

opera娘が中学3年生になってしまった。生まれたとき可愛くて可愛くて生後6ヶ月は検診のとき以外は外に出さず、毎日1枚ずつ写真を撮っていたのを思い出しますが・・・。もうすっかりお年頃で手も離れ、難しくなってきました。既に手遅れ気味ですが、嫌われないように実は必死です・・・。そんな娘のことですが、突然前触れもなく、「オーストラリアに留学に行ってもいいか?」と・・・。私「いいよ」

最初何の話か分からなかったんですが、家に帰って資料を見てみたら香取市の事業で夏休みに中学生の短期海外留学の募集があるとのこと。これに応募したいということでした。費用も香取市から一部補助がされるとのことで、海外に一人で行って短期でもホストファミリーと一緒にホームステイしてくるというのは、将来いい経験になるだろうから私としては大賛成。元々、生まれて名前をつけるとき思っていたことがあり、これからの時代の子供だからもしかしたら海外に出てゆくこともあるかもしれない、海外の人と接する機会もたくさんあるだろう、だから外人さんも呼びやすく、且つ、日本人の女の子らしい印象深い名前をつけようと「弥生」という名前をつけたという気持ちがあります。
何回か海外には連れて行っているので、その経験もあるのでしょうが、それにしても、物怖じしない子供に育ってくれたものです。香取市もいろいろな子育て支援をしていますが、私たちの一番の宝である子供、しかも感受性の高い時期の中学生に海外留学の支援をしてくれるなんてありがたいことです。経験してきたことがきっとその子の将来の価値観やビジョンを育んでゆくために一助となると思います。応募多数の場合は選考とのこと。親に勧められてではなく、自分から行きたいと意思を表明したことです、滞在先のシドニーは私たちが新婚旅行で訪れた町、出来れば行かせてやりたいと思いますが・・・。

メインHPは http://okeichi.com

5年ぶりのお客様

今日は稲敷市浮島に現場調査に行ってきました。実はこの現場は以前に来たことがある現場。先週、小学校の歓送迎会の最中に携帯電話が鳴り、電話の主は5年前に新築の相談を頂いていたお客様でした。最初電話番号に覚えがないので誰かな・・・と思いつつ話していたのですが、お名前を聞いてビックリ!5年の歳月がたったとは思えないほどつい最近のことのように記憶がフラッシュバックし、懐かしさに気持ちが弾んでしまいました。日曜日に旦那様と打ち合わせして、とにかく現場をもう一回見ましょうと・・・。

現場に着いたらやっぱり昔のままで、変わらずにそのままになっているのを見ると何故か親近感が湧いてきます。5年も時が過ぎ、その間まめに顔を出すこともままならなかった自分に、イザやるというときに声をかけて頂くなんてありがたくてチョッとテンション高めです。先日の旦那様から聞いた希望と、5年前にやりとりしたメールの打ち合わせの記録を振り返り、「このご恩、返さずにいられようか・・・」という思いで白紙の設計図に向かっています。久々、やる気モード全開です!

メインHPは http://okeichi.com

太陽光発電の時代です。

737b86e1.jpg平成21年度の住宅用太陽光発電の補助金申し込みが4月1日から受付開始されている。昔はかなり高価なシステムで、そのかわり補助金もかなり多く出ていたのですが、近年はシステムのコストも下がり補助金も年々削られ、遂には5万円程度まで下がっていたのが昨年まで。今年4月からの補助金は昨年までから比べるとかなり条件が良い!これも麻生総理の政策かな?

太陽光発電というと10年前は設置に400万以上のコストがかかり、補助金も数十万円〜出ていたのですが、とても元をとろうなんて気持ちでは出来ない高価なものでした。しかし、年々技術化進化し、メーカーや発電量、現場の状況にもよるが、最初設置時のイニシャルコストが約200万円〜まで約半値になってきました。イニシャルコストが下がるのに比例して補助金もスズメの涙ほどになっていたのですが、今年の補助金の内容は大盤振る舞いです。ナント、1kw当たり7万円の補助金がでるらしい。もし仮に3.5w程度の太陽光発電システムを設置したとしたら、7万円x3.5kw=245,000円の補助金がもらえる算段だ。昨円までの約5倍・・・。

千葉県北総地域、茨城県南地域では私が実際に工事した太陽光発電の1ヶ月の発電は平均すると約4,000円〜5,000円。今、オール電化で家を建てた場合の4人家族4LDKのケースの1ヶ月の平均電気代(全光熱費)は約9,000円〜12,000円なので、太陽光発電を設置すると毎月の光熱費が約5,000円〜可能になるケースが考えられる。もちろん、最初に設置工事に200万〜のお金を使っているが、人間は払って終わってしまったものにいつまでも感心を持ち続ける人は少ない。だから・・・単純に光熱費が5,000円〜7,000円で生活が出来るなんて、とても嬉しく、得したように感じられるだろう。

また、設置した人にしか分からないけど・・・太陽光発電の室内に設置される操作ウィドウには、貴方の今日の環境貢献度とか、今日の貴方のCO2削減率とか、数字の意味は正直分からないけど、環境に良いことをしていることを認識することが出来る。これは、意外にとてもうれしい!環境に興味がない人も、自分で驚くほど意外に良いことしている気分でかなり気分がよろしくなる場合がほとんど。モラルも知らず知らず向上、ワンランク上の人になったような気持ち。まだまだ電気代の元をとろうなんて思っている人には結構な年数がかかるので難しい話だろうが、東京電力の電気買取単価も上がるようで、もしかしたら5年先、10年先には2件に1件くらいは太陽光発電が乗っている時代になるかもしれない。

今、興味を持ち、導入を考えている人は、他の人たちに先駆けて環境に興味をもてる、ちょっと良いんじゃない・・・と思える、人よりチョッと先を歩いている人でしょう。そんな価値観、素敵ですね。
当社ではシャープ製の太陽光発電システム「サンビスタ」を取り扱っています。見積無料で承ります。よろしくどうぞ!

太陽光発電の補助金については下記をご参照下さい。
http://www.j-pec.or.jp/index.html


メインHPは http://okeichi.com

結婚記念日前後

17日から1泊2日の予定で筑波山にあるホテルでソーラーサーキットの家を作る工務店の会、「四季の家づくり東関東SC会」の移動総会が開催され、役員改定で再度私は副会長を務めさせていただくことになりました。実に3期目、5年越しの副会長です。今回の総会から会長が茨城県ひたちなか市の村上工務店の社長さんに変わり新体制でのスタートです。冒頭の基調講演にはミサワホームの創業社長「三澤千代治」氏が来てくれました。今の経済危機の原因やこれからの日本経済、そしてこれから家づくり方向性をどう捉えるか、住宅産業という大きな枠で興味深い話をたくさん聞かせていただきました。積水ハウス、大和ハウス、ミサワホームという戦後を代表するハウスメーカーの創業社長の中で今なお生きている人は三澤社長だけだそうです。話からも持っている人脈の凄さを感じました。
去年から起こっている経済危機は、実はアメリカのある実力者たち10人が30年前から仕込んでいたことであること、中東から約100兆円というお金が消え、その10人の懐に納まっているということ、その10人の下には100人のグループがあり、その下にまた1000人のグループがあり、世界経済を動かしている大物達の中に、日本人はこの1000人のグループに中にやっと一人、二人しか入られていないということなど、そんな話を知っている人脈があることを間近に聞き、凄い人がまだまだいるもんだなあ・・と感心してしまった。

総会が終わり、温泉でゆっくりしたあと宴会へ。人数は少なめでしたがコミュニケーションをとるのにはやっぱりこの場が大事だな・・と思います。SC会が発足して10年の歳月が過ぎ、今まで私達SC会の会員が作ってきたソーラーサーキットの家は累計374棟だという。聞いてビックリだが実はそのうちの約50棟は私がつくっている。今年はメンバー21社だが、ピーク時は43社の工務店があったことを考えると、OB施主様の数は当社はかなり多い方かもしれない。宴会の締めの挨拶を頼まれて、会場にいた皆さんに気合を入れてもらおうと一言挨拶をさせていただいた。心に響いただろうか・・・?昨日深夜2時まで部屋飲みしながらいろいろな話を交わしましたが、今日も朝から仕事です。5時に起床して大浴場で温泉に浸かり、朝6時半に筑波山出発、9時には会社に到着し、最初の打ち合わせです・・・。

実は一夜明けて今日は私の16回目の結婚記念日。特になんの予定も準備もしていなかったのですが、ご飯くらい食べるか・・・と家族で久々のお出かけ。子供達がリトルリーグでご一緒させて頂いている「夢家」にて乾杯です。着いてすぐに結婚記念日が一緒という、リトルリーグでも子供達がお世話になっていて、先月一緒にスキーにも出かけたHコーチ夫妻も合流し、結局深夜1時まで積もる話に花が咲く・・・途中、夢家の奥さんに「今日が結婚記念日のお客様がいらっしゃいます!」のお祝いの言葉を店内に響き渡るように頂き、お客様より拍手が ワインを頂きました!ありがとうございました

メインHPは http://okeichi.com

facebook
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
過去の記事
Profile

小長谷 直弘

Twitter 小長谷直弘
okeichiをフォローしましょう
LINE公式アカウント
友だち追加
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログのQRコード
QRコード
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。