社長☆ブログ「社長のつぶやき」 桶市ハウジング

千葉県香取市。木材商として四代、創業百余年の老舗材木屋がつくる木の家、和風モダンの極み注文住宅「杉の家」今日も営業中です!「外断熱ソーラーサーキットの家」千葉県北総地区、茨城県南区でシェアNO.1の特約工務店。四季の家づくり東関東SC会。香取、旭、銚子、匝瑳のグッドデザイン賞の家 「ZERO-CUBE」特約工務店。コメントはfacebookで受付中です。

2009年10月

学年対抗バレーボール大会

年に1回開催されている佐原小学校PTA学年対抗バレーボール大会の開催の是非について会議が行われました。なんでこんなことになったのか・・?インフルエンザの脅威からバレーボール大会を中止した方が良いのでは?という意見が先週21日の会議であがったとのこと。それを受けて開催の是非を決めるために会議が開かれたのでした。先週の会議は私は欠席だったのですが、聞いた限りでは中止の方向で話がむいていたらしいということを聞き、内心穏やかでは無かったんですね・・・。今回は、私は6年部の部長という立場から会議に臨んだのですが、6年部の希望は大会の開催でした。

佐原小学校というのは私の学年だけでも160名。この人数は他の学校で考えれば全校生徒の数に匹敵します。つまり、規模的には一つの学年が一つの学校のような規模なんですね。会議の冒頭で意見を言わせていただいたとき、このことについて触れさせて頂きました。1年部のときから6年間、学年の運営をさせていただく過程で、学級の代表さんや副代表さんをはじめ、各役員の皆様には大変ご協力を頂いてきました。学年が上がるに連れて役員さんの顔ぶれも少しずつ変わってきましたが、人数が多いということは、役員さんをやる人、やらない人、役員さんでなくても校外指導や宿泊学習、奉仕作業など学校行事でお手伝いをしてくれる人、くれない人、公平、不公平が必ず出ていました。何もやらない、やってくれない親もいる、いろいろと手伝ってくれる親もいる、今回バレーに参加してくれてるお母さん方は、学年の行事にはいつも快く手伝ってくれる頼りになる人たちです。

1年部のバレー大会では前評判はよくても結果は最下位。2年部で初優勝を飾り、その後3年間いいところまで行くも優勝から遠ざかっていまして、今年こそは最後のチャンスと、優勝目指してまとまっていました。ゴールデンウィークや夏休みにはバーベキュー大会を開催、合宿まで!?
そんなお母さん達がやりたい、やらせて欲しいと言っているものを、状況は解れど中止にさせることは避けたいな・・と思っていました。私の役目は大会を開催させること。
今回の会議は、自分の進退をかけて・・・といったら大げさですが、誰もが納得のゆく条件で着地しない限り、一歩も譲らないという気持ちで臨んでいました。そんな気持ちは隠しつつ発言させていただいたのですが、言葉の端端には静かながら私特有の言葉の強さがでてしまって皆には圧力に感じてしまったか・・・なんて気にしています。
しかし、着地地点は私の希望通り、開催の方向で決まり、中止の場合も当日に学年閉鎖が起きた場合に限ってということになったので、とりあえず一安心です。条件付の開催になることは今の状況では仕方の無いことですから・・・。
5日から練習が始まります。最後の年、6年部は優勝を狙っていきます。反省会の場所も縁起をかついで、4年前に優勝祝賀会を開催した場所で予約済み。大会は11月21日(日)。あと3週間後です。

介護住宅を作ります。

200910291628000旧佐原、香取市岩ヶ崎の道路沿いで約84坪強という大型の介護住宅が着工準備の運びとなりました。当社は定年を数年後に控えた方、または引退された年配のお客様に家の新築を頼まれることが少なくありません。その中で時折話がでる介護住宅について、いろいろな議論、見解が設計時点で提示されます。今までにも将来的とはいわず、既に車椅子生活になってしまっている方の住宅の新築を依頼されることもあります。実は意外に知られていないのですが、私、「福祉住環境コーディネーター」という資格を持っています。しかも、この資格が出来たときの東京商工会議所第2回の試験の合格者。香取市で多分一番最初に福祉住環境コーディネーターになったのが私だと思います。
介護と建築というと、どうしても介護リフォームでスロープや手摺をつけるといった仕事を連想する人が多いですが、実は新築時にある程度予測して計画しておくことは必須のことだと思うのです。今回は、新築なので、設計段階からお施主様からヒアリングして一つのプランが出来上がっています。設計は奥が深く、その人にあった家の作りというものがピッタリできると、言葉は悪いかも知れませんが、「楽」に「楽しく」過ごすことの出来る家が出来るのではないかな?と思います。
先日、地盤調査が終わり、結果も良好。次は年内に上棟式まですすめる為の準備に取り掛かりました。今日は地鎮祭の前に現場で建物位置を確認する作業、「地縄」張りに来ました。土地が斜めっているので建物もそれにあわせて設計したので、地縄張りは通常の2倍近い時間がかかり、日が暮れて終了・・・・です。

アルミサッシの結露

19-0110月も終わり、だんだんと夜、朝と涼しげになってきました。遂に、結露の季節が到来します。例年11月頃になるとサッシの結露対策についてご相談を受けることが多くなっています。特にアルミサッシの場合は、断熱ペアガラスであっても結露が見られるようになります。ガラス面にも出ることがありますが、ガラス面にくらべて顕著なのがアルミ素材の部分です。ペアガラスだと結露は出ないというのは間違いで、状況によってはやはり出ます。昔の家より、今の家のほうが出やすい環境が出来ているからです。
何故、結露が出るのか?原因はいくつか考えられますが、第一にあまりにも家の断熱性が良くて外気と内気の温度差が激しい場合、第二に気密性能が良すぎて換気量が不足している場合。第三に表面温度の理由による場合。温度差は、家の性能が上がるにつれ激しくなってきます。断熱ペアガラスというと結露しないと思っている人も多いですが、やはり限度があります。表面温度とも関係しますが、ガラス面よりもアルミ面のほうがサッシの表面温度は外気に近く、室内との温度差がダイレクトに表面に起こるので結露します。ガラス面についてはアルミ面よりもマシですが、限度があるのは同じです。気密が良すぎて換気量が不足している場合は、換気システムの風量を強くする、給気口がちゃんと開いているか、排気がちゃんと常時動いているかの確認が必要です。トイレ、洗面、キッチンのレンジフード等の排気換気扇は動いていますか?性能の良い室内において換気量が不足するということは、水蒸気が飽和状態になり結露が生じやすくなります。
対策としては・・・程ほどの暖房にする。換気量を増すか、常時換気を徹底する。結露する部屋のドアを少し開けてみる、窓を少し開けてみるなどの工夫が必要です。樹脂サッシだとガラス面を別にして考えれば、アルミの1000倍の性能をもつので、あまり心配要らないのです。結露が嫌ならやはり樹脂サッシですね。当社の特別仕様から全て樹脂サッシは標準仕様になっています!

参考HP: ペアガラスは結露しない?
http://www.ads-network.co.jp/kininaru/01-/19.htm

佐原でイタリアン!リストランテ カーザ・アルべラータ

200910281429000久々の定休日ですが、相変わらず仕事は片付かない・・・。私の机には設計&見積もりを待っているファイルが5冊ほどあるみたい・・・。さらに、現場監督が私の机に置いたメモが所狭しと貼られています。定休日はこんな内勤の仕事を一気に片付ける日になっています。
が、仕事の前にチョッと休みらしいことをしたくて、午前中に2時間程近所の打ちっぱなしに。実は先週ゴルフに行った後に今まで使っていたドライバーを下取りに出して新しいドライバーを買っていたのですが、時間が無くて一回も打ってなかったんです・・。来週もお客様にゴルフに誘われたので、一度練習しておこうかと思いまして。ちなみに、新しいドライバーは、テーラーメイドのR9MAX。結構人気みたいです。シャフトも今までのRからSに変えてみました。ショップの人にヘッドスピードを計測してもらったら47km出ていたんですね。Rでは合わなかったみたいです・・・。どうりで右へ行くはずだ・・?(クラブの性にしている小さな自分です・・・)

打ちっぱなしを終えて、お昼の時間、久々に嫁と、嫁の友達(先輩)と一緒に3人でランチしようということになって、前々から行ってみたいと思っていた、佐原に最近オープンしたイタリアンのお店に行ってきました。なんでも、イタリアのミシュラン星付のレストランで修行してきたんだとか・・・。嫁たちは、12月の小江戸マラソンに出場を計画しているらしく、練習に出ていたみたいで、集合したときには二人ともジャージのまま。入口でジャージでも良いですか?なんて冗談を言いながら、スムーズに入店、1800円のランチを食べました。店内はよく作りこまれていて、佐原に又一つ、良い店が出来たな・・と思えるような雰囲気を作りこんだお店でした。肝心の料理もいろいろと噂は聞いていましたが、私はとてもおいしく頂けまして、大満足です。久々のヒットだな・・。今度は夜も来て見たい、そんなお店でした。
ただ一つ、残念だったのはカードの支払いが出来ないこと。私はカード決済が習慣になってしまっているので、普段あまり現金は持ち歩かないんです。実は今日の支払いでカードを出したときに使えないと言われて、お金持ってたかな・・・?と心配になってしまいました。女性二人を誘って食事しているのにお金がないなんて、食べ終わってから格好悪いですものね。嫁に怒られるところでした。私が悪いのですが、カードが使えないというだけで私的には選択の優先順位からチョッと下がってしまいます。普段あまり財布の中を気にしていないので、今度からは財布の中を確認してから行くことにしましょう。

リストランテ カーザ・アルベラータ
電話:0478-79-9422
場所:小野川沿いです。

みるみる元気がでる講演会、満員御礼!

200910271923000今日は佐原JCの公開例会、中村文昭氏のみるみる元気がわいてくる!講演会 「お金ではなく人のご縁ででっかく生きろ!」が開催されました。年に一度開催しているような大きなイベント事業ではなく、通常の例会として市民800名を対象に講演会を開催するのは佐原JCにとっても初めての経験でした。予算も無く、佐原JCの先輩企業の皆様にも協賛金をお願いして開催にこぎつけた講演会、会場を満員にすることが出来るか否かが理事会でも心配されていました。しかし、フタを開けてみれば立ち見が出るほどの盛況で、ご来場いただいた市民の皆様より、青年会議所の力はスゴイですね・・・との言葉も頂きました。
今回は香取市民の皆様に元気になってもらおう、という趣旨で企画された講演会、中村氏の話も予定時間を若干オーバーしながら、約2時間の講演会でしたが、寝ている人は一人もいない、多くの方がメモを取りながら、時々大笑いをしながら、時々涙する・・・私は、会場の入口ドアの付近にたち、会場の皆様の様子をみながら中村氏の話を聞かせていただきました。会場に来た人の顔の晴れやかなこと・・・。会場にはプラスのオーラに満ちた様子が感じられ、講演会の内容ももちろんですが、こんなことを実際にやり遂げた、結果を出せたんだなあ・・という今の佐原JCのメンバーの底力に感動して、途中涙が出そうになりました。
講演会が終わり、反省会の席で乾杯を挨拶をさせて頂きました。今日の講演会、企画の段階からPR,集客の過程、そして結果が出るまで、いろいろなことがあったことを知っています。私は今日の例会に参加して、佐原JCのメンバーであったことを誇りに思いたい、自慢したいと思ったことを話させていただきました。みんな良いことをやっています。私は後2ヶ月でJC活動から正式に引退となりますが、最後に良い思い出が一つ増えました・・と。JCの活動を何のためにやっているのか?今日の講演会でも中村氏が話していましたが、「何のためにやるのか?」 これがご来場していただいた市民の皆様に伝わったのではないかと思います。最後に回収させて頂いたアンケートも全部読ませていただきました。数百枚という枚数です。しかも、殆んどの人が講演会の感想や、我々JCに期待することなどを自分の言葉で書いていただいていました。何のために・・我々が今後活動してゆくための、スイッチになったことは間違いないであろう。

nakamura-hon最後に、中村氏の教えてくれた四つの鉄板法則。
1. 返事は0.2秒でハイ!
2. 頼まれごとは試されごと。
3. 出来ない理由を言うな。

そして、最後の一つは・・・。
中村氏の本を読みましょう(笑)

お金ではなく人のご縁ででっかく生きろ!
著者:中村文昭氏

新人営業が仲間入り。

久々に新入社員がはいりました。希望職種は「営業」!という大卒の女性です。当社のような小さな地元の工務店に大卒の、しかも女性の営業がはいるとは・・・大事件です。
あいにく、初出勤日の今日は雨・・・。しかも、台風です。もしかして台風の目になるのか!?この業界は初めてということで、しばらくは私とセットでの行動が多くなるでしょう。
今日も午前中に2件の市内の現場を廻り、午後から潮来市で雨の中、現地調査と打ち合わせ、鹿嶋市の法務局で公図の取り方や謄本の見方を教え、潮来市役所にもどって敷地の法令調査。ラストは、香取市加藤洲で既にご契約済みのギャラリー建築の設計変更の打ち合わせと一通りの仕事の流れを見せてあげることは出来ましたが、慣れないことだけに疲れたかな・・・?とチョッと心配はしてみたり・・・。
身長167センチ、29歳の、とても仕事できそうな感じの女性です。順番に挨拶に伺いますので、お客様、協力業者の皆様、チョッとお待ち。

早速ですが、彼女が今日立ち上げたばかりのブログをご紹介。乞うご期待です。
http://ameblo.jp/okenanaeko

数百万円の値引き

インパクトのあるタイトルでしょう・・・。久々に目にしています、ここ最近のハウスメーカーの見積りについて聞かれている数百万円の値引き。
昨日のこと、茨城県内のある業者さんが私のところに仕事が欲しい・・と営業にきました。普段はTホームやS林業などをはじめとする某有名ハウスメーカーの仕事をもらってやっていたのだが最近めっきり仕事が減ってきて、社長自ら私共のような地元の工務店を営業してまわっているらしい。たまたま私の会社の現場が鹿嶋や神栖に5棟位工事中で、近隣のハウスメーカーの現場に仕事にきていて、あまりにもアチコチに現場が目に付くので仕事を少し廻してもらえないかな・・と期待して飛び込みで営業にきたとのこと。
実はココ2ヶ月くらいのうちに、見積依頼をされてくるお客様のうち3件ほどで某ハウスメーカーと相見積もりになった物件がある。木造と鉄骨の違いもあるし、今まであまり一緒に比べられたことはないのだが、たまたま3件続いた。元々、当社にいらっしゃるお客様は外断熱の家に住みたい人、自然素材&木の家に住みたい人しか来ない!という傾向が強いので、ハウスメーカーと比べるというお客様は元々少なかったんですが、私としては一緒に比べられるくらいのブランドに育ちつつあるのかな・・?なんてチョッと嬉しい気持ちも。
今回の某ハウスメーカーは結構建築費も高いことで知られているメーカー、当社としては同じ予算を掛けるなら、やはり当社のソーラーサーキットの家を勧めたい。同じ断熱仕様、内装仕様で見積もれば、300〜400万円も安く見積もりを出すことが出来るが、有名ハウスメーカーと金額を比べようなんておもうお客様は正直に安く見積もりして提出しても仕事はいただけない。ブランド志向が強いからだ。その価格はブランド料として消化されてしまうことが少なくない。
こんな悔しい思いを日々しているのが地元でコツコツと負けじと頑張っている我々工務店の店主だ。家の作り方、価値観はみんないろいろ、しかし、お金を掛けられるならそれ相応の性能と品質をのせてお客様に価格相応のいいものを提供したい、そのための特許工法、外断熱・二重通気工法のソーラーサーキットの家という位置づけも私の中ではあるんです。
表題の「数百万円の値引き」、久々に聞いたな・・という感じです。見積もりがでて、一声10%の値引きを営業さんが言ってきて、最後にはお決まりの文句、今月中に契約してくれたらあと×百万円引きます。
昔はよく聞いたハウスメーカーの駆け引きですが、最近はあまり聞かなかったです。私の目の前にいるお客様からそんな事情を聞いたのは久しぶりでした。担当の営業マンにもよるでしょうし、みんな必死なんでしょうが。何の仕様変更もなく、ただ値引きで数百万円・・・しかも4000万円、5000万円を超えるような大型物件ではなく、2000〜2500万円以下の価格が高めのハウスメーカーの単価で言えば安めの物件で百万円単位の交渉の話がでるなんて・・・。原価はいくらだ?
そんな交渉を持ちかけられて、喜んで私にもいくら負けてくれるんだ?と交渉してくる人もいれば、そんな交渉をしてくるなんて、最初からのせていたのかい!一体最初からの話は何だったんだろう?なんて疑問を持つ人もいる。私は後者の人が好きですね。人間ですから、親戚や友人、とてもお世話になっていて・・・という背景があるのなら話はわかりますが・・・。
私は駆け引きしませんし、大きな値引きを出来るほど利益をのせた見積もりも出せないです。基本、みんな同じ条件で、不公平がないように。これが、狭い地域、地元で長く生き続けるために当然なことだと思っているのですが・・・。

親水ナノ技術の外壁材が新発売

当社で一番多く使われている外壁材はコンクリート性の防火サイディング。防火性、防音性、耐久性、メンテナンス性にもコスト対効果において他の外壁材とくらべて有利な面が多々あるので当然だが、そのサイディングにも気になる性能として塗装面の耐久性という問題がある。当社で一番多く使われているのは、クボタ松下電工外装というメーカーのセラミックサイディングです。カタログ表示の耐候性にはAAAという最高ランクの記載のあるもの。とはいえ、永久に塗装が長持ちするわけではない。
塗装には有機塗装と無機塗装がある。有機塗装は栄養分を含むためカビが生えやすく、耐久性も乏しい、が、安い。当社で使用頻度の高いセラミックコート仕様のサイディングは無機質塗装の為、カビが生えにくく、耐久性も良い。その上のランクの塗装に「光セラ」という塗装があるのですが、実は先日メーカー担当が来て最新情報を置いてゆきました。それは・・・セラミックコートと光セラの塗装の間に親水ナノ技術を施したサイディングを11月から発売予定だということでした。親水ナノ技術の塗装を施したサイディングといえば、ニチハというメーカーのマイクロガードという塗装技術が有名でしたが、ニチハのマイクロガードという親水ナノ塗装は一般塗装の上に親水ナノ技術を施しているのに比べ、クボタ松下電工のサイディングは元々汚れにくい無機質塗装のセラミックコートに親水ナノ技術を施している。さすが松下系・・・ものづくりが上手いです!
従来のセラミックコートよりもよく、光セラよりも安い、ある意味、とてもコストパフォーマンスの良い外壁サイディングが11月、発売です。

初!お客様とのゴルフ

photo1今日は水曜日、定休日です。今年10年ぶりにゴルフを再開したのは前にもブログで書いていますが、今日はゴルフを再開して初のお客様ご夫婦と3人でのゴルフに行ってきました。一緒に廻ったお客様は同じ町内のご夫婦で、実は昨日、新築工事のご契約を頂いています。一緒に廻るのは初めてでしたが、気心もしれているので楽しくプレイできました。予約してもらったコースは茨城のセントラルゴルフクラブNEWコース。何回バンカーに打ち込んだだろう・・・。いいところにハザードがあるんですよね・・・面白かったです。お試しのドライバーも貸してもらったり、初のユーティリティーも使わせてもらいました。自分のドライバーは成田のゴルフ5で初心者向けに勧められるがままに購入したスリクソンGiE。シャフトがRなんで気にしていたのですが、やっぱりもうチョッと固めが良かったみたいです。今日のスコアは・・・前半61の後半47でトータル108・・・。煩悩の数だけ叩いてみました(笑) なかなか100切れないです・・・。

上棟式!酒々井町 ソーラーサーキットの家

342eddb6.jpg今日は酒々井町でソーラーサーキットの家の上棟式です(^.^)b
天気も上々、いいスタートです。
facebook
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
過去の記事
Profile

小長谷 直弘

Twitter 小長谷直弘
okeichiをフォローしましょう
Twitter 桶市ハウジング
okeichiをフォローしましょう
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログのQRコード
QRコード
livedoor 天気
livedoor 天気