社長☆ブログ「社長のつぶやき」 桶市ハウジング

千葉県香取市。木材商として四代、創業百余年の老舗材木屋がつくる木の家、和風モダンの極み注文住宅「杉の家」今日も営業中です!「外断熱ソーラーサーキットの家」千葉県北総地区、茨城県南区でシェアNO.1の特約工務店。四季の家づくり東関東SC会。香取、旭、銚子、匝瑳のグッドデザイン賞の家 「ZERO-CUBE」特約工務店。コメントはfacebookで受付中です。

2012年02月

24年度税制改正案。今年はチャンスだ!

平成24年度の税制改正案がまとめられている。
昨年末までの期限でなくなるはずだった有利な条件が延長される。
これはチャンスだ!

住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税枠制度
適用期限が平成26年12月31日迄延長されます。

現行で非課税枠は1,000万円でした。それが・・・
省エネルギー性、耐震性を備えた良質な住宅の場合

平成24年中の住宅取得等資金贈与 1500万円!
平成25年中の住宅取得等資金贈与 1200万円 
平成26年中の住宅取得等資金贈与 1000万円 
※東日本大震災の被災者については、25年中、26年中の贈与についても1500万円まで非課税。
 
住宅の面積が現行50岼幣紊世辰燭里・・・
東日本大震災の被災者を除き、50岼幣240岼焚爾法

適用期限の延長
新築住宅にかかる固定資産税の減額処置(2分の1に減額)
2年延長

新しく新設される措置
低炭素まちづくり促進法(仮称)に制定に伴い、一定の認定省エネルギー住宅の新築・所得について以下のような特例処置が講じられます。

住宅ローン減税の拡充

平成24年に居住の場合
控除期間10年、住宅借入金の年末残高の限度額 
一般住宅3,000万円のところ、4,000万円に拡充。控除率1%

平成25年に居住の場合
控除期間10年、住宅借入金の年末残高の限度額 
一般住宅2,000万円 のところ、 3,000万円に拡充。控除率1%

これらの法案は、3月末頃に成立する見込みです。
住宅資金の贈与税の非課税枠は、期待している人が多いだろう。
本来は昨年末でなくなるはずの制度が延長される。これはチャンス以外の何者でもない。そう遠くない未来に相続財産のことを考えている方には、この非課税枠を使わない手はないだろう。
着々と物価は上がっている。インフレがおきている。政府指導でインフレ率を2%以内にとどめるも目標値が既に発表されている。消費税が上がるのも必至。
本当に今年はここ数年来の建て時とも言えるだろう・・・。


ちばの木で住まいづくり支援事業、完成住宅内覧会開催

IMGP5222かねてより香取市佐原で建築中だった外断熱・二重通気工法のソーラーサーキットの家が間もなく完成します。この家は香取市でも年に数棟、千葉県内でも二十数棟しか認定されない「香取市ちばの木で住まいづくり支援事業」という事業認定を受けた家です。

千葉県内の山で伐採され、製材され、千葉県内の認定を受けた材木屋さんで販売された、文字通り、千葉県産の地元の木を使って家を建てるという地域材を推進する事業です。当社は親会社の小長谷材木店がこの「ちばの木」の販売店の登録を受けていまして、当社で作る家は元々千葉の木を多く使っているので、この事業に参画できたんですね・・・。
この事業に認定されると補助金が50万円もらえますw(゚o゚)w オオー! 
とても狭き門なので、認定が受けられるまではアンテナを高くしていないと難しい補助金事業なんですね。
補助金を受ける前提には、地元材、ちばの木の使用を促進して行く役目があります。当社では建築中、完成後の引越前の2回の現場公開を公示することで「ちばの木」促進を図り、地元の山、林業の活性化の一助となればと思います。

IMGP5323千葉にはいい杉の木がたくさんあります。
木は伐採され、形を変えても、なお生き続けます。家の材となって。地域の気候で生まれ育ってきた杉の木を、同じ環境のもとで第二の命を木に与えて欲しいと節に願います。

そんな杉の木をふんだんに使った注文住宅「杉の家」のフラッグシップグレード、外断熱ソーラーサーキットの家の完成住宅内覧会です。
場所は香取市佐原、水郷町。本物の木の家、見に来ませんか?

yanagi-annai日時:3月11日(日)11時〜17時
場所:香取市佐原ロ2097-149(カーナビ用)


一日限りの公開です。


家は箱か

urban1_1ここ最近、うちに来るお客様のレベルが高い(((( ;゚д゚)))
家を建てるって大変なことだと思います。いろんなハウスメーカー、工務店があり、いろんな工法やデザインを得意として作り手がいる。
しかし、どこに頼むのが正解なんだろう?
悩むはずだ。

私は作り手側の人間だから玄人です。
ものごとの優先順位が一般の方とは違うかも知れない。しかし、うちに来て頂けるお客様の考え方や見る目、意識はとても高いのに驚いています。

家づくりを考えるのに、何を一番優先しますか?
金額?設計?デザイン?人?イメージ?

ある住宅雑誌からコストダウンの工夫について取材がありました。うちはローコスト住宅ではないです。でも常にコスト意識を持っています。良いモノを出来るだけ安くお客様に還元したいから。
ローコスト住宅ではないですと言い切れるのは、昔ローコスト住宅の草分け的な方がローコスト住宅を作るノウハウ、対象とする人を「家にこだわりを持っていない人全て」と言い切ったから。
俺には無理・・と背を向けた。

極論いうと、家は箱です。
そこにいろんなお化粧をして家らしくなる。 そして、その箱の中で家族が育つんです。では、どんな箱で大事な我が子を育てたいのか?どんな箱の中で最後の時を迎えたいのか?

urban3_1最近のコストを考えた家の殆どはデザインを重視した家になっています。シンプルモダン系やアジア、バリ系?など。ただ安い既製品の建材を組み合わせて作っていた家が一昔前のコスト重視住宅。
しかし、さすがに最近はそんな安っぽい家は売れないので、お金を掛けずに格好いい家をつくろうとするとデザインという要素を使う。デザインにはデザイナーとかを入れない限りお金がかからないから。ぶっちゃけ誰でも出来るし。

しかも、いろんな建材メーカーのユニットもの、規格商品など、組み合わせれば家は建ってしまう。白系の建材でまとめればシンプルモダン系。白系にダーク系を入れてメリハリ付ければアーバンデザイン系、こげ茶系でアジアンチックに色をまとめればバリ系・・・。
あとは、システムキッチンやちょっと変わった既製品のドアなど入れれば出来上がり。
まるで、お化粧ですね・・・。見た目は変わっても中身は変わってない・・・。
お化粧はいつか剥がれます。出来上がりが一番イイですから・・・。

今日もある工務店の社長さんに言われました。
ほんとは桶市さんみたいに木の家を作りたい。素材感豊かで質感が良くて、凄く落ち着く。材木屋さんだから出来るんだよね・・・。自分がやろうと思っても同じ質感は出せない。どうしても垢抜けないチープな木の家になってしまう。建材メーカーのものを使って作る家なら、カタログから良さそうなものをピックアップして組み合わせれば、だいたい一般のお客様が好むようなデザインの家は出来る。だから、今はそんな家を作っている。

話す言葉に出てくるのは、お金の話とデザインの話。
そしてどのメーカーのキッチンがどうとか、どのメーカーのドアがどうとか・・・。
デザインは女性スタッフに任せているので女性らしい洗練された家が出来るとか・・・どこのビルダーにも女性スタッフはいるでしょう?出来る、出来る・・・。
他に話はないんだろうか?

何を考えて家を作っているんだろう?
私は住む人のことを考えて家を作っています。
お金やデザインなんか、あえて言うほどのことでもない。
お金は家の作り方次第。優先順位次第。
色のパターンを変えればどんな家のデザインにもなってしまう。

自分たちはもっと先を歩いていると感じてしまいました。
温熱環境を考え、温度差の少ない家を作ろう。そうすることで家の中で起きる事故、温度差による脳溢血などの病気の引き金を作り出さないように。
化学物質過敏症やシックハウス症候群のお客様、喘息やアトピーのお客様にも安全に住んで頂けるような体に優しい家を作ろう。
私は家を作る際に、限りある予算の配分をどう考えるか?それを気にしています。どんな最先端のデザインも数年で飽きます。しかし、住むのは一生。
私は健康で体が楽に住めることを最優先課題として家づくりをします。でも、この部分は目で見せることは中々難しい・・・。
10年後に気づくんです。あの時にもっと勇気があれば。頑張れれば・・。

たぶん、今うちで家を建てて頂いているお客様は、ハウスメーカーの展示場や、他社のビルダー様の現場に行ってもあまり参考になることはないでしょう。それどころか、教えてあげることが出来るかも知れません。そのくらい、家づくりに対しての考え方がしっかりしている方が多いんです。

自分は欲しい家はこんな家です。
こんな家に住みたいんです。

家づくりには大金がかかります。
いくらローコストといえど、1,500万、2,000万とかかるんです。家づくりは坪単価ではありません。総額です。1,500万円だって大金ですよ・・・。
ちょっと前に、本当は桶市さんで建てたい。でも、4つのグレードのうち、一番標準仕様のグレードでも精一杯なんです。今回は諦めて、次に建てるときは絶対に桶市さんで「いい家」を建てたいと思います・・・。ほんとなら無駄なお金を捨てることになるのに気がついているのでしょうか・・・
まあ、無理でしょう・・・。 価値観が違うので。
その方は家づくりを価格で決めました。約150万円の差でしたが。グラスウール断熱のアルミサッシ、合板床にオールクロスの家で決めたそうです・・・。決め手は耐震性だそうで。耐震性は言うまでもない、ダメな家はありません、どこの工務店に頼んだとしても・・・。

先日はこんなお客様も。
予算はこれだけです。十分な予算ではないのはわかっています。でも、自分は桶市さんにお願いしたいんです・・・。
そう言われてやれないわけがない。私は気持ちで仕事をする人。知恵を絞り、優先順位を確かめて、設計でコストダウンしよう。そして臨み通りの家を建てよう。
だからココとココは頑張って。俺も頑張るから。絶対に建ててあげる。

デザインは大事です。車だって格好いい車とさえない車では格好良い車を選ぶだろう。でも、デザインだけで他は何もない車に大金を出すだろうか?デザインを良くするための予算を優先し、燃費の悪いエンジンを載せてエアバックもABSもついていない車だったら買う?

私が作りたい家は、燃費が良くて・・・つまり省エネ。ECO。温度差が少なく家の中で病気が起こりにくく、換気もしっかりして、家族が健康で住める格好良い家。
そして、究極の課題、「飽きない家」。

私が作っている家は、ステップフロアとか・・奇抜な間取りの家はない。いたって普通。小さな家を大きく見せるためにいろんな工夫をしている。目線の高さの設計、オープンな間取り、可変自在な設計。色は基本付けない。私の作る家は「木の家」、木が主役です。気の引き立たせるために極力他の色は使わない。木を引き立てる色は「白」です。色も塗りません。
素材そのものが持っている質感と存在感をそのまま生かしています。だから家も建て主さんと一緒に年をとります。木の色が変わります。だんだん良くなります。まるで人が年を重ねる毎に人間としての深みをともなっていくのと同じように。

普通だけど、いい家。飽きない家。
9年経過したモデルハウスがまだ絶賛される理由がここにあります。

今、貴方が建てようとしている家、10年後にもまだ愛せますか?
私はそういう家を作っています。
仕事がとても楽しい(^_^)ニコニコ


グッドラック!OK。

tomo002今日は久々に結婚式に参列しました。
姪っ子の結婚式です.。゚+.(・∀・)゚+.゚
時が過ぎるのは早いものです。子供たちが育つのはあっという間。バージンロードを義兄と一緒に歩いて来る姪っ子を見たとき、自分も後何年かしたら娘とバージンロードを歩くのかな?と重ねながら見てしまいました。
チャペルのドアが開き、お父さんと娘が一緒に立っています。一歩一歩新郎のところへ進む二人。新郎に娘を渡すところはなかなか・・・。゜(´Д`)゜。


tomo003久々に見た姪っ子はとても可愛かったです。
なんというのかな、お人形さんみたいで。
式の5日前に髪を金髪に染めたそうです。
この式へ気持ちがこもっているのが伝わりました。
いい子です(^_^)ニコニコ







tomo006式が終わり、チャペルの前ではフラワーシャワーやブーケプルが。
そして・・・バルーンリース。
バルーンは環境を考えた自然に戻る素材のもの。
バルーンの中には一粒のひまわりの種が入っていました。
みんなで一斉にバルーンを空に放ちます。



tomo005幸せは伝染する。
私はそう思います。
空に広がる色とりどりのバルーン。
きっとどこかの地にひまわりの花が咲くことでしょう。






tomo001若いっていいですね。久々の結婚式に感無量です。
式の終わりに神父さんが新郎新婦に向けて言った言葉が忘れられません。
「グッドラック!OK。」
神父さん、ナイスです。

今日の締めは・・・披露宴の余興で新郎友人より披露された歌。
これです。



今度は佐原で。解体着工!

IMGP5299今度は佐原で「いい家」づくりを始めます。
昨年から既に頼まれていた仕事だったのですが、やっと本日予定通りに解体工事に着工しました。あいにく今日は雨のため、中を片付けたりとかの仕事になりましたが。場所は篠原。道の駅のある国道356号の道路からよく見える場所です。 予定では今月中に解体、造成を終えて4月中には上棟の予定。春を前に、今年も続々着工します・・・。

また、 今週も太陽光発電システムの設置依頼がたくさん・・(;´Д`)
今年の夏はこのままでいくと全ての原発が止まり、また電力が不足するために計画停電の話がチラホラと・・・。しかし、太陽光発電システムを導入した家は、夏場は余って売るほどの発電があるので、他の家が計画停電で電気が使えないときにも、いつもと変わらず普通に生活することが出来るんですねオオーw(*゚o゚*)w

電力会社からの電力供給が止まっても、太陽光によって自家発電できれば電力を賄えるからだ。発電できるのは日中の太陽が出ている時間に限られるわけだが、長期間停電している地域の場合、ある程度でも電力供給できることは、大きな意味を持つと思います。
たとえばテレビをつけることができたら情報をつかむ上で大きく役立つはずだし、携帯電話の充電ができれば連絡用にも大きな助けになるだろう。
 
もしニッケル水素電池などの充電池があれば、これを充電しておくことで、夜間ずっとLED懐中電灯で照らすこともできるはずだし、ラジオなどの電源用にも活用できる。さらに井戸のポンプが使えれば水の確保にも役立つし、水があれば電気ポットでお湯を沸かせることも大きな意義があるはず。
まずは停電時にも電気が得られるというのは大きな安心材料になる。用途はテレビ、パソコン、家電機器……とさまざま。 

補助金申請の手続きを代理依頼している太陽光システムの代理店さんからは、申請件数がとても多く、このままでは予算満了で早期に終わるかも知れないという話もチラホラ・・・。

もう珍しいモノでも贅沢なモノでもなくなっているんでしょうね。


新しい力を手に入れた。

IMG_1108今日は月曜日にみっちり講習をして頂いたCADの最新バージョンの操作講習に千葉へ。
ついこの前操作説明を受けたばかりのCADですが、うちの可動が遅れたためにあっという間にバージョンアップだと・・(((( ;゚д゚)))
本格導入を検討しているモノだけに覚えついでに体に覚えさせてしまおうと参戦。会場には一人一台のノートパソコンが用意され、早速最新バージョンのCAD操作講習を受けました。約3時間でしたが、こんなにも進歩するのか・・・と感心。今のバージョンでも私が求めたスピードという要素は合格と思っていたのに、更に入力が早くなっているオオーw(*゚o゚*)w 3D画像の作成も少し簡単に・・・。コレは凄い。

途中休憩時間になってトイレから帰ると、私の後ろの席から声が・・・。
旭市の工務店の社長でした。しかも私とJC時代の同期専務。
気がつかなかった・・・。

今回私が導入したCADを随分昔から使っているとのこと。
しかもコレ良いらしい!
このCADは近くのビルダーではつかっているところが少ないらしい・・・。
ということは、プレゼンがかぶらないということ。 これはいい。
同じことを感じていたようで、この話を聞いて本格導入決定!

またしても私は人に恵まれたようだ。
ソフトの新規購入も、たまたまピンチヒッターで来てくれたメーカーの人の人柄が良く、プレゼンも良かったので縁があったのだが、今日の研修でまたもや知り合いにあってコレを薦められるとは・・・。
帰り際にまだ購入を決めていなかったプレゼン系だけでなく製図系の各OPも導入決定。 ほぼフルスペックにな近くなるのかな?
今までメーカーに外注していた外壁プレゼンのシュミレーションや太陽光パネルの設置図面や発電シュミレーションなども作図と同時に一気に自社で出来るようになります。仕事の効率とスピードも格段に上がるはず・・・。
後は、自分が覚えるだけ。
しかし、40過ぎるとこれが一番の問題だったりする・・・(´∀`*)


心こもった贈り物

IMG_1116白い封筒が私宛に届いていました。差出人は、平成17年に成田市でソーラーサーキットの家を建てさせて頂いたお客様。年配のお客様で、昨年の震災後に家の修理や 保険の対応等で何度かお会いしていましたが、昨年の秋に突然の脳内出血で倒れ、入院生活をしていたと知ったのは暮れの頃・・・。退院したとは知らず、相変わらず達筆な字で書かれた封筒の宛名、中に添えられたお手紙の様子を見るとリハビリも順調にいっている様子で少し安心・・(´∀`)

封筒に入っていたのは、私と、私の父に宛てられた陳皮七味。アルミホイルの包みが二つ入っていました。お客様の家の庭には蜜柑の木が植えられています。古い家を建て直しするときに木や、植栽は処分されたものが多かったですが、蜜柑の木は無くなった旦那様が大事にしていたものだと、工事中も仮植えして大事にされていた木でした。新築工事が終わり、蜜柑の木を本来の場所に戻し・・・根付くかな?と心配していたのが昨日のことのようです。

新しい家が建ち、最初に蜜柑のを付けた年に毎年奥様が作られているという七味を頂きました。庭にできた蜜柑の皮で作られた七味です。
蜜柑の陳皮七味を生まれて初めて食べたのを覚えています。銀色の包みを見たときに、「ああ!七味だ!」と。

お礼を伝えようと電話をかけてみると、娘さんがでてお母さんに取り次いで頂きました。ちゃんと話せるのかな?不自由はしていないかな?心配事でいっぱいだったので、電話を取り次いでもらえるとわかったときは嬉しかったです。(´∀`*) 電話の声は昨年元気なときにお会いしたとおりしっかりとしていて、リハビリをかねて久々に陳皮七味を作ったので送ってくれたんだそう・・・。

私は工務店の店主です。家を建てさせて頂いた人。でも、こんな風にいつまでも接してくれるお客様がうちにはたくさんいて・・・この仕事やってて本当に良かったと思いました。

奥様と話していると、世間の雑踏の音が消えるんです。
いつも穏やかで、大きくて。

この人の為なら何でもやる。私は気持ちで動く人間ですから・・・。そう思える人の家を作らせて頂き、自分は幸せでした。
「男手が必要なときはいつでも言って下さい。直ぐに行きます。どうぞご遠慮なく」

退院するにあたって家の作りを病院のケアマネさんに見て頂いたら、「凄いいい家、豪邸だといわれたと」喜んでいらっしゃいました。最初から出来ることは全てやっておいた家です。もう手摺りを付けるところも段差を解消するところもありません。完全なバリアフリー。しかし、何よりも快適で・・・家にいることが楽なんだそう。

奥様から・・・
「本当にいい家を作って頂いてありがとうございました」

この言葉に感動し、感謝したのは私です。゜゜(´□`。)°゜。


ドキドキ、人間ドック

IMG_1085毎年の恒例行事、人間ドックの日です。(;´Д`)
毎年、新年会が一段落する2月の終わり頃に人間ドックに入っています。さすがに40歳半ばにさしかかると心配事がたくさん・・・。以前は成田の日赤病院でかかっていたんですが、近いし空いているし検査結果が殆どその日のうちに分かるということで、ここ5年くらいは地元の県立佐原病院にかかっています。 日帰りドックに脳ドック付。MRIまでやると殆ど一日仕事。・゚(゚`Д)゙ 今日は3人くらいだったのかな・・・?さくさく案内されて待ち時間なくやってくれるので11時には脳のMRI意外は終わってしまった。
ゆっくり2時間以上の昼休み。 昼ご飯が笑えた(o^∇^o)ノ

昨年までは新館5階の広いところに健康管理センターがあって広いロビーもあったんですが、今年から場所替え。1階の端っこに・・・。どこで昼ご飯食べるんだろうと思っていたら、案内されたのは病院の地下の社員食堂でした! 
かなりレアな場所に若干興奮・・・。いたって普通の部屋にバイキング形式の調理場が。私の席はキチンと確保!予約席(((( ;゚д゚))) お昼時だったので病院の先生方がお昼ご飯を食べに続々とやってきます。ドックのガウンを羽織っている自分はとても浮いた存在に・・・。貴重な経験です(つд⊂)ゴシゴシ

IMG_1084用意されたお弁当は結構豪華です!胃カメラやった後に食べられるか!って量でしたが、胃カメラをやってくれた先生、我が東関戸の若衆・・・。とても上手で後遺症無し。結局全部食べてしまいました。
体重は前年度比3キロ増でしたが、反省の色無し。ダメですね・・・。
肝心の味の方は・・・やっぱり病院のご飯でした。この後、病院内のセブンイレブンでコーヒータイムとなりました・・・(^_^)ニコニコ また来年。


平らな天井ではつまらない

IMG_1094先日見学会を開催した鹿嶋市の家のリビングと、リビングから見える天窓付のロフトの勾配天井が仕上がりました。見学会の時は断熱構造が見えるように天井を仕上げないように工事を待っていたので、ようやく本来の姿になったという感じです。平屋の屋根の勾配を活かして天井を高く、部屋を広く見せようと工夫して一つの部屋にいくつかの天井のパターンを使い分けます。そうすることで高さにメリハリが出て家が大きく、広く見えるんですね。

天井に見える大きな梁は大きさ39センチ。この梁は実は飾りです.。゚+.(・∀・)゚+.゚
構造的には無くてもイイもの( ̄ー ̄)ニヤリッ タダ単に吹き抜けの天井じゃつまらないでしょう?ドドドーンと質感の良い大きな梁をワザと入れました。
無駄といえば無駄かも知れませんが、この梁が語りかけるものは大きいはず。
見た人だけが分かる存在感です。

材木屋の自分が言ってはいけないことかも知れませんが、 材木は思っているよりも安い物。構造材で10万円の贅沢をしようと思ったらいろんなことが出来ます。
必要ないかも知れない。
でもそういうものが、家の価値観を決めるものだったりします。

お金かかるから・・・必要ないから・・・
物事は計算だけではうまく納まらないモノなんですよ。
この家にこの大梁が無かったら・・・魅力は半減でしょうね( ̄ー ̄)ニヤリッ
私も満足の仕上がりになってきました(^_^)ニコニコ 

IMGP5229神栖市ではJIOの躯体検査が行われました。
こちらの家も平屋で27坪弱。順調に進んでいます。
明日は成田市のソーラーサーキットの家がJIOの躯体検査を受けることになっています。


これから数ヶ月の間、いろんなところで現場を見る良い機会があります。ご見学になりたい方、お気軽にお声がけ下さい。いつでもご案内します(*・ω・)ノ

フリーダイヤル 0120-54-7233


新しいもの好き

IMG_1077今日は一日会社で新しいCADの操作講習。朝10時から夕方5時までビッシリ・・・(;´Д`)
実はうちの会社で3個目の業務用CADソフトを昨年の秋に購入しておりました。プレゼンとスピードに特化したCADソフトが欲しいとずっと思っていたのですが、高機能で高性能なソフトはあれど、私が求めているのはソコソコの性能と直感で操作できるスピードを伴ったCAD。昨年秋にコレだ!っていうのものが見つかり、大サービスで売って頂いたCADソフトでしたが忙しくて動かすことが出来なかったんです・・・。
導入からもうすぐ5ヶ月、やっと業務も一段落し、私がCADオペレーターにさせようと思っていたNanakoも産休明けて帰ってきたので、導入後第1回目の操作講習を今日、受けることが出来ました.。゚+.(・∀・)゚+.゚
現在、うちの会社でCADを動かせるのは私一人だけ。私一人で2台のパソコンと2つのCADソフトを動かしていました。これからは基本プランニング、エスキースさえ私がやってしまえば入力作業は任せることが出来そうです。

新しいもの好きだったのが功を奏し、今回もあたらしいCADに興味津々。もちろん私も一緒に覚えて3D画像を極めたいと脇で見ながら思っている。でも、私は凝り性だから我ながらちょっと心配もしていたりする・・・。コレばっかりやっているかもしれないから。デビュー戦は誰の家になるのかな・・・? 
このCADはノートパソコンでの活用が相性イイかもしれない。グラフィックに強い新しいノート買うしかないね。設備投資するときはみんな一緒になってしまうな・・・。実は、今うちの会社はクラウド化を進めていまして、60歳を超える現場監督まで一人一台のパソコンを持ち、連絡事項、日報もすべてメールです。私のスケジュールはクラウドで社員がさながら秘書のようにPCやiPhoneから私のスケジュールを確認、管理し更新します。自社でサーバーを持ち、業務書類は基本ペーパレス。仕事の8割はインターネットから・・・.。゚+.(・∀・)゚+.゚ 発注、納品、メンテといった些細な情報まで社員みんなが一つの情報を共有出来るようにしています。意外でしょ!?


facebook
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
過去の記事
Profile

小長谷 直弘

Twitter 小長谷直弘
okeichiをフォローしましょう
LINE公式アカウント
友だち追加
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログのQRコード
QRコード
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。