社長☆ブログ「社長のつぶやき」 桶市ハウジング

千葉県香取市。木材商として四代、創業百余年の老舗材木屋がつくる木の家、和風モダンの極み注文住宅「杉の家」今日も営業中です!「外断熱ソーラーサーキットの家」千葉県北総地区、茨城県南区でシェアNO.1の特約工務店。四季の家づくり東関東SC会。香取、旭、銚子、匝瑳のグッドデザイン賞の家 「ZERO-CUBE」特約工務店。コメントはfacebookで受付中です。

2014年05月

お引渡し。

今年ももう5か月終わってしまった。時間が過ぎるのが早い。今日は先日完成住宅内覧会を開催した家の引き渡しに行ってきました。細かいチェック、補修が少し残ってしまいましたが、無事に引き渡しを終えて一安心。帰り際に先日内覧会にご来場いただいたお客様を数件、ご挨拶に伺わせて頂きながら佐原へと帰路に。

DSCF3078 (1)
これから数か月は見学会、引き渡しラッシュが続きます。小見川のソーラーサーキットの家も先が見えてきました。あと数週間で完成になるでしょう。ドドーンとした外観、迫力ありますな。

R0012156
成田市の方でも大きな家を建築中です。こちらはやっと外張り断熱が張り終えて樹脂サッシが入りました。先日他社の現場をちょっと見る機会があったのですが・・・ふだん自分の現場に目が慣れてしまっているので、どうですか?て聞かれても・・・な現場に我ながらビックリ(((( ;゚д゚)))

何が違うんだろう?
常識が違うんだな・・・きっと。
小さいころから見てきたもの、感じてきたもの、環境が違うんだ、たぶん。内装も出来ていない骨組みだけの現場で感じてしまう違和感。うちの現場、何かが違う。3回くらい見るとわかるかな。

来週はいよいよ神栖市で外断熱ソーラーサーキットの家の建築途中の構造現場見学会を開催します。詳細は明日。ご期待ください!


佐小会。ブログ見てますって!?

今夜は佐原小学校の歴代校長先生と歴代PTA本部役員が年に一度集う「佐小会」がパレス大藤で開催されました。私はもう小学校には子供がいないので久しぶりの顔ぶれに懐かしさを感じてしまう。

もう小学校の役員を卒業して3年、中学校の役員も卒業して2年、一時は佐原小学校と佐原中学校の本部役員を同時に掛け持ちしていた時もありました。あの震災の年ですね・・・

指定された席について見れば、目の前の席には私の恩師、多田先生が。私が小学校3年生、4年生の2年間をクラス担任してくれた先生です。今は既に退職されて目の前に座って酒を交わしているという。時代は確実に動いているんだなぁ・・・ 

佐原小学校の校長先生に私のブログを見ていますって言われた(((( ;゚д゚))) 
これにはビックリしました。

ブログを書き始めてもう8年目。24万人以上のビジターカウントを数えています。
いろんな思いをぶつけてきたブログですが、改めて見てますよって言われると、ちょっと嬉しいような恥ずかしいような・・・

でも情報発信って大事ですね。自分が今までにやってきたこと、考えていることが面と向かって話さなくても通じてもらえる時がある。これは嬉しいことです。頑張って毎日更新を続けようかと自分にプレッシャーかけている自分がいます・・・

話すのに忙しくて写真撮るの忘れた(T_T) 
うん、なんとなく3次会。もう深夜1時半をまわった・・・
 

鹿嶋市、着工しました。

DSCN8873
鹿嶋市の平屋、本日予定通り着工しました。
建築確認申請が許可されるのに少々行政で時間がかかっていたのですが、着工予定日ギリギリになっての滑り込みセーフ。ホッとしました・・・

R0012134
神栖市では先日上棟したばかりの現場で屋根の形が見えてきました。この家には10kオーバーの太陽光発電パネルが載る予定で大きな片流れの屋根になっています。

R0012141
注文住宅「杉の家」Ecoライフ工法(改)。
屋根もすっぽり外断熱で作ります。この場所にある断熱材だからこそ遮熱効果が期待できるんですね。家の中にまで熱を入れない。これがこれからの夏を旨とした家の作り方だろうと思います。


撮影完了。

2014-05-29-19-30-41
今日は先日完成住宅内覧会を開催させて頂いた千葉県酒々井町の家の撮影です。日曜日の賑わいが嘘のように凛とした雰囲気の家の中。

2014-05-29-19-30-45
木の香りいっぱいです。

2014-05-29-19-30-34
玄関からリビングへ通じる動線。玄関ドアを開けて見えるこの様子が先日内覧会に訪れた方々の期待を膨らませたんだろうな…

まだ全部の写真は届いてないので見てないんですが、写真からでも空気のキレイさや木の香り、質感というものが伝わってくるんじゃないかな。次回は神栖市で外断熱ソーラーサーキットの家の建築途中の構造現場見学会です。ご期待ください。


モデルハウス改装工事はじまる

IMG_5568
県内初として11年前に始まった宿泊できるモデルハウス「桶市コンセプトハウス」のリフォーム工事が始まりました。ダイニングキッチンに置いてあった家電製品や家具の嫁入り先も決まり、システムキッチンも本日解体撤去して嫁入りです。

キッチンに住む。
今度の当社の新しいコンセプトは「住」の隣にある「食」に目を向けて身体の中から心と一緒に健康に暮らせるようなコンセプトを提案します。

city
キッチンの歴史は家族団欒の歴史。
戦後、昭和20年代後半の台所は戦災を受けた都市部では、台所どころではなく、とりあえず雨露をしのぎ、飢えをしのぐことだけで精一杯でした。電気・水道・ガスも大打撃を受けたために、急場しのぎの炊事場を外に作り、そこで炊事作業を行わざるをえない人が沢山いました。これらが改善されるのは、昭和25年以降のことです。この時代の家族団欒の場は茶の間、ちゃぶ台でした。

slen
昭和31年(1956年)に公団晴海団地のDK(ダイニングキッチン)に取り付けられたことからステンレス流し台の普及は始まります。DKスタイルは、従来の「茶の間」が食事室兼台所となり、卓袱台(ちゃぶだい)を椅子式のテーブルに変えたというだけにとどまりません。DKを家庭のメインステージへと押し出していったのです。

systemkitchen
昭和40年代後半から登場した、システムキッチンは多くのメリットや魅力を備えています。 多様なキャビネットやユニットによって並び替えが自由、スペースの有効利用ができる、好きな色やデザインが選べる、必要な用途に合わせて機能的な収納ができる・・・家事の効率をあげるとともに快適な住空間創りとより豊かな住生活を演出し、家族団欒の場所はダイニングキッチンからリビング中心のLDKというスタイルに変わっていきます。

そして次は・・・
家族の構成、生活スタイルが変わってきた近年。家族団欒の場をリビングからキッチンに移すというプロジェクトを敢行します。

「食」を見つめ直すことを真剣に考えます。

「食」の意味は、今、大きく広がり、もはや「食べる」という行動だけを指すわけではありません。料理する楽しみ、食事を通しての家族や友人との語らい、くつろぎ、子供の食育、空間の雰囲気を味わう、生活の歓びや意味を実感したいという思想に共感しました。

「食」の意味の広がりとともに、キッチンは従来の単なる「調理するための作業空間」から抜け出し、料理もすれば、食事をしたり、くつろいだりもする。
 
つまり、ダイニングでもあり、リビングでもある「家の核」への進化
 
そこは、夫婦が、家族が、集う友人たちがリラックスして団欒し、心地よい時間を過ごすにふさわしい空間。この心地よいと思う空間も、ファッションセンスが千差万別のように、それぞれが違うはずです。
 
だれかと同じではなく、あなたという人間を体現し、ライフスタイルを映しだすキッチンを。ライフスタイルの数だけ、キッチンはあります。
それぞれのライフスタイルに合わせたキッチンで、自分らしく快適に暮らす。
 
なんか、ワクワクしませんか?

6月末頃オープン予定です。
そして・・・7月未明、オープニング招待イベントを計画中。
心がサラッと洗われるような時間を。


東京ドーム出演報告書

10271645_882580635101833_3131723488904515449_n
今年1月に東京ドームで開催された「ふるさと祭り東京2014」に行った時の報告書が出来上がってきました。もうずいぶん前のような気がしますが、ほんの4か月くらい前のことでした。仕事の調整、結構大変だったな・・・

10414494_882580761768487_229081325332817643_n
昨年の報告書も見させて頂いていましたが、今回のは自分の町内とあって見方も変わりますね。まずは子供たちが写ってないか探しちゃった(´∀`)

10411775_882581408435089_2124991349915813304_n
娘は3日間全参加。今は佐原にいないのに・・・

IMG_5573
踊りの練習とかも写ってます。

IMG_5574
搬出入の様子も・・・

IMG_5575
お決まりの記念写真も。

これから町内の各世帯へ1冊づつ配布する作業が残っています。 

 

完成住宅内覧会、満員御礼。

今日は酒々井町で完成住宅内覧会、佐原のモデルハウスでは改装工事前の最終営業日で内覧会開催、ダブルヘッダーでした。

いつもは私と奈々子とフジコーの担当営業の村岡くんの3人体制で見学会を開催してるんですが、今日はモデル不ハウスとの同時開催で奈々子はモデルハウスへ。酒々井の現場は私と村岡くんの二人三脚での体制になってしまった・・・

そして、結果は・・・

今日は酒々井町の完成住宅内覧会の様子を撮った写真はありません!
写真1枚を撮っている時間がなかった・・・
スタートからものすごいペースで来場がひっきりなしに続いて、もう家の中に誰がいるのかわからん状態に(T_T)

来場されたお客様からお昼ご飯の心配をして頂き、ピザの差し入れを頂いたんですが・・・食べられたのは夜でした(T_T)

凄かったな・・・
満員御礼、感謝。

佐原のモデルハウスの方もOBのお客様、久々に見えたお客様で賑わっていたようでなにより。感謝です。こちらは明後日から改装工事着工です。
明日にはモデルハウスの備品無料プレゼントの発表ができると思います。
結局応募多数で抽選になりました。こうご期待。 

 

地鎮祭。今度は鹿嶋市で。

IMG_5323-002
まるで夏日。今日は鹿嶋市で地鎮祭です。 とっても広い、気もちいい雰囲気がいっぱいの土地です。なんだか良いオーラを感じる土地だな・・・と思って廻りをよく見てみたら裏手に神社があるようで(((( ;゚д゚)))

なるほど・・・(つд⊂)ゴシゴシ

今日の神主さんは鹿島神宮から来て頂いています。前回の鹿嶋市での地鎮祭も鹿島神宮から来て頂いていたのですが、地鎮祭が一通り終わってお清めのお酒を乾杯するときの掛け声が「弥栄(いやさか)」なんですよ。
懐かしい!

私、子供のころ香取神宮でボーイスカウトをやっていたんですが、お祝いのときの掛け声にいつも大きな声で帽子を仰ぐように「弥栄!」って掛け声をあげていました。仕事柄、いろんな神社の神主さんに地鎮祭をお願いする機会があるのですが、弥栄の掛け声で乾杯するのは近年では鹿島神宮の神主さんだけですね。ありがたいことです。

弥栄・・・ますます栄えること。

 

これ以上の家は作れない

IMG_5340
明日、佐原の町に新聞折り込みチラシが入ります。11年前に私の持てる力のすべてを注ぎ込んで建築したモデルハウスの最終内覧会のチラシです。 

思えばあっという間の11年でした。上棟式を終えるまでは普通にソーラーサーキットの家の仕組みがわかる展示場を作ろうと思っていました。しかし、東京の夢職人さんという会社の熊澤社長に相談して言われたことは、「ソーラーサーキットの展示場なんか作るな。自分の得意な、自分の思いの詰まった家を建てろ」ということでした。その社長も今は亡くなってしまいました・・・。

そして、実際に上棟式を迎えて職人たちと夕方お祝いをしているときに私が思ったのは、後悔しない家を作ろうということでした。

大工さんには約1ヶ月くらい休んでもらったかな・・・。その時に思ったんです。当時の私は正直言ってモデルハウスを建てられる規模の会社ではなかった。しかし、この家の本当の良さを知ってもらうためには必要なんだ。そういう思いだけで建築に踏み切った家でした。

私はおそらく最初で最後のモデルハウスになるだろう。後悔はしたくない。でもお金がない・・・。でも、後のことは後で考えよう。何年か先にあの時にこうすればよかった・・という後悔だけはしたくない。

もう誰の意見も聞かない。
自分の思ったようにする。
図面なんかクソくらえ!


そんな思いで作ったのが当社のモデルハウスです。こんな感じでしたから、実は当社のモデルハウスは完成図面が存在しません。現場にいっては私が思いついた通りその場にあった紙切れに鉛筆でスケッチを描いて大工さんに「こんな感じで」ってお願いして作り上げたのが当社のモデルハウスです。

今までには佐原という田舎の工務店のモデルハウスなのに、テレビや雑誌、新聞などマスコミ取り上げられた数が数えきれないくらい。同業他社も全国から視察に来た家なんです。モデルハウスを建てるのに参考にしたいって見に来てまるっきり同じコピーハウスを建てられて弁護士が入り…ということもありました。

そんな私の思いがいっぱい詰まったモデルハウスを、今週末25日19時をもって閉館します。

感無量です・・・

当時は木の家なんかモデルハウスで作る会社はいなかった。万人受けする家ではないから効率が悪い。でも、うちに来てくれるお客様は皆なにか問題を抱え、期待を持ってきてくれるお客様ばかりでした。喘息の方も、化学物質過敏症の方も、アトピーの方も、脳梗塞や心筋梗塞で倒れた経験がある方も。

そんな方々が安心して住める家が作りたい。
薬剤に頼らなくても家は作れる。
そんな家を実際に作って証明したい。

そんな思いを形にしたのが当社のモデルハウスです。

今の時代は私が11年前に思ってきた家に対する思いが、やっと時代が追いついてきたかな?って思えるようになりました。

でも、私はもっと先を歩く。

1ヶ月後に私が提唱する家づくりを見てください。
6月末頃にリニューアルオープンします!
当社はもっと先に行きます。


25日(日)は一つの物語が終わる日です。
佐原という田舎にあって全国から人を呼んだ家を見に来てください。
この家を知って夢を見た家族の希望を想像してください。

小手先のデザインや間取りではない。
根本的に次元の違う場所にいる桶市ハウジングの家の質感を感じて下さい。

何も足さない、何も引かない。

この家を見て何も思わない人は、安いローコスト住宅で家を建てればいい。
イメージ先行のデザイン住宅で家を建てればいい。
その方が幸せでしょう。

当社は別の次元にいます。

最後の家をゆったりとした時間の中で過ごしたい方。
お子様の身体を第一に考えたい方。
他社の家では生活できなかった方。
化学物質過敏症の方、シックハウス症候群、花粉症の方。
今の家で喘息、脳梗塞、心筋梗塞になってしまった方。 


みんな当社に来て欲しい。
みんな幸せに住まうことができます。
そんな家を作っています。

家づくりはテクニックじゃないんだよ・・・。


 

サムライ翔

今日は長男の通う高校のPTAで四街道へ。千葉敬愛高校の広報委員会、1年生の役員さんを迎えての初顔合わせの日で皆でお弁当を食べるという日。
この委員会、毎週のように集まりがあるので、なかなか全参加は難しいのですが、来月の総会で承認されたら・・・PTA副会長になります(((( ;゚д゚))) 

お食事会が終わり、お客様と酒々井の現場で待ち合わせ。少し時間に余裕があったので現場近くのお客様の家を数軒、訪問させて頂きました。やっぱり自分は営業が好きみたい。

酒々井の現場は今週末の内覧会に向けてラストスパート中。職人さんがたくさん。皆キビキビ働いていたね。現場の雰囲気、とても良い。小一時間、小見川からのお客様をご案内し、帰り際にお施主様とも会えて少しお話出来ました。もうちょっとで終わり。なんだか寂しくなるな・・・ 

佐原までの帰り際に成田イオンへ。先週衝動買いしたメガネが出来上がっていると連絡があったので。新しいメガネを買うのは2年ぶり。
私、顔が大きいので・・・なかなかちょうど良い大きさのフレームが見つからないんです。先週時間調整でたまたま寄ったお店で見つけてしまったんです、一目惚れ。

IMG_5103
知る人ぞ知る「サムライ翔」です。 
フレームは店頭に出たら直ぐに売れてしまう。旧モデルの人気のフレームはプレミアムがついてオークションで売られているというもの。哀川翔プロデュースってやつ。かっこいいですよ。メガネはね(T_T)

IMG_5310
新しいメガネのデビュー戦は今夜の会議。佐原の山車行事伝承保存会の総会でした(´∀`) 区長と若頭と私の3人で行ったんですが、会場は25町の人達が勢揃いでほぼ満席。議題を見てびっくりしたのは、佐原の山車祭りがユネスコ世界無形文化遺産に申請したということ。なにやら凄いことになってますな・・・


facebook
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
過去の記事
Profile

小長谷 直弘

Twitter 小長谷直弘
okeichiをフォローしましょう
LINE公式アカウント
友だち追加
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログのQRコード
QRコード
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。