社長☆ブログ「社長のつぶやき」 桶市ハウジング

千葉県香取市。木材商として四代、創業百余年の老舗材木屋がつくる木の家、和風モダンの極み注文住宅「杉の家」今日も営業中です!「外断熱ソーラーサーキットの家」千葉県北総地区、茨城県南区でシェアNO.1の特約工務店。四季の家づくり東関東SC会。香取、旭、銚子、匝瑳のグッドデザイン賞の家 「ZERO-CUBE」特約工務店。コメントはfacebookで受付中です。

2014年08月

山車点検

IMG_7831
今年の秋祭りに向けて山車点検が行われました。山車蔵の扉が開かれて久々に見る山車の光景はいつも見ているとはいえ、始まるね・・って思う瞬間です。 

IMG_7836
空模様がちょっと心配でしたが若連の皆さん、キビキビと仕事が早い。 彫刻蔵から彫刻を一つ一つ運び出して点検、山車も清掃します。

IMG_7833
今年は1月に東京ドームに山車を持って行っているので、例年と違ってついこの前しまったばかりのような感じでしたね。 

IMG_7838
公会堂の中では提灯の点検。役提灯はこの4パターンです。それぞれに役目が違います。夕方までかかるかなと思っていた山車点検も15時過ぎには完了。若連の手際が良いです。一旦解散して今度は夜の部です(´∀`)
 
 

リフォームフェア

IMG_7820
問屋さんが成田市国際文化会館で開催していた展示会に行ってきました。成田市でいろいろなメーカーさんが集まって建材や設備機器の展示会をやるのは珍しいのでどんな感じでやるのかな?と。文化会館のホールでは会場もそんなに大きくないしね。大きな設備機器等を運びこむのは大変だろうと・・・

午前、午後と打ち合わせが一通り終わり、夕方に成田国際文化会館へ。前回この会場に来たのは宅建協会の本部研修会。今回は展示会。いろいろ使い方があるものだね。いつもどおり大ホールの方へ行ってみたら鍵がかかっていた!?会場は小ホールとのこと。小さい方でやってる!?半信半疑で小ホールに向かうと・・・いきなりアウェイ感いっぱいです。

メイン会場に入るのに成田市のリフォーム業者さんがブースを出している前を通らないと進めないとう動線。ブース出展の話は佐原のうちの方まで来てないし、成田市の業者でやるならやるって最初に言えばいいじゃん!まるっきりアウェイだわ。

うちもたくさんのお客様にこのイベントを案内しているのに、会場に業者用ブースがあってうちがいないって失礼になるんじゃん?って不満いっぱい。しかも迫っ苦しい業者用ブースを通らないとメイン会場に行けない動線って超威圧感いっぱい。自分はこの業者出展ブースの裏側を通り抜けて会場入り。会場ではちょうど大道芸人が最後の演技をしていました。

IMG_7821
まあ、メーカーさんに罪はない。
数社のメーカーさんと話をさせて頂き、今後に期待するとして・・・成田の参道に!ジャンキーなて鉄板焼きで今日のアウェイ感をビールで飲みほすとしよう。


せつない・・・

DSCF3359
佐原市内、諏訪公園近くで建築中の外断熱・二重通気工法のソーラーサーキットの家、ついに足場が外れました。この家は特別な材料を丁寧に使って指名の大工さんが一人で最初から最後までコツコツと作り上げています。故に工期も通常よりもずいぶん長くかけて作っていますが、足場がとれるといよいよ先が見えてきたかな・・・っていう感じ。

見どころになる家の重要ポイントもひとつ出来て、ふたつ出来て・・・と目に見えるようになってくるとお施主様から「もうすぐ終わっちゃうね・・・なんか切ないね」って言葉が聞かれるようになりました。これはいつも家づくりに携わっている自分たちが感じている感情です。

DSCF3336
家が完成間近になってくると、「ああ、もうすぐ終わっちゃうな・・まだやっていたいな・・」っていう感情に襲われるんです。要は、作っている家に対して感情移入されちゃうんです。大事なこの子をまだ渡したくないっていうような感情です。うちの家づくりは他社と違って合理化、システム化されていない。現場を進めながら作りながら決めていく作業が多いんです。だからこそ感情がうつる。

お施主様にとっては大きなお世話だと思いますが、そんな気持ちで家造りしてるんです。自分らは・・・。同業他社に言わせれば「なんで?」って言われることです。早く着工して、早く完成して、早く集金して回転させないと儲からないじゃん・・・

私はお金のことは二の次でいいんです。大事なのは気持ち。だから、気持よく仕事させてくれない人、後からグズグズいう人には感情が乗らない。ものづくりはそんな気持ちが正直に出てしまいます。人間ですもの。

だから、入り口のところで私に断られるお客様もいらっしゃいます。でもそれはお互いの為。一生に一度、最後の仕上げの大きな仕事である家づくりはいろいろな条件以上に相性が大事。私は今建築中のお施主様の仕事も会社も年収も知らない人がたくさんいます。目の前に座ったその人の姿を見て仕事をさせていただくかどうかを決めるから。

以前、新築工事が終わり引き渡しをさせて頂いたお施主様から、「小長谷さんは最後まで私の仕事や年収など聞かなかったですね」と言われて名刺をもらったことがあります。うちに来るまではどこのハウスメーカーに行っても土地は持っていますか?建築はいつ頃の予定ですか?予算はいくらですか?年収はどのくらい?そんなことから話が始まりました。でも、小長谷さんは予算も仕事も年収も聞いてこなかった。今の今でも聞いてこない。この人は人を条件で判断するじゃなく、目の前の自分を信じて仕事を受けてくれたんだなって思いましたって。

私にとって条件は私の必要とするものではないです。私がお客様の求めているものを提供できるかどうか。私がお客様のお役にたてるのかどうか、それだけです。

 

撮影完了

a_0027
先日、私からのご招待だけで開催された非公開での完成住宅内覧会を開催した家の撮影が完了しました。平屋の22坪、とってもいい住宅に仕上がりました。

この家を一言で言うと。「普通でいい家」
私が材木屋さんというバックボーンをもって佐原で家づくりを始めたのが20年前。 当時は珍しい家づくりでした。同業の工務店さんやメーカーさんはスタイリッシュでお洒落な家やシンプルモダン系の格好いい家をたくさん作っている中、私は木の家を作り続けていました。

ちょっと垢抜けない、でも懐かしい「いい家」

a_0041
素材にこだわり、自然素材、健康に暮らすためのノウハウを地味にいろいろ盛り込んだ家は分かる人にしかわからない、そんな家だったかもしれません。それ故に、私のお客様はみんな一つ筋の通った人が多かったような気がします。

今の時代になって、自然素材や健康住宅という言葉が重要視され、木の家をつくろうという会社が幾つか出てきました。ここ数年、いろいろ比べられることが多くなってきたのは、私が思いを注いてできた家づくりがやっと世間に認められてきたんだろうと自分では勝手に解釈しています。

ただ、いろんな会社は木の家、自然素材の家を作って来たとしても桶市ハウジングの家はまだ別の土俵にある木の家なんだなということを自分で感じています。今回の22坪という平屋の家を作り上げてそれは確信になりました。

普通なんです。でも違うんです。
存在感があり、質感があり、重量感があり。
なんかシックリと落ち着くんです。

a_0020
この家には梁あらわしの天井もありません。
吹き抜け勾配天井もありません。
あるのは、一つ一つの本物だけ。

ああ、これが桶市ハウジングの家なんだなぁと。
玄関を入って初めて木の家を見たお客様の口からでた驚きと感嘆の言葉を忘れません。
「うわー!障子の家だ!」
「うわー!本物の畳だ!」
「うわー!木の匂いがする!」

五感で感じる家づくり。
小手先のデザインやテクニックなど小さい人間のやることだと思わせてしまうほどの質感を感じられる家、見てみませんか?

木の家が欲しい人は桶市ハウジングの家を見てから決めて下さい。好みはいろいろでしょう。でも、決して無駄にはなりません。むしろ見ないほうが無駄です。

9月は神栖市で構造現場見学会と完成住宅内覧会を予定しています。この機会を見逃さずに。このブログと公式ホームページで決まり次第告知します。

 

今度は潮来市、鹿嶋市で

R0012707
新しい看板が立ちました(´∀`) 今度は潮来市です。
まもなく着工が近づいてきまして、現場に看板が立ちました。通りの良い角地なのでとても雰囲気の良い土地です。今度の家は美容室を一緒に構える店舗併用住宅になります。大きな家なんで建ったら凄いね。楽しみな現場です!

R0012710
鹿嶋市では解体工事が終わり、綺麗な土地が仕上がりました。鹿島市街のど真ん中にこんなに大きな良い土地があったんですね・・・建物が建っていたのでわからなかったです。この土地には超こだわりの平屋のソーラーサーキットの家が建つ予定。また楽しみが増えました(^_^)ニコニコ

さあ、始まりました後半戦。私も十分に充電しましたよ。
秋から来年にかけてが住宅を建てる予定のある方には最期のいいチャンスになるかも知れません。9月は構造現場見学会、完成住宅内覧会を開催予定しています。これからの家づくりのベンチマークに見に来て欲しいですね。木の家に住みたいのなら、うちを見てからでないと後悔するよ( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

木の家はみんな同じではありません

10603214_732701753470461_1872150239656744736_n
今日お会いした人の話。その方は他社で新築中の方。木の家を建てているんだって。もうすぐ出来上がるみたいですが、お友達の話を聞いてうちの家を見に来た・・・

前にもこのブログで書いたんですが、
見に来てはいけなかったんです・・・

1555543_731099780297325_851750499397016768_n
木の家に住みたくていろんなハウスメーカーのモデルハウスの家を見に行ったんだって。でも、どこに行っても木の香りのする家はなく、こんなもんなんだなと思いながら営業マンの話を聞いていると逃げられなくなるような押し売りされそうな勢いに圧倒されて嫌になってしまったと。

10614337_730322907041679_7301581966552380065_n
そんな中、ある中堅ビルダーのモデルハウスに見に行ったら木の家ではなかったんですが対応してくれた人がとても良くて、他のメーカーでされたような押し売りのような印象はなかったと。それよりももっと他も見てよく考えて下さいねって言われたのが好印象でそこに決めたんだと。

10590607_727254457348524_3086260284969433418_n
そのビルダーさんはどちらかというとスタイリッシュな格好いい家をたくさん作っていて、木の家というものはあまり作っていなかったみたい。でも、注文住宅なので出来るということでお願いして、いろんな細かい希望も聞いてくれてとっても満足しています。

10559826_719529814787655_8410249284937521460_n
しかし・・・今日、うちの家を見てしまったんです。
うちの家を見て、一言「凄い」と。

10557346_711685918905378_4329035379068687240_n
なにを見て何を感じて凄いと思ったのかわかりません。本人もわからない、説明できないと言っていました。ただ、木の家にもいろいろあるんですね・・・と。

10533323_718687058205264_1371523184609064323_n
今建てている自分の家は木の家が欲しくて始まった家造りなんです。今日この家を見るまで120%満足していました。しかし、木の家にもいろいろあるんですね・・と。もうすぐ出来上がる自分の家がなんか安っぽく見えてしまいました。正直残念です。

10383570_685927644814539_1680926145514032399_n
本当は桶市さんに相談に行こうと思っていたんです。でも、うちらには絶対に桶市さんで家を建てることは出来ないと、桶市さんの家は高いから自分たちには無理だと最初から諦めていたんです。でも、今日この家を見させて頂き、金額を聞いて、今この家の予算で十分できることを知りました。でも、それなのにどうしてこんなに家の出来が、雰囲気が違うんでしょうか?と・・・

10347568_707529622654341_7461434943072088916_n
私、それは多分、木ですよ。と。
木の家と言ってもただ木を使えば良いってもんじゃないんですよ。うちは材木屋です。しかも昔から良い材木しか扱ってません。安かろう悪かろうは嫌いなんで自分でいいと思ったものしか仕入れませんし売りません。それが昔からの桶市材木店のスタイルであり、常識です。

10351886_694161403991163_4547792521099415428_n
だから、うちの家は木が凄いんです。
床も窓枠も廻り縁も、建具も框も目に見える材木は全て他社の常識の外にあるような材木です。そして上棟時にも柱の素晴らしさを褒められます。みんなサイズは同じ木です。しかし、木には食べ物と同じように産地があり、育ち方があり、一つとして同じものはありません。

10417446_685033201570650_5121474278396046441_n
うちの家には小手先のデザインなどいれません。木に色も塗りません。うちの家は「木が主役」です。素材そのままを剥き出しで見せています。だから、桶市ハウジングの木の家はすなわち木そのものの素材感の家なんです。一切のごまかしなし。

設備の自慢もしません。間取りの自慢もしません。当社が自慢するのは木の素晴らしさ。そして温熱環境と空気環境の素晴らしさ。病気になりにくい、誰もが健康に暮らせる空間づくりを自慢します。

ホームページやfacebookページでご覧になっている、今までに作ってきたお施主様の実際の写真集を見ていると、とっても高価な家だと思われている方が少なくありません。たしかにローコストではありません。でも最初から諦めないで欲しいです。

木の家を建てようと思った人が当社の家を見に来ることは必然です。そして、他で木の家を建ててしまった方は桶市ハウジングの木の家を見に来てはいけません。説明できない空気感、重量感、存在感に圧倒され、後悔してしまう方が殆どだから・・・私もお話していて切ないです(T_T)こんな話、今年2回め。

桶市ハウジングのfacebookページでは過去に当社で作った家の写真集を継続的に掲載しています。是非御覧ください。

桶市ハウジングfacebookページ
http://www.facebook.com/okeichihousing

 
 

ソーラーサーキットの家のホームページデザイン一新

topImg07
ソーラーサーキットの家のホームページがデザイン一新されて見やすくなりました!しかも、今度のホームページはスマホにも対応しました。
QRcode-so-ra-sa-kitto
ソーラーサーキットの家 公式ホームページ
http://www.schs.co.jp/

topImg06
最初に見てびっくりしたのは・・・TOPページに表示された画像に掲げられたキャッチコピーが見たことあるなって思ったら「千葉県 E様」と!?当社のお施主様が取材で答えた言葉でした(((( ;゚д゚)))
「新しい家なら、どこも同じ家だと思っていました」
http://www.schs.co.jp/voice/03b.html
 
topImg08
いろんな情報がギュッとまとまっていて良い感じかな。
難しい技術がいっぱい入っている凄い家なんですが、 見て欲しいのは「お客様の声」っていうコーナー。ここには実際にソーラーサーキットの家を建てた全国のお施主様がリアルな本音、本質を語っています。

modelHouse_headerImg
そして、SC体感ハウスの全国の情報も。
もちろん、当社でも無料体験宿泊が出来るモデルハウス、リニューアルOPENして申し込み受付中です。

お申し込み、お問い合わせは・・・
フリーダイヤル 0120-54-7233
ホームページ http://www.okeichi.com
 

秘密の完成住宅内覧会

写真 34
今日は非公開で現在当社で家づくりをご検討頂いている方、工事中のお客様にだけ限定して完成住宅内覧会を開催させて頂きました。私からのダイレクトメールが届いた方しか見られないというシークレット内覧会です。平屋の22.5坪というなかなか見られないサイズの木の家です。

IMG_7600
非公開とは良いながら、結局はいつもと変わらず結構なお客様に来ていただき一時期は対応ができないほどに・・・すみません(T_T)

壁、屋根まですっぽりと外断熱で囲まれ、サッシもオール樹脂で遮熱ガラスで作られた家はエアコンがないのですが何とかいける! 家の基本的な性能って大事です。 

10625082_703910623012903_224560579437260478_n
秘密の内覧会だったので看板も出さすにこっそりとお客様を迎えていたんですが、現場への入り口がちょっとわかりにくかったので家の中はNanakoとフジコーの村岡君に任せて、私は外でご来場いただいたお客様と一緒にお客様待ち。お昼のちょっと一息ついたときにカキ氷食べてたり( ̄ー ̄)ニヤリッ

途中、私はモデルハウスにご来場いただいたお客様との打ち合わせもあり、現場を離れてしまったんですが狩猟時間の17時を過ぎ、結局は延長で18時まで開催。10数年ぶりのお客様、1時間半もかけて来てくれたお客様など大盛況のうちに終了。満員御礼です。感謝(´∀`)

IMG_7606
内覧会を終えて、夜は町内の祭礼会議。第1回評議員会議です。今日の会議で東関戸区は正式に今年の秋祭りに参加することが決定となりました。
さぁ、いよいよ始まるね。

 

佐原JCOB会納涼会

IMG_7505
今夜は佐原JCOB会の納涼会が吉庭で開催されました。OB会運営委員長を頂いて2回目の納涼会幹事、今年はどんなお店でどんなことやろうか?歴代の先輩方を迎えて企画するのは結構なプレッシャーです。

IMG_7496
場所は運営委員会で希望のあった吉庭でということは早くから決まっていたんですが、ただの飲み会にならないように何かひとつ工夫が欲しいと・・・。
前委員長には以前に小長谷らしく好きにやれば良いんだよって言われてはいましたが、なかなかね(´∀`)

IMG_7500
昨年、この納涼会で一番先に声掛けさせて頂き、スケジュールが合わずに実現できなかった篠笛奏者の片野聡くんに今年は来て頂けることになりました。 片野聡くんは当社のOB施主様でもあり、当社のHP等で公開中のYouTube動画のすべてのBGM、そして千葉テレビで放映させて頂いているテレビCMのBGMにも曲を使用させて頂いています。

IMG_7502
私は今日のような場所で近距離で聞かせて頂くのは実は初めてだったんですが、一言、素晴らしかったです。この会場の雰囲気にバッチリ。そして笛の音色の素晴らしさ。ぶれない音に感動しました。お酒の席での演奏ですので皆聞いてくれるかな?片野くんに失礼にならないかな?って若干の心配は正直あったんですが、その辺はやはりJCの先輩たちです。みんな口々に素晴らしい!って。

お酒を飲みながら、会話を楽しみながら、良いなこれ。素晴らしいな。中には席を移動して目の前で聞き入る先輩も。私も聞きなれた曲を少し離れた席から聞いていて感無量でした。一通り聞き終えてから・・・リクエストで佐原囃子も!?まさか今日、この場所で砂切が聞けるとは。 

IMG_7493
一番下っ端、幹事グループの席では帰り際に自分の町内、東関戸区の「大楠公」もやってもらっちゃった!
いい納涼会になったかな.。゚+.(・∀・)゚+.゚

 

家族めし 

IMG_7478
今夜は久々に家族全員が家に揃っている。嫁の誕生日なんでご飯食べに行こうかって(´∀`) 行き先はもちろん、食べ放題のお店。娘はともかく、高校生と中学生の男たちの食欲が凄くて普通の焼肉屋とかは恐ろしくて行けません・・・

佐原に初めて出来たしゃぶしゃぶの食べ放題「しゃぶ葉」へ。
5人で行ったのでテーブルには鍋がひとつ追加されて2台に。牛角の食べ放題に行ったときには席に着くなり、たん塩8人前、ご飯超盛り・・・とかいうペースでやられます。今夜は、48皿の肉を全部腹の中に(((( ;゚д゚))) 
良かった、食べ放題で・・・(´∀`)

 
facebook
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
過去の記事
Profile

小長谷 直弘

Twitter 小長谷直弘
okeichiをフォローしましょう
LINE公式アカウント
友だち追加
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログのQRコード
QRコード