社長☆ブログ「社長のつぶやき」 桶市ハウジング

千葉県香取市。木材商として四代、創業百余年の老舗材木屋がつくる木の家、和風モダンの極み注文住宅「杉の家」今日も営業中です!「外断熱ソーラーサーキットの家」千葉県北総地区、茨城県南区でシェアNO.1の特約工務店。四季の家づくり東関東SC会。香取、旭、銚子、匝瑳のグッドデザイン賞の家 「ZERO-CUBE」特約工務店。コメントはfacebookで受付中です。

2014年11月

懐かしい木の家。まもなく完成。

DSCF3641
成田市で建築中の注文住宅「杉の家」Ecoライフ工法。まもなく完成です。今日は現場内の片付けに。後は畳と建具と、クリーニングと・・・最後の仕上げにかかります。床下には当社の社員、神崎が潜って床下掃除。家が大きいので結構大変な作業です。

R0013362
玄関に入ると一枚ものの無垢板の床材に杉の腰壁。
木の香りいっぱいです! 

R0013365
ホールから左に目を回すと、和室から続くリビングが。
まだ畳が敷かれていないので畳下の杉の無垢の荒床が見えていますね。最近の家ではこの畳下の杉の木すら珍しくなってきてるんですよね。最近のメーカーハウスの家はほとんど本物の木を使わずにコンパネ(合板)を張るんですよ・・・ 

R0013356
リビングの脇に8畳の和室がつながりますが、和室を囲むように広縁が作られているんですね。角に大きな大黒柱がドンと立ち、建具を開け放てばフルオープンの空間になります。

R0013360
対面キッチンからリビングを見ると・・・
壁にはTVの埋め込み収納があり、天井も杉で壁も腰壁を杉で・・・
昔の家にあったものは全部ある。百年以上立派に建っていた茅葺の農家の家を建て替えた家です。それにふさわしい質感を持った家に仕上がってきています。畳と建具が入ってクリーニング終えたら・・・すごいよ、この家。

12月中旬頃、完成住宅内覧会の予定です。ご期待ください。
決まり次第、ここで情報公開します。

 

珪藻土のカビとり

珪藻土のカビにすごくよく効くものをご紹介します。
今年になって私が実際に実演して効果を確認済みの漂白剤。シュッとスプレーしてまもなくから面白いようにカビが消えていく・・・優れものです。

建築後数年たった家の珪藻土の壁にカビが出ることがあります。最近は珪藻土よりも漆喰壁の方が採用率が高いのですが、これはやはり生活習慣の違い、状況からくるカビの発生リスクの問題が少なからずあります。

最近の珪藻土はアルカリ性が強い成分のものも出てきていますが、もともと珪藻土は中性の性質をもっているもの。自然素材ゆえにその扱いには理解が必要なんですね。ちなみに漆喰は強アルカリ性のためカビは絶対に出ません。

新築すぐではなく、建築後数年してから突然珪藻土の壁に斑点のようなものが部分的に出てくるという状況が稀にあります。全体としては2,3パーセントの確率なんですが、やはり出れば出たで気持ちの良いものではないですよね。

玄関まわりの傘とか湿ったものを置きやすい場所や、中廊下、北側の部屋の隅っこ、家具の裏側の部分とか、通気がしにくい環境になっている場所で見られ、日中家に誰もいなくて締切の状況とか、換気システムのスイッチが止まっているとか、そんな状況で稀に起こっているのが現状かな・・・

珪藻土のカビをとるには漂白をしたらOK。難しいことではないのですが、どんな漂白剤を使ってどうやって処理するかですよね。いろいろ試した結果、楽天市場でのみ、販売しているものなんですが、「カビ取り除去スプレー」これ、効きます。

img56638996
参考HP:
http://item.rakuten.co.jp/b-one-shop/c/0000000703/

IMG_0240
先日処理した珪藻土のカビ取りの状況。
先ずは処理前の写真。少し斑点のようなシミが見えますね。
これがカビです。

IMG_0243
カビ取り除去スプレーをかけて10分後。
斑点が綺麗になくなりました。

IMG_0241
アップで見てみると・・・
使用前

IMG_0242
使用後

一目瞭然ですね。
もし、珪藻土にカビが出てしまったら・・・私の太鼓判付です。
塩素系なので換気に注意してね。

 

人気ブログランキングに参加しています。バナーをクリック!応援お願いします。 
 

モモ、15歳。逝く

IMG_0372
昨日のお葬式が終わり、一段落したのもつかの間・・・
朝早く枕元の携帯が鳴る。
うちで飼っていた愛犬、モモが死んだと。 
不幸ってこうも続くのかね・・・と思わざるを得ない。 

モモは私が15年くらい前に拾ってきた犬。
今の家に引っ越してくる前に住んでいた古い貸家の裏に貸車庫があり、車庫の裏側、どうやっても道路から見えない隅っこに縛られて捨てられていました。近所のおばさんが朝うちに来て、昨日の夜からお宅の車庫の裏の方から犬の鳴き声がすると。

探しに行ってみると、私が体を横にしないと進めないような隙間に縛られている犬がいました。たぶん生後間もないくらい。両手に余るくらいの大きさの犬で、かわいそうと可愛いが複雑な気持ちで保護したを思い出します。

先日誕生日のお祝いをした末っ子の武生よりもちょっと早くうちに来ているので、拾って16年目かな。実家の方には既に犬がいたので自分ちで飼おうって、初めて子供たちが飼ったペットだったんですね。子供たちが小さい頃、庭で砂遊びやプールとかで遊んでいた時にいつも側にいましたね。

新しい家が出来上がり、東関戸の実家に戻ってきてからは親父が面倒を見ていました。昨年の夏に親父が入院して散歩が出来なくなってから、ちょっと危ない時期もあったんですが、最近は調子の悪いそぶりはなかったというので突然の出来事にちょっと戸惑いましたね・・・

愛犬を火葬してくれるところがなかなか見つからず、 紹介から紹介でやっと見つかり、お昼には火葬を終えることが出来ました。犬の15歳は人間でいうと何歳になるのかな?結構な年だっただろうね。今更ですが、もっとかまってやれば良かったなとか、もっと面倒見てやれば良かったなとか、後悔ばかり。

喪主は母親。家の仏壇の前に小さな遺骨を置いて、家族の一員としてお線香を上げさせて頂きました。埋葬までしばらくはココに。


お葬式

IMG_0363
今日は町内に住む伯父さんのお葬式でした。数週間前から聞いてはいたことですが、やはり身内の不幸は心が折れます。いつもこういうことは突然なので前々から予定していた仕事を割くことが出来ず、亡くなった伯父さんの顔を見たのは今日になってからでした・・・

私にとっては神様のような人。20年前に桶市ハウジングを創業して、最初の1棟目のお客様が伯父さんだったのです。会社の創業ってとても力のいることで、当時仕事を頼まれた時は今のように協力業者も満足にそろっていなかった時代です。 そんな時代、そんな自分に家づくりを依頼してくれる、そんな人はなかなかいません。

あの時、私27歳。今のようにスーツにネクタイでなんか仕事していません。毎日作業服に身を包み材木を担ぎ、チラシを刷って飛び込み営業していたころ。83歳の生涯を閉じたと聞き、何とも言えない気持ちで一日を過ごしました。

うまく気持ちを表情に出せない私。不器用なんだな・・・
遠くにいる娘も、高校生の息子も学校を休み参列している。自分が会社の創業を決めた時のことを思い出すと、自分のお婆さんの葬式の時だったんだな・・・死んでもなお、俺に何かを教えてくれるのかよって21歳の時に感じて、将来自分で事業をすることを決めた。

お葬式はいろんなことを教えてくれる。
出棺の時、涙がほろり。ありがとうございました・・・

 

息子、15歳。

IMG_0343
今日は一日遅れで末っ子、武生の誕生日のお祝いをしました。
明日、同じ町内の身内で不幸ができてお葬式になってしまい、それに合わせて東京にいる娘が帰ってくるという。では・・・子供たち3人そろってご飯でも行こうかと毎年恒例の焼肉食べ放題で牛角です。

IMG_0354
あっという間に大きくなってしまった子供たち。
パパはうれしい。

IMG_0355
いつまでも兄弟仲良くいて欲しい。

 

いい家を知らない人

今日は久々にネット上に良い書き込みを頂いていたのを見つけたのでネタにしようかと。

DSCN1463
その前に、まずは今建築中の外断熱ソーラーサーキットの家の現場から・・・
神栖市で基礎工事中のソーラーサーキットの家、配筋工事、検査を終えてコンクリート打設。 ベース配筋はダブル配筋でベースコンクリートの厚みも通常の家の基礎よりも分厚く打ちます。これは質量の高いコンクリートを使った地熱の考え方から来ています。ダイレクトゲインも期待していますね。

IMG_0203
そして、打設後数日たってから型枠を外すと・・・基礎の外断熱の様子が見えますね。この基礎断熱を採用することにより、家の床下空間までもが断熱空間となり住み心地に大きく影響を与えることになるのです。

IMG_0204
特にソーラーサーキットの家では最近珍しくなった床下換気口の形状をした開閉式の床下ダンパーが基礎を切りかかれた部分に設置されます。このダンパーをセンサーで自動で開閉させることにより、この家は高気密住宅とそうでない住宅を切り替えて日本の四季に合わせて暮らすことが出来ます。これが特許!

ソーラーサーキットの家には、これから基礎の外断熱の部分にステンレスのメッシュを施工して半永久的に物理的に防蟻するターミメッシュフォームシステムという工事を施します。何十万円もかかる高価な特許工法の工事ですが、基礎断熱の家ではこのターミメッシュ工事をやることで天敵であるシロアリからほぼ完全に守ることが期待できます。

DSCF3608
鹿嶋市で建築中の外断熱ソーラーサーキットの家では、屋根の外張り断熱工事が施工中。ピンクマンション近くのこの現場はとっても目立ちます。大きな平屋の入母屋屋根は一文字瓦、銅板葺きという仕上げで品格ある家に仕上げる予定。

DSCF3616
屋根の外張り断熱を採用することで夏場の熱を家の中(屋根の中)まで入れずに遮熱することが出来ます。また冬場には断熱空間で包まれた容積が大きいので暖まった室内環境を長時間維持することに力を発揮します。

イメージしましょう。小さな鍋で沸かしたお湯と、大きな寸胴鍋で沸かしたお湯はどっちが冷めやすいですか?小さな鍋で沸かしたお湯の方が早く冷めますよね?これが家で例えると、断熱された空間の小さい内断熱(充填断熱)と断熱された空間の大きい外断熱の違いですよ。

こんな部分ですが、とても手をかけてお金をかけて作っています。そうしないと私の目指している家づくりが出来ないからです。

誰もが安心して住めるように、病気になりにくいように、長生き出来るように・・・そう考えて、家の中で生活する人がヒートショックが原因で脳卒中や心筋梗塞にならないよう、化学物資の見えない脅威にさらされることのないよう、自然素材と木をたくさん使って心と体が元気になるように・・・・見えない技術を惜しみなく注いでいます。

だから、外断熱ソーラーサーキットの家は高いです。私、お客様に最初からそう言ってます。建物本体だけでも638,000円/坪。実際に家を建てるには外回りの水道下水工事や各種申請検査料など諸経費を含めれば坪70万円はかかります。これが当社の木や漆喰を内装の標準仕様にしたソーラーサーキットの家の価格。

今の時代、Tホームや、地元ローコストビルダーの作る家など、一見良さそうに見える家と比べられれば確かに高いでしょう。しかし、大手ハウスメーカーのSハウスやS林業などと比べれば価格については同等か少し安いくらい。

当社のような田舎の工務店ごときが日本の大手ハウスメーカーと比べるのか?と言われそうですが、これが現実です。ソーラーサーキットの家ではなく、これら大手ハウスメーカーレベルの仕様であれば、坪46万円から同等の家を作っていますよ・・・

ネット上に良い書き込みを頂いていたというのは、下記のような内容でした。

by 住まいに詳しい人 
昔、建築をお願いに行って、ビックリしましたよ! 
高いの何の、桶いちでは、坪、70万以下の家は、 建ててくれない! 
良い事しか、書いてないから、怪しいなと、 思っていたけど、やっぱりでした!

住まいに詳しい人・・・どの辺が詳しいのかな?
たぶん私見積りしているんですよね、このお客様に。坪70万円の家を見たこと、考えたことなかったんだろうな・・・建ててくれないという書き方もどうかと思いますが、ソーラーサーキットの家は70万円以下では建てられないからしょうがないんですよ。普通の家なら込み込み70万円以下でも十分建てられますよ。

良い住宅を作っている大手ハウスメーカーのSハウスやS林業も70万円オーバーは珍しくないですよ・・・

「怪しな・・・と思ってましたが、やっぱりでした!」って、この住まいに詳しい人はどんな家をどこで建てたんだろう?気になるな?是非、見せて欲しいものです。価値観の違い、求めるものが違うとこうなります・・・住まいに詳しい人、この人が他社の同業者の書き込みだったらぶっ飛ばしもんですね。

時を同じくして・・・
ネット上で「桶市ハウジング」を検索したら、OB施主様の昔のブログ記事が見つかった。私、過去に読んでいたつもりですが、改めてびっくり。私の作る家、簡潔にわかりやすく表現してくれていました。有難いことです。感謝。

桶市ハウジングと出会う。 - 車とかバイクとか家とか - 
http://blogs.yahoo.co.jp/standard5963/16606951.html

 
どう表現していいのか?言うなれば昔あったものが全て揃ってる?
ホンモノの木の床や塗り壁、手作りの障子や木の臭い。
オシャレとは少し違って新しいけどドコか懐かしい。
子供の頃に近所の人が新築した家を見せてくれた時の記憶がある時蘇り・・・
見学会をいくつも見て感じた違和感の理由に気づいた。
今の木造の家はほとんどが合板と壁紙で木の臭いも無い。

 

満員御礼。足が棒・・・

IMG_0296
三連休の最終日。今日は神栖市で完成住宅内覧会が開催されました。10時オープンの予定でしたが、オープン前に早くもお客様がご来場・・・今日も忙しくなるような気配が。

お施主様のお知り合いのお客様が次々と訪れ始めると、突然人の波がドドッと押し寄せてきます。今日の内覧会は私と奈々子の二人だけなので突然のてんやわんやに。

IMG_0291
現在建築中のお客様、そして当社の見学会の名物、OB施主様のご来場もあり、今日も間を取り持って頂きまして助かりました・・・新規のお客様にも多数ご来場いただき、桶市ハウジングの家ってどんな家か、見て頂けて良かったなと。

お施主様には終始、出来上がった家について感謝の言葉を頂き、訪れたお客様方は玄関ドアを開けるやいなや「ワ〜!」って驚く。リビング入ればセンターに誇らしげに置かれた超高級アイランドキッチン、トーヨーキッチン・スタイルのBAYが。キッチンの背面にキラキラ光るベネツィアンモザイクタイルも人の目を惹きつけて、とっても格好いい家が出来上がりました!

昨日他社の完成住宅内覧会を見てきたというお客様もいらっしゃいましたが、化学物質の臭いに敏感らしく、最初から家の中が臭くてどうしようもなかったと・・・。同じ杉の床を使っていたみたいですが、当社の杉の床とは全く違うと。木の香りも気持ち良いし、同じ家でこんなに違うのが信じられないと。

どこのメーカー、工務店かお聞きしたら・・・香取市でも結構たくさん家を建てている会社でした。が、 作っている家にこれほどの差があるとは夢にも思っていなかったようです。

IMG_0298
真似しようにも出来ない、そんな家が桶市ハウジングの家ですよ。
今日も真っ暗になるまでお客様が絶えず。有難いことです。


東京で講演会開催。

IMG_0285
今日は私の所属するソーラーサーキットの家のSCグループ主催で東京駅直結のコンファレンスホールで講演会に参加してきました。講師はソーラーサーキットの家に住んでいるOB施主様であり、脳外科医の深谷医師。

なぜ家が大事なのか?
誰もが人生の終わりの10年間は日常生活に制限がある生活を送るようになると。いやでも長生きしてしまう時代だからこそ、家を作るときは病気になりにくい、いつまでも健康でいられるように考えて作るべきであると。

IMG_0276
脳梗塞や脳卒中、くも膜下出血など脳の病気にかかると20%が死んでしまう。そして助かっても60%は後遺症を残す。つまり80%がダメになってしまう。そんな病気の引き金になる一番の原因「ヒートショック」について、ソーラーサーキットの家はココを一生懸命やってきたんですね。

いろんな家づくりの考え方があります。
家賃より安い、家賃並みのお支払条件で家を建てようっていうローコスト系住宅から、デザイン重視、イメージ重視の格好いい家、デザイン住宅。そんな会社の仕事を施工例として紹介するコンサルタント会社やフランチャイズ。

みんな共通しているのは、そのような家づくりをしている会社に話を聞いてみると、家づくりは条件と数字とテクニックで売るものというように見えてしまう。ソーラーサーキットの家を作っている私たちは決して安くはない建築コストに向かいあい、それでも、住む人にとっていい家とは何ぞや?この家に住むと病気になりにくいですよ、風邪をひかなくなりますよ、長生きできますよ、もっと楽に生活が出来ますよ・・・そこに焦点があり、優先順位が高いんだな。

35年後にボロボロになって、収入もなくなって年金暮らし、でも生きてい行かなければならない状況になった時に家がダメになる。リフォームするか?建替えるか?お金はどうする?そんな年齢になった時に自宅では生活が困難になる可能性も・・・。老人病院や老人保健施設にお世話になるには月に何十万円というお金が必要になる。病気になりやすくもなるだろう。医療費もかかる。そんな時どうする?

つまり、将来にそんな不安を残す家をいくら安いとはいえ建ててはダメですよね。。。お荷物になってしまう家を作ってはだめ。

長生きするために絶対に必要なことは「自分のことは自分でする」ということだそうです。そして寝たきりになる原因の半分は頭の病気だそうで・・・脳の病気にならないことで寝たきりにならないようにするんだと。だからこそ、自分のことは自分で出来るように、病気にならないように、ヒートショックを起こさないような家が必要になるんだと。

家の売り方とか、作り方とか、そんな話を聞きに来たんじゃない。医療と健康、家が住んでいる人に影響する様々なことをわかりやすく聞くことが出来て、とても勉強になりました。今日この話を聞けた人と聞けなかった人の差は大きいとでしょう・・・

ソーラーサーキットの家は30坪の家で比べれば一般の家よりも約300万円ほど高い。坪当たり10万円割高。しかし、これを30年で割れば月に約8,000円。これで病気になりにくい長生きできそうな家が作れる。この8,000円は決して高いとは思えない。

IMG_0283
帰りには講演会の余韻を残したまま船橋の不動産屋「三井のリハウス」へ。先日かわした不動産売買契約書の書類を受け取りに。大手企業は違うよね・・・という雰囲気を感じつつ、無事終了。お疲れ様ご飯は焼き肉です。

IMG_0284
肉の将泰庵 船橋本店で。ココ、美味いっす。


JC OB会 忘年会

IMG_0258
今夜は佐原青年会議所OB会の忘年会が山田うなぎで開催されました。今夜の忘年会で今年のOB会の活動は終わり、私の運営委員長の仕事も一段落です。例年は忘年会は普通にただ飲むだけ・・・というスタイルだったんですが、今年は少し予算をつけて頂けたので何かやろうかなと。

この日は結構あちらこちらで宴会やイベントが多く、私が考えていた余興がことごとく都合がつかず、後輩にアイデアを借りて、ベタですが、実は久々のビンゴ大会!夕方から成田のドンキホーテに景品を買いに走りました!

どうなることやら・・・と若干の不安はあったのですが、運営委員会の若手メンバーの協力体制とパフォーマンスがとても良い幹事で結構楽しめましたよ。当たった景品も持って帰ればきっと奥様に喜ばれるだろうってものが多かったので、結果オーライです。皆が楽しんでくれると幹事冥利に尽きます。感謝。


撮影完了。24日一般公開。

e_0021
11月24日(月)に完成住宅内覧会として一般公開する家の撮影が行われました。カメラマンは私の同級生のハヤマ写真

佐原JCの時に二人で早生まれ居残りした同級生。JCの現役時代に自分の作った家を作品としての記録、そしてこれから家を作ろうと思っているお客様のための資料としても写真として残していきたいという気持ちから撮影を依頼し始めて早12年目くらい。すべての家ではありませんが、その写真の大半は当社のホームページで見ることが出来ます。

今回の家は、お施主様と縁を持ててから約10年後の新築工事でした。 当時小さかったお子様も大きくなり、「誰のために、何のために」家を建てるのかが明確になってのお話を頂いたことが印象的です。

出来上がった家を見て、私の本音は・・・
「また良い家が出来たね・・・格好いい!」

e_0004
玄関ドアを開けて正面に見えるのは、イタリア直輸入のベネツィアンモザイクタイル。偶然か、必然か、光のキラキラ反射が品格高く、さすが!って感じです。素材の良さ、品質の良さがその存在感を見せています。

玄関ホールからいきなりLDKへ。
そこには当社のモデルハウスでの採用した超高級アイランドキッチン、トーヨーキッチンがリビングの中央に鎮座。「キッチンに住む」というコンセプトがそのまま形になったプランです。なかなか見られそうで見られないプランですよ。

e_0036
LDKからつながる和室は北側に配置。北側に配置することで目線やプライバシーを確保しつつ、リビングから近いような遠いような程よい距離感を作っています。

基礎から壁、屋根まで完全外断熱、アルゴンガス入り樹脂サッシ標準採用。2階の上、小屋裏まで続くほぼ3階の独立階段。広大な小屋裏収納部屋。ビルトイン外部収納、10kw太陽光発電システム・・・今の時代から次の時代へ求められるものを全て取り込んだ、そしてご家族の夢と憧れをいっぱい詰め込んだ家、完成です!

hasegawa-annaizu
11月24日(月)10時〜17時 完成住宅内覧会開催!
神栖市大野原中央3丁目4
予約不要!

これから家を作ろうとしている方、必見です!

現場がわからなくなってしまったら・・・
フリーダイヤル 0120-54-7233


facebook
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
過去の記事
Profile

小長谷 直弘

Twitter 小長谷直弘
okeichiをフォローしましょう
Twitter 桶市ハウジング
okeichiをフォローしましょう
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログのQRコード
QRコード
livedoor 天気
livedoor 天気