社長☆ブログ「社長のつぶやき」 桶市ハウジング

千葉県香取市。木材商として四代、創業百余年の老舗材木屋がつくる木の家、和風モダンの極み注文住宅「杉の家」今日も営業中です!「外断熱ソーラーサーキットの家」千葉県北総地区、茨城県南区でシェアNO.1の特約工務店。四季の家づくり東関東SC会。香取、旭、銚子、匝瑳のグッドデザイン賞の家 「ZERO-CUBE」特約工務店。コメントはfacebookで受付中です。

2015年09月

7年ぶりの理事会

IMG_7307
今夜は2016年度の佐原青年会議所(佐原JC)の理事予定者会議があり、7年ぶりに理事会に出席しました。一般社団法人に組織変更されてから外部より監事を2名設置することになっているようで、私が理事長を務めた2008年の筆頭の副理事長だった菊田監事と二人、役職を頂きました。

私は佐原JCに入会から卒業、早生まれ&直前理事長残りというボーナス付きで13年間在籍し、3回の周年を経験しましたが唯一経験出来なかった役職が監事です。まさか、7年越しに現役時代に出来なかった役職を頂くことになろうとは・・・

今は人数も減ってしまって会員一人一人の負担が結構大きくなっているんだろうな・・・と思いながら次年度理事長予定者の平山理事長の所信表明文を読ませて頂きました。良く書けています。が、自分はどこまで突っ込んで発言していいのか?微妙な空気を感じつつ・・・やっぱり言っちゃった(´∀`)

直前理事長から外部監事の依頼を受けた時は「嘘でしょ!?」って思ったくらいビックリしました。 しかも菊田と二人、現役時代の私たちを知っているメンバーも数名しかいない。私、厳しくてうるさかったからね・・・菊田も言うし・・・今の現役メンバーの空気には合わないんじゃない?って。ついて来れないんじゃない?って。

しかし、「このままじゃダメなんで、喝を入れてください」って言われた時には、いろんな意味で危機感もって自分たちのところに声掛けしたのかな?って思いました。
今日の理事会では、昔私たちが先輩方から教えて頂いたことを思い出しながら、自分たちがやってきた時の厳しさを思い出しながら、一つ一つダメ出しと励ましの言葉を送ったつもりです。

佐原JCで、入会3年目の人間が次年度理事長に立候補し、入会1年目の女の子が専務理事を受け、入会数か月の女の子が委員長を受け理事会で積極的に発言している。昔の佐原JCを知っている我々には想像もできないような光景がそこにありました。

いい意味でも悪い意味でも、まるでヨチヨチ歩きのように見えるんですが、一生懸命歩こうとしている姿が理事会の空気を通して感じられました。21時までの会議予定時間を1時間オーバーして終了。私と菊田が1時間、代わる代わる発言していたということかな・・・監事講評で苦言とエールを送り、懇親会へ。
佐原JC、これから2年間は私と菊田がケツ持ちです。よろしくどうぞ。

 
---
桶市ハウジング公式HP→ http://www.okeichi.com
千葉の社長TV→ http://chiba-president.net/okeichi
 
 

構造現場見学会開催!成田市

DSCN5901
今週末、成田市で建築途中の構造現場見学会を開催します!
注文住宅「杉の家」 外断熱Ecoライフ工法

麻生邸案内図 チラシ、DM、HP用
日時:10月4日(日)10時〜17時
場所:千葉県成田市玉造5丁目7-6(カーナビ用)

本物の木の家。
完成しては見えなくなってしまう大事な部分。全部見せます。
佐原で四代、創業百余年の老舗材木店の作る木の家を見に来てください。現場に近づくとわかる現場から発する木の香り。樹齢80年超えの地元産の杉材を選び、地産地消の家づくりを創業当時より続けています。

外断熱で作られた構造、どうして外断熱が良いのか?
樹脂サッシ採用の高性能住宅。どうして今樹脂サッシなのか?


現場に入るとブワーっと木の香りに包まれる、昔ながら手づくり住宅です。これからの家づくりに大事なこと、不可欠になることを実物の家を使ってご説明します。
是非ご来場下さい。予約不要です。



---
桶市ハウジング公式HP→ http://www.okeichi.com
千葉の社長TV→ http://chiba-president.net/okeichi


沖縄の離島でゴルフ・・

course_img_01_b
今日は佐原高校PTAの親睦ゴルフコンペに参加してきました!
今回が2回目になる親睦ゴルフ、先輩方が初心者にも楽しめそうなコースを選んでくれるので下手くそな私にも楽しめます。第1回目「大栄カントリー倶楽部」で。2回目の今日は「おかだいらゴルフリンクス」です。

30歳でゴルフから離れて10年ぶりに再開したのが40歳から。5年前の震災でまた離れ、今春からまた時々ゴルフをやるようになりました。年齢も年齢なのでまわりの方は皆上手い人が多いです。

仕事柄、誘われることも少なくなかったんですが、今まではなかなか優先順位が上がらず、お断りすることも多かったです・・・でも、今回は運動不足&ストレス解消も兼ねて、クラブも新しくして心機一転やり直そうかと時々レッスン受けたりしています。

course_img_02_b
今日の「おかだいらゴルフリンクス」は前半と後半の景色が全然違うので ビックリしましたがとても楽しめました。前半は林間コースで木々の中を進むのが気持ちいい!そして、後半・・・

話には聞いていましたが、まるでリンクスコースのような景色で気持ち爽快でした!近くに海はないのですが、青空の下、広く切り開かれた視界の向うに「海が見えるような」気がして・・・

沖縄の海の見えるコースで初めてゴルフしたときのことを思い出しました。
ゴルフコースの設計っていうのも凄い仕事だな。。と

stay_sleep59
最近、時々利用する星野リゾートの施設で行ってみたいなって思う島があります。

BEAEC9CDC5E7C1B4B7CA
沖縄の離島で小浜島というところ。
石垣島の隣に牛車観光で有名な竹富島があって、その隣にある小さな島。

wall_1920_08
ゴルフコースのすぐまわりがグルッとエメラルドグリーンの海なんです。

k_se_image_011
星野リゾート リゾナーレ小浜島 
せっかくゴルフを再開したのならいつかは。。。と、
実は数か月前からロックオンしています(´∀`)

kohamajimacc-subph-03_mini
海に向かって青空へナイスショット!
打ってみたいなと( ̄ー ̄)ニヤリッ


---
桶市ハウジング公式HP→ http://www.okeichi.com
千葉の社長TV→ http://chiba-president.net/okeichi


満員御礼!完成住宅内覧会

K_0061
今日は鹿嶋市で完成住宅内覧会を開催しました!
注文住宅「杉の家」オリジナル仕様をベースに、樹脂サッシや桧やサクラの無垢床、漆喰壁など、これからの住宅に求められるものを優先に考え、とてもバランスの良い家が「いい家」が出来上がりました。 

今日はNanakoが休みで、当社のスタッフは私一人。
お手伝いでソーラーサーキットの問屋さん、タカラスタンダードの担当営業さんが手伝いに来てくれました。ありがたいー

K_0002
今度の家は、平屋23.4坪!
まず最初は新規のお客様のご来場から始まり、オーナー施主様、何度も当社の家を見に来てくれているリピートのお客様、そして、これから建築が決まっているお施主様、建築中のお施主様、OB施主様も4組も・・・

お昼ご飯やお菓子、お茶などの差し入れも皆さまよりたくさん頂き、
今日も一日大盛況でした! 感謝。

玄関にはいるなりブワーッと香る木の香り。
外断熱で作られた家は高性能で結露知らず。ソーラーサーキットの家で使用されているのと同じ、エクセルシャノンのオール樹脂サッシを採用し、遮熱・断熱ガラス&アルゴンガス仕様という超高性能を実現。

K_0064
ご来場頂いたお客様に・・・
キレイ! 明るいー
カッコいい!
とても23.4坪には見えない!?ホントに?

写真も良く撮れましたが・・・
やっぱり、この家の持つ空間の感じ、素材感や質感、空気の綺麗さを感じてしまうまでの清々しさは実際に見ないと伝わりにくいね(´∀`)

皆に見て欲しい家、作っています。
細かいことゴチャゴチャ考える前に、一度見に来たら?
感動の家づくり。理屈じゃありせん。また、今度ありますから・・・
 

---
桶市ハウジング公式HP→ http://www.okeichi.com
千葉の社長TV→ http://chiba-president.net/okeichi
 
 

睡眠計で眠りを知る

omron_header
快適な暮らしを実現するために、また一歩前に進みます。

ソーラーサーキットの家
と、オムロンがタッグを組んで始まりました。
桶市ハウジングはこのプロジェクトに協力します。

sc_omron_bana
”ねむりを体感、測って実感”プロジェクト
https://www.schs.co.jp/sleep/omron.html

質の良い眠りは美容や健康、子供の成長につながるから、睡眠環境の大切さを実感してほしい。
そんな趣旨で、2015/09/14〜2016/03/31までの期間限定で、全国で宿泊体感を行っているソーラーサーキットの家の加盟工務店の体感ハウスでプロジェクトを推進します!

omron11
当社のモデルハウスに宿泊体験の方は、オムロン社製の睡眠計を使って、一晩の自分の睡眠の深さと質を測り、結果を見て自分の眠りがどうなっているのかを知ることが出来ます。

予想通り・・・
ぐっすり眠れている人、または、反対に眠りが常に浅い人がいます。
身体を作り、記憶力を高め、疲れを癒す。
これはすべて快適な睡眠があってのこと。


健康・自然素材を使い、断熱性能を高め、家の為に「通気」を、人のために「換気」を提案させて頂き、高性能な家であることを前提に、これからの家づくりは作られるように常識が変わります。

omron11c
”ねむりの秘密”をひもとくプロジェクト

オムロン「ねむりラボ」 
http://nemuri-lab.jp/

ねむりラボ facebookページはこちら
https://www.facebook.com/nemurilab

 
---
桶市ハウジング公式HP→ http://www.okeichi.com
千葉の社長TV→ http://chiba-president.net/okeichi
 
 

ローコスト住宅が終わる日

あと5年でローコスト住宅と言われる家はなくなるでしょう。
これからの家は2020年に国が求めている性能を満たす家でないと建ててはいけない、法で決められるんだ。住宅業界の全体が底上げを強要されているのが今の時代。対応できない工務店は続けられないだろう。

zu1
これからの家は、断熱性能に優れ、省エネ性能に優れ、そういう家でないと建ててはいけないという時代がくる。待ったなしだ。当社では当たり前に考えている家づくりの常識、基本性能も、まだコストを理由に、法で規制されていないのを理由に標準対応させていないビルダーが多すぎる。

言葉に弊害があるといけないので、全部とは言わないし、何をもってローコスト住宅というのか?というとらえ方もあるでしょう。私が言うのは、住宅の性能をキチンと考えずにデザインやイメージを優先し、家賃なみの支払で家が建つとか、1000万円台で家が建つとか、そういう家。それなら賃貸にいれば。。。って思うんですが。

家賃と同じ支払だから大丈夫とか言ってアパートや貸家みたいな家を建てて、自分の命を担保に35年間もローンを組むなんて考えられないし・・・自分で家を建てたらメンテナンス費用もかかるしね。ローコストで建てた家なんかローン完済までもつのかな・・・年金暮らしになってから建て替えってきつそうだよね・・・

今年はいろいろなメーカー、ビルダー、コンサルを始め、フランチャイズやマスコミ系など、魅力的な話にいっぱい誘われました・・・。そんな中でも特に際立って感じたのはローコストデザイン系フランチャイズの勢いですかね。

昨日までリフォーム屋だったのに、いきなり初年度から10棟とか40棟とか受注出来ました!なんて・・・よーく考えればわかることで、マニュアル化された商品をそのまま安く提供すればある程度の結果は出るよね。家を見たら金太郎飴みたいにどこを切っても同じもの。クソつまんねえx
でも、数をこなして儲かってるみたい。

超有名なカッコいいデザイン系住宅を1000万円台で作っているローコスト系フランチャイズの営業担当との実話・・・
この家は断熱等級はいくつなの?耐震等級は?って基本的なことを聞いてみたら

担当、「耐震等級ですか?ええーと・・・1です」
私、「へぇー、そうなんだ。断熱等級は?」
担当、「断熱ですか?グラスウールが入ってますよ、ちゃんと。大丈夫です」
私、「どのくらいの性能なの?」
担当、「今の家なんで昔と比べてもかなり良いですよ」
私、
「ダメだな、そんなことも知らないのか?耐震等級1はない。基準法でも2以上じゃないとダメだろ。この家は建っていてはいけない家なんだな。それ、お施主様知ってるの?間違いだよね?うちでは等級3以下の家は作らない。命を預ける家なんだから最高等級だろ」
担当、「・・・すみません」
私、
「断熱性能もこの家じゃもうダメだろ。5年後には既存不適格だ。35年もローンを組んで払うのに5年後に今建ててはいけない家になるって不幸じゃん」

これはピンキリのキリの話。あまりに衝撃的だったので自分もビックリしたんだ・・・こんな会社と同じ土俵に立っていたくないわって。安いからと頼むお客様がいる。まあ、それはそれで。自己責任。

正直言って、日本の住宅は世界の家に比べて遅れている。
例えば、窓(サッシ)に限って言っても、暑さの7割、寒さの6割は窓が原因なのに、日本の窓は中国の最低基準以下なんですよ。工業国、技術国、日本の常識がどれだけ世界から見たら非常識か。

日本では冬期の生活室温が低いことから、「ヒートショック」による入浴中の事故死だけでも年間1万9千人以上にのぼるとされています。近年は年間5千人を下回るようになってきた交通事故死者数よりもはるかに大きな問題なんです。

さらに断熱性能が低いことにより、結露の不具合が発生する住宅も多いだろう。これらは断熱性能の向上で改善できるものだが、義務化によってある程度の改善は見込める。だが、もともと低い断熱性能のレベルそのものは変えずに、省エネの重点対象を断熱性能から設備機器の性能へ移したのが2013年の改正でもある。

これからの住宅において省エネ化は必須の流れであり、新たに建てられる住宅では、建物自体が断熱性能を有しているだけでなく、省エネ型の設備機器を搭載していることが求められます。

2020年以降には新たな省エネ基準を満たした住宅のストックが着実に増えていくはずであり、基準を満たさなければ将来の既存住宅市場の中で大きなマイナス要因となりかねない。これからは住宅の新築・リフォームのどちらの場合でも、省エネをしっかりと意識することが欠かせないんです。

やり方はいろいろ、考え方もいろいろ。
でもね、安い買い物ではない。だからキチンと勉強しよう。

IMG_7188
現在の国の進めている省エネ法も、実は28年には廃止され、また新しい法の下に更なる省エネ性能を求めた家づくりを義務化する動きだ。自分たちが今まで大事に考え、作ってきた家づくりは間違っていなかった。

住宅の基本的な性能が義務化されるということは、住宅の建築コストも上がるだろう。でも、現在の作り方、考え方で対応できるように進んでいる工務店は変わりなく問題ない。しかし、これから建築コストも含め対応していこうとする、客層を変えていこうとしている工務店やメーカーは厳しいだろう。「いい家」の作り方を知らないから・・・

kenkocolumn
桶市ハウジングの家は、耐震や断熱、気密、空気環境、温熱環境、結露、健康、自然素材・・・などなど、そんな要素を基本的な考えのベースとして更なる先を見据えています。
それは、国が推進する「健康維持推進住宅」の9つのキーワードに合致するものだったりする。もう建築屋・不動産屋ではダメな時代が来ているんだな。

まずは・・・
ソーラーサーキットの家と一緒にやることが決まったことがある。
睡眠を科学する! 
ぐっすり眠れる家を作るために・・・

睡眠は私たちの体にどんな影響を与えるのか?
今度は「睡眠」を考えます。続きは今度ね・・・


---
桶市ハウジング公式HP→ http://www.okeichi.com
千葉の社長TV→ http://chiba-president.net/okeichi


LOCOLに掲載されます!

ロコル表紙3連
10月1日発行のフリーペーパー「LOCOL」に当社の無料で宿泊が出来るモデルハウスの記事が掲載されます。成田市を中心に配布されているフリーペーパーですが、香取市でもコンビニやショッピングセンター他、掲載店舗の各店で置かれているのをたくさん見るようになりましたね。

ロコル原稿
エリート情報誌が発行している雑誌ですが、当社では初めての掲載です。

外断熱で 建物全体をすっぽりと包み込み、そこに自然の力(風)を利用して家中を一定の快適温度に保つ「夏は涼しく、冬は暖かい」外断熱ソーラーサーキットの家
無垢の木と漆喰、珪藻土で作られた重厚感のある注文住宅「杉の家」デザイナーズ。全館除湿でカラッと快適な「健康住宅」の最高の住み心地を無料で宿泊体験できます!

今まで数々の雑誌、新聞、TVの取材を受けてきた話題のモデルハウスです。
バージョンアップを繰り返し、昨年6月には世界のトップデザイナーのキッチン、照明、スツールとコラボ。住まい方さえも変えてしまう程の「憧れ感」と共に、比べられるもののない「快適」「健康」にたいして追及された家づくりを見て下さい。

ただ見るだけのモデルハウスに意味はない。
何百万円もする車を買う時には試乗して確かめることが出来るのに、一生のうちで一番高い買い物であるはずの家が、どうして事前に住んで確かめることが出来ないのか?そんな素朴な疑問を解決したくて作った家のご紹介です。

住む前に確かめて・・・お勧めします。
今なら高級レンタル布団2組無料です!


そして、もう一つ、このモデルハウスがドイツ発建築webマガジン「homify」にまたまた掲載されたと連絡ありました。今回で3回目の世界発信になります!

_MG_6734-1024
「畳のあるリビングルーム10選」
https://www.homify.jp/ideabooks/76330/10

是非ご覧ください。


---
桶市ハウジング公式HP→ http://www.okeichi.com
千葉の社長TV→ http://chiba-president.net/okeichi


杭が見えるよ

IMG_7154
今日は晴れの合間に基礎工事の現場から・・・
香取市大倉の外断熱・二重通気工法のソーラーサーキットの家の基礎工事、先週のうちに地盤改良工事を終えて割栗石地業〜目つぶし砂利地業へと工事は順調jに進んでいます。

地盤調査の結果、表層より約2.7m下に固い岩盤があることが判明、ソイルセメントという直径600ミリの柱状改良工事を行いました。
杭の頭、こう見ると大きいです。安心感ありますよね(´∀`)

IMG_7127
成田市の現場でも少し早めに同時進行。
配筋工事が終わって、JIOの検査も合格。明日はベースコンクリートを打てるかな・・・ここまでくると予定通り上棟式が出来ますね。

シルバーウィーク、巷では最大9連休とか・・・うちは現場は通常通り仕事中。営業も定休日以外は通常通り。ゴールデンウィークばりの連休ですが、いつもない連休なんで休むと気持ち悪い感じがして落ち着かない。連休とると明けが大変なんだよね・・・今度の9月の5連休は11年後とか・・・

皆さんが休みの日に忙しいのが私の仕事。今日も勉強になるご相談が・・・
消費税10%に上がるのはいつから?
そして、住宅資金の贈与税の非課税枠って?


index_img02
消費税は来年9月30日までに契約したものは基本8%です。
住宅資金の非課税枠も今年は1500万円(省エネ住宅の場合)


注文住宅を購入する際、請負契約後、着工から引き渡しまでおよそ6ヵ月かかります。「経過措置」適用を目的に駆け込み需要が高まると、着工から引き渡しまでに6ヵ月以上かかる可能性もあります。お早めの請負契約完了をお勧めします。

5%から8%への増税時には、駆け込み需要によって職人や製品の手配に混乱が生じ、一部で工事の遅延や資材の高騰、工事費の上昇が見られました。8%から10%への増税時にも同様のことが起こる可能性がありますので、現在、家づくりをご検討の方は、余裕をもってご計画をスタートされることをお勧めいたします。

忙しすぎてお彼岸を忘れる勢いでした、いかんいかんΣ( ̄ロ ̄|||)


---
桶市ハウジング公式HP→ http://www.okeichi.com
千葉の社長TV→ http://chiba-president.net/okeichi
 
 

トリプル樹脂サッシの時代

syanonn
今年7月に東京国際フォーラムでYKKが開催した「APWフォーラム2015」で樹脂サッシの伸び率の凄さ、これからの時代を各業界関係者が強く語っていた。その時に会場で発表されていたのが国産最高性能を誇る樹脂サッシの登場。その性能は熱貫流率U値=0.78というものでした。

この商品は、APW430krというAPW430という一般商品の特別仕様というもので、 通常のAPW430というトリプルガラスの樹脂サッシはYKKのメーカー公式HPで公表されているのは・・・

APW430
世界トップクラスの断熱性能
熱貫流率U値=0.91を実現!
 です。

熱貫流率U値の数値が小さいほど性能は高い。現状での一般樹脂サッシで世界トップクラスの断熱性能を謳っている商品がU値=0.91です。
APW430krの熱貫流率U値=0.78という数値が国産サッシの常識の中において、どれほど高性能なのか?というものなんですが・・・

7月23日の東京国際フォーラムでYKKが自信もって発表した国産最高性能を誇る樹脂サッシの発表があって約2か月後、今度は当社の外断熱ソーラーサーキットの家で標準採用されている樹脂サッシメーカー、エクセルシャノンから更に高性能な樹脂サッシの発売が発表されました。

シャノンウィンドUFシリーズ
その熱貫流率はU値=0.73 

あっという間に国産最高性能を謳う商品が更新される。
それが今の住宅業界です。

来年1月に発売とのことですが、正直、私的には現状では心配事も少なくないので直ぐに標準採用にはもっていきません。が、準備はします。ソーラーサーキットの家でもまだ採用は決まっていないのが今の状況です。

これからの家は、何年先になるかわかりませんが・・・未だ80%を占めるアルミサッシに代わり、樹脂サッシが当たり前になるでしょう。現在でも、当社で建築をされるお客様の90%以上は樹脂サッシ採用となっています。

トリプルガラスのサッシも、もしかしたら5年後、10年後には当たり前になるのかもしれないね。当社でも7月のYKKの発表を受けて、これから何年か先に来るであろうスタンダード、トリプル樹脂サッシについて採用準備を始めていますが、まだまだトリプルは採用例もなく、金額もすごーく高価、そして現状のYKKの樹脂サッシでも枠の強度不足などの問題が数件出ているので普及にはちょっと時間がかかるかもしれません。

家のあり方が変わる。
これからの10年はそういう時代になるかもしれません。


当社を創業した20年前は単板のシングルガラスのアルミサッシが当たり前。アルミサッシのペアガラスって特別なものでした。しかし、その3年後には国の断熱性能を求める政策もあってアルミサッシの断熱ペアガラスが当たり前の世の中になりました。その先、3年、5年でアルミ樹脂複合サッシ、樹脂サッシが現れ、開口部廻りの性能が格段にアップしてきました。

樹脂サッシが日本の住宅に当たり前に見られるようになって5年くらいかな・・・当社では14年前から標準採用していましたが、やはり数をこなす大手ハウスメーカーが採用始めないと文化にならないのが我が国日本。一条工務店や積水ハウスさんが採用を初めてやっと普及率が10%超えという現実。

その普及率をこれから25%以上に持って行こうというのが現在の目標らしいですが・・・それでも25%。

日本の住宅は世界から見ると大分遅れています。
その辺を今週末までにここで書きたいな・・・
ローコスト住宅系はあと5年で消えてなくなります。


---
桶市ハウジング公式HP→ http://www.okeichi.com
千葉の社長TV→ http://chiba-president.net/okeichi


完成住宅内覧会開催!今度は鹿嶋市

加藤邸完成見学会チラシ002
今度は鹿嶋市で完成住宅内覧会を開催します!

注文住宅「杉の家」
木の家が欲しい人は絶対見に来てね。喘息やアトピー、アレルギーで悩んでいる人も。住む家で健康になれる、身体が楽になれること、本当にあるんです。住む家と家族の健康は実は背中合わせですよ。

今回は人気の平屋、23.4坪です。
和モダンの家に住む。

玄関に入ると大黒柱。梁あらわし、コンパクトながら大空間の家
桧・サクラの無垢床、杉の注文創作建具、木の香りいっぱい!

加藤邸案内図
日時:9月27日(日)10時〜17時
場所:茨城県鹿嶋市宮津台4754-2(カーナビ用)

R0014958
今度の家は人気の平屋3LDK 23.4坪
コンパクトな坪数ながら出来上がりは30坪クラスの広がりをもった大空間マジックを実現した設計力。

玄関に入ると目の前に立つ大黒柱と杉の創作建具に魅せられ、木の香りと品格を感じる空気感に包まれる質感高い家が出来上がりました。

外断熱を採用、家中の温度差が少なく、身体が楽に暮らせる病気になりにくい家。省エネ高断熱の最高等級4、耐震性能も最高等級3を実現。

床にはヒノキやサクラの一枚板の無垢の床を採用漆喰の白壁、空気を洗う壁紙、木の香りいっぱいの健康的な自然素材住宅。
喘息やアレルギー、アトピーなどに悩んでいるお客様は是非見るだけではなく、感じて頂きたい家が出来上がりました。
 
全てが自らの質感と存在感を訴えかけてくる家。
「健康と、安心と、癒やし」の3つの要素が調和したお手本のような住まい。玄関に一度入れば忘れられない「記憶に残る家」になることでしょう。

当日は私「小長谷」が一日常駐します。予約不要です!


 
---
桶市ハウジング公式HP→ http://www.okeichi.com
千葉の社長TV→ http://chiba-president.net/okeichi
 
 
facebook
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
過去の記事
Profile

小長谷 直弘

Twitter 小長谷直弘
okeichiをフォローしましょう
LINE公式アカウント
友だち追加
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログのQRコード
QRコード
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。