社長☆ブログ「社長のつぶやき」 桶市ハウジング

千葉県香取市。木材商として四代、創業百余年の老舗材木屋がつくる木の家、和風モダンの極み注文住宅「杉の家」今日も営業中です!「外断熱ソーラーサーキットの家」千葉県北総地区、茨城県南区でシェアNO.1の特約工務店。四季の家づくり東関東SC会。香取、旭、銚子、匝瑳のグッドデザイン賞の家 「ZERO-CUBE」特約工務店。コメントはfacebookで受付中です。

2016年11月

ユネスコ無形文化遺産登録へ

IMG_8512
今夜は佐原の山車行事がユネスコ無形文化遺産に登録されるかどうかが決まる日・・・ということで、エチオピアで開かれている会議を与倉屋大土蔵でパブリックビューイングするという企画が発せられました。祭礼関係者は半纏着用でーとのお達しで行ってきました、その瞬間を見に。

予定では20時30分〜23時30分くらいの間に登録が決まるだろうということで、会場には200名以上の関係者、一般市民の方、そして子供たちもチラホラ集まっています。パブリックビューイングってものに参加するのも初めての私は、どんなもんだろうか?って興味津々。

予定より少し遅れて会場に入ると既に各町内の当古役さんはじめ、関係者の方々がいっぱい。エチオピアの会議の様子が見られるのかなと思いきや、むこうはとっても危険な地域らしく、映像が送られて来ず、音声だけでの会議視聴になりました。でも、言葉わからないから様子がわからん・・・

IMG_8513
セレモニーが始まると千秋会の皆さんが下座を披露してくれました。久々に与倉屋の大土蔵で下座を聞きましたが、このシチュエーションはやっぱりいいですね。佐原JC時代にこの場所で開催した創立30周年と40周年の記念式典を思い出して感慨深げに会議の様子を見守っていました。

会議は予想より大幅に遅れ、23時30分に宇井市長より中締めの挨拶があり、今夜はひとまず解散となり、家路に。その後約2時間後の深夜2時過ぎに無事に佐原の山車行事はユネスコ無形文化遺産に登録が決まったと連絡が入りました。千葉県では唯一の登録です。

一夜明けて朝のテレビのニュースでは各チャンネルで登録が決まったことを紹介していました。いよいよ佐原の祭りが世界に向けて発信されることになったということですね・・・凄いことです。
来年の4月にお祝いで山車の曳き廻しが予定されているようです。来年も祭り、1回多くやることになりそうですね。たくさんの観光客が押し寄せるんだろうな・・・


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
Zero-Cube Sawara→http://www.facebook.com/zerocube.sawara/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/
YouTubehttp://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
インターネット通販http://store.shopping.yahoo.co.jp/okeichi/ 

今年もあと1ヶ月だ・・・

th_DSCN5152
今年も残すところ約1ヶ月になったな・・・1年はあっという間ですね。各現場も慌ただしくなっています・・・全部の現場をまわるのは無理でしたが、ぐるっとパトロール。
まずは旭市のZERO-CUBE 回KAI。小さな窓がリズミカルに均一に並ぶ。実際に見てみるとカッコいいです!中庭には間もなくウッドデッキが組まれます。すべての部屋から中庭のウッドデッキに出られる、すべての部屋に中庭からの光が注ぎ込む、天空の窓とはよく言ったものです。

完成が近づくにつれて問い合わせが多くなってきました。やっぱり興味あるんだね。完成住宅内覧会を開催させていただくことになっているので、当社のホームページやブログをチェックしていてくださいね。12月に開催です。とりあえず今はZERO-CUBE 回KAIのホームページを見てイメージをふくらませておいて下さい(´∀`)

ZERO-CUBE 回KAI
http://kai-h.com/sp/

DSCN5017
鹿嶋市では断熱の検査が行われました。当社の家は省エネ断熱性能の高い家として認定を受けています。検査もなんなく合格。次は防水検査を残すのみ。やっとここからは一気に工事を進められます。来月には外壁も施工します。

th_DSCN4996
佐原小学校の近くの家では大工さんが奮闘中。こちらも構造検査を終えて防水検査待ち。防水検査が終われば外壁工事に段取りに。年内にどこまでいくかな・・・

th_DSCN0426
家の中では大工さんが天井を張っています。この現場は家の中がとっても明るいです。場所も方角もよかったんでしょう。四方八方に光と風がぬける、なんというか感覚的に優れた家になりそうです。

th_DSCN4999
そろそろ冬本番。断熱材をみているとホッコリ感じるのは気のせいでしょうか。当たり前のように床や壁、天井に入れられている断熱材ですが、実は断熱材のきれっぱしに座布団のようにして座ってみるとあったかいのにびっくりします。
人間の熱の感じ方、不思議ですよね。人が寒い、冷たいと感じるものは、実は熱を奪うものを人は寒い、冷たいと感じるのです。断熱材は熱を奪うものではないので直接触ると暖かく感じる。そんなものなんです。

th_DSCN5148
もう一つ、佐原の家。こちらも大工さんの仕事がほぼ終了。内装工事の段取りになっています。外壁もほぼ張りあがり見た目もうすぐ完成しそうな感じ。家の方は年内にゆっくり終わりますが、外構工事が終わるまでは新年に出っ張ってしまうかな・・・ラストスパートだ。こちらの家の内覧会は年明けかな

IMG_8509
もう一つ、佐原の家。こっちは朝一で配筋検査に合格し、コンクリートを流しました。これで一安心。この家が今年の年内最後の上棟現場になります。上棟は再来週の予定。晴れてほしいな(´∀`)

161203桶市ハウジング様
来月は他にも基礎工事に着工する現場が2棟あります。12月は気合の1ヶ月になりそうです・・・まだまだやるよ。
今週末は既に告知している佐原、岩ヶ崎台で外断熱ソーラーサーキットの家の完成住宅内覧会です。12月3日、4日の土日2日間の開催です!詳細は公式ホームページーで。

桶市ハウジング公式ホームページ
http://www.okeichi.com



---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
Zero-Cube Sawara→http://www.facebook.com/zerocube.sawara/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/
YouTubehttp://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
インターネット通販http://store.shopping.yahoo.co.jp/okeichi/

完成住宅内覧会開催!外断熱ソーラーサーキットの家

大畑邸外観パース
引っ越し前の、完成住宅内覧会を開催します!

大畑邸案内図JPEG
今度は佐原、岩ヶ崎台。5LDK 42.5坪
家中の温度差が少なくホワッと暖かい。木と漆喰の白壁、心豊かな家。
外断熱・二重通気工法のソーラーサーキットの家です。 

日時:12月3日(土)、4日(日) 10時〜17時
場所:千葉県香取市岩ヶ崎台14-24(カーナビ用)
今回の家は当社のトップグレードの特許、外断熱・二重通気工法のソーラーサーキットの家です。5LDK42.5坪、住むほどに心安らぐ、木の香りいっぱいの木の家。

index_header
家に入るとフッと感じる木の香り。桧の無垢板で張られた床、杉の天井、大きな梁あらわしのリビング。壁は白い漆喰が清々しい空気を演出しています。家の性能も他と比較するものがない、圧倒的な快適性が自慢の家です。

玄関にはシュークロークが作られ、そのままリビングイン。大きなLDLは和室と一体になり最大27帖の空間を作り出します。キッチン脇より上がるように作られた階段は「頭が良い子が育つ家」ともいわれる動線で、近頃のキッチンから始まるライフスタイルを実現した間取りになります。

2階は階段を中心に各個室が配置され、3つ全ての子供部屋にはロフトが完備。それぞれのお子様が自分でクロスなど内装を考えて作られた秘密基地のような空間が見ることができます。
大きなウッドデッキ、そして1階にも2階にも作られた雨除けのテラス。各所に工夫をちりばめた家が完成です。

97f54b17
日本で唯一、寒い冬には自動で高気密高断熱住宅の暖かい家に切り替えます。暑い夏は熱センサーが自動で感知して遮熱効果の高い高気密住宅と、高気密を解除した風通しの良い家とを自動で切り替えます。

一つの家で冬と夏、相反する気候に応じた住み心地の家に切り替わる、まさに四季のある日本の気候にもっとも適した住宅工法。喘息やアレルギー、花粉症、化学物質過敏症で悩んでいる人にも必見です。

IMG_3402
寒い冬
は、より小さなエネルギーで家中温度差が少なく24時間ほっこり暖かく暮らせます。ヒートショックを感じない安全な暮らしを実現。

IMG_3403
夏・梅雨時期
は、国内初の全館除湿システムを搭載した換気システムでエアコンに極力頼らなくてもカラッとサラッと快適に暮らせる家に仕上がっています。

家の性能も、比べるものはない。
圧倒的な性能と住み心地を、そして小エネルギー性能を誇る当社のTOPグレード、外断熱ソーラーサーキット家です。こんなに大きな空間をとっても家中の温度差は殆ど無い。どこに行っても身体が楽。ヒートショックの心配はありません。

温度差がない、空気がキレイということは血圧の心配が少ない。
イコール、脳梗塞や心筋梗塞になりにくい。
風邪もひきにくく、喘息も治ってしまった人がたくさん。
ぐっすり眠れる。すっきり起きられる。
イコール、身体の疲れがよくとれる。
イコール、仕事も勉強も能率が上がる。いつまでも働ける。

誰にために、何のために家を建てるのか?
大金をかけて、命をかけて、人生をかけて作る家だ。
失敗は許されないよ・・・

予約不要です。是非ご来場下さい!家づくりは、この家を見てから決めても遅くはありません!今回はお施主様のご厚意で二日間限りの限定公開です。この機会に最先端の家づくりの一部を感じてみませんか?

フリーダイヤル 0120−54−7233 
メールはこちらへ http://okeichi.com/contact/ 




---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
Zero-Cube Sawara→http://www.facebook.com/zerocube.sawara/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/
YouTubehttp://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
インターネット通販http://store.shopping.yahoo.co.jp/okeichi/

ふるさとフェスタへ

IMG_8420
11月は香取市では毎週末イベントが開催されています。山田区、栗源区に続いて、最後は今日の佐原区の「ふるさとフェスタ」です。香取市内の商店や子供会、商工会議所を始めとする各業界の団体が一同に集まってイベントを開催するので結構人が出ます。本当は今日、佐原で完成する家の完成住宅内覧会を開催しようと思っていたんですが、このイベントとぶつかってしまっては人は来ないな・・と1週間見送りました。

IMG_8410
朝から雨が心配されましたが、なんとか持ちそうな予感。私は午前中にイベント会場を一回り見に行きました。

IMG_8423
会場に入るやJC時代の後輩を見つけた!今は当社でも土木、造成工事などを頼んでいます。半纏を着ていたので何やるの?って聞いたら組合で鳶の梯子乗りの演技に参加するんだと。そう話していたら私に声かけてくる若い衆が二人・・・

IMG_8426
おお!?見たことある顔です。
いつも当社の基礎工事に仕事に来てくれている若い衆が二人、こんにちはって。半纏着てるし、若いから・・・もしかして乗るのか?って聞いたら「はい、やります!」って。

IMG_8490
見た目いかついけど、とっても素直でいい子たち。
演技、素晴らしかったよ。若いって凄い。

IMG_8412
各ブースを一回りして子供の昼ごはんでも買って帰ろうかと。
商工会議所青年部のブース隣で佐原JCの理事長はじめ副理事長、委員長たちが店を出していたました。寒いのでコーヒーを二つ。バリスタじゃん!飲み放題だって、これはお得でした(笑)

奥のほうへ行くと真っピンクのウィンドブレーカーを着たお爺さんたちが手招きしている・・・誰だ?と近寄ってみれば、私の親父とその友人たち。子供会のOBということで出店していたらしい。焼きそばをもらったー

なんだかんだ言っても、会場では知ってる人に何人にあったことか・・・みんなこの会場にかかわっていたり、遊びに来たりしていました。田舎でよろし。


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
Zero-Cube Sawara→http://www.facebook.com/zerocube.sawara/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/
YouTubehttp://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
インターネット通販http://store.shopping.yahoo.co.jp/okeichi/

気密検査。C値=0.7

th_DSCN5209
佐原、岩ヶ崎台で間もなく完成する外断熱ソーラーサーキットの家の気密検査が行われました。家にどのくらいの隙間があるのかを測定して性能を確認します。ソーラーサーキットの家は特許工法でもあり、性能を約束した家ですのでその精度を測って確認しているのです。

家の隙間はC値という数値で測定されます。この数値がゼロになれば隙間ゼロということなんでしょうが、それは無理。一般的にはC値は2.0以下で高気密住宅として合格とされていますが、私は1.0以下を目標値にしています。

気密住宅を作り始めた頃は、数値で表されるだけに出来るだけ良い数値を出したくて熱くなりましたが、経験値とはよく言ったもので、あまり気密性能の高すぎる家はいろいろ副作用も生じて住みにくいのがわかりました。数値、スペックだけを追い求めるのは無意味なことに気が付いたんです。

過去にはC値=0.2とかいう家もたくさん作ってきましたが、今、私が求めている理想的な数値はC値でいうと0.6〜0.8くらいです。ただ、狙って出せる数値ではないのである意味、偶然ですが・・・

今回の測定結果はC値=0.7!まさに私の理想とする性能の家に出来上がったことになります。ちなみに当社のモデルハウスはC値=0.7になっています。

気密性が高いと熱のロスが少なくなります。そこに断熱性能を併せ持つことで、冬暖かく一定の温度を保つ性能が際立ってくるんですね。これから冬本番、あったかい家でお正月を過ごせそうですね。

161203桶市ハウジング様
この家の完成住宅内覧会を開催します。
日時:12月3日(土)、4日(日) 10時〜17時
場所:千葉県香取市岩ヶ崎台14-24(カーナビ用)

詳細は後日・・・

 
---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
Zero-Cube Sawara→http://www.facebook.com/zerocube.sawara/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/
YouTubehttp://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
インターネット通販http://store.shopping.yahoo.co.jp/okeichi/ 

Happy Birthday 17歳

IMG_8366
今日は高校2年生の次男の誕生日でした。いくつになったんだ?って聞いたら17歳だって。毎年誕生日には家族そろって牛角で焼肉っていうのか恒例行事でしたが、今年は長男が一人暮らしで学校とかのあって帰ってこれず・・・長男抜きでの焼肉となりました。

毎回、長男と次男は最初にご飯をいきます。超盛り・・・これは最初冗談かと思っていましたが、これ食べちゃうんだから凄い。自分も高校生くらいの時はいけたのかな?と考えてみたり。

長男とは数日前に船橋の病院にリハビリに行ったときにマンションで会っていたらしく、聞くところによるとプレゼントをもらったらしい!?ちょっと驚き。過去にそんなことあったっけかな・・・仲が良い兄弟だけに離れ離れでいると何か違うのかな。再来年は予定通りならば、長男次男の二人で一緒に暮らせるぞ。それもまた楽しみかなー

子供たちが一つ年を重ねるたびに親の私も一つ年をとるんだよねー。 あと1か月ちょっとで今年も終わる。年末は家に家族全員がそろうのかな。昔は当たり前だったことですが、皆が揃うのもなかなか難しくなってくるんだろうね。

その前にクリスマスかー。
自分は親としての役目と、社長としての役目をキチンとやらんとね。忙しくなるぞ、これから1か月・・・今年は12月29日までやります。


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
Zero-Cube Sawara→http://www.facebook.com/zerocube.sawara/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/
YouTubehttp://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
インターネット通販http://store.shopping.yahoo.co.jp/okeichi/

佐原高校近くで着工。割栗石入りました!

th_DSCN5192
先日地鎮祭を終えた佐原高校近くの現場、地盤調査の結果も良好で予定通り基礎工事に着工しています。 天気にも恵順調に・・・。まずは丁張りから。昔からの町中特有の地形で間口が狭く奥行きが長い土地です。

th_DSCN5194
丁張で基礎を作る位置、芯出しをして、新しい家の設計地盤面の高さを決めます。そして、根切りといって基礎のベースを載せる地盤面まで掘ります。べた基礎なんで総掘りです。

th_DSCN5198
そして、当社の基礎工事の見せ場になってしまった割栗石。昔ながらのやり方で大きな石を割った割栗石という石を基礎の下全部に並べます。この作業は結構手間がかかるので最近はどのハウスメーカーでもやっていないようです。この大きな割栗石の代わりに、駐車場に敷いてあるような細かい砕石でやってしまうのが近年の住宅基礎の常識です。砕石ならダンプから一気に降ろしてザザーッとならせば終了ですもん。

しかし、昔はみんなやっていたこと、意味があると思うんですよ。一つ一つ手作業で並べるのでこの作業にかかる経費は数万円も余計にかかりますが、砕石は土に潜っていってしまう性質があるので私は譲れないんですよね・・・
温故知新。私は昔からやられていて良いと思うことは曲げません。 

th_DSCN5212
割栗石が並べ終わると、そこに目潰し砂利として砕石を入れます。そして大きな割栗石の隙間に砕石を食い込ませて表層を平らにするんですね。ランマーという機械でよーく転圧して締めます。

th_DSCN5231
この次は砕石の上に防湿のためにビニルシートを敷きこみます。これで地中からの湿気をシャットアウトするわけです。

次はいよいよコンクリート打ち。基礎工事はとても大事な仕事。ココまででもやり方はいろいろなんですよ・・・やり方でコストも変わるし、手間のかけ方も違う。
しっかり作らないとね。基礎は!


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
Zero-Cube Sawara→http://www.facebook.com/zerocube.sawara/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/
YouTubehttp://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
インターネット通販http://store.shopping.yahoo.co.jp/okeichi/

光熱費は住宅ローンと同じ

住宅ローンと光熱費。
どちらも同じランニングコストなんだよね・・・

家を建てよう、購入しようとする時にほとんどの人が住宅ローンを利用します。おそらく、住宅ローンというのは人が一生のうちで一番重く、長く、高い借金でしょう。だからこそ金利に目を向ける人が多い。間違っていません。しかし、単なる金利競争になってしまっている人が少なくないのも事実です。

家は人生最大の買い物、と同時に、最大の衝動買いとも言われている。人生を左右するような大きな借金をして買う家、住宅ローンを借りる時にいろんなことを考えるだろう。

殆どの人は、いくら借りるか?いくら借りられるか?ではなく、毎月いくら返せるか?ということを考えるでしょう。わかりやすいから・・・

いくら返せるか?ということになると先ず最初に金利を比べるかな・・。銀行によって住宅ローンの金利が違う。そりゃ返済は安いほうが良いので金利の低い住宅ローンを探すだろう。

でもね、ここで間違えてはいけない。
家を持つということは、いろんな経費を考えないといけない。その経費とは、家を維持していくためのお金だ。

経費にはどんなものがあるだろう?
一番大きな経費が住宅ローン。次は光熱費だろうな・・・
そして固定資産税や後々のメンテナンスコスト。

住宅ローンは金利が数字で示されているのでわかりやすい。
仮に3000万円を金利1.2%で35年返済で計算したら毎月返済額は87,510円
金利が0.2%下がって金利1.0%で35年返済で計算したら毎月返済額は84,685円。その差は約3,000円。1年間で36,000円。

これで終わる人が大半。でも大事なのはココから先だ。
今の家は作り方、構造、性能で光熱費が万単位で異なる場合がありえます。

先日、古い家の建て替えのお客様の話を聞いていた時、今の古い家の光熱費を聞いたら電気代が年平均で毎月約20,000円。他にガスが8,000円、灯油が5000円くらい払っていると。毎月の光熱費合計は約33,000円。約35坪の家である。

今度の家は約40坪。当社の家の性能を計算して家族構成から光熱費を試算すると、年間約15万円。毎月の光熱費平均は約12,500円。その差は約2万円だ!

光熱費の差額2万円を住宅ローンの金利に直したらどうなるだろう?ものすごい高い金利の住宅ローンを借りていることになるんだよ・・・
毎月約2万円の光熱費の違いを35年間続けたら、光熱費だけで約850万円も余計な経費をかけることになる。この光熱費の差額850万円を金利1.0%で35年の住宅ローンと仮定して考えれば、この分だけで毎月約24,000円も多くローンを上乗せで支払うことになる!

安くて普通の家、高くて低燃費な家、
あなたはどちらを選びますか?

一般的に多くは安くて普通の家を選びます。なぜなら、家が安いから。高くて低燃費な家は高性能なエコハウスですが、手間とコストがかかります。

初期コストだけ比べて安い家を選ぶか、初期コスト+エネルギーコスト(光熱費)という新たな指標を加味して設計された家を選ぶか、普通の家を建てるということは、30数年分のエネルギーも買う決断をしたということになる。

結果、30数年というサイクルで比べた場合に総額コストが同じだったとしても、決定的に違うことがある。何か?
快適性が違うんだよ。

今、車を買おうと思った時に、燃費を考えないで価格だけを比較して買う人は少ないんじゃないかな?車選びでは燃費を重視される。エコカーを買うとガソリンというエネルギーを節約することが出来るから。

本体価格は少々高くなるけど、乗る分の将来のガソリン代が安くなるからトータルで見たら価格は少々高くても数年のスパンで考えればお得になる。

住宅以外では当たり前の考え方も、どうして住宅になると皆こうならないのだろうか?不思議だ・・・・

高性能な低燃費の家に住み、快適に暮らそう。
普通の安い家に住むのは最初は良いけど、
長い目で見ればその経費は結局高くつく。

だったら・・・同じコストで30年間住むと仮定したら、快適性の高い、住み心地の良い家に住めるメリットは大きいはず。住宅は長ーいスパンで結局どっちが得か考える必要があるんですよ。
ご相談、いつでも無料で承りますのでお気軽にー


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
Zero-Cube Sawara→http://www.facebook.com/zerocube.sawara/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/
YouTubehttp://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
インターネット通販http://store.shopping.yahoo.co.jp/okeichi/ 

家から出るな。

朝一の地震には少しドキッとしましたね・・・今回の揺れは横揺れが大きかったので揺れたなーって感じました。2回めの揺れが来たときにはちょっと緊張しました。沿岸地域では津波注意報が発令され、徐々に警報に変わってゆく状況がニュースで伝えられるたびに約5年半前の震災を思い出してしまいました。

私が今日の朝一に発した言葉は・・・
地震で揺れが一時おさまった時、 部屋のドアが開く音がしました。子供たちが慌てて部屋から出てきたみたい。そのまま1階に降りて外へ出ようとするのかな・・・と思ったので、思わず私の口からでたのは
「出るな!動くな!家の中にいろ!」でした。

東日本大震災の時に佐原は液状化による地盤沈下や、強い揺れによる建物の破損という多くの被害を出しました。住宅建築の仕事をしていて当時感じていたことは、家は結構強いよってことでした。

先日の熊本の震災では築年数の浅い住宅の倒壊もニュースで取り上げられていましたが、あれは専門的に見れば倒壊の危険性や、そもそもの地震に対する考え方の違いが原因の一つになっていたのも想像できる。

東日本大震災の時に、私は子供たちに言っておいたんですよ。大きな地震がきたらびっくりするだろうが慌ててはいけない。慌てて外に出るほうが実は危険が多いかもしれないぞって。この家は絶対に倒壊しない。自分が設計して建てた家だ。出来ること、やれることは全てやってある。家の中にいるんだ。

建築基準法、耐震性能の計算では評価できないほどの耐震性を持たせて我が家は作っています。そして、家の中でも特に強い場所はココだと教えてある。注意すべきは家具や什器などの飛散と火災くらいだよと。それも前回の震災で反省点が見つかり改善している。

お客様にも時々打ち合わせの時に話すことがありますが、建築の学校に行っていた時に設計事務所の先生に学校で教わったことは、仮にまわりの家がみんな倒壊してしまうような大震災が起きた時に、自分の設計した家だけが1棟残っているのはプロとして恥じることだと教わりました。

当時22歳だった私も正直意味がわからなかったことです。まわりの家がみんな倒壊してしまっても無事に建っていられたらいいじゃないか?と思ったから。

しかし、その考え方は経済設計が出来ていないということで、専門的にみたらNGなんだそうだ。定められた基準以上で家を作ることは余計なお金をかけて家を作るということでダメなことという常識、私には理解できなかった。

それから数年後、阪神淡路大震災が起こり、私は独立して今の仕事を始めるわけですが、私はまわりの家がみんな倒壊しても自分の作った家は毅然と建っていて欲しい。そうあるべきだと計算以上の筋違、耐力壁を極力入れるように意識しています。

この業界に入り、わかったことがたくさんあります。
プレハブメーカーなどの工業化住宅は計算通りだったんですよ。計算して数値的にOKならそれ以上はやらない。やってはいけない、それが常識ということをこの世界に入って知った時にショックでしたね・・・
ローコスト住宅もそうだ。違法ではないが1本数百円の筋違をケチり、1枚数千円のパネルをケチる。そんな家に大事な家族の命を預けられるか。否だ。

津波の危険性がある土地では逃げることが正解でしょう。しかし、津波やがけ崩れなど土地的な要因が少ないエリアでの被災した時は、基本的に家の中が安全なんじゃないか?今の新しい家はそれが正しいと思います。

もちろん、今の時代で言う耐震等級3以上で作られた家に限りますが。
家は家族の命を守る大事な箱でなければならない。家に命を奪われるようではいけない。その為にかけるべき経費はかけて、しっかりと作るべきなんだと、そう思っています。命より重いものはないし、お金で買えるものでもない。

安全は全てに優先する。
それが桶市ハウジングの信念です。


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
Zero-Cube Sawara→http://www.facebook.com/zerocube.sawara/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/
YouTubehttp://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
インターネット通販http://store.shopping.yahoo.co.jp/okeichi/

新ブログ開設。お留守番日和

新しいブログが始まりました。
先月から当社のコンセプトハウスに新しいスタッフさんが仲間入りしています。週末だけの勤務ですが、先週末より新しいブログを開設しましたw(゚o゚)w オオー!

IMG_8307
タイトルはー「お留守番日和」
http://ameblo.jp/okeichiemori

違う業界からの入りたてホヤホヤ。新人です(´∀`)
まだ勉強を始めたばかりなんで、専門的な知識、経験はこれからです。長い目で見守って頂けると幸いです・・・

更新は週末、不定期です。
よろしくお願いします!


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
Zero-Cube Sawara→http://www.facebook.com/zerocube.sawara/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/
YouTubehttp://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
インターネット通販http://store.shopping.yahoo.co.jp/okeichi/ 
facebook
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
過去の記事
Profile

小長谷 直弘

Twitter 小長谷直弘
okeichiをフォローしましょう
LINE公式アカウント
友だち追加
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログのQRコード
QRコード
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。