社長☆ブログ「社長のつぶやき」 桶市ハウジング

千葉県香取市。木材商として四代、創業百余年の老舗材木屋がつくる木の家、和風モダンの極み注文住宅「杉の家」今日も営業中です!「外断熱ソーラーサーキットの家」千葉県北総地区、茨城県南区でシェアNO.1の特約工務店。四季の家づくり東関東SC会。香取、旭、銚子、匝瑳のグッドデザイン賞の家 「ZERO-CUBE」特約工務店。コメントはfacebookで受付中です。

2017年07月

太陽光発電システム採用している方、移行手続きが必要

エネルギー庁ハガキ
太陽光発電システムについて、平成28年7月1日以降に認定を取得している場合は新制度への移行手続きが必要です!

エネルギー庁より、ハガキやメールが届いている方、また、届いていないくても平成28年7月以降に太陽光発電システムを導入された方はご注意ください。

太陽光発電新制度移行手続きについて_PAGE0000
2019年4月1日、いよいよ再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)が新しくなり、今までの設備認定制度が変更されます。それに伴って、旧制度で設備認定を取得済みの事業様と新制度で申請される事業者に資源エネルギー庁よりハガキやメールで新制度の内容をお知らせするご案内が届いています。

旧制度で設備認定を取得している事業者様へのお知らせは主に下記の2点です。

太陽光発電新制度移行手続きについて_PAGE0001
1.新制度への移行条件
平成29年3月31日までに電力会社との接続契約を締結済みであることが必要です。この条件を満たさない場合には、原則として認定が失効します。
ただし、平成28年7月1日以降に認定を取得している場合と電源接続案件募集プロセス等に参加している場合には一定の猶予期間があります。

太陽光発電新制度移行手続きについて_PAGE0002
2.新制度への移行後に必要な手続き
新制度への移行条件を満たした場合には、移行後6か月以内に事業計画と接続契約済みであることを証明する書類の提出が必要となります。手続きはインターネット上で行います。
上記の書類が6ヶ月以内に提出されない場合には、電力会社との接続契約が締結されていないものとみなし、認定が失効扱いとなります。

太陽光発電新制度移行手続きについて_PAGE0003
当社で太陽光発電システムを施工させて頂いたお客様には、順次こちらからご連絡させて頂きますが、間違いのないよう、毎月東京電力から送られてくる売電の明細書を確認し、右上に記載されている設備IDの番号と、その下に記載されている売電開始の年月日をご確認ください。
明細書のコピーが必要になりますので、破棄することのないようにお願いします。

2017-08-02
なお、この新制度についての詳細、手続きの流れ等は、資源エネルギー庁のホームページにて詳しく掲載されています。下記リンク先をご参照下さい。

資源エネルギー庁「なっとく!再生可能エネルギー」
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/fit_plan.html

当社で施工させて頂いたお客様に限り、手続きの代行案内について当社で対応させて頂きますので、ご不明な点はご連絡いただきますよう、よろしくお願いします。


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

雅音祭に行ってきた。

IMG_5007
今日はイベント日です。日中は道の駅で開催される佐原青年会議所のメイン事業「雅音祭」に、夜は町内の子供まつりへ・・・夏休みですねー
朝10時前、開会より一足早く佐原JCのイベント準備の手伝いでも・・・と道の駅へ。会場は既にほぼ出来上がていました。前日の設営は腰がダメな自分は参加できず。役立たずとは自分のことです(T_T)

IMG_5024
ホントに少数で頑張っている現役メンバー、それでもやっちゃいましたね。この人数でもこんなイベントが出来るんだからたいしたもんだ。理事長や委員長はもちろん、みんな頑張った。まもなく開会の時間、この時間が好きです、私。

IMG_5025
今日はいろんな和楽器の演奏者が出演しますが、その中に当社でお世話になっている篠笛奏者の片野聡君が来ていましたので、久々に写真を一枚。現在は福岡の柳川で船頭さんをしている彼、わざわざ佐原へ来てくれるとは有難いことです。

IMG_5029
最初の演奏は、やっぱり佐原囃子からー
下座が水郷會囃子連、踊りは西関戸区の女の子たちです。見ていた小さな子供たちは下座が聞こえると踊りだす・・・佐原っ子ですね。

IMG_5056
和気藹々。よさこいって華やかで好きです。

IMG_5040
曇り空も晴れ間が見えてきて、暑くなってきました。
本部脇のテントではドリンクが結構出ていましたねー

IMG_5064
緑色の髪の毛のバルーンアーティストの女の子、吉井小也香さんは、銚子JCの現役メンバーだって!?とっても楽しいものを見せて頂きました。子供たち、喜んでいたなー。海の声のBGMに引っ掛けて、乙ちゃんが出てきたあたりから、三ちゃんや金ちゃんがいつ出てくるか、ワクワクしてしまいましたよ(´∀`)

IMG_5057
三味線奏者の女の子、23歳だって。川嶋志乃舞さん、娘と同じ年とは思えず・・・和太鼓の響も良かったです。そして、中盤で登場したのが片野君。片野君の篠笛を聞きに来た人がかなりいまたね。もうすっかり地元では有名で、彼の演奏を聴きたいという人は多いです。

IMG_5060
今日、片野君の出番はなんと3回も!雅な音の祭りとは、よく言ったものです。たくさんの曲を演奏してくれましたが、今日一番私の印象に残ったのは、「ひまわり」という曲と、北原白秋でした。今日のこの場所の暑い青空の下、ぴったりだなーって。

IMG_5071
終盤での和気藹々のよさこいと、篠笛の片野君、三味線の川嶋さんのSpecialコラボ、最高でした。聞けば、一緒に演奏するのは今日が初めてとのこと。初セッションでこれ・・・みんなプロですね。

IMG_5083
夕方5時を過ぎて私は町内へ。
本部テントの中、現役メンバーの後姿が素敵でした。

IMG_5096
東関戸の子供まつり、すっかり恒例になっているようです。毎年子供たちの人数が増えているようで。10数年前、昔々に自然消滅した東関戸の子供会の復活を試みようとしたことがあります。しかし、その時代には町内に住んでいる子供が6人くらいしかいなくて実現できなかったという・・・

IMG_5092
当時の中学生、高校生の女の子たちがいつの間にか大人になって、いつの間にかお母さんになって・・・子供たちが増えてきた。

IMG_5093
昔、自分たちが子供の時に見ていた光景が戻ってきたようで・・・

IMG_5098
もう自分の子供たちは大きくなってしまってココにはいないけど、この雰囲気、とても良いです。


東関戸下座連、生下座で・・・
やっぱり、踊るよね。


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

建てる前に住んで確かめて

_DSC0486
夏休みが始まってますねー
今年も当社のモデルハウスでは夏休みの期間中、8月31日まで無料で宿泊体験にお申込み頂いたお客様に、高級レンタル布団を2組まで無料でサービスしています。(通常は1組2000円の有料、または持ち込みです)

私の作ったモデルハウスは今年で築15年になります。普通、ハウスメーカー等のモデルハウスの寿命って約7年くらいって言われているんですが、もうその2倍もの時間が過ぎてしまっています。しかし、未だにご来場される方が絶えない家だっていうこと、同業者に言わせると「信じられない!」ということになるそうです。

殆どのハウスメーカーのモデルハウスは、その時代の流行りのデザインや間取りを採用して、見た目綺麗に、美しく、時折派手目に作っているものが多いように思いますが、うちのモデルハウスは極めて普通に奇抜なことは何もやってない。ただ、普遍的なものを大事に、いつまでも飽きない、質感を感じられる家に作っています。だから、いつの時代にあってもその価値観は変わらないのかな・・・

モデルハウスは見るだけではダメ。感じないと・・・

先日、約束した期日を過ぎに過ぎて、今執筆中の本の原稿の殴り書きの一部を送信しました。ただ思い思いに書き留めた自分のメモです。綺麗に文章にまとめようとしてもダメでした。だから、割り切って綺麗な設えをすることなく、思いついたままの文章をそのままで。失礼な奴です・・・

でも、そのメモには自分の本当に伝えたい事がギュッと凝縮されているようにも思えます。
思いはある。でも、それをうまく表現できない。いろいろなストーリーの中から、なぜ自分が見るだけはない、実際に住んで確かめられるモデルハウスを作ろうとしたのか、メモの冒頭を少し書きましょうか・・・

---
本を出版する意義、意味

自分の自伝的な本を書くつもりはない。これが大前提。
何故、本を書こうと思ったのか?
これからの家づくりの有るべき姿を伝えたい。
人それぞれ住宅について持つ価値観はいろいろ。間取りやデザイン、予算は大事な要素の一つであるのに間違いはない。しかし、それが最優先で条件で買う家とは違うものがある。
誰もが安心、安全に住める家であることが当然の条件で有るべきと考える。それは何よりも優先されるべき要素であるべきだ。どんなに格好いい家でも、お手頃にお求めやすい家でも、住めない家はいらない。

家は人生を左右する

エピソード例1
娘が化学物質感敏捷、息子が喘息。新居に引越しして直る

娘7歳の時、化学物質過敏症がわかる。それからだ。自分の家づくりに対する考え、思想が変わったのは。夏休みが始まって最初の日曜日、7月30日のことだった。家づくりを依頼されていた先輩家族と一緒に私たち家族と成田の住宅公園のモデルハウスへ。そこでわかった娘の科学物資過敏症。

女の子だから、どこにお嫁に行くかわからない。
近くに嫁ぐのなら自分が家を建ててあげることができる。他のまちへ嫁いだら、たぶん殆どの人は何の疑問ももたずハウスメーカーで家を建てるだろう。有名、大企業という知名度は安心、信用度に比例する。しかし、そのハウスメーカーの家に娘は住めないんだ。悲しい現実に直面して悔しかったな・・・

ちょうどその時だ。母親のアパートを建てようと建築確認申請が降りてきた頃。薬品や建材を使わなくても家は建つ、つくれることを証明したかった。まだモデルハウスを建てられるような会社の規模ではなかった。自分の力ではこの町の人たちにだけしか知らせることが出来ないかもしれない。でも、作らないとならないと思ったんだ。きっと他にも同じような人がいる。F☆☆☆☆でもダメが人がいる。そんな人でも安心して住める家を作る工務店があってもいいじゃないか。

そんな背景で作ったのが当社のモデルハウスです。だから、見るだけではなく、試しに住んで確かめる事ができる。人が人生の中で一番高い買い物が不動産、家だろう。その次がたぶん車かな・・二番目に高い買い物である車が買う前に試乗できるのに一番高い家が試しに住めないのはおかしくないか?そんな疑問から作ったのがモデルハウス。
---

夏休みに家を建てようと動き始めるお客様は多いです。
今一度、立ち止まって考えてほしいと思います。
一度泊まってみませんか?
どんな家が欲しいですか?
誰のために、何のために。


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

地鎮祭〜上棟式、ダブルヘッダー

IMG_4989
今日は忙しかったー!
成田市での上棟式と、神栖市での地鎮祭がダブルブッキングしてしまい、成田二往復。月末も相まって頭ん中がグルグルでした・・・

IMG_4961
先ずは、成田市玉造の上棟現場へ。既に1階の半分くらいは組み上がっていましたが、今回の家は大きな二世帯住宅。夕方いっぱいまでかかるかな・・・と進み具合と職人の人数、上棟式の見込時間を確認して神栖市へ。
神栖市では既にテントや地縄が張られて地鎮祭の準備が出来上がっていました。

地縄を張った時って、実はこれから建つ建物が予想よりも小さく錯覚して見えるものですが、地縄を見ただけでデカいなーってわかるほど大きい。社宅ということで、かなり大型の木造建築になります。それをソーラーサーキットで・・・凄いわ。地鎮祭に参列させて頂き、身の引き締まる思いです(´∀`)

IMG_4965
地鎮祭が終わり、成田市へとんぼ返り。
もう2階まで組みあがっている模様。

IMG_4975
目の前に立つと・・・圧倒的な木の量と重量感に圧巻。
自分で言うのもなんですが、やっぱりうちの家は違うなーって自画自賛。質感や存在感を感じられるんですもの、この状態で。

今回のお客様は、昨年の7月3日に電話でお問い合わせを頂き、翌日の4日にモデルハウスにご来場頂いたのが始まり。ほぼ約1年後の着工です。たくさんの現場、完成住宅を見て頂き、モデルハウスの体験宿泊もして頂きました。いろんな場面でご縁を感じて頂き、今日があります。来春までには完成します。こうご期待。

IMG_5001
そして、今日は夜も・・・
今夜は来年成人式を迎える長男の時の佐原小学校PTA役員のプチ同窓会。当時の担任の先生方も勢揃いです。年に一度開催していますが、今年でもう8年目。子供たちも小学校を卒業して8年経つんだな・・・

来年の成人式の時にやる恒例のイベント、タイムカプセルを取り出す件の打ち合わせも兼ねて、焼肉会館で飲み会です。途中、すっかり大人になった子供たちの飛び入りもあって、本当は今年で終わりにするはずの会でしたが、もう一回りやることに決定。一年に一度くらい、こんな日があっても良い。


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

住宅ローンの借り方、返し方

家を新築するときに殆どの人が利用する住宅ローン。それは、おそらく人の一生のうちで一番高く、長い、借金だと思います。しかし、お金の借り方、返し方は学校では教えてくれない。
私も立場上、言いたくても言えないこともあります。お金に対する考え方は皆それぞれだからです。生まれ育った環境も違うし、まわりであーだこーだ言う人の環境も違う。仕事も収入も性格も。

いつかはココで書かなくちゃって思っていたら、ネットにとてもわかりやすく、住宅ローンの上手な返済の仕方について書いている同業の方がいらっしゃった!とてもタメになるお話ですのでご紹介させて頂きたいです。


ショージの日記 「上手な返済を考える」
http://blog.livedoor.jp/ougikenchiku/archives/52021515.html

ほとんどの方が、住宅を計画する場合に金融機関の融資を受けます。
融資を受ければ、当然返済をしていかなければならない訳ですが、いわゆる「しっかりものの奥様」ほど損をする傾向にあるって話をしたいと思います。

A)
「しっかりものの奥様」は家を建てるために、せっせと毎月5万円の貯金をしてきました。
結婚して10年、ボーナスもできる限り貯金してきたので、家を建てるころには800万円貯まりました。
新婚時代から住み続けたアパートの家賃は8万円。
2人の子供にも恵まれ、長男が小学校に入るのをきっかけに、新築することに。
意中の工務店で建てようとすると、建築費用は、諸費用込みで3000万円。

たまたま土地は主人の実家で提供してくれたので有難いことです。
将来のことも考え、自己資金は300万円とし、2700万円を金融機関から借りることにしました。
35年返済、金利1.5%、固定金利として、月々の返済額は82,669円。ボーナス返済は不安定だから無しで。
これなら、返済はアパート代くらいで済むし、今まで通り毎月5万円の貯金もできそう。
35年後、無事返済が終わりました。

結局、幾ら支払ったのか計算してみると、その総額は34,721,138円でした。金利で770万円ほど支払った計算になります。
この時、ご夫婦の通帳には、最初に残した500万円と、35年間コツコツ貯めてきた貯金(5万円*12*35=2100万円)で金利も合せて26,065,334円ありました。
金利0.015%の普通預金ですから、金利はほとんどつきませんでしたが。

B)
「返済上手な奥様」は家を建てるために、せっせと毎月5万円の貯金をしてきました。
結婚して10年、ボーナスもできる限り貯金してきたので、家を建てるころには800万円貯まりました。
新婚時代から住み続けたアパートの家賃は8万円。
2人の子供にも恵まれ、長男が小学校に入るのをきっかけに、新築することに。
意中の工務店で建てようとすると、建築費用は、諸費用込みで3000万円。

たまたま土地は主人の実家で提供してくれたので有難いことです。
家を建てるために貯めてきた800万円を自己資金とし、2200万円を金融機関から借りることにしました。
新築をきっかけに貯金は一旦お休みとし、その分も返済にあてることにしました。
1.5%の固定金利で、ボーナス返済は不安定だから無しとすると、月々の返済額は128,954円。
アパート代が8万円で貯金を5万円してたわけですから、貯金さえしなければ払っていけそうです。
この場合、16年で完済することになります。
16年後、無事返済が終わりました。

結局、幾ら支払ったのか計算してみると、その総額は24,759,068円でした。金利で275万円ほど支払った計算になります。
返済終了後、ご夫婦は今まで返済にあてていた13万円を毎月貯金(13万円*12*19=2964万円)することにしました。
19年後、通帳には、29,673,968円ありました。
金利0.015%の普通預金ですから、金利はほとんどつきませんでしたが。

どうですか。
特別なことは何もしてませんが、(B)のご夫婦の方が19年も早く返済から解放され、しかも35年後の預金は360万円も多いことになります。

自己資金の多い方ほど、将来の不安解消のために自己資金を残す傾向にありますが、例えば貯金を500万円残す、ということは、言い換えれば、500万円を金融機関から1.5%で借りてきて、そのお金をそのまま0.015%で貯金しているのとなんら変わらない、ということですし、返済中にもかかわらず毎月5万円の貯金をするというのも、毎月金融機関から5万円を1.5%で借りて、そのまま0.015%の預金に回しているだけ、という貸す側有利なロジックに陥っていることに気付かねばなりません。

---ココまで。

以上、一つの例を書いていました。
これも一つの考え方です。これが正解というわけではないのであしからず・・・正解はたくさんあります。その人の環境次第。

ちなみに、これ、私の考え方ともちょっと違う。
計算と金利だけを計算して結果を導き出せばこうなるだろう。でも、自己資金を残すのは人生なにがあるかわからない部分のリスクを回避する実弾でもあるし、そもそも当社のお客様たちは過去の例を見る限り、35年ボーナス返済なしで借りても、35年間もかけてキッチリ返す人はいないだろうってことです。

たぶん、マメに内入れ返済をして、20年〜25年くらいで返してしまうように頑張っている人が殆どなんじゃないかなーと。リスクを考えながら自己資金も「ある程度」残しつつ返済と貯金をバランスよくしている。そして時々内入れ返済を繰り返し、ローンを短くしているお客様が多いようです。もうローンは終わってるよっていうお施主様にも結構会うので・・・
まあ、これも一つの例ですが。


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

7月大歌舞伎。かんげん君が飛ぶ

IMG_4921
今日はお正月の新春歌舞伎以来の歌舞伎座へ。半年ぶりです。
チケットをとったのはずいぶん前だったんですが、今日までにいろいろありました。麻央ちゃんが亡くなり、長男のかんげん君が史上最年少で宙乗りをやるという・・・プラチナチケットになりました(´∀`)

IMG_4920
明日が千秋楽ということで、かんげん君の宙乗りもあと二日というところ。今日は出てくれるのか?って海老蔵のアメブロを逐一チェック入れていました。海老蔵のブログを見ていると楽屋の様子がわかったり・・・これは見るよね。アクセス数がダントツは意味が分かる。勉強になります。

IMG_4927
家族サービスのつもりでとったチケット、今回の席は桟敷席です。前回見に連れてきたときは、当日急に決めたのであまり良い席ではなかったので、今一興味が持てなかったようで・・・
歌舞伎はやっぱり近くで見ないと興味を持つまでにはなれないようです。海老蔵の舞台はやっぱり魅力的なので、今回は特別ご招待(´∀`)

IMG_4926
近くの三越のデパ地下でお弁当やつまみを買って持ち込み。
歌舞伎見物、楽しみました!

AS20170703005146_commL
第二幕で待ちに待った、かんげん君が登場!
とっても小っちゃくて、でも一生懸命花道をぴょんぴょん跳ねてくる。
「堀越かんげんです!」って堂々と名乗りを上げた時には、私もググッとくるものがありました。「立派だなー」って。

fb5189eae507d21d0dfc89f4149a8498-1
お父さん、海老蔵の腕に抱かれ、一緒に宙乗りで飛んでいくかんげん君。結構な高さですが、客席に向かって手を振ってくれました。かわいい・・・
私の隣では感動して涙している人がいるし・・・生まれながらのスター、4歳だって。
今日はかんげん君にパワーをもらった感じです。自分も頑張ろ。


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

動画更新!YouTube公式ページ

YouTube公式ページに新しい動画をアップロードしました。
今年作った家のデータを2件追加しました。


香取市 S様邸


香取市 I様邸

桶市ハウジングのYouTube公式チャンネルでは他にも多数の動画を公開していますので是非ご覧ください。

桶市ハウジング YouTube公式チャンネル
http://www.youtube.com/user/okeichi

桶市ハウジングの公式facebookページでも約2000枚の施工例写真集や動画を公開しています。最新のアップロードはこちらをご覧ください。更新が早いのはコチラです。

桶市ハウジング facebookページ
http://www.facebook.com/okeichihousing


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

今週末はイベントです。

IMG_4911
先日の新聞に今週末に道の駅で開催される佐原青年会議所(佐原JC)のイベントのチラシが折込されていました。よく見てみると表面に掲載された会報誌「いなほ」の青年会議所のメンバー紹介の組織図の中に私の名前がありました。昨年と今年の2年間、外部役員として監事の役職を請けているからですが、懐かしさを感じましたね・・・卒業して9年経ってメンバーの組織図に名前が入るって不思議な感覚です。

7月30日(日)11:00〜19:00
道の駅・川の駅「水の郷さわら」
和楽器フェスを開催します。

その名も「雅音祭」
雅(みやび)な音の祭り・・・楽しそうでしょう。入場無料なので是非遊びに来て下さい。

佐原囃子も当然ですが、桶市ハウジングのYouTubeの施工例写真集や、過去の千葉テレビのCMでBGMに曲を使わせて頂いている篠笛奏者の「片野聡」くんも出演します。
今週末は道の駅へ・・・私もスタッフで参戦します。

IMG_4910
30日(日)はもう一つ、私の家のある町内、東関戸区の若連が薬師堂で「こども祭り」を開催します。もう毎年恒例になっている夏のイベントですが、こちらも子供たちがいっぱい集まるイベントになっています。

IMG_4816
今、当社でお客様から頂いたカブトムシをプレゼントしていますが、残りも数匹になりました。当日はこのイベントの会場でカブトムシのコーナーが作られるということなので、30日まで残っていたらお婿さんに出そうかなーと(´∀`)


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

満員御礼。ラフでマットなカントリー調の白い家

t_0039
佐原、岩ヶ崎台で2棟並びで建築中の家、先に始まっていた1棟が完成して完成住宅内覧会を開催しました。今回の家は内装の木部を白く塗装してドアもマットなホワイト、床には節のないニュージーランドの松を使った白いカントリー調の家に仕上がりました。

t_0042
最近デザイン系の住宅では塗装によってラフ感と手作り感、そしてビンテージ感を出す手法が流行っています。雑誌などでも結構露出が多くなっていますね。当社はどちらかというと木の素肌をそのまま見せる家が圧倒的に多いので、今回の家はとても新鮮に思えました。色を塗るときも焦げ茶系の古民家、洋館風が多かったですからね。

t_0128
今回の白という塗装は色を出すには一番難しいかな・・・白の場合は色が色だけに木目を出して白くするのか、木目を完全に消して白くするのかで仕上がりの雰囲気は全く異なってしまいます。今回は事前にお施主様から雑誌に掲載されたイメージ写真を見せて頂いていましたので、木目を生かしたカントリー調の白に塗ることになり、実は素材の木も白い色が出来るだけ出るように天井に張られた木もいつもの杉ではなく白いパイン材を使いました。杉では木に油分が多いので塗料ののりと赤身の部分の色の出がムラのように見えやすいので・・・

t_0006
木目をださないとなると・・・いわゆるペンキになります。ベタッと白。同じ白でも仕上がりは大分異なります。今回の白は木目をある程度出す塗装なのでパイン材を使った以外の部分、杉の造作材や米松の梁などは赤身の部分の色と油分が少し出るので、刷毛引きの後も油分にはじかれ、よりラフな感じになっていたと思います。写真で見るとわかりにくいですが、実際に目で見るものはラフでマットな素材感が出た今一番人気の「いい感じ」という仕上がり感でした。

塗装を使ったデザインって、実は色でだいぶ変わるもので、今回の家の場合でちょっと例をあげれば・・・白い塗装を薄い艶消しのマットなブルーグリーン系に塗って仕上げると、これまた今一番熱いアメリカン、ブルックリン、ビンテージと言われるような家に変わります。どちらかというと今回の白い仕上がりの感じは北欧風のカントリー調というイメージが強いのかもしれません。

t_0087
壁紙の選択もお施主様のセンスがきらりと光るもので、アクセントに使用した一見ビビットな色合いのクロスとのコントラスト、調和はさすが―って感じで、私も大変参考になる仕上がりになりました。結構たくさんの種類のクロスを使っていますが、どれも良かったです。

来月はお盆明けになるかな・・・
まだ決定ではありませんが、今のところ来月は2棟の完成住宅の内覧を予定しています。間に合うかな・・・(´∀`)

当社では常時いつでも見学可能な常設のモデルハウスもありますが、実際にお施主様が建築している現場の見学も受け付けています。家は一生に一度の大きなお買い物、後で後悔しないように頑張って「見て、聞いて、感じて」勉強しましょう!

見学のご申込、設計、見積りのご相談は下記まで。
フリーダイヤル 0120-54-7233
メールでの資料請求は http://okeichi.com/catalog/



---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

地鎮祭もいろいろ

IMG_4856
今日は佐原、また佐原高校の近くで地鎮祭でした。今日の地鎮祭は、いつも当社でやっている神社の神主さんを呼んでの地鎮祭ではなく、仏教系の地鎮祭でした。実は私のこの業界に入って初めて知ったのですが、地鎮祭にはいろんなやり方、流派があります。

佐原だと多くの場合は側高神社、諏訪神社、香取神宮となりますが、他には、創価学会や占い師、お寺のお坊さんがやる地鎮祭もあります。お寺のお坊さんがやる地鎮祭ではホラガイを吹いたりすることも。今日はお施主様の方で段取りしてくれたのですが、数ある流派の中でも私が初めて体験した地鎮祭でした。世の中は深い。勉強になります。

地鎮祭が終わり次第、モデルハウスへ。今日からモデルハウスでは当社の家に住んでいるOB施主様の奥様たちが不定期ですが交代で勤務してくれるというプレミアムウィークエンドが始まります。今日は平成26年7月から当社の家に住んでいる奥様が1番バッターです。もちろん、当社の施工例写真集にもその家が掲載されている奥様。実際に当社の家に住んでいる方の生の声を聞ける、そんなモデルハウスがSTARTです。

_DSC0486
モデルハウスでは、そのOB奥様とNanako、そしてこれから家を建てようと設計プランの打ち合わせに来てくれるお客様とのママ会で打ち合わせ。結構すごい家になりそうな予感がヒシヒシと伝わってきます。私の頭の中には既に設計図の家が建っている。早く作りたいなー

IMG_4860
打ち合わせが終わり、私は東京、赤坂へGO!
佐原高校の時の同級生が集って、なにやらプチ同窓会のようなことをやると。会場に行ってみたら結構たくさん集まっていてビックリ、卒業以来32年ぶりに合う同級生も。久々に赤坂泊まりで飲みました。深夜の赤坂を一人歩くのは久しぶり。明日は佐原で完成住宅内覧会なので朝帰りだなぁ・・(´∀`)


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  
facebook
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
過去の記事
Profile
Twitter 小長谷直弘
okeichiをフォローしましょう
Twitter 桶市ハウジング
okeichiをフォローしましょう
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログのQRコード
QRコード
livedoor 天気
livedoor 天気