社長☆ブログ「社長のつぶやき」 桶市ハウジング

千葉県香取市。木材商として四代、創業百余年の老舗材木屋がつくる木の家、和風モダンの極み注文住宅「杉の家」今日も営業中です!「外断熱ソーラーサーキットの家」千葉県北総地区、茨城県南区でシェアNO.1の特約工務店。四季の家づくり東関東SC会。香取、旭、銚子、匝瑳のグッドデザイン賞の家 「ZERO-CUBE」特約工務店。コメントはfacebookで受付中です。

2018年05月

佐小会。諏訪公園の伊能忠敬像

毎年5月の月末は、佐原小学校の歴代校長先生と歴代のPTA本部役員、現役先生、役員さんで構成される佐小会がパレス大藤で開催されています。今夜は一年ぶりに懐かしい方々にお会いすることが出来ました。
私の席の目の前には小学校3年生、4年生の時の担任の先生が。40年後に一緒に酒を飲み交わすようになるとはね・・・人生っておもしろい。

伊能忠敬銅像
総会の校長先生の挨拶の中で、諏訪公園に建っている伊能忠敬の銅像の話を聞きました。物心ついた子供の頃から諏訪公園の伊能忠敬の銅像のところで遊んでいました。家から直ぐ近くでしたからね、諏訪公園はホームグランドでした。

この銅像が建立されたのが、大正8年3月2日だったんだそうだ。そんなに昔から諏訪公園のあの場所に建っていたのか・・・とびっくりしました。98年前・・・あと2年で100年か。惜しい。

関東大震災も、2つの世界大戦も経験済みか。実は凄い銅像だったんだなと感心しました。そして、98年前に諏訪公園に銅像が建立された時、除幕式の時に佐原小学校の4年生以上の生徒が「偉人の像」という歌を銅像の前で歌ったそうだ。その歌を今年、98年の時を超えて佐原小学校の生徒が歌ったんだと。その歌声を録音したものを聞かせて頂きました(((( ;゚д゚)))

駅前銅像
先日5月20日に佐原駅前に建立された伊能忠敬の新しい銅像はどのくらいの歴史を刻むんだろうか?100年後も残っているかな・・・

佐原小学校は今年創立146年になるんだそうです。歴史ある学校なんですね。その佐原小学校も私の小学生時代は一学年10クラスありましたが、今年入学の1年生は3クラスでのスタートだと。時代の移り変わりを感じますね。

総勢51名在籍の佐小会。来年も再来年もまた新しい会員を迎えて続いていくんだろう。皆地元の名士と言われる皆さんに混じって一緒に懇親を深めさせて頂けることに感謝です。

番外編・・・
今年、諏訪公園の桜の木が市役所によって今年バッサリと切られてしまった。古くからあった枝っぷりの立派な桜の木がたくさんあり、例年春になると若い人も、老人会の人たちも和気藹々と花見をしていたのが微笑ましく見られていたんですが、桜の木が切れるのはやはりちょっと寂しかも。
虫がついてしまったとか、銅像がよく見えるように切ったとかとか、まさかね・・・いろいろな噂が飛び交っていますが、真相は如何に?


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

桶市ハウジングCM動画公開

最近メディア、特にテレビのCMなどでサビの部分だけ使われていた桶市ハウジングのCMソングですが、よくよく考えてみたら、フルバージョンで一般公開したことがなかったことに気が付きました・・・(T_T)


製作は2014年10月。作曲は時々当社のモデルハウスに楽曲製作のために泊まり込みで来てくれている「平隆介」くんです!

平隆介くんプロフィール 
http://www.tscorp.jp/creators_taira.html

製作して頂いて早4年。ずいぶんいろいろな媒体で使わせて頂きました。
今は千葉テレビで放映中の番組「アメカジボーイズTV」毎週水曜日23時30分〜24時00分に放送中です。

38519888
アメカジボーイズTVは千葉テレビで。
毎週水曜日23時30分〜24時00分


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

小見川駅徒歩4分。アパート着工

IMG_3672
JR小見川駅より徒歩4分。駅も商店街も小学校も、こども園も病院も徒歩圏内の場所でアパートの新築工事に着工しました。オーナーは私の親父。自社物件ですね。「ランバー桶市5」です。

ランバー桶市5JPEG
小見川では数少ないメゾネットタイプのアパートです。
全4世帯。駐車場は各戸2台付き。

ランバー桶市1階平面
1世帯あたり2LDKの約19坪という大きめの間取り。
1階に12.2帖のLDK、2階に6.3帖、7.3帖の独立した洋室。
食洗機、IHクッキングヒーター付きの対面式システムキッチン。
戸建て住宅用の1坪タイプの大きく高級なシステムバスを標準装備。
省エネ高断熱ペアガラス、遮熱ガラスで夏涼しく、冬暖かい家。

ランバー桶市52階平面
当社のラインナップするグッドデザイン受賞のデザイン住宅「ZERO-CUBE」の家で標準採用している耐震性能で最高等級3を誇る地震に強いLVL構造、JWOODを採用。
安心、安全に住める高品質のアパートです。長く快適に、健康に住んで頂けるよう様々な工夫とアイデアをたくさん注ぎ込んで次世代のアパートを作ります。

注文住宅を自ら建築している当社だからこそ出来る、自社物件の高級メゾネットタイプのアパートです。来春までに完成予定。入居希望の方は先着順にご予約を受付します。

相続税対策
これからのアパート経営は節税対策は絶対条件ですが、適正な建築費、コストで費用対効果をきちんと見極めないと20年後、30年後に後悔するような資産になってしまう可能性もあります。家賃保証(サブリース)された物件は安心感こそありますが、実際には思っているよりもオイシイ話ではありません。

一般的な建築費と比較すると、かなり割高な建築費を注ぎ込み家賃保証してもらってのアパート経営、その時代はそろそろ終焉に向かっているかと思われます。これから急速に加速する人口減、子供が少なくなる時代に安定経営をしていけるかどうか、ご相談、お見積りはお気軽にお声がけください。

img_debt_sec01_01
持ったまま、どうしていいかわからない土地、建物がある。
どうやって相続税対策をしたらよいかわからない。
住まなくなった家、不動産を売却したい。
税金対策で都内のマンション、収益物件を買いたい。

今まさにこの業界で、この時代を生きている私だからこそ考える相続対策があります。ご相談お待ちしています。

フリーダイヤル 0120-54-7233
インターネットからは、http://okeichi.com/catalog/



---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

西へ、東へ。完成間近の現場から

5月も最終の週になりました。一年って早いですね・・・GWが終わり夏休みまでの間は建築中だった家が続々と完成に近づいています。西へ、東へ車を飛ばします。まずは、次回の完成住宅内覧会を予定している成田市の家から。

IMG_3217
成田市で建築中の家は内装工事の真っ最中。猫と一緒に暮らす家です。全面に乾式タイルを採用したL型に設計された平屋の家。家の中央には大きなウッドデッキを設置。クリーニングが終わったら・・・たぶんびっくりする家になります。まるで別荘のようなそんな家です。
6月に完成住宅内覧会を開催予定です。日程が決まり次第、ここでお知らせします。ご期待下さい!

DSCN2504
佐原、玉造で建築中の家は大工さんが追い込みです。サーフボードが収納できる土間収納、リビングの天井は梁あらわしにされ、2階にも畳が敷かれます。7月末完成予定です。

IMG_3626
佐原、篠原で建築中の家は、当社のTOPグレード、外断熱ソーラーサーキットの家、足場が外れました。全館除湿の24時間換気システムを搭載したこの家は、ちょうど完成する時期の梅雨時、夏場にはその威力を十二分に発揮することでしょう。サラッと快適、最上級の住み心地を体感できます。

IMG_3618
佐原、北口で建築中の家は屋根の下地が出来上がりました。屋根ができると家らしく見えますね。この家には吹き抜け空間にボルダリングの壁を作ります。ワクワクする家、作っています。

IMG_3644
利根川を渡り、茨城県へ。河内町で建築中の家は、当社のTOPグレードの外断熱ソーラーサーキットの家。こちらの家も平屋で外壁には全面乾式タイル張りを採用した妥協なき家です。2つの小屋裏、ロフトをもつ50坪の平屋、広々清々した空間が期待を高めます。

DSCN4338
稲敷市で建築中の家は当社の人気のグレード、外断熱Ecoライフ工法の注文住宅「杉の家」です。利根川沿いの土手下の道を走っているとドドーンと目に飛び込んでくる大きな家です。神崎大橋からもよく見えます。この家の屋根は全部ステンレスで葺きます。しかもグリーンで。目立ちますね。いい家はそのくらいで丁度いいんですよね。

DSCN2485
鹿嶋市で建築中の家は、当社のTOPグレードの外断熱ソーラーサーキットの家。こちらも平屋です。大きなLDKを中心に構えたワイドで開放的な間取り。こちらも外壁工事が大体になって間もなく足場が外れます。

DSCF6051
この鹿嶋市のソーラーサーキットの家の真ん前では、今、当社で売り出している分譲地があります。109.29坪、765万円です。角地です。ぜひ一度御覧ください!

IMG_3614
ぐるっと回って佐原に戻って来た現場は、そろそろ基礎工事も終盤になっている現場が。来月中旬に上棟予定です。こちらの現場の近くでは夏に当社で分譲予定の土地もあります。興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

他にも匝瑳市、旭市でも建築中の家がありますよ。お近くの方、建築現場の見学を受け付けております。また、佐原にある宿泊体験が無料でできる外断熱ソーラーサーキット工法で作られたモデルハウスも見学、宿泊予約受付中です!週末はお早めに。

ソーラーサーキットイラスト
外断熱ソーラーサーキットの家

https://www.schs.co.jp/


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

リフォームは800万円まで・・・

今日も西へ東へお客様を廻ります。今日は佐原駅前ではミスあやめを決めるイベントが開催されて駅前に人がだいぶ出ている様子。モデルハウスのパートさんがお休みのため、イベント会場に足を運んだ人でついでに回ってきてくれる人がいるかも・・・
という淡い期待を胸に、呼ばれれば直ぐに戻れるような佐原の街中のお客様を集中的にまわってみました(´∀`)

33622899_2009066922500598_5051279580485124096_n
朝一でモデルハウスの鍵を開けに行ってみると・・・
すーっという何とも言えない涼し気な空気感に自己満足し、久々に2階に作った私のお気に入りの3帖の書斎に座ってしばし瞑想。やっぱりいいな、この空間。
休日の一時をこの空間の心地よさを感じてほしいなーと、書斎の写真をfacebookにあげました。
「例えば休日は木の香りいっぱいの書斎でくつろいだり・・・」

今日のお客様との話の中で一番印象に残ったこと。
それはリフォームの満足度について。

昨日のブログでは、リフォームか?建替えか?という表題で記事を書きました。昨日の私のブログの記事の内容を簡単に言えば、間取りまで変えるようなフルリフォームで1500万円以上もかけるのなら、あと数百万だして建替えもありだよ。っていう内容でしたが、今日の記事は、やっぱりリフォームがオススメだよっていうのはどのくらいの工事か?です。

寒い家を暖かくしてくれというのは難しい。
水回りを全部やり直せばざっくり500万くらいかかるか・・・
外壁を塗り替えれば100万以上、張替えは200万以上・・・
屋根の吹き替えも100万以上・・・
床壁天井をやり直すような模様替えでも100万以上・・・
増築したら直ぐに数百万・・・

実は私はリフォームで失敗しています。
昔昔、新婚時代に最初に住んだ家は大正9年に建てられた築70年の古い家。小さな24坪程度の平屋でしたが、その家を新居に使うためにリフォームしました。土間だったキッチンをLDKに、風呂はユニットバスに、汲み取り便所を水洗トイレに、外壁を張替え、増築し・・・

自分で工事しているので事前に見積とって予算を決めてやっているのでもない。これだけはやらないと、大体このくらいだろう・・・という感覚で始めてしまった。ある程度までやった時に、いったいいくらかかったんだろう?って計算したらびっくり。すでに800万円を費やしていた(T_T)

築70年の24坪の家に800万円もかけちゃった・・・あとは瓦を葺き替えれば大体終わる。しかし、そこまでやったら1000万円はかかる。もう300万もだせば新しい家が建つんじゃないか?そんな現実に愕然とし、工事を止めました。

やってしまった内容に不満はない。新しいキッチン、洗面、風呂、トイレ、真新しい畳、新しい建具、エアコンも入り、快適な家ができあがった。その家で約6年を暮らし、最初2人だった家族が5人になった。

その経験から私が刷り込まれた感覚が、リフォームは800万円までです。水回りを全部やって500万。その他300万でできることまでやって終わりにする。その家にずーっと住めるとは思っていないからです。いつかは建替えです。実は500万円くらいのリフォームが一番満足度が高いんですね。コスト対効果が一番感じられるからです。

しかし、リフォームして満足できるのは10年〜20年くらいかな。そして、その間にまたリフォームを繰り返したくなるのがリフォーム経験者だ。リフォームは繰り返したくなるんです・・・
上限を決めて考えた方が良いのがリフォームです。

500万円はすぐ。
800万円を超えると考えてしまう。この辺がボーダーラインか・・
1000万円を超えると引き返せなくなる。
結構みんなそれに近い経験をしていたみたいで(笑)
そんな経験談に花咲いた一日でした。何事も経験です(´∀`)


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

リフォームか?建替えか?負の財産はいらない

今日は朝一で旭市の別荘の建築現場へ。システムバスの組み立て施工があるので詳細の確認に現場入り。メーカーの職人さんと挨拶を終えて、久々に旭市内のお客様を数名、訪問させて頂きました。旭市を半日まわり、帰り道には小見川へ。

久々にたくさんのお客様と世間話を交えて立ち話させて頂きましたが、行くところ行くところ、同じような相談が多かったですね・・・それは、
「リフォームするか、建て替えるか」

P1110842
築40年、築50年、築80年・・・みんな立派なお家でした。多分、そのまま住んでいられる。でも、このままじゃ嫌だという。確かに古いですが風格がある。その昔、新築した時に良い材料を吟味して、大工が手間をかけて作ったんだろう。そういう家は住んでいればずーっと住めちゃう。

水回りをリフォームすれば満足度は高いだろう。しかし、それだけでは満足できないっていう段階がある。見た目をキレイにしたり、設備機器を新しくしたり、キレイに快適にするリフォームはオススメする。しかし、寒い家を暖かくしてくれというのは不可能だ。

断熱改修リフォームとかよく言われていますが、結局のところ、リフォームではどんなにやっても今の時代の新築住宅のような暖かさにはならない。無理なんだ。正直言うとやらないよりもやったほうがマシ程度に暖かくはなる。でもその程度。

そして、今日の相談事で皆共通したのは60歳を超えてきたお父さん、お母さんの家を将来どうするのか?って話。リフォームのほうが建て替えるよりもお金がかからない。でも、新築そっくりさんのようにフルリフォームすれば直ぐに1500万円くらいはかかってしまう。

住む家族、人数が少なければ今のような大きな家はいらない。ならば小さな家で良いので、あと数百万円も出せば新しい家に建替えができる。それで、リフォームか、建替えかの話になるんだ。

私の世代、40代、50代の子供世帯は実家のリフォーム、建替えをどう思っているか?実は、結構な確率で田舎に帰ってくることを選択出来ない状況の子世帯は多い。また、帰ってくるにも昔ながら使い勝手の悪い古い家を残されても不要な家を残されるだけ。マイナス財産になってしまうんだ。

リフォームでお金をかけて、でも、それを維持するには古い家だからこその経費がかかる。子世帯にしてみれば迷惑な話になる場合が結構多い。そんな話し合いの場面を目の前で見せられることは少なくないんだ。

私もその一人。建て替えて18年になりますが、それまでの実家は築108年の昔の材木商が作った100坪はあろうかという時代劇に出てくるような土間のある商家でした。今の時代には同じ家はもう建てられないだろうっていう木で作られた家。同じように建てたら一体いくらかかるかわからない。無理だろうと言われた家。壊すのはもったいないと言われそのままに。建て替えの話を私が最初に聞いたのは私が13歳の時。でも、なかなか実現するには時間がかかり、結局それから17年後、私が30才になった年に解体して建て替えました・・・

柱や梁、銘木といういわれるものや神棚などはキレイに外して再利用。今の新しい家にも姿かたちを替えて使いました。いくら立派な家と言われても、その家を維持管理していくには相当なお金がかかる家だったからです。

私の時代は大丈夫かもしれないが、私の子どもたちの時代には苦労をかける建物を残してしまうことになる。それだけは避けたい。だから思い切って建て替えました。本気でこれからまた100年住めるように。
家というのは最初にしっかりと作れば長持ちします。築20年で価値のなくなる家もあるし、築50年でもまだ住める、もったいないと言われる家があるんです。

子供の世代にマイナスの資産を残してはいけない。新しいものを残せば、維持メンテが楽になるし、十年後、二十年後に実家に帰ることになってもそのまま住める。住まない家でも貸家にして税金を自分で稼いでくれることも考えられるだろう。つまり、負担を少なく持っていられるように考えなければ、あとを継ぐ人に迷惑がかかる。そんな考え方もある。

はたして、リフォームと建替え、どっちが良いのだろうか?
そんな考え方、話し合いがアチコチでされています・・・


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

Fantasy on Ice 2018

IMG_3523
今夜は娘にねだられたカタチになったアイスショーへ。
Fantasy on Ice 2018 幕張会場へ参戦です。娘、弥生は羽生結弦のファンなんだろう、先日の仙台のパレードも日帰りで行ってきた。オリンピックが終わって間もなくから、このアイスショーに羽生結弦が出るかどうか、賭けていたようだ。

IMG_3525
一般のS席とプレミア席、どっちがいいと思う?一緒に行かない?って私に聞いてきた時にパパは財布になっていました・・・当たるか当たらないかわからないチケットを取るなら、高くてもいい、絶対に最高の席だろう。中途半端な席に当たったらかえって後悔するから、外れたら潔く諦めろ。私の性格はこんなもの。

IMG_3526
もう私も忘れていた頃に、娘から連絡が・・・当たった!プレミア席。前から3列目。しかも、前に仕切りの壁なしだって。娘と奥様と私の三人分、当たっちゃったらしょうがない。初めてのアイスショーに参戦だ。ショー初日の今日はTVカメラもいっぱい!

チケットが決まった時には、まだ羽生くんの出演は決まっていませんでした。が・・・直前になって幕張会場に出演が決まったことがホームページで発表されて、もってるなーと。一部90分、休憩を挟んで二部も90分。約3時間もスケート見たの初めてでした。オリンピックで見ていた人が目の前を滑っていく様は感動モノでした。

IMG_3538
羽生結弦はすごかったですね。オリンピック以来のトリプルアクセル。が見ていても存在感があって王者の貫禄。とってもキレイだし、かわいいし。ショーと言うだけあってエンターテイメント性もバッチリで楽しかったです。ゲストアーティストは、CHEMISTRYMAY J.、バイオリニストの鈴木笑里。そのコラボもものすごーく良かったです!

会場は私が見るに99%が女性。男は数えられるかもしれないくらい。多分男は皆、私と同じスポンサーだね。そして年齢層高し・・おばさんいっぱい(笑)全会場をおっかけるファンもいるんだろうな・・・
娘に誘われなければスケートを見に来ようとは思わなかっただろう。結果、とても貴重な初体験をさせて頂いた感じ。キッカケって大事です。

女性の皆さんは皆、羽生結弦で大騒ぎでしたが、私はたくさんのスケーターの中で、意外にも安藤美姫がとってもキレイで目が釘付けでした・・・テレビと違うじゃん。スター性のオーラってあるんだね、やっぱり。


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

佐原ロータリークラブ、卓話

IMG_2430
毎週木曜日のお昼は佐原ロータリークラブの例会です。現役で仕事している私には、お昼の時間に開催される例会に出席するのは結構な日程調整が必要でして、毎回出席するのがなかなか難しい・・・しかし、今日は卓話を頼まれていたので早朝から資料作りなど準備をしていました。

先月プログラム委員会から卓話を頼まれた時に、イタリアに行ったことを話して下さいということでしたので、4月に行ったミラノサローネ、イタリア紀行を話させて頂きました。卓話という機会を頂いて、復習をしたような感じで、思い出して資料を作っていると改めていい旅行だったなーと思い返すことが出来ました。

世の中の流行はどこから生まれるのか?
ミラノ サローネ / Milano Salone

10分くらいの卓話と思っていたら・・・
20分も時間を下さいました(T_T)聞いてないよ・・・

Beatrix_h
ミラノサローネで感じたこと、いろいろありました。帰って来てから調べたことも。今日の卓話ではミラノサローネのこと、そして、このミラノサローネに出展をすることで世界的な大躍進をしたジャパニーズドリーム、福岡の家具メーカー「リッツウェル」の紹介もさせて頂きました。アリタリア航空の機内誌でも特集されていたんですよね・・

Ritzwell https://ritzwell.com/

そして、これから未来のキッチンの流行について。
昭和の憧れダイニングキッチンから平成のスタンダード対面キッチン、そしてこれからの流行はキッチンの大型化、リビング化、家具化が進むだろうと。

IMG_2633
最後の5分はイタリア観光のこと。
今回の観光で終わってみて私の記憶に一番残っているのは、やはり世界遺産「チンクエ・テッレ」ですね。

IMG_2656
1997年にユネスコの世界遺産に指定されてからの町の復活物語はとても興味深いものがありました。わずか21年でココまでになるのが世界遺産指定のチカラなんですね。

IMG_2609
今はもうセレブの地中海リゾートみたい。車では入れない村。

IMG_2584
また行ってみたい・・・


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

大きな石ゴロゴロ。佐原で着工

DSCN4290
割栗石が投入されました!

DSCN4272
今度は佐原、県立佐原病院の近くで新しい家づくりが着工しています。

DSCN4291
昔は当たり前にやっていた大きな石を割った、割栗石を基礎工事に使う工事。今はコスト優先の考え方からやっている会社は少なくなりました。大きな割栗石の代わりに駐車場に敷かれているような砕石を代用して基礎を作っている会社が殆ど。

DSCN4327
構造的、耐力的には変わらないとは言われていますが、現場を見ているとそうは思えないことも感じます。砕石は小さいゆえに地面に潜っていく性質がある。だから、昔の人は割栗石を使って地面をしっかりと掴ませて、その上に砕石を敷いて付き固めて基礎を作っていたんじゃないかと。

このブログで何度も何度も書いている「割栗石」
これは私のベンチマークでもあります。

割栗石を使うには、材料のコストもそうですが、大きな石を手作業で並べる手間がかかる。基礎工事にかかるコストが砕石使用の基礎工事に比べて高くなるんです。が、それを敢えて承知の上でやり続ける。それが今の当社の考え方。

いつも思うんですよ・・・
温故知新。

新しい技術、知識もよく検討したうえでいち早く採用する。しかし、昔から昔の職人たちがやってきたことは数値だけでなく経験によるところも多かったんではないか?そんな感覚的なもの、経験的なものは、きっと大事なことなんだと思う。代々続いてきた信用をつなげる、守るということに縛られている感も自覚している私は、そういう意識と勘をないがしろにすることが出来ないんですよね。昔ながらにこだわっている自分がいます。


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  

オレガ今から見せてやる

IMG_3377
ここ数ヶ月、私は金曜日の朝を楽しみにしています。
何故か?
ハマっている動画配信があるんです・・・

それは「東京カレンダー」という情報サイトの中の「港区おじさん」というコンテンツ。毎週金曜日の朝5時に新しいストーリーが更新されるんですが、今週でもう60話になりました。最初は1分間の短い動画配信だったのですが、最近は一話が長くなってきました。でも、面白い!1話まで遡ってずっと見ています(´∀`)

今私が大好きな大人が二人。
一人はテキトーすぎる男、高田純次。
そして、もう一人は東京カレンダーの船田さんです(´∀`)

img_20101015T180510765
60話には遂にタイガーマスクが登場しました。
見ているだけで元気になる、そんな動画シリーズ。
今回の60話は「オレガ今から見せてやる」
昭和の匂いのする話(笑)
まさかタイガーマスクのあの名言が出てくるとは・・・

少々思うところあり、私の毎週の楽しみ書いちゃいます。
東カレ、私の元気になる薬の一つです(笑)


「俺が何故勝ち目の無い試合をするのか?子供達が大きくなって世の中に出た時いくら全力を尽くしても幸せになれるとは限らない。それでも全力は尽くすべきだ。それが人間の生きる道だからだ。その精神を俺が今から見せてやる。たとえ勝ち目が無くとも全力を尽くすぞ。死ぬかも知れないが俺はやる」


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/  
facebook
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
過去の記事
Profile

小長谷 直弘

Twitter 小長谷直弘
okeichiをフォローしましょう
LINE公式アカウント
友だち追加
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログのQRコード
QRコード