9ff8e652.jpg私は今年の社団法人佐原青年会議所の理事長を務めさせて頂いているが、夕方、佐原とは兄弟JCの八日市場青年会議所の向後理事長より1通のメールが来ました。内容は先日少し聞いてはいたのですが、匝瑳市在住の8歳の男の子の心臓移植に関する募金の協力依頼だ。
千葉県匝瑳市の小学校3年生まさたか君は拡張型心筋症の重い心臓病にかかり、現在都内の大学病院にて闘病生活を送っているとのこと。医師から「生きる為には心臓移植しかない」という重い告知を受け、現在病魔は確実に進んでおり、時間の猶予はないという。移植手術受け入れ先は米国UCLA大学病院になっているが移植手術に関わる費用は保険がきかない為に莫大な金額で、とても個人で負担できる額ではないとのこと。目標金額は9500万円。まさたか君が早期に渡米し心臓移植手術が実現できるように、「まさたかくんを救う会」に協力・支援し、広く募金活動を展開する運動の支援を決めました。まさたかくんの命と夢をつなげるために、どうか皆様のご理解と温かいご支援をよろしくお願いいたします。
まさたか君は8歳、お父さんは39歳、お父さんは私と同じ年、まさたか君は私の子供と同じ年、とても人事とは思えません。是非協力したいと思います。皆様もよろしくお願いします。
詳しくは・・「まさたか君を救う会」のホームページをご覧下さい。