ware日刊木材新聞の記事に構造材の割れは瑕疵か?木材業者に責任説明はあるか?という記事があった。今更なんだよ!!と思いつつ、読んでみると、柱の割れが裁判になり、結果、木材業者の全面勝訴になったとのこと。当たり前だよ・・・と思うのは、我々業者だけなのか?

当社も構造材は集成材ではなく一本物の無垢の木を使用している。前にもココで書いたが、集成材が嫌いだからだ。柱には当然、芯もちの無垢材を使っている。無垢材を使っている以上、柱が割れるのは自然な現象として当たり前のことです。インターネットなどをみると乾燥が甘いからだとか、割れは良くないとか書かれているページもありますが、はっきり言って大きなお世話。だから大手ハウスメーカーの家はみんな集成材なんだよ・・・。クレームが怖いから。

 

ware021本の木で1本しか取れない芯もち材の柱は乾燥度が進むたびに割れてゆくのが普通。通常、大壁構造で柱が見えない状態で仕上がる場合は背割れも入れないでそのまま割れたまま使う。上棟してから完成までにも割れる。家が仕上がって住んでいるときにも割れる。当たり前。和室などの見える柱の場合は、壁の中に隠れて見えなくなってしまう面に予め背割れと言って割れを人工的に入れておく。そうすることで、どこに出るか分からない割れを予め入れた割れに吸収させようと予防するのだ。しかし、あくまで予防で、計算どおりいかないのが自然の素材だ。乾燥の甘い含水率20%以下に満たないグリーン材で家を造り割れてしまったのなら配慮に欠けるということで確かに責められてもしょうがないことかもしれないが、人工乾燥でも、自然乾燥でもちゃんと乾燥した材料を使っても割れが出てしまうことがある、それが本物の木を使うことのリスクで、常識だと思うのです。

新築なのに最初から柱が割れている!これは直してもらわなければ困る!そんなことを言う人に本物の木の家に住む資格はない。割れる心配のない、工業製品の集成材で家をつくればいい。私に言わせれば接着剤で木の木っ端を貼り合せた偽物の無垢材だ。本物の木を使えば、割れる、痩せる、隙間が出来る、反る・・ある程度は当たり前のことです。それでも良いものは良い、そんな余裕の持てる人に住んで欲しいです。木の家には。最近、当社にくるお客様から良く聞くことがあります。木の家に住みたくて、自然素材とか、木の家とか宣伝しているところに家を見て廻っていますが、木の香りのしない家ばっかりだと。当社の家に住んだ人は着ている服にまで木の香りが移るくらい木の香りがします。築5年経ったモデルハウスだって玄関ドアを開けた瞬間に木の香りがするという。

昨年、モデルハウスに来た一見のお客様で築5年も経つのに木の香りがするはずがない、木の香りのする香水でも使っているんだろうなんて本気で言っていた人もいましたが、使ってるわけがない・・・今まで本物を見たことない人だったんだな・・と思いました。割れを見つけたり、隙間を見つけたり、あら捜し?をして大工の腕が悪いなんていう人をみていて、この人は集成材の木の家で十分だと思ったことを思いだしました。もちろん、私が仕事をさせていただくことはなかったのですが・・。

本物の木は、割れます、痩せます、反ります、隙間ができます。自然素材はある程度住む人にも許容範囲が必要です。もちろん、程度の問題があるのは当然ですが・・・。

ちなみに・・・「背割り」についてはコチラ。



人気ブログランキングに参加しています。バナーをクリック!応援お願いします。