当たり前のことですが、すべての物には寿命があります。食べ物には賞味期限ていうものがありますね。これはわかりやすい。賞味期限が切れたものを捨てないでとっておく人はいないでしょう。しかし、食べ物でなかったら・・・

IMG_3262
あまり気が付かないのですが、家の中にあるもの、例えばトイレの便器。トイレに便器ってずーっと使い続けられると思っていませんか?私もそう思っていました。例えば、TOTOの便器本体は陶器ですから半永久に使えますね。しかし、ウォシュレットについては安全に使用できる期間は10年間とメーカーは見ています。

家の便器の蓋の裏側のシールを見たことがありますか?ここには書いてあるんですよ。
想定安全使用期間→10年(一般家庭に設置された場合)と。
そのまま使い続けると経年劣化による発火、ケガなどの事故に至る恐れがあると・・・

IMG_3271
もう一つ、パナソニック製の換気扇本体には、
設計上の標準使用期限→15年
そのまま使い続けると経年劣化による発火、ケガなどの事故に至る恐れがあると・・・

家の中にあるもの、もっと探したらたくさん出て来るだろう。10年一昔と言うけれど、実際の話10年はあっという間です。最近の家には必ず機械換気設備が義務付けられている。最初は伝えているし、言われても10年後、15年後のことは忘れているのが現実。

10年過ぎてくると確かに給湯器が壊れたり、食洗機が壊れたり、エアコンが壊れたり、テレビ・ビデオ等の家電製品が壊れたり、いろいろ故障が出てきます。今の家には24時間換気システムが設置されています。

メーカーがいう使用期限15年というのは、直ちに交換しないとならないというものではないのでしょうけど、10年、15年を超えて使用してきたものは既に寿命を迎える時期が来ているということを何となく想像しておいた方が良いのかな。

15年目というのは、メンテでも一番お金のかかる工事である外壁塗り替え塗装を考え始める時期でもあります。そうしたら100万円を軽く超えてくる。予め心の準備をしておいたほうが良さそうです・・・


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/