hikaekage oosaka
先日の関西の地震のニュースで大阪府の小学校のブロック塀が倒れて女子児童が亡くなったということについて、ブロック塀の作り方についての報道がたくさんされています。
高さ1.2m以上、つまり、6段以上のブロックを積む場合は控え壁というものを作らないとなりません。が、実際には作られていないブロック塀は多いです。

理由は主に二通り。
控え壁が邪魔になるのでいらない。
そもそも、控え壁が必要なことを知らない。
今回は市の所有、管理下にある公共建築物でしたが、後者でした。現実の現場はこんなものです。

img8-1024x342
高さ1.2m以上、普通のブロックが高さ20センチですから、6段以上になる場合は3.4m以内ごとに40センチ以上の控え壁を設けましょう。端からの距離は80センチ以内。
控え壁の高さはブロック本体の天端より45センチ下げまで。約2段まで下げて良し。
ブロック塀の全体の高さは最高で2.2mまで。

E38396E383ADE38383E382AFE68EA7E38188E5A381
民間工事で駐車場などにブロックを積む場合、控え壁の出っ張りが邪魔になるのでやらないで良いってよく言われます。7年前の東日本大震災でも私の近所の家の道路沿いのあるブロック塀が突然ぐしゃっと倒れるのを目撃しました。人が歩いていなくて良かったな・・と思ったものです。
今一度、安全というものについて考えましょう。この機会に・・・


---
桶市ハウジング公式HPhttp://www.okeichi.com
スマホ専用サイトhttp://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜http://limia.jp/user/okeichi/