冬本番中・・・寒い日が続きます。今週末はまた雪が降るとか。
県内各地の現場では外張り断熱工事の真っ最中の家が数件。白い発泡スチロールのような固い板状の断熱材で家を外側からすっぽりと囲みます。見た目、とてもきれいな断熱材の家です。

DSCN0088
旭市の現場は全国フランチャイズの商品「ZERO-CUBE」の3階建て、ペントハウスと屋上のある家ですが、外壁が高く白い外張り断熱材が張られ、すっぽりと家が包まれました。こうなると、断熱材一枚で囲っただけの家なのに、そこそこあったかさを感じます。凄いですよ、これ。

DSCN8475
家が完成したら見えなくなってしまうところですが、ここが大事なんだよね。ホントは。佐原で建築中の外断熱ソーラーサーキットの家も断熱材ですっぽり。大工さんがお茶や昼休みの時は家の中から出てこない。だって、外は寒いんだもん・・・

DSCN0076
もう一つ、先月上棟した平屋も屋根を外断熱で作っています。実は屋根を外断熱で作るってことは、2棟分の手間と材料、人件費がかかります。断熱材をサンドイッチするように屋根を2回、2層でつくるから。これも完成したら見えなくなってしまう、お金と手間をかけている部分。

しかし、これが家が完成して暮らし始めてからわかる快適さを作るツボの部分だったりします。比べてみなければわからないことかもしれません、が、人間の身体って結構よく出来ています。違いはわかるんですよね(´∀`)

稲田邸外観
今週末、2月10日(日)には千葉県富里市で完成してからでは見えなくなってしまう、建築途中の工事現場の一般公開の機会を設けました。構造現場見学会です。

家はとても高い買い物です。
一生に一度、また最後の終の棲家。
見た目だけ、宣伝や人から聞いた話だけのイメージだけでなく、実際に作っている現場を見るために足を運んで見てください。

どうせ見てもわからないから・・・
そう言っていたお客様たちが、最後には家の質感や存在感、高級感など、数値では表せない安心感を感じ始めてしまう。そんな家を作っています。

稲田邸案内図JPEG
日時:2月10日(日)10時〜17時
 予約不要
※セブンイレブン富里七栄東店の信号から入り一つ目を左折。公園の隣が現場です。

今回の家は注文住宅「杉の家」特別仕様。4LDK 40坪です。
この家には化学建材、薬剤、塗料などホルムアルデヒドなど有害物質を発生させるものは殆ど使いません。床、壁、天井の仕上げまで全て自然素材だけを使って仕上げます。

「昔あったものが全てある」
そんなイメージをもって設計した家です。まだ建築途中で内装仕上げもやっていません。木の香りいっぱいの現場を見に来ませんか?




心地のいい家
-----------------------------------------------------------------
※本を出版しました。全国有名書店で発売中!
心地のいい家で暮らしたい 本物の木と漆喰でつくる健康住宅
発行:現代書林 著者:小長谷直弘 定価:1,404円
Amazonで購入 → https://goo.gl/LqzbHG
-----------------------------------------------------------------
桶市ハウジング公式HP→http://www.okeichi.com
Nanakoの観察日記→https://ameblo.jp/okenanaeko
デザイン住宅LIFE LABEL→https://lifelabel-stores.jp/okeichi
YouTubeチャンネル→http://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイト→http://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜→http://limia.jp/user/okeichi/