IMG_0012
先日現場見学会を開催した現場に説明のために貼った資料にフィトンチッドの解説がありました。フィトンチッドとは、木が人に対して作用すると言われている成分の一つ。森林浴をすると気分がリフレッシュされたり、リラクゼーション効果を感じたりする、何となくわかりますよね。

昔々はなんとなく・・という感じでしたが、1930年頃に旧ソビエトのトーキン博士により実験で植物に傷をつけると、その付近にいる病原菌などの微生物が死んでしまうことを発見、植物の傷口から、微生物を殺す何らかの物質が放出されているとし、その物質をフィトン(植物)チッド(殺す)と名付けました。

自然界において木々や植物は、常に微生物などから侵される危険にさらされています。そこで自ら抗菌物質フィトンチッドをだして、外敵から身を守っていたのです。

微生物を殺してしまうフィトンチッド。しかし私たち人間にとっては、恩恵をもたらす物質であることが、その後の研究で分かってきました。

top-2-2-728x485
フィトンチッドの抗菌作用は、私たちの体内でも効果を発揮し、フィトンチッドを吸うことで免疫力を強化し、また呼吸を整え、疲労回復を促す効果もあるんです。そして、フィトンチッドは精神面でも影響を与え、興奮を和らげて精神を安定させます。脳内のアルファー波が出されるように働くことも分かってきました。

人間に嬉しい効果をもたらすフィトンチッド、良いことだらけですね。
森に出かけなくても簡単に普段の生活にこの癒しの物質「フィトンチッド」を取り入れることが出来ないか?出来るんですよね・・・木の家に住めば。

DSCN0331
フィトンチッドを生活の中に取り入れるには家の中に自然素材のもの、例えば木材製品を多く取り入れて接することで、フィトンチッド効果が十分に得られるのです。でもこれは感覚でなんとなく分かるもの。人工素材のものより木材の家具の方が癒しを感じますよね。

DSCN0323
先日の家は、ほとんどすべての家を柱をむき出しにする真壁構造で建築し、押入、収納の中やLDKの天井なども全て杉板を削った無塗装の木で作っています。もう現場の中は木の香りいっぱい。フィトンチッドがいっぱい出ています。

こんな家に住むと、やっぱりリラックスできるんだろうな・・・自分で作っていながらも羨ましいと思う家です(´∀`)

3月31日(日)に一般公開する家も、玄関ホール廊下まわりに無垢の杉板で腰壁を作ったり、LDKの壁を杉板で張ったり、木の香りいっぱいです。フィトンチッド効果、確かめに来ませんか?
詳しくは、当社公式HPで・・・http://www.okeichi.com

心地のいい家
-----------------------------------------------------------------
※本を出版しました。全国有名書店で発売中!
心地のいい家で暮らしたい 本物の木と漆喰でつくる健康住宅
発行:現代書林 著者:小長谷直弘 定価:1,404円
Amazonで購入 → https://goo.gl/LqzbHG
-----------------------------------------------------------------
桶市ハウジング公式HP→http://www.okeichi.com
Nanakoの観察日記→https://ameblo.jp/okenanaeko
デザイン住宅LIFE LABEL→https://lifelabel-stores.jp/okeichi
YouTubeチャンネル→http://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイト→http://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜→http://limia.jp/user/okeichi/