1051b71c
ここ一か月くらい新規のお客様の資料請求や問い合わせが続き、OB施主様やモデルハウスに来場した新規のお客様と話すことが多かったです。いろんな話をしたのですが、今このブログを書こうと思って記憶に深く残っていること、それは「残念な家」

何が残念か?って。。。
それは、住めない家を作ってしまうこと。
今思っていることと全く同じことを2010年のこのブログに書いている。9年たっても進歩ナシ?

当社に来てくれるお客様の殆どが、何かしらのアレルギーに悩まされている。気管支炎だったり、アトピーだったり、喘息だったり・・・。
昔は、喘息の子供ってクラスに一人いたか、いないか?って位だったのに、今は一クラスに5人、10人いることが珍しくない。何でだろう?

e382b7e38383e382afe3838fe382a6e382b9e59d8ae382842
私の末っ子も1歳半になる前に、実は喘息の認定書をもらってきている。冬になると週に何回か夜に救急でネプライザーをやりに行ったものだ。娘もプチ化学物質化敏捷である。

小学生の頃、成田の住宅展示場に行ってわかった。Sハウス、Sハイム、I工務店、S林業、Hハウス、全部ダメだった。15分くらいしかいられない。一番ひどかったのがHハウス。でも、今の家に引っ越してからまったく症状は出ていない。というか、直ってしまったようだ。

新聞やテレビの出来事と思っていたシックハウス。目の前で起こった事実。悔しくて、モデルハウスを薬剤や建材を一切使わないでも家が建つということを地元、佐原の人に知らしめたくて、実は意地で作った。

花粉症と同じように、化学物質化敏捷は、ある日、突然やってくる。うちの娘はハウスメーカーの家には住めない。どんなに綺麗でも、格好良くても、F4の建材、ビニールクロス、合板フローリングの家には住めないのだ。

ローコスト住宅とかデザイン住宅とか、子育て住宅とかいう安い家が元気いい。安いから当然だろう。しかし、どんなに安くても、どんなに格好良くても、どんなにいい設備が入っていても、住めない家はいらない。

木の香りのしない木の家、ニセモノです。

相場よりも安い家、化学建材のデパートです。

最初は良くても、住んでいるうちに花粉症のように、飽和して突然頭が痛くなる、目がちかちかする、なんとなく気持ち悪い、なんとなく集中力がなくなる・・・そんな家には住めない。

みんながそうとは限らない。
しかし、今現在、アトピーや気管支炎、喘息に悩んでいる人、お子様がいる人が、合板フローリング、建材、ビニールクロスの家に家族を住まそうと思っていることに、残念を感じる・・・。

住めない家は、ただでもいらない。

そんな思いや考えを記録に残しておきたくて作ったのが昨年出版した私の本「心地のいい家で暮らしたい」です。住宅業界にありがちな数値やグラフなどほとんどない。だから業界の人たちには物足りないみたいです。でも、業界の人に向けて書いてないから(´∀`)

忘れないで欲しい。
子供は住む家を選べない。
誰のために、何のために家を建てるのか、間違えないで欲しい。

子供は住む家を選べない
http://blog.livedoor.jp/okeichihousing/archives/51981988.html


心地のいい家
-----------------------------------------------------------------
※本を出版しました。全国有名書店で発売中!
心地のいい家で暮らしたい 本物の木と漆喰でつくる健康住宅
発行:現代書林 著者:小長谷直弘 定価:1,404円
Amazonで購入 → https://goo.gl/LqzbHG
-----------------------------------------------------------------
桶市ハウジング公式HP→http://www.okeichi.com
Nanakoの観察日記→https://ameblo.jp/okenanaeko
デザイン住宅LIFE LABEL→https://lifelabel-stores.jp/okeichi
YouTubeチャンネル→http://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイト→http://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜→http://limia.jp/user/okeichi/