04B4A1DF-5501-488D-AB78-29155ACA6654
連休二日目。会社としては休業日にしましたが、お客様はGW休みに入って家のこととか考える時間ができたんでしょう、資料請求や問い合わせの電話、メールが結構あります(^^)
結局、朝一から資料請求の発送や土地の問い合わせ電話の対応から始まりです…休みは午後からだな。

今日は午後から普段家にいない私の数少ない家族サービスになるのか…奥様がネイルに行くのに運転手でお出かけ。
連休前に5年ぶり半年待ちで納車した車を横目に
奥様「新しい車、運転したいでしょ」
私「ああ…いいよ」

ネイルが終わるまでの約2時間はイオンタウン成田富里店のフードコートの片隅でMacBook Airを広げメール対応やブログを書いたり、方眼紙を出して図面の下書きしたり、文庫本を開いて読書の続き…と、大好きなタピオカを片手にひと仕事。まあまあの充実した時間を過ごさせて頂きましたd( ̄  ̄)

ネイルを終えて帰ってきた奥様曰く
奥様「ゆっくり出来たでしょ」
私「ああ、一仕事できたよ」

ここはwifiも飛んでるし、ネットがつながればどこでも仕事できちゃう・・・まあ不自由はない。
うちの会社の電話は社内に電話に出られる人が誰もいない場合、約5回コールの後に私の携帯電話に転送されます。日曜祝日も早朝でも深夜でも関係なくです。
 
それはサラリーマン時代に勤めていた会社の社長から教わったこと。
「社長たるもの、いつ何時でも連絡がとれるようにしておくこと」

何故かわからないけど、当時二十代半ばの私が聞いた社長の言葉で記憶に残っているものの1つがこれだったんですね。その教えを忠実に守って創業以来ずっと私の会社の電話は私の携帯電話に転送されます。

8年前の震災の時も状況は同じ。自分は職人じゃないから、自分では何も出来ないかもしれません。でも、状況を聞いて確認し、職人さん、メーカーさんを手配し対応することはできます。
今の時代、どこまでワンストップで対応出来るか。面倒なこと、煩わしいことをどこまで寄り添って遂行できるか、そんなことが大事な時代になっていているのを感じます。



-----------------------------------------------------------------
※本を出版しました。全国有名書店で発売中!
心地のいい家で暮らしたい 本物の木と漆喰でつくる健康住宅
発行:現代書林 著者:小長谷直弘 定価:1,404円
Amazonで購入 → https://goo.gl/LqzbHG
-----------------------------------------------------------------
桶市ハウジング公式HP→http://www.okeichi.com
Nanakoの観察日記→https://ameblo.jp/okenanaeko
デザイン住宅LIFE LABEL→https://lifelabel-stores.jp/okeichi
YouTubeチャンネル→http://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイト→http://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜→http://limia.jp/user/okeichi/