DSCN0995
成田市久住駅前で建築中の当社のトップグレードの外断熱ソーラーサーキットの家、屋根断熱の工事が進んでいます。どんどん暑くなる夏、もう気温が体温36度を超えてもニュースになりませんよね・・・そんな日本の夏を涼しく暮らす工夫が屋根にあります。

DSCN1089
断熱の性能を表すのに数値だけで判断するのは正しいけど正しくないということも言える。それは体感できる性能かどうか。普通の家は充填断熱といって壁の中、屋根ではなく天井のすぐ上に断熱を施工します。特に真夏の太陽の高度は高い。屋根から差し込む熱は天井断熱の場合、部屋の天井直ぐ上までその熱が届いています。

DSCN1002
断熱材が頑張ってその熱を遮断して家の中に入れないようにしていますが、断熱材自体が自ら熱を持ってしまう場合も・・・だから、夜涼しくなるとその熱を家の中に放射して寝苦しい夏の夜になったりする。

熱は生活している部屋、空間の出来るだけ遠くで、建物の躯体の外側で遮熱するのが良い。それが同じ断熱性能をもった断熱材を使っても体感が全然違うということの秘密になる。
2階建ての家を想像して。2階の部屋は暑いでしょう?1階の部屋よりも。そういうことです。ザックリあらっぽく例えれば・・・

ここは、完成してしまえば見えないところ。ここまで考えて家を建てている人、選んでいる人はどのくらいいるか?もちろん、その価値観は優先順位によるものだから正解は皆違うけど。

DSCN0965
そして、屋根の野地板は杉の無垢板。ここも桶市ハウジング家づくりの特徴的なものになってしまいました。昔はみんなこうだったのに。今は殆どの家が屋根の下地の野地板に合板を使っています。屋根材がコロニアルや鉄板の場合は合板しか選択肢はないのですが、瓦屋根の場合は合板ではなく無垢の板を使うこと。これが私が学校で昔教えてもらったこと。

今の時代は見えないところで効率、コストが優先され、あまり効果が変わらないという理由がつけば安く早く出来ることが良しとされるのが現場です。その理由のつけ方に疑問を感じている部分がちょっとあるからな、自分は。
昔ながらの人がやっていたことにはちゃんとした理由があると思うんですよね。正解はどっちか?日々考えています。



-----------------------------------------------------------------
※本を出版しました。全国有名書店で発売中!
心地のいい家で暮らしたい 本物の木と漆喰でつくる健康住宅
発行:現代書林 著者:小長谷直弘 定価:1,404円
Amazonで購入 → https://goo.gl/LqzbHG
-----------------------------------------------------------------
桶市ハウジング公式HP→http://www.okeichi.com
Nanakoの観察日記→https://ameblo.jp/okenanaeko
デザイン住宅LIFE LABEL→https://lifelabel-stores.jp/okeichi
YouTubeチャンネル→http://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイト→http://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜→http://limia.jp/user/okeichi/