IMG_4337
5年に一度の法定講習会で千葉へ。
今日は私が初めて国家試験を受けて取得した「宅地建物取引士」の5年に一度の免許更新のための講習会でした。千葉県不動産会館で朝9時から夕方5時まで缶詰(T_T)

もう何回目の更新になるだろう?先日は会社の宅地建物取引業免許の更新で法定講習会を受け、今度は個人の免許更新で法定講習を受け、今年は免許更新の当たり年です。建設業免許の更新もあったっけ。

私が生まれて初めて取得したのが不動産屋をやるために大学3年生の時、21歳で受験した当時は宅地建物取引主任者と言われていた資格でした。昭和61年の10月にバブル時代が到来、当時は社員10人に1人が免許持っていれば不動産屋が開業できた時代。

私が受験した時は法律改正があって、5人に1人が免許を持っていないと不動産屋を続けられないという、今思えばかなり強引な法改正があった年でした。

試験に合格した私は不動産業の実務経験が全くないにも関わらず、免許を持っている人しか重要事項説明書を読み上げることが出来ず、契約行為が出来ないということでアルバイトでただ書面を読み上げるために呼ばれたことも。東京の不動産業界は当時は凄かったんだろう。若さゆえにその凄さがわからなかったものです。

私はそんなこんなで大学生の時に既に取得していた不動産屋への切符。その後は使うこともなく大学を卒業、専門学校へ建築の勉強へと進むのでした。それでも宅地建物取引主任者の免許更新だけはやっていたんですね。もう30年か・・・早いものです。

佐原に帰ってきて実家の材木屋を手伝い始めた時に、地元の不動産屋の先輩に「小長谷、免許を持ってるならもったいなから不動産屋をやれよ。保証人になってやるから」って誘われたのが今の桶市ハウジングの始まりです。

先ずは不動産屋で起業し、それから設計事務所開設、建設業免許取得という順番に免許を取得して事業を拡げてきました。そして先日は損害保険代理店の試験をパスして・・・今度はモデルハウスで民泊やろうかなーとも思っています。
世の中、どうなるかわかりませんね(´∀`)



-----------------------------------------------------------------
※本を出版しました。全国有名書店で発売中!
心地のいい家で暮らしたい 本物の木と漆喰でつくる健康住宅
発行:現代書林 著者:小長谷直弘 定価:1,404円
Amazonで購入 → https://goo.gl/LqzbHG
-----------------------------------------------------------------
桶市ハウジング公式HP→http://www.okeichi.com
Nanakoの観察日記→https://ameblo.jp/okenanaeko
デザイン住宅LIFE LABEL→https://lifelabel-stores.jp/okeichi
YouTubeチャンネル→http://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイト→http://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜→http://limia.jp/user/okeichi/