IMG_4456
台風一過。各現場の台風の養生を元に戻して工事再開、大雨の被害は如何に?手分けして皆で現場を回ります。幸いにも大きな被害はなく、一安心。先週末に介護リフォームで玄関アプローチのスロープ工事の段取りしたまま様子見だった現場へ。同級生の家です(´∀`)

うちは新築工事のイメージが強いので、介護リフォームのようなスロープ作ったり、手摺付けたり、また雨樋修理、外壁塗り替え、障子張り替え、畳表替え・・・小さな工事はやっていないように思われていることが多いです。が、結構やってます。

商売って難しいもので、新築でもリフォーム、増改築でも、手摺一本、電球交換から請け負っていますが、何でもやります、やってますっていう何でも屋のイメージを作ると大きな新築の工事依頼や問い合わせが減ります。

逆に、リフォーム専門とか、小さな工事、どこに頼むかわからない工事、何でもやります!ってイメージをもたれると、リフォーム修繕の仕事は依頼されても、大きな新築工事の依頼や問い合わせは減ります。

ようは今の時代は、何でもできるんですが、何でも屋のイメージを持たれるよりは、何かに特化した専門的な特徴をイメージしてもらった方が結果は良いみたい。

ただ、この業界にいるものとして言えるのは、今の時代の新築工事をやっている作り手は、基本的にどんなリフォームでも出来ます。しかし、リフォームしか出来ない作り手に今の時代の新築工事は出来ません。知識、技術などに求められているものが随分違ってきた時代になっているので・・・

今年は消費税のこともあるのでしょう、外壁塗り替えや解体工事などの仕事が結構混んでいます。工期のそんなにかからないリフォーム工事も今ならまだ8%で間に合うだろうし。土地もずいぶん動いています。これは空気感なんでしょうね・・・場所によっては土地の価格は高騰しています。

人口は減っているけど、世帯数は増えている。そんな現象。若い人たちが親と同居するわけでもなく、別に土地を買って自分たちだけの家を建てているからですね。

佐原で土地が欲しい方、または土地を売りたい方。
秘密厳守でお手伝いします。お気軽にご相談を。
相続関係の話、結構頂いています(´∀`)



-----------------------------------------------------------------
※本を出版しました。全国有名書店で発売中!
心地のいい家で暮らしたい 本物の木と漆喰でつくる健康住宅
発行:現代書林 著者:小長谷直弘 定価:1,404円
Amazonで購入 → https://goo.gl/LqzbHG
-----------------------------------------------------------------
桶市ハウジング公式HP→http://www.okeichi.com
Nanakoの観察日記→https://ameblo.jp/okenanaeko
デザイン住宅LIFE LABEL→https://lifelabel-stores.jp/okeichi
YouTubeチャンネル→http://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイト→http://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜→http://limia.jp/user/okeichi/