IMG_4737
久々に神栖市で開催した現場見学会、絶好の真夏日となりました。現場について家を前にしたときに、今日の暑さはやばいな・・・と思ったのは紛れもなく真実です(T_T)

しかし、さすが外断熱の家。建築中故にエアコンなんてあるわけがない。家の中に入った瞬間の感想ですが、暑いながらも遮熱の効果が家に中に入るとわかるんですね。顔のまわり、身体にまとわりつくモワッとした暑くて不快な空気感が少ない。この状態でもやっぱり違うんだなーと。

それでもずっと家の中にいれば暑いのは事実。現場用の扇風機が本領発揮。風を起こすと涼しい。なんか理科の勉強しているみたい。実際に外断熱の家を作っている立場の私ですが、外断熱の遮熱効果を実感できる機会もなかなかないです。現場で仕事している職人さんは体感でわかっているんでしょうね。

今日は当社の現場に初めてご来場されたお客様が半分。外断熱の構造がどうなっているのか知りたかった、実際にどう違うのか見てみたかった、そういうお話を聞くとやって良かったなーって思います。

夏の夜はどうして寝苦しいのか?どうして家の中の方が暑いの?外の方が涼しいのはどうして?犯人は日中に壁の中で断熱を頑張ってくれている充填断熱材です。日中に頑張ってあったかくなった熱を持った断熱材が夜の放射冷却現象で家の中に熱を放射するから・・・

壁の中に断熱材を入れず、空気層をもった家は、その犯人がいません。だから寝苦しい夜にはなりにくいという理由の一つでもあります。

夏は遮熱、冬は断熱。
換気は人のために、通気は建物のために。

家を科学しましょう。
そして感性に訴えかける家を作りましょう。
それが幸福感、満足感を感じられる第一歩です。

IMG_4560
ちょうど今、佐原の県立病院近くの現場では外断熱の工事の真っ最中です。まるで発泡スチロールの箱の中に住んでいるようです。

IMG_4559
見たらわかる感覚的なもの。大事です。

次回はどこかの町で完成住宅内覧会を開催します。
こうご期待!



-----------------------------------------------------------------
※本を出版しました。全国有名書店で発売中!
心地のいい家で暮らしたい 本物の木と漆喰でつくる健康住宅
発行:現代書林 著者:小長谷直弘 定価:1,404円
Amazonで購入 → https://goo.gl/LqzbHG
-----------------------------------------------------------------
桶市ハウジング公式HP→http://www.okeichi.com
Nanakoの観察日記→https://ameblo.jp/okenanaeko
デザイン住宅LIFE LABEL→https://lifelabel-stores.jp/okeichi
YouTubeチャンネル→http://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイト→http://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜→http://limia.jp/user/okeichi/