yomikikase_soft
香取市で運営している放課後児童クラブ、昔は学童って言っていたのかな・・・共働き世帯やシングル世帯、労働環境が昔と変わってきている中、必要な施策だと思います。実は今春から私の奥様が佐原の児童クラブの補助員として働いています。

子供たちも大きくなって手がかからなくなったし、会社も社員さんたちで十分手が足りている。数年前から週に何日か近くで何か縁があったら数時間パートに出て自分の時間を過ごしていました。春先に先輩から紹介を受けて始めた補助員の仕事もその一つ。

お義父さんが小学校の校長先生だったこともあり、小学校で働くことはどんな形であれお義父さんが喜ぶんじゃない?って始まった仕事でした。

が・・・最近私のところに聞こえてくる話はちょっと目や耳を疑うことばかり。出勤した日はかなりの確率で家内はひっかき傷や、痣を作って帰ってくることが多い。先日は暴れる子供を抑えて眼鏡を壊され、両方の腕には歯形やひっかき傷を作り、顎には打撲の青あざが。足の爪も割られて帰ってきた。

眼鏡を壊されたのも2回目。何万円もする眼鏡を子供に壊されて、報告した先生にはコンタクトにしたら?なんて言われたと。他の先生方もどうなの?って聞いたら、みんな暴れる子供を抑えるのに同じ。ひねられたり、かまれたり、ひっかかれたり、叩かれたり・・・さすがの私も堪忍袋の緒が切れた。

市役所の子育て支援課は現場の状況を知っているのだろうか?
当然、問題のある子どもは多くはないのだろうが、被害を受けて居るのは先生方や支援員、補助員だけではない。当然一緒にいる児童たちも多かれ少なかれ影響を受けているだろう。

私も気になってはいたけど、部外者が口を出すことではないだろうと静観していたが、自分なりに他の児童クラブの様子を聞いてみると、元気な子供たちですがそこまでは・・・と。

子供は地域の宝物。私は昔からそう思っていますが、誰でもかれでも受け入れなくてはならないのだろうか?毎日のように暴れ、先生方や他の子どもたちに傷を作り、痣を作り、迷惑をかける。そんなことを繰り返す子供を受け入れなくてはいけないのか?選別するのは難しいでしょうが…

無くてはならない場所だからこそ、その大事な場所を守らないとならないんじゃないかな・・・
市役所の担当課の皆さん、子育て支援を公約に掲げる議員さん、現場で何が起こっているのか見てみて欲しいものです。



-----------------------------------------------------------------
※本を出版しました。全国有名書店で発売中!
心地のいい家で暮らしたい 本物の木と漆喰でつくる健康住宅
発行:現代書林 著者:小長谷直弘 定価:1,404円
Amazonで購入 → https://goo.gl/LqzbHG
-----------------------------------------------------------------
桶市ハウジング公式HP→http://www.okeichi.com
Nanakoの観察日記→https://ameblo.jp/okenanaeko
デザイン住宅LIFE LABEL→https://lifelabel-stores.jp/okeichi
YouTubeチャンネル→http://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイト→http://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜→http://limia.jp/user/okeichi/