IMG_5202
佐原高校近く、県道沿いで建築中の平屋の家で外壁タイルの工事が始まりました。家の外壁には当社では標準仕様としては最も一般的でコストバランスも良い防火サイディングを採用しています。塗装も注文住宅「杉の家」では製品としては一番耐久性のある雨が降ったら汚れを落としてくれるというセルフクリーニング性能をもった光セラ塗装を標準設定しています。

昔の家の外壁塗装と比較すれば格段に良くなって耐久性も伸びていますが、どんなに良い塗装でも半永久的にメンテナンスフリーになる塗装はありません。必ずいつかは塗り替えの時期がくる。

昔は10年〜15年くらいで一度塗り替えの時期が来ると言われていました。昔の一番良い塗装でもそのくらい。今の時代の一番良い塗装を採用しても15年〜20年くらいの間には一度塗装をした方が良いとお勧めしています。

外壁のタイルは私が採用しているのは一社だけ。
メンテナンスフリーの磁器タイルしか私はお客様に勧めない。タイルにはせっ器質と磁器質の二つのタイプがあります。見た目はせっ器質の方が淡い良い色が出せる。しかし、当社のお客様がタイルを検討する理由は見た目ではなく、メンテナンス性だ。

せっ器質のタイルは吸水性が高く雨が降ると水を吸ってさらに重くなり、水分を吸うのでカビや藻が付きやすく汚れる。その風合いを楽しむという趣向があるんですが、当社で採用している磁器質のタイルは吸水性が殆どない、一般的には外部の床に使うような性質のタイルだから汚れないし、雨が降っても水を吸わないから重くならない。せっ器質のような淡い色合いは得意とはしていませんが、いつまでも変わらないキレイさを保ち、メンテナンスフリーとなるのは磁器タイルです。

外壁サイディングも、ガルバも、塗り壁も、いずれ15年から20年くらいの間に塗り替え工事の時期が来る。その際にかかるメンテナンス経費は軽く100万円を超えてくる。住み続ける限り何回塗り替えるんだろう?いつかは張替か?

そんなメンテナンス経費を30年、50年という長い時間のランニングコストと考えると、外壁タイルは最初にかかるイニシャルコストは高いけど、ランニングコストでは逆に安くなるんだよね。しかも、汚れないので50年経ってもキレイなまま。

私の自宅も新築時にはそのコスト増から、悩みに悩んだ外壁タイルでしたが、採用して正解でした。既に築19年目になりますが、汚れ一つありません。私の自宅の2年後に建築したモデルハウスは昨年外壁の塗り替え塗装工事をやって約150万円ほどのメンテナンス経費をかけています・・・

こんな仕事をしている私でも、モデルハウスとはいえ百万円単位のお金を捻出するのは億劫なことです。10年はあっという間に過ぎてしまうから・・・

もし、新築時に予算が許すなら外壁タイル考えてみて下さい。
20年後に笑えるために・・・

築15年くらいを目安に、OB施主様にそろそろ外壁の塗り替えの時期ですよーというハガキを一枚送っています。家のメンテナンス、忘れずに。タイル以外の外壁を採用された方は、15年〜20年くらいの間に一度再塗装をすることをお勧めします。 

タイルの外壁に興味を持った方は下記リンクをご参照ください。 

タイルの外壁は一生もの

リスクをとらない家づくり

200万円の価値感

外壁タイルの話



-----------------------------------------------------------------
※本を出版しました。全国有名書店で発売中!
心地のいい家で暮らしたい 本物の木と漆喰でつくる健康住宅
発行:現代書林 著者:小長谷直弘 定価:1,404円
Amazonで購入 → https://goo.gl/LqzbHG
-----------------------------------------------------------------
桶市ハウジング公式HP→http://www.okeichi.com
Nanakoの観察日記→https://ameblo.jp/okenanaeko
デザイン住宅LIFE LABEL→https://lifelabel-stores.jp/okeichi
YouTubeチャンネル→http://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイト→http://okeichi.com/gallery/
桶市のリフォーム〜Revoteリボテ〜→http://limia.jp/user/okeichi/