日下部邸外観写真
今度は香取市八日市場(旧小見川町)で現在建築中の6LDK、47坪の家の建築途中の構造現場見学会を開催します。注文住宅「杉の家」外断熱Ecoライフ工法。当社のダントツ1番人気の外断熱の家です。

今回は二日間開催で初日の10月17日(土)は予約制で1組ずつゆっくりと見て頂けます。二日目の10月18日(日)は一般公開で予約不要です。

kusa案内図20201009
一日目(予約制):10月17日(土)10時〜17時
二日目(一般公開):10月18日(日)10時〜17時 予約不要!
場所:千葉県香取市八日市場1029(カーナビ用)
※国道356号、Panasonic山本電機商会さん前を入る

K構造見学会チラシ20201009-02
台風や火災、地震などの災害に負けない強い家。
化学物質過敏症、喘息、アトピー、心疾患の方でも安心して住める家。
家中の温度差が少なくヒートショックによる死亡リスクを低減できる家。
そんな家の作り方、秘密を工事中の現場で公開します。

完成した家のオープンハウス、完成住宅内覧会はどこでも開催していますが、建築途中の現場を公開している作り手はなかなかいません。しかし、大事なのは完成してしまったら見えなくなってしまうとこがどうなっているのか?そこが一番大事なところ。

どうせ見てもわからないから・・・
そういわれる方が大半です。しかし、当社で家づくりをされているお客様の殆どの方は、建築途中の構造現場の見学会にご来場されています。

実際に家が作られる途中の過程を見て、材料や骨組みのガッチリ感、重量感、存在感に気が付き、断熱構造を見て省エネ断熱の効果、大事さに気が付き、木の香りを感じて数値に現れない心地よさと安心感を感じて・・・

一生に一度、最後の大仕事、千万円単位のお金をかけてつくる大事業です。あとでダメだった、そうわかるのは十数年後。

これからは人生80年、100年時代です。安く早く簡単に作って定年後に年金生活になってからもう一回建て替えするか、1500万以上もかけて大規模リフォームするか、それとも最初に良い家をしっかりと作って、少しのメンテを繰り返しつつ長く住むか。どちらかを選ぶ時代になりました。

家とは、どうあるべきか。
新築時のその差はたぶん、2,3百万円の違い。その違いが家の寿命の2,30年に匹敵する。その違いを最近の中古住宅の市場で実感しています。

築25年でも価値がなく解体前提で売買される家。築40年でもしっかりとして2,3百万のリフォームで生き返る家。その差が、新築時の家の作り方の差です。
完成したら見えなくなってしまうところ、大事なところをお見せします。ご都合つく限り、是非ご来場ください。もちろん、コロナ完成対策は完備です。





-----------------------------------------------------------------
※本を出版しました。全国有名書店で発売中!
心地のいい家で暮らしたい 本物の木と漆喰でつくる健康住宅
発行:現代書林 著者:小長谷直弘 定価:1,404円
Amazonで購入 → https://goo.gl/LqzbHG
-----------------------------------------------------------------
桶市ハウジング公式HP→http://www.okeichi.com
外断熱ソーラーサーキットの家→http://www.schs.co.jp/
デザイン住宅ZERO-CUBE→https://lifelabel.jp/lineup/zero-cube
YouTubeチャンネル→http://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイト→http://okeichi.com/gallery/