浜宿売地
佐原の街中、八坂神社の近くで土地の売買と空き家の売買が同時に決済となりました。ことの始まりは一昨年に開催された同窓会でのこと。50歳を過ぎて地元で不動産を扱っていると同級生の実家の処分を頼まれることが多くなっています。

今回は空き家になって10年余りが経過。人が住まなくなると家というものは急に劣化が進むものです。固定資産税をいつまで払い続けるか?経年劣化が進む空き家の管理責任をいつまで持ち続ければ良いのか?そんな悩みごとに決断を下すときがいつかくる。

今回は偶然にも、最初に売りに出すことが決まった同級生の土地の売買に伴い、裏側の道路がない袋地に建った古い家を一緒にまとめて買ってくれる方が見つかるという良縁に恵まれました。当時貸家になっていた裏の古い家も手前の同級生の家を売り出すために解体を始めたら、この機会にということで賃貸人が自ら引っ越しを決めてくれて一緒に売りに出すことが出来るようになったんです。

奥の家の娘さんも偶然ですが私の同級生の実家になる。今回は二人の同級生の実家を一緒に処分するということになったのです。

道路のない裏の古家がキレイに処分可能になるよう、手前の土地とニコイチにして売買出来るようにコントロールするため建築条件をつけて取り扱いさせて頂きましたが、皆が同じ方向を向くことが出来たので、買主様方も売主様も三方良しで丸く納めることが出来たのは奇跡的なことだったかもしれません。

今日の土地決済には、売主様お二人は京都と浜松から新幹線で駆けつけるという遠距離契約。まるでジグソーパズルのピースをはめるような不動産売買だったなぁと・・・
これからは、今回のように住まなくなって空き家になった家、実家、使わないまま固定資産税だけ払い続けている不動産のような負の遺産を子供たちに残さないようにと処分を考える方は増えてくるだろう。



-----------------------------------------------------------------
※本を出版しました。全国有名書店で発売中!
心地のいい家で暮らしたい 本物の木と漆喰でつくる健康住宅
発行:現代書林 著者:小長谷直弘 定価:1,404円
Amazonで購入 → https://goo.gl/LqzbHG
-----------------------------------------------------------------
桶市ハウジング公式HP→http://www.okeichi.com
外断熱ソーラーサーキットの家→http://www.schs.co.jp/
デザイン住宅ZERO-CUBE→https://lifelabel.jp/lineup/zero-cube
YouTubeチャンネル→http://www.youtube.com/user/okeichi
スマホ専用サイト→http://okeichi.com/gallery/