1713912470901
お早うございます。4,000円のオリンパス糸より器、半年悩んでようやく購入しました。




まず、「使う?」購入するも、使える?本当に出来る?一回きり?姿が昭和!? 等々思うところがありました。





YouTubeやブログにあげて下さるものの、使い心地良がイマイチわからずなまま、今回茶道用仕覆制作するにあたり、ダメ元精神でAmazonクリックしたのでした。





私は趣味で組み紐をすることもあり、仕覆(茶道具を包む袋)の長緒を自己流で編んでいます。その長緒をとめる つがり糸がなかなか手に入らず、刺し子用糸を代用する案もありましたが絹糸に拘りたい思いから 自ら制作することにしたのです。






オリンパスの糸より器、The 昭和。箱は意外と可愛いのになぜ(笑)。箱に使い方は書いていますが、私も何度か失敗しながら↑写真上のつがり糸が出来ました。これからつがり糸を制作される方へ、一発で成功していただけるよう書き記しておきたいと思いました。





①まず、組み紐用絹糸(270センチ)を使いました →仕上がり2メートル強取れました


②ヨリの中から一本ずつ絹糸を抜きます →6本どりを一組にして ✕3組用意します

※絹糸を抜く時は、一本ずつ中央から抜くのがコツです。


③6本をひと結びしたら、イスや組台に結びます。(オハシにかけて、テーブルに貼り付けるとあり、参考にしましたが、何度も外れ失敗原因となりました)


④糸より器のフックに反対の糸端を結び、3組の長さを揃えて引っ掛けます。

※短い糸で良い場合は、2つ折にして輪をフックにかけると楽チンです。


⑤糸より器のスイッチを下にロックし、3組の糸をそれぞれに回転させます。

※このとき、3組が絡まないように糸を真っ直ぐにします。


⑥回転数で糸の太さ、硬さが変わります。常に糸の張りをみながら1秒一回転程度に巻いていきます。

※つがり糸として、絹糸270センチ、6本✕3口、はじめに130〜140回転、さらに3口を絡ませて100回転〜130回転しました。巻く重さが変わる手応えがあります。


※もし、数か所ダマになった場合は指でしごくように馴染ませるとキレイになります。または、反転させほどいても大丈夫です。


⑦端をそれぞれにひと結びしておき完全です。




仕覆の糸は緒とつがり糸は同色にするというルールがあるようです。格のある濃茶用茶入等はルールを守りながら、プライベート用は好きな色、生地で愉しみたいと思っています。





さて、今度は袋部分を作りたいと思います。写真を載せれば良いと思いながら、オリンパス一人で巻くだけでも手が離せず、ごめんなさい。オリンパス糸より器、オススメです!! 好きな太さの糸が作れるって
感動しますよ。





1713912478624


1707622181329
こんにちは。お天気が気になる週末になりました。頭の中がモヤモヤしていた一つに、茶道具の一つ仕覆を作ると張り切ったものの、色・柄・格のイメージが決まらずにおりました。





1707622187663
長緒の色も渋めでいくか、古典でいくか、原色、パステル、暈しにするか、迷いに迷って決め手がなくてモヤモヤ、モヤモヤ。






「良し!これだ」






方向性が決まると早いのが私。トキメクものを見つけました。制作工程はまたこちらのブログやインスタグラムに載せていくことにします。型にハマらず自分のトキメクものを作りたいと思っています。






モヤモヤの中に、「お茶を愉しむ」ことにも迷いがあるのです。もしかしたら着付けを習いたいと思う方の中にも同じ迷いがあるのかもと思ったのでした。






例えば私であれば、巷で恐れられるきもの警察をなんとも思いません。なんなら真面目で一生懸命に学んでおられる方とお見受けします。それは、ここまでは型があり、これは崩して良いと言う境界線を自分で決めちゃう経験(強さ)があるからだと自らを分析します。






対して茶道については、境界線がイマイチわからない。まずきものに比べ経験値が低い。その世界の人が築き上げたことに土足で入ることになるのではないか、、、なんて考えだすと何をするにも躊躇してしまいます。守破離とは良く言いますが、基礎があるからオリジナルがあるのですけども。。。






若い頃には、そんな世界が嫌になり紅茶道に逃げた一人ですが、年を重ねるってそこも良さに思えるようになったりして面白いものです。そんな私が作る仕覆、茶道具はお叱りを受けるものになるかもわかりませんが、自分の欲しいものを作り、トキメクものを信じてみたいと思っています。






きものも規則やルールの中にも、トキメクものが欲しいではないですかね!私がお教室で作る指針は、人のために装う場合は人を思い、その場に合うものを選ぶことが心意気。日本人の良さがそこにあると考えます。逆に、自分のお出かけならば自由でいいじゃん。着たい色、トキメクことを大事にしようよ。胸のシワがあると間違いみたいな風潮、気にすることなんてないよ。と、思っています。






余生が見えて来ると、好きにさしてって気持ちが湧き上がりますね。今日もグダグダ内なる思いを書きましたが、共感いただける方の目に留まることを祈りながら仕覆を作りたいと思います。






自由と自分勝手とは別物です。門限があるから破りたくなる?あれ、違うか。規則があるから自由がある。ですね。このさじ加減が同じ人を同志というんでしょうね。

1712901762698
お早うございます。昨日のブログで、生徒さまNさんのお話を書きました。朝からNさんからもご連絡をいただき、あらためてお友達に感謝しなくちゃね!と連絡を取り合いました。






そして夕方、一通のショートメールに気付き開いてみると、Nさんの友人と言うのは私ではないでしょうか。と、メッセージが入っていました。






Nさんが連絡して下さったのかな?と一瞬頭をよぎりましたが、たまたまブログを開いて下さった時に目に留めて下さったようでした。






それはまるで和歌を詠み、返歌が届いたような気持ちになり遠距離恋愛が成就したみたいな喜びがありました。嬉しいという一言では纒められないが正解で、なんというか、たまたまの繋がり、一期一会、これがご縁というものかと不思議な気持ちになりました。







このブログの始まりは当時、人工透析をする叔母(第2の母)に私の日常が読めるようにと始めたものでした。愚痴を書くことや、やる気を宣言したり、子供の成長を記して言わば叔母への手紙、私の日記のつもりで書いています。成長した娘が仕事や育児で悩んだ時に、母である私の考えを参考にしてもらえたらとも思ってのことなので、どなたかにお読み頂けていることに、恥ずかしさと喜びが溢れます。







やっぱり、元気を頂けるのは人ですね。正直、このところ疲れが残るような気がしていました。それは、もう一人の叔母(子供がいない)の入退院や手術で一喜一憂することや、今後の話合い等が理由だと思います。それもあり、これもあり、仕事の方向性に迷いもありました、アクセルの踏みどころの迷いです。







「いける!」







不思議ですね。そんな時にはかならず誰かが力をくれる。いける!やれる!今だ!! これって自分一人の力では無理なんです。そのメッセージは私に元気をくれました。








話は変わりますが、明日は親友が神戸北野にてクレープSHOPをオープンさせます。この間、落ち込んでるから何も聞かないでと突然我が家に来た友達です。






「バタバタやってるね〜ん」







て、そう言えば言ってたけど、ソレやってたのね。オープン3日前に知らされました。(いつものこと)






「よ〜し、がんばるぞ〜!!」






人に疲れることもあるけれど、それ以上に人に元気をいただけることを私は知っています。もし今悩んでいたりする方がいらしたら、なぜかこの人といると元気になるなあ~と思える人と過ごしてください。自分で解決することなんていらないです。






Hさま、この度はご連絡いただきありがとうございました。今後もグダグダ心のうちを書き記して行くと思いますが、お目に留めていただけましたら幸いです。これを励みにがんばります。いつかお会い出来ますように。ありがとうございます。感謝、感謝









↑このページのトップヘ