2018年08月31日

公演のご案内を二つほど

ご無沙汰しておりますが、
現在は主に、9月上演のアマヤドリ本公演『野がも』の稽古中であります。

古典は常々やりたいなと思っていたのだけれど、
イプセン。
正直もともとイプセンはなんだか難しいなぁと
敬遠していた時期もありましたが、
この『野がも』で
イプセン先生すげえなと思い知らされたもので、
楽しみがたくさんです。
この戯曲の面白さはもちろん、
今回の座組のメンバーで作る『野がも』の
今作こっきりの面白さを存分にお届けしたい。

今、現代日本を生きる僕らが観るからこその面白さがある。
そこは古典だもの本自体の強度は確かだし、
なにもそれをわざわざこねくり回す気は毛頭ないのだけど、
ホントちょっとしたことで受け取る印象って変わる。
前の稽古ではめっちゃ笑ったし。
いやー、どうなるか楽しみ。

どうぞ楽しみにしていてください。
上演時間は長いからご都合たいへんかとは思いますが、
ぜひ劇場で見ていただきたいなと思っております。

アマヤドリ本公演
『野がも』
作:ヘンリック・イプセン
翻訳:毛利三彌
上演台本・演出:広田淳一
2018年9月20日(木)〜10月1日(月)
@花まる学習会王子小劇場
【日時】

9/20(木)19:00★

9/21(金)19:00★

9/22(土)13:00★/19:00★

9/23(日)13:00/19:00

9/24(月)13:00

9/25(火)休演日

9/26(水)19:00

9/27(木)13:00◎

9/28(金)19:00

9/29(土)13:00/19:00

9/30(日)13:00

10/1(月)13:00

★…前半割

◎…平日昼間割


【料金】
一般 4200円
学生 2700円
前半割引 3300円
平日昼間割引 3800円
フリーパス 8000 円
プレミアム・フリーパス 13000 円

【ご予約】
http://ticket.corich.jp/apply/93496/014/





そしてこちらはすでに東北公演を終えて東京公演になります。
TOHOKU Roots Project 音楽の時間
『イーハトーヴの途中』
構成・演出をしている音楽ライブでございます。

構成・演出って何やってんの?
とよく聞かれるので一応書いておこうかと。。

ライブではあるのですが、
出演している宮城出身の広瀬咲楽と
ピアニストの立石一海さんと
今回のライブの選曲からいろいろと話し合い、
それぞれの曲や歌詞にある背景や想いなどをかき集め、
今回のライブを
一人の少女が過去から現在そして未来へ向かう過程として構成しました。
だから見方によっては音楽劇にも見えるかもしれません。
しかしまあ、僕としては
ライブの一つの形みたいに観て聴いて感じて
いろんなことを想像してもらえたらいいなと思っております。

こちらは昨年作ってから今年再演という形で回っておりますので、
より強度の増した良いステージになっております。
特に咲楽は若いから、
一年で目を見張る成長をしやがるので恐ろしくも面白い。

会場も演劇ではあまり行くことのない素敵な空間ですので、
どうぞお楽しみに。
ご来場お待ちしております。

TOHOKU Roots Project 音楽の時間
『イーハトーヴの途中』
構成演出で参加
2018年9月6日(木)〜9日(日)
@下北沢アレーホール

9/6(木)19:00〜
9/7(金)19:00〜
9/8(土)14:00〜・18:00〜
9/9(日)14:00〜

詳細は
http://tohokurootsproject.wixsite.com/tohoku-roots-project



同時進行なもので長々となりましたが、
近況のお知らせとご案内させてもらいました。
どうぞお気にかけていただけると幸いです。




【出演情報】

アマヤドリ本公演
『野がも』
作:ヘンリック・イプセン
翻訳:毛利三彌
上演台本・演出:広田淳一
2018年9月20日(木)〜10月1日(月)
@花まる学習会王子小劇場
詳細は
http://amayadori.co.jp/

TOHOKU Roots Project 音楽の時間
『イーハトーヴの途中』
構成演出で参加
2018年9月6日(木)〜9日(日)
@下北沢アレーホール
詳細は
http://tohokurootsproject.wixsite.com/tohoku-roots-project

oken2dry at 22:09|PermalinkComments(0)

2018年05月30日

ダルカラ先行予約につき

今年に入ってから、
とてもやりたかったお仕事がスケジュールの都合で受けられなかったり、
いろいろあって直前で現場が一つなくなったりして、
結果ひさびさに一月近く稽古のない期間を過ごしておりました。

ひさびさに観る映画やドラマもかなり刺激になり、
舞台も良いものをたくさん観れたし、
新旧様々な人たちと会って話せた。
急遽やることにしたワークショップでは、
予想以上に自分でもうっかり忘れてしまいそうなことを確認することができて、
つまり、
いい感じで本番に飢えてきてる。

そして満を持してのダルカラの稽古。
生まれ故郷の『福島』を題材に、
ダルカラの活動再開公演でもある本作品に、
僕の思い入れも特別なものがある。

演劇をするよ。
想像し体感する瞬間を。
いろいろな人が生きている世の中で、
そんな人間たちのことを想像すらしない大人、
想像した結果、自分の正義だけを守ろうとする大人、
想像すればするほど、炎上を恐れてあたりさわりなく振る舞うことに長けてしまう、
そんなことばかりやけに見聞きする世の中ですが、
僕たちは演劇をします。
それは選択です。
何かを選び取らずに何かを表現することなんかできるもんかい。
1961年福島。
そこにいた『人間』をやります。

DULL-COLORED POP第18回本公演/福島3部作・第1部先行上演
『1961年:夜に昇る太陽』

先行予約が始まっております。
日によっては先行予約分が残り少なくなってきているようです。
5月31日まで。
明日だね。笑
お急ぎくださいませ。
詳細はこちら
http://www.dcpop.org/

劇場が素晴らしい空間であるように。
おまちしています。



【出演情報】
DULL-COLORED POP第18回本公演/福島3部作・第1部先行上演
『1961年:夜に昇る太陽』
2018年7月7日(土)・8日(日)
@いわきアリオス小劇場
2018年7月21日(土)〜8月5日(日)
@こまばアゴラ劇場
詳細は
http://www.dcpop.org/category/next/










oken2dry at 14:02|PermalinkComments(0)

2018年04月28日

5月のワークショップついてちょいと

ワークショップに関してちょこっと。
今回の『テクニックだけのワークショップ』は、
まだ芝居を始めて間もない人や、
もっと上の人たちと共演したい人たちに来てもらいたいと思っている。
内容と会場の都合上、
あまりたくさんの方に参加いただけないのだけど、
なるべくたくさんの人と共有できるといいなと思っている。

最近は割とたくさんWSを受ける機会が増えてきてるし、
良いWSもたくさんある。
そういった機会に自分に多くのモノを吸収するためにも、
そのために必要な意識や技術はたしかにある。
一つの現場を同じくした俳優が、
その違い一つでその後の成長が違ったりする。
そんなことをよく見てきたし、
気付いてない人は変わりようもないのも良く分かる。
正直その変わりようもない姿を見るのはつらい。
だから基礎の基礎として、
そういう役者として成長するための基本的なスタンスを確かめる機会になるようにしたいと思っている。

ある意味以前やったことのある『スパルタ編』よりも厳しいのかもしれない。
厳しくするということではなくて、
厳しいことを突きつけるという意味で。

宝石はそこら中に転がっている。
どんな世界もそれに気づける人が輝きを手に入れていくのだなぁと、
最近よく感じるのです。

よき仲間を手にできるワークショップにしたいと切に思っております。



『テクニックだけのワークショップ』
【詳細】
5/22(火)13:30〜21:30
『テクニックだけのワークショップ〜身体と言葉に気づく〜』
5/25(金)13:30〜21:30
『テクニックだけのワークショップ〜役と関係に気づく〜』
@都内スタジオ
定員:参加・見学ともに5名程度
参加資格:プロ・またはプロを志す俳優
参加費:各回\4000
見学費:各回\2000
※基本的にお申し込み順の受付ですが、応募多数の場合は両日参加の方を優先させていただきます。

【お申込み】
・お名前
・連絡先(テキストデータの受け取れるメールアドレス)
・参加・見学の希望日時
を明記の上、
info@oharakenji.com
までご連絡ください。




oken2dry at 17:35|PermalinkComments(0)
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ