livedoor blog 音楽 - 洋楽 / tenclubwikipedia.org-Pearl Jam-
パールジャム(Pearl Jam)を中心に音楽のはなし。このblogのトップ
Pearl Jam LIVE動画アルバムレビューtenclub入会方法official bootlegに関する質問&おススメetc
Backspacerのボーナストラック・ライブ内容のプチ解説PJ20-ライブレビュー9/3PJ20-ライブレビュー9/4

2018年08月22日

シアトル観光(?)あれやこれや 

多少は観光もしたのでそのあたりも備忘録的に・・・。

シアトルの治安ですが、おおむね良いとされていますが大麻解禁や格差の広がりなどの事情からホームレスが増えています。
2009年、2013年とシアトルに行ってますが、この5年でやや事情が変わって来たという事でしょうか。
夜も9時を過ぎると飲食店も閉店になる所が多く、ファーストフード店にはちょっとキマってるホームレスがたむろしていたり、やや旅行者にはハードルが高くなりますので、基本的に早寝早起きをw
もちろんそういう事情をふまえてパールジャムはHOMESHOWSなるものを銘打ったんでしょうが。

ダウンタウンメインに考えると3rdアベニューがメインで、ユニオン、パイク、パインストリート周辺を中心に動く事になるのでしょうか?

1)
空港からダウンタウン
空港ではパールジャムのポスター展をお見逃しなく!
Link light railで手軽に移動出来ます。ここでorca(オルカ)カードを購入しておきましょう。
orcaは日本で言うSuicaみたいな物でLinkやバスで使えます。2時間以内ならバスは乗り換え無料。バス移動はシアトル旅行の中心になるので必須アイテムです。
バスは前払い。カードを所定の場所にかざすと残高が表示されます。現金の場合はおつりはありません。

2)
Inn at Queen Anne
自分が利用した宿です。簡易キッチン付きで徒歩3分程度で24時間のメトロポリタンマーケットがありますので自炊も可能。
2日ほど魚と肉を自炊しました。
シータックからはLinkでユニオンあたりで降りて、バスに乗って1st Ave N & Republican Stで降りるとすぐ着きます。
近くにはレストラン、酒店、 Dick's Drive-Inという格安ハンバーガー店などもあり食事には困りません。
先に記載した治安面でいうと、さほどそのような雰囲気は感じず12時頃にスーパーに買い物にも行けるレベルです(但し複数人、男性含む)。

3)
セーフコフィールド
今回の旅行のメイン。5回行きましたw
バスで 3rd Ave & Bell Stあたりから21番に乗ると球場前まで行けます。

帰りなんですが12時を過ぎるとLinkが最終になったりして乗り過ごす可能性もあります。
実際のアナウンスは聞いていませんが、イベントの時は遅延や臨時便が出ているのかもしれません。というのは明らかに自分たちよりもあとに駅についている人が大勢いたからです。

ダウンタウンまで帰って来れたらDラインのバスが夜中3時頃まで走っています。イベントがあればそういう帰りがけの人もいますが、そうでない場合はやはり外出は避けておきましょう。

4)
スペースニードル
公演、美術館なども併設しているシアトルセンター周辺の名物ですね。キーアリーナやKEXP近くにあり、先述の宿の隣にあります。
モノレール(オルカは使えません)の終着駅でもあります。バスでも、昼間なら徒歩でもまあ適当にw

5)
amazon go
無人レジコンビニ。7thアベニューとブランチャードストリートのちょい南東。
まあ、何事も経験という事で。

6)
フリーモントのトロル像
フリーモントはチョコレート工場があったり、雑貨店がならんでいたり面白いスポットですが、個人的にはガスワークスパークの行き道w

7)
ガスワークスパークス
Drop In the Parkとしてtenのコレクターズエディションに付いていたライブはもともとここで行なわれる予定でした。
アリスインチェインズなどもライブをしており、いわゆるグランジマップの観光所ですね。犬の糞に注意。

8)
Easy street records
クイーンアンのお店は数年前になくなってしまいましたが、本店はもはや聖地的に生き残っています。
バーを併設。CD、レコード、グッズが売られています。
ダウンタウンからは55番のバスやCラインで。バスで30分以上かかりますので、店内を満喫する時間と行き帰りには余裕を持って。

9)
クロコダイルカフェ
2ndアベニュー、ブランチャードストリート周辺。ゲームの大会までやっててビックリしましたw

10)
ボーイング工場見学
写真はAmes Bros特設コーナーの壁ですw
バスでも行けなくはないですが、それだと2時間コースなのでさすがにこれはウーバー(Uber)を利用。

ウーバーはタクシーなんですが、行き先を設定すればスマホアプリから呼び出せて、値段も確認出来、アプリによるカード決済なのでその場での支払いも発生しません。チップなどもその場で渡す必要がありませんので、チップ文化に慣れない日本人としては良い乗り物だと思います。

もう本当に、普通のお兄さん、お姉さん、おっちゃん、おばちゃんが普通の乗用車で送迎してくれます。
込み具合などでレートが変わりますが、その時は片道50ドル前後でした。
野外会場のライブだと車必須の状況も多いですが、ウーバーを利用すれば行けるのではないかと思っています。

ということで今回行ったのはこのあたり。

他グランジマップ的はハンガーストライクの撮影地であるウェスト・ポイント・ライトハウス(割と歩きます)やサウンドガーデンのオブジェがあるマグナスン公園(関所みたいなところで受付を)など前回の旅行で行った所もありますが、それは割愛。それもバス移動です。

サブポップストアは夜中だったので閉まってた。シングルスのアパートも結局行かなかった。またいずれ。

※経路で”あたり”と書いているのはひとつふたつずれても経路内だったりするため少しボカしています。現地では一応確認を。
※海外旅行は基本的に夜には(ひとりで)出歩かない事や、人気のない通りは避けるようにというのは基本です。それを踏まえて書いています。

補足
今回の旅行ではiPhone SEにamazonで購入したSIMカードを購入して使用していました。普段はいわゆる格安SIMを使っていますので、キャリアによる海外サービスはありません。ポケットWifiのレンタルもシカゴでは使いましたが、荷物がかさばるのでこちらにしました。快適に使えましたし、Google mapはフル利用、SNSに画像を20枚程度アップしましたが容量も問題なし。参考までに。


place


HOME SHOWSのグッズのあれやこれや

今後自分がまた行く時に、または初めてパールジャムのライブを見に行く際にグッズもストレスなく買いたいという方のためにグッズの事を少し。

パールジャムのライブのもうひとつの醍醐味はポスターやその日限定のTシャツを手に入れる事で、特にポスターは古くからファンの間では争奪戦が繰り広げられていましたw

今回ライブが8日、10日という日程でしたがグッズは5日から販売開始でした。
一昨年リグレーに行った時、予備知識なくグッズ購入に炎天下の5時間待ちという非常に苦しい思いをしましたので、今回は対策を対策を立てて行くようにしましたが、結局色々振り回されてライブは2日間ですがセーフコフィールドには5日通うはめにw

5日、6日、7日、9日、11日は12時から販売。9時以前に並ばないようにという注意書きあり。
8日、10日は9時から販売開始。7時以前には並ばないようにという注意書きあり。

他のアリーナ会場でのライブは基本的に会場内や、会場前のブースで当日正午ぐらいから販売される事が多いのですが、スタジムツアーでは屋外にグッズ売り場を設けてこのようなスケジュールで発売される事がほとんどです。
だいたい公式のSNSアカウントで発表されますので、確認しておいて下さい。

で、現状どのような感じだったかというと

1)
列の並び始め開始時間(7時、9時)から1時間以内に行けば”第一陣”で購入出来ますのであまりストレスなく購入出来ます。
シアトルでは簡易トイレが用意されており、近くにドーナツ屋もありましたのでまあ日差しなどの天候対策だけすれば問題ないと思います。
セーフコの周りはシカゴよりもあまりお店が少ないように感じたのですが、検索する時はドーナツとかピザとか具合的なアメリカンな食べ物の品名で検索すると良いでしょう。

2)
グッズは人気のポスターやステッカー、トートバックなどで売り切れがありますが、一応補充されます。
そのタイミングは判りませんが(そのため5日も通うはめに)、自分の知る限りポスターは2回、ステッカーは1回補充されていました。
(売り切れ表示はしてくれません!不親切!!)

3)
セットリストTシャツはもはやスタジアムライブの定番となっています。
ライブの翌日に販売されますので、帰国の日程はライブの次の日だとしても出来るだけ遅い時間に設定しましょう。
※数に限りがありますので、1)で書いたような列の並び始め1時間以内に並ぶようにすると確実です

4)
購入数に特に制限はなかったようですが、ステッカーは3枚までというのは明確になっていました
これ、チケットホルダー以外も買えるので転売ヤーが来てる可能性もあるんですよね。まあ、まありの話や雰囲気からほぼチケットホルダーのようでしたが。
球場内でも一応販売されていますが、特にGAだと荷物になるし基本的には販売同時に購入して、ホテルに一旦持ち帰るというのが得策でしょう。

5)
番外:HOME SHOWS仕様のビールはイージーストリートレコードのバーやスーパーの酒売り場に。HOME SHOWS仕様のTheoチョコレートはフリーモントに。ボーイングにAmes BrosのコラボTシャツがありました。

ということで、せっかくの海外旅行という事もありますが、グッズをしっかり手に入れたいのであればライブを除き1日のうちの5時間程度は潰れる事を覚悟しましょうw

goods

2018年08月20日

THE HOME SHOWS Safeco Field Aug 8&10,2018

待望の(?)シアトルでのスタジアムライブ。
ホームショーと銘打たれたこのイベントに行かないわけにはいかないと、発表から数日で宿と飛行機を押さえ(シーズンなので半年以上前でもそこそこ高い!)予定をやりくりして行ってまいりました。

タコマ空港に着いたらライブのイベント告知がでかでかと貼ってあったり、いきなりテンションもあがりまくります。

Safeco Field Seattle, WA Home Show #2 Aug 10, 2018 Set List
Walk On Music: Aye Davanita (from Vitalogy album)

1. Long Road
2. Release
3. Low Light
4. Elderly Woman Behind The Counter In A Small Town
5. Corduroy
6. Go
7. Do The Evolution
8. Throw Your Hatred Down-(Young)
9. Mind Your Manners
10. Lighting Bolt
11. Given To Fly
12. All Those Yesterdays
13. Even Flow
14. Help-(Lennon, McCartney) (Ed solo on electric guitar) single verse and chorus not complete song
15. Help, Help
16. Black
17.  Setting Forth
18.  I Am A Patriot-(Van Zandt) [fast version] (Ed takes a long thoughtful pause after bridge before going back into the chorus)
19.  Porch (EV goes to the barricade for the end)

Encore Break One

20. We Are Gonna Be Friends-(Jack White)
21. Nothing As It Seems
22.  Let Me Sleep
23.  Breath
24. Again Today-(Carlile) with Brandi Carlile
25. State Of Love And Trust
26. Rearviewmirror

Encore Break 2

27. Wasted Reprise
28. Better Man /Save It For Later-(Charley, Cox, Morton, Steele, Wakeling)
29. Comfortably Numb-(Gilmour, Waters)
30. Alive(全員がフライングV)
31. I’ve Got A Feeling-(Lennon, McCartney)
32. Rockin' In The Free World-(Young)
33. Yellow Ledbetter / Little Wing-(Hendrix)


1日目。自分にとって20回目となるパールジャムのライブですが、ついにLong Roadスタートのライブに遭遇する事が出来ました。続いてReleaseと来たもんだからたまりません。

Elderly Womanあたりはやっぱり会場がひとつになるわけでして、とりわけシアトルでのElderly Womanという所に色々な思いを巡らせるのです。

ご存知の通りこのシアトルでの「ホームショー」はシアトルのホームレス救済という運動も含まれており、ライブにまつわるグッズも売上げの一部を寄付金に回したりされています。
Dick's Drive-Inというお手頃価格のハンバーガー屋があるのですがそこでもこのホームショーによる支援がなされているという表示がありました。

まあ、そういうちょっと重めのMCを挟みながら始まったEven Flowはおそらくパールジャムのライブ史上一番盛り上がりに欠けたEven Flowではなかったかと思います。ヒットソングではあるものの確かに曲の意味を考えると能天気に盛り上がる曲ではないんですけど、ライブにおけるキラーソングをこんなに重い物にしてしまうとは・・・。
グッズにあったトートバッグがEven Flowのジャケであるのはこれら一連のお話と関係があるというのは言うまでもありません。
(チケットの売上げだけで1100万ドルを集め、そのうち990万ドルを寄付したとの事!)

その後の曲目を見ても多少メッセージを感じるセットリストだなあと思わなくもありません。

まあ、実際にライブを見ているとそういう事はあまり多く考えずBreathとState Of Love And Trustが同じ日に演奏されたり(間のデュエットいらないw)でテンションはどんどんあがって行くわけです。
I’ve Got A Feelingあたりから客電もついて先のヨーロッパツアーで心配されたエディの調子もすこぶる良く、3時間、30曲超の「いつもの」パールジャムがそこにいてホッとした感もありました。



Safeco Field Seattle, WA Home Show #2 Aug 10, 2018 Set List
Walk On Music: Aye Davanita (from Vitalogy album)

1. Oceans
2. Footsteps
3. Nothingman
4. Why Go
5. Brain Of J.
6. Interstellar Overdrive-(Barrett, Mason, Waters, Wright)
7. Corduroy
8.  Rats
9. In Hiding
10. Whipping
11. Even Flow
12. Missing-(C. Cornell)-song was originally part of the Poncier tape that Chris made for the film ‘Singles’.  
13. Daughter / WMA / It’s Ok-(Cole)     
14. Immortality
15. I’m Open
16. Unthought Known
17. Can’t Deny Me
18. Do The Evolution
19. Lukin
20. Porch

Encore Break 1

21. I Won't Back Down-(Lynne, Petty)
22. Thin Air
23. All Or None
24. Better Man /Save It For Later-(Charley, Cox, Morton, Steele, Wakeling)
25. Crown Of Thorns-(Mother Love Bone, A. Wood)
26. Kick Out The Jams-(Davis, Kramer, Smith, Thompson, Tyner) with Kim Thayil 
27. Spin The Black Circle(dedicate this one to Sub Pop records number 30)
28. Rearviewmirror (false start) / Fernando-(ABBA)-30 seconds
29. Rearviewmirror

Encore Break 2

30. Crazy Mary-(Williams) / Paint It Black-(Jagger, Richards)
31. Jeremy
32. Leash
33. Search And Destroy-(Pop, Williamson) with Mark Arm, Steve Turner and Kim Thayil
34. Sonic Reducer-(Bators, Blitz, Chrome, Magnum, Thomas, Zero) with Mark Arm, Steve Turner and Kim Thayil
35. Alive
36. Baba O’Riley-(Townshend)
37. Yellow Ledbetter


2日目。21回目のライブは「ホームショー」の名にふさわしい豪華かつ感慨深いライブでした。
個人的には真っ先に飛び込んで来たのがマットキャメロンがサウンドガーデンのTシャツを着ていた事。初期のロゴやつ。
「あ・・・!」と思いながら前半のツボをついてくる選曲がなんかそれをにおわせる感じがなくもないなと・・・・。

なんて思ってたらクリスコーネルのカバーをいきなり・・・。しかもMissing。正直会場内ではしっかり理解していたファンは少なかったようでやや微妙な雰囲気になっていました。おそらく数年前のTemple Of The Dogでも披露された事も含めての選曲なのかもしれません。
パールジャムがクリスコーネル(サウンドガーデン)の曲をステージでするというのは個人的にはないんじゃないかなと考えていただけに、彼らの中でひとつ区切りを付けた(が付いた)事のあらわれなのかもしれません。

アンコール一発目はエディの弾き語りでトムペティを追悼。2006年あたりには数公演一緒にライブをやったりしていましたね。
ライターは持ち込み禁止ですので、スマホのLEDを使って灯をともすのがいかにも現代風。
でもなかなかに圧巻の光景でした。

個人的はハイライトのひとつはCrown Of Thorns。ライブでは言及しませんでしたがやはりアンドリューウッドへの思いはここシアトルで表明したいという彼らの意志ではないでしょうか。同時期開催のMOPOPでのパールジャム展におけるアンディコーナーなどやはり関連はあるでしょう。

少ししんみりしていたらなんとゲストにキムセイルが!あとで判るのですが彼はクリスコーネルのTシャツを着ていました。

アンコール2でJeremy〜Leashの流れで興奮していたらまたまたキムセイル登場。そしてさらにマークアームとスティーブターナーまで!
なんじゃこのレジェンド集合は!Search And DestroyとSonic Reducerのカバーを演奏するんですが、個人的にSonic Reducerとステージ上の面々でテンション上がりっ放しです。

こうやってまとめてみると「追悼ライブだったのか?」と思われてしまうかもしれませんが、そういう湿っぽさは一切ありません。
キムとストーンの絡みやエディのスティーブへのちょっかいなど、めちゃめちゃ楽しそうに演奏しているので、正直ライブ中はそういう事は端々に感じながらも、普通にライブを楽しんでいました。というか圧倒されてました。
このバンドがファンをヤりにかかるとヤバいです、ほんとにw

この日はスタンディングで5列目あたりに位置して、数回会場モニタで持ち込んだ日の丸を抜いてもらったり「日本のファンもいるよ」アピールはそこそこ出来たかなと思っていますw

ちなみにマイクのアンプには「Save The Showbox」のボードが。Even Flowの曲後にはそのボードを掲げる場面も。

パールジャムはご存知のようにセットリストが日替わりで、予め決めていてもその時に曲目変更や追加なんて事も普通にやってしまうバンドです。
ですので、ライブを見れば見るほどに「また次も見たい」と思ってしまうわけですが、今回も例に漏れず、シアトルでの集大成で個人的な区切りも付けようかなどと考えていたのが甘かったw

十年来の友人たちと「シアトルでパールジャムオフしたいね」などと冗談で話し合っていた事が実現されたのも自分の中ではそこそこ大きかったのですが・・・またどこかに追いかけて行くのではないかと・・・。

ひとつ、メモ的に。スタンディングライブだったのですが押し合いへし合いはなく非常に規律の取れたスタンディングエリアでした。
おそらくファンの年齢が上がっている事や、過去の悲劇を踏まえての部分もあると思います。
隣の人との接触もなく、トイレに行ってもその場所に復帰出来たり、逆に割り込んで来る人には「ダメですよ、後ろに戻って」とたしなめたり。

海外ライブのオールスタンディングというと少し身構えてしまう所がありますが、そういう心配はありません。女性の方もどんどんGAエリアを狙ってパールジャムのライブに足を運んでもらいたいものです。モニタもしっかりしており音も全く悪くありません。

画像はクリックで大きくなります
live

okhotelcafe at 10:02|この記事のURLComments(2)Live 2018 

2018年01月25日

パールジャムスタジアムツアー2018

スタジアムツアーの詳細が公式アナウンスされました。
ミネソタがスタジアムとしては新たな追加場所ですね。

しばらくパールジャムはこういった大きい会場での小規模(?)ツアーが続く模様です。
IMG_2086



2018年01月23日

パールジャム、シアトルセーフコフィールド公演 

公式発表を前にページががっつりリークされてしまいました。

ボストンやシカゴも含めたスタジアムツアーという噂でしたが、ついに来たセーフコフィールドはまさに「満を持してのシアトル、セーフコフィールド」という事で、半ばお祭り状態になりそうです。

https://pearljam.com/thehomeshows/seattle

pjhome

okhotelcafe at 02:56|この記事のURLComments(7)Live 2018 | tenclub

2017年12月12日

ブートレッグボックス2015&2015

ブートレッグボックスの2015年と2016年が発売されるようです。
"FACTORY PRESSED "SILVER" COMPACT DISCS "と注釈があるように、バラ売りで「CD-R」を買わされるのと比べると一応差別化はされているようです。

CD-Rは所詮R。品質は保証出来ないレベルなので、フィジカルなフォーマットで買っておられる方はボックスをおススメします。

っていうか、今後バラ売りを買う価値ってないですね・・・。

peealjambox


2017年12月02日

ヨーロッパツアー2018

噂されていたヨーロパツアーが発表されました。
フェス数カ所を含むヨーロッパ公演。

大きめの会場で20ぐらいのライブを回って行くというのは、ここ数年の彼らのスタイルですね。

それにしても、発表と同時にフェス以外はチケットが発売し出され、今後こういう形で発売されるのであれば、渡航組はチケットを取るのがなかなか難しいのではないかと危惧してしまいます。

pj2018europetour


2017年12月01日

Let's Play Two #Japan

さあさあ、ついに明日迫りました。
Let's Play Twoが日本公開です。

今回はtenclubにも詳細が掲載されており、「日本、忘れられてなかった・・・!」となったファンの方もおられたのではないでしょうか?

やや、チケット代は高いですが、是非見に行きましょう!
タイトルをもじって、是非「2回見ましょう」。

letsplaytwojapan