ヤモリといっしょ

つい保護してしまったニホンヤモリとお世話係のブログです。ニホンヤモリとガーゴイルゲッコー、ルーズゲッコ―、ネフーババイヤモリ、マモノミカドヤモリが家守中。

ちびっこガーゴの身体測定を6月18日に行いました。生れてはじめてです。

〇ちびっこガーゴ 1号 (6月7日生まれ/生後11日目)3.7g
IMGP6046s
大きく生まれた子ですが、すでに3g越え。
母親のガゴたんがうちに来た時、生後2カ月越えで3gでした。
(当時は整数ケタのはかりしかなかった)

…本当にガゴたんは生後2カ月だったのだろうか…

IMGP6047s
背筋正中がストライプ、サイドはなんとなくマーブルで、しっぽはしましま。
こういうのをモザイクと表現するんだと教えていただきました☆

IMGP6048s
1号は早めに出てきたのでせっかちかと思いきや、意外におとなしめ。
走ったり飛んだりもするんですが、2号に比べるとおとなしいです。
いや、2号が激しいのか…。('д` ;)

IMGP6050s
カメラガン見。
予想通りこのあとカメラに向かってジャンプし、ドヤ顔で乗ってきました。(●´ω`●)



〇ちびっこガーゴ 2号 (6月9日生まれ/生後9日目)3.7g
IMGP6042s
2日遅れででてきた2号ですが、よく食べよく動くせいか、1号と同じ体重でした。

IMGP6043s
カメラを構えている時にいつも色がくすんでしまう、カメラ運の無いガーゴベビー。
1号より2号の方がベースの色が黄色っぽいです。全然写真には映っていませんが(笑)

IMGP6044s
2号は1号に比べてよく動き回る…ていうか、動き過ぎです。
おとなガーゴと同じくらいかそれ以上の跳躍力で飛んでいきます。
3gのちびっこがぽんぽん飛んでいくと、ヤモリじゃなくてバッタかイナゴですよ(怒)
捕まえると口を閉じたまま「ぐきゅ~」とか訴えていますが、まだ口パカで怒られたことはありません。
うちのヤモリたちはだれも咬んで怒ったりはしないですね。爪立てたりジャンプで逃げたりするのは得意なので、荒ぶる方向性が違うようです。


IMGP6045s
2号は背中もお腹もしっぽもストライプで、模様のパターンは母親のガゴたん似、お腹のぽっこり感は父親のしんのうさん似です。
ガゴたんはうちに来た時から小顔で細いお腹でした。しんのうさんはガッチリヘッドにぽっこりお腹でした。2匹ともその体型のまま大人になったので、2号のこの体型もそのまま大人になるのかな?と思っています。

雨の降らない梅雨ですが、あまり暑くもならないので助かっています。
というわけで、薄曇りの午前に干しました。
IMGP6036s
左から ニホンヤモリのちびっこ、ガーゴのちびっこ1号、ガーゴのちびっこ2号、子ネフ。
ちびっこガーゴは目がしゅーんとしていたので寝ていたご様子。
いつでも活発な子ネフたちはプラケを持ち上げると日中でもすぐに起きてしまいます。
IMGP6038s
こちらは尾切れちゃん。
尾切れちゃんはいつも小枝の上の方で寝ていますが、起こしたらここまで落ちてきました。
そう、ネフたちは壁も登るし、ジャンプもするし、落ちてもきます。
IMGP6039s
エサ皿にしているペットボトルのふたと比べても小さいです。
IMGP6040s
なんだか全然成長している感がないのですが、エサは減っているので食べているのでしょう。
食べている所も見たことがありません…。('д` ;)


そして、ニホンヤモリのちびっこ。
IMGP6041s
うーん、オスかメスか、まだわからないですね。
ケージの掃除をするついでに、ワイルドの証のダニを捕まえようとしたのですが、さすがワイルド。
走るし飛ぶしで、3匹のダニのうち1匹しか捕まえられませんでした…。
セロハンテープにくっつける方式で捕まえたんですが、あと2匹のダニを捕まえる良い案をお持ちの方はご教授ください。ダニ1は手の指、ダニ2は脇におります。。。

2月28日に産卵した、ガゴたん(ストライプ♀)×しんのうさん(マーブル♂)の卵2個。

そのうち、一つ目の卵は6月7日に孵化し、その日のうちにファーストシェッドまで終えました。.
なので翌日の6月8日に練り餌を与えたところ、早速食べております。
IMGP6005s
子ガーゴ1号ちゃん。あごに練り餌つけてます。

ストライプとマーブル(レティキュレートというのかもしれない)の子だと、どんな模様になるのかな~と楽しみにしていたのですが、
IMGP6007s
背中にストライプがでているものの、サイドやしっぽはマーブルが強いご様子。
輪縞もよう(ヤシヤモリみたいな)のしっぽは父親譲りです。
IMGP6003s
母親譲りのレンガ色が出ているような気もしますが、あまりよくわかりません。
ガゴたんもベビーのころは背中のみ綺麗なレッドが入ったストライプでしたが、成長するにつれて全体にレンガ色に変化しました。
IMGP6018s
IMGP6031s
ちっちゃくてかわいい1号です。



さて、1号の孵化から遅れること2日。
6月9日の朝に、もう一つの卵(2号)が汗をかいていました。
IMGP6008s
1号はそれからゆっくり出てきたので、2号もそんなものだろうと気長に待ちます。

そう思っていたら、2号は意外に早く出てきました。12時半
IMGP6011s

13時半 手を添えておられる
IMGP6012s

19時
IMGP6014s

19時半 1号よりスピーディに出てきました。
IMGP6015s

大きいベビーですが、やっぱりちっちゃくてかわいいです(●´ω`●)
IMGP6016s
で、1号は孵化した後勝手にすんなりファーストシェッドもすませていたので、2号もそんなもんだろうと見ていたのですが、こちらはなかなか脱がない。
脱がない割にはぴこぴこ飛んだり、登れぬ壁に果敢に挑戦したりしています。脱皮前なので指下板がくっつかなくて登れないご様子。

1日経っても背中の一部が剥けているだけだったので、6月10日の夜に強制的に剥かせていただきました。
IMGP6020s
剥き皮が散乱しております。

IMGP6021s
「はー、すっきりした☆」
壁も登れるようになってホッとしたご様子です。

強制的に剥きましたが、ファーストシェッドも済んだので、1号の給餌のついでに2号にも与えてみます。
ちょっとだけでしたが練り餌を舐めました。
翌日、6月11日からはしっかり練り餌も食べています。
二匹とも今日からイエコも食べ始めました。
IMGP6023s
「こんなには食べられません('A`|||)」

さて、2号の模様は1号よりも、よりストライプが強いようで、サイドもしっぽもストライプです。
IMGP6025s
模様のコントラストはややあいまいなのかなぁ、と見えますが、ガーゴの体色はかなり変化するのでこれからが楽しみです。

個別のプラケで管理していますが、どちらのベビーもヘアカーラーの筒がお気に入りのご様子です。
IMGP6027s
これからたまに登場するので、暖かく見守っていてください。


このページのトップヘ